September 03, 2008

【cafe】 umie (香川県・高松市)

テーマ:香川県

真っ白な空間に、切り取られた天井。

そこに描かれる刻々と変化する青空。

本物の空なので、流れる雲が、みるみる表情を変えていく。

人生でただの一度しか出会えないアートだ。


電車や飛行機や船を乗り継がないといけない場所にあるけれど、リュックひとつを背負って何度も見にきてしまう。


ジェームズ・タレル 作品

 ジェームズ・タレル

 James Turrell、1943年アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。光を作品にしている現代美術家。


彼の作品である『オープン・スカイ』は、国内では二箇所で見ることができる。


 - 石川県:21世紀美術館 HP

 - 香川県:地中美術館 HP


ロン・ミュエック展 」が終わらないうちに石川県に、そして夏が終わらないうちに香川県の直島へでかけた。


ジェームズ・タレル 作品


移動の移動の間の時間つぶしに、ふらふらとさまよっていた時のことだ。

かなり偶然だったが、隠れ家のようなデート向きのカフェ 「umie 」 を発見した。


「北浜アリー」という地区があり、もともとは古い倉庫であったようだ。アリーとは路地裏という意味らしく、その名の通り、ちょっと中心から外れた港のすみっこであった。香川の高松フェリー乗り場の近くで、行き交う船体が見える。


ギシギシと床をきしませながら、店があるらしい二階へ、急な階段を登った。まるで用具置き場か何かの扉が何枚か続き、私は「あけていいのかな・・・」と独り言を繰り返しながら、首と共にドアノブをひねった。


とたん、心地よい音楽が耳に入った。

壁に並ぶたくさんのアートの本。

そして若者たちが、たくさんいた。


サビに覆われたトタンで造られた、四角い建物の中にこんな空間があったなんて、驚きだ。

知らない土地で突然めぐり合ったカフェ。はじめは入店に気後れしたが、そこにあったレトロなソファーは心地よかった。あたたかくてふんわりしたキャラメルチーノのクリームを舐めながら、ふたつの美術館をまわるなかで触れた多くのアートを思い起こした。



香川県高松 umieというcafe


ゆるやかな時間が流れてた。

飛行機に乗るのが惜しいくらいだ。




オススメ

- 人のセックスを笑うな

+DVD

19歳の松山ケンイチに20歳年上の永作は、モデルをやらないかともちかける。そして、無邪気に腕を伸ばして、どぎまぎする彼を楽しむ。そして臆面も無く言うのだ。

「触ってみたかったんだもん。」

カワイイ年下。くすぐったくなるようなひたむきさ。手を伸ばしたくなる女性の心理は存在する。そこに理性なんてないかのように自由に振舞える永作の奔放さに憧れてしまうのだ。少年の無垢さに惹かれて寝たくせに、大人のオトコにするみたいに突き放す小悪魔っぷりがまたキュート。


http://www.hitoseku.com/


AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。