2009-07-26 19:48:30

FNS26時間テレビに学んだこと。

テーマ:芸能

FNS26時間テレビで「12時間三輪車耐久レース」というコーナーがあった。


3人の走者が12時間ひたすら三輪車をこぎ続けるというレース。


しかも、今日は気温も高く、灼熱の中を各チームはこぎ続けた。


ただひたすら三輪車をこぎ続けるという。


ただそれだけの事。


しかし、クライマックスは本当に感動的だった。


どんなことであっても、真剣に必死で取り組むことの素晴らしさ。


それが素直に、純粋に伝わってきた。


ゴールの後、島田紳助が言った一言が忘れられない。


「この12時間は死ぬまでに何百回と語り合う12時間になる」


そんな経験を今自分はしているだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-26 15:49:39

目標は見つからないのではなく、目の前にあるのだ。

テーマ:最近読んだ本
手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~/喜多川 泰
¥1,575
Amazon.co.jp


少し長くなりますが、とても良いフレーズがあったので、

抜粋をさせて頂きます。


-----------------------------------------------


自分の夢を実現するためには、

『しっかりしたゴールを持ち、常にそのゴールを忘れない』ことが大事だとよく言われます。

しかし、素晴らしい成功の人生を送るためにはそれ以上に大切なものがあるのです。それは-


『今、目の前にあるものに全力を注いで生きる』


ことです。このことを忘れてはいけません。


目の前に現れる壁は、一見あなたにとって必要なさそうなものに見えても、

自分が進もうとする人生にどうしても必要だから現れるのです。


(中略)


壁はその人がよりよく生きていこうと考えるときに必ず現れるのものです。

そういった意味では壁は自分が頑張って生きていこうとしている証しとしての誇り、

歓迎していいものなのです。

このように、人生におけるあらゆる壁は、あなたが決める生き方に応じて目の前にやってきます。

だから目の前にあるものを取捨選択しないことです。

「これはいる、これはいらない」と、その時の自分で判断していると、

後悔するばかりでなく、自分の持っている秘めた可能性を開花させることはいつまで経ってもできなくなります。


(中略)


それよりも大事なのは、

『目の前にあるものに全力を注いで生きること』

このことは今日、今この瞬間からもできます。

たとえ初めは具体的目標を持っていなくとも、

目の前にある、ものに全力を注いで生きているうちに、

自然と自分の進むべき道が開けてきてうまくいったという成功者は数多くいます。


“目の前にあるものに全力を注いで生きる”ことは、何よりもの大切な成功法則といえるでしょう。


つまりは、この生き方をするだけで、どこで何をしていてもあなたの成功は約束されているということなんです。

あなたが内定をもらった会社に就職したとしても、お手紙で教えてくれた小さな会社に就職したとしても

その事実はかわりません。


-----------------------------------------------


取捨選択をせずに、

『目の前にあるものに全力を注いで生きる』


本を通して、また1つ素晴らしい言葉に出会いました。


大切なことは目の前にある自分の壁を喜び、それに挑戦することです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。