Coucou!キラキラキラキラC'est Marina.

こんにちはー!
この間、Facebookを見ていたら2011年6月16日6年前の思い出をメキシコ人の友達がシェアしてくれて、あーもう6年されどまだ6年かぁという思い出に浸っていましたお願い

 

さて、今日は私の大好きなフランス語のご紹介!

peut-être

(ぷぅてーとR)


意味は、英語のmaybeと同じで多分という意味なのですが、大阪人で言う文章の最後に「知らんけど」にちょっと似てるかも?って思いますうさぎクッキー(人にもよると思いますが…)

Tu vas y aller ce soir?
今夜、集まりに行くつもり?

Ouais...... peut-être.....
(うん~たぶんね(気分によっちゃ、行かない可能性大だけど))

的な。

Tu vas y aller ce soir?
今夜、集まりに行くつもり?

Oui, J'y serai probablement.

(うん!多分行くつもり!)

 

的な。

同じ意味でもいくつか単語を知っておくと状況によって使い分けることができるので、単語帳で調べるときは派生して調べてみてくださいね!!!!


 

AD

Salut le mecおねがい

この間本屋さんを歩いていると、有名な「フランス人は10着しか服を持たない」の漫画版が出版されているのを発見しました!

普段活字を読むのが苦手な方でも漫画だったら読みやすいかもしれませんねキラキラキラキラグッグッ

これは書籍版ですが…

フランス人は10着しか服を持たない2も出版されていてベストセラーだそうですジンジャーブレッドマン

内容を要約すると今流行りの断捨離とかミニマリストのような感じ!
私たち日本人は新しいものが大好きで、企業もそんな日本人を満足させるために次から次へと新商品を出し、新しいものに溢れていますヒヨコ
だから、ついつい新色の化粧品やお洋服、雑貨などを買っちゃいますよね。
 

 でも、本当にお気に入り10着だけを残すことで自分のクローゼットはお気に入りだけが残り、本当に大切なものが分かるようになります。
これは、色んな断捨離やミニマリストに関する本にも書かれていますが、お部屋をきちんと整理して使わないものを捨て、本当に必要なものだけ残したら、自然とものを大切にするようになり無駄買いをしなくなった・・・。

私も実際に断捨離を実行した身ですので、すごく分かりますウインク
1年着なかった服は一生着ないし、長い間手に取っていない小物等も捨てるのは惜しいけど・・・捨てちゃっても痛くも痒くもない!

確かにフランス留学時代、フランス人の服装はシンプルで日本人のようなすっごいお洒落な人っていなかったかも…

 

なので留学に行くときはTシャツにジーンズで生きていけますよ!!

語学を学ぶ上、まずはその国の文化を知るって大切。

是非ご覧あれ~

AD

Bonjour a tous!
先日テレビで話題になってフランス大統領選挙について、やっと私もマクロン首相の就任演説を聞きました拍手

 

Youtubeより

2017年5月14日、エマニュエル・マクロン氏がフランス共和国大統領に就任しました。
任期は5年、フランソワ・オランド大統領の後を継いで第5共和政の第8代大統領になりました。

 

演説って難しい言葉が使われていたり、内容が政治的だったりするので難しいですが、下記の文章と映像を一緒に見ることですごく勉強になると思います!

是非、皆さまもご覧あれ星

また、こちらには演説の日本語版も書かれているので先にこちらを読んでから挑んでください。こちら

 

 

Mesdames, Messieurs,

Les Français ont choisi, vous l’avez rappelé, le 7 mai dernier, l’espoir et l’esprit de conquête.

Le monde entier a regardé notre élection présidentielle. Partout, on se demandait si les Français allaient décider à leur tour de se replier sur le passé illusoire, s’ils allaient rompre avec la marche du monde, quitter la scène de l’Histoire, céder à la défiance démocratique, l’esprit de division et tourner le dos aux Lumières, ou si au contraire ils allaient embrasser l’avenir, se donner collectivement un nouvel élan, réaffirmer leur foi dans les valeurs qui ont fait d’eux un grand peuple.

Le 7 mai, les Français ont choisi. Qu’ils en soient ici remerciés.

La responsabilité qu’ils m’ont confiée est un honneur, dont je mesure la gravité.

Le monde et l’Europe ont aujourd’hui, plus que jamais, besoin de la France. Ils ont besoin d’une France forte et sûre de son destin. Ils ont besoin d’une France qui porte haut la voix de la liberté et de la solidarité. Ils ont besoin d’une France qui sache inventer l’avenir.

Le monde a besoin de ce que les Françaises et les Français lui ont toujours enseigné : l’audace de la liberté, l’exigence de l’égalité, la volonté de la fraternité.

Or, depuis des décennies, la France doute d’elle-même. Elle se sent menacée dans sa culture, dans son modèle social, dans ses croyances profondes. Elle doute de ce qui l’a faite.

Voilà pourquoi mon mandat sera guidé par deux exigences.

La première sera de rendre aux Français cette confiance en eux, depuis trop longtemps affaiblie. Je vous rassure, je n’ai pas pensé une seule seconde qu’elle se restaurerait comme par magie le soir du 7 mai. Ce sera un travail lent, exigeant, mais indispensable.

Il m’appartiendra de convaincre les Françaises et les Français que notre pays, qui aujourd’hui semble mis à mal par les vents parfois contraires du cours du monde, porte en son sein toutes les ressources pour figurer au premier rang des nations.

Je convaincrai nos compatriotes que la puissance de la France n’est pas déclinante, mais que nous sommes à l’orée d’une extraordinaire renaissance, parce que nous tenons entre nos mains tous les atouts qui feront et qui font les grandes puissances du XXIᵉ siècle.

Pour cela, je ne céderai sur rien des engagements pris vis-à-vis des Français. Tout ce qui concourt à la vigueur de la France et à sa prospérité sera mis en œuvre : le travail sera libéré, les entreprises seront soutenues, l’initiative sera encouragée.

La culture et l’éducation, par lesquelles se construit l’émancipation, la création et l’innovation seront au cœur de mon action.

Les Françaises et les Français qui se sentent oubliés par ce vaste mouvement du monde devront se voir mieux protégés. Tout ce qui forge notre solidarité nationale sera refondé, réinventé, fortifié. L’égalité face aux accidents de la vie sera renforcée.

Tout ce qui fait de la France un pays sûr, où l’on peut vivre sans avoir peur, sera amplifié. La laïcité républicaine sera défendue, nos forces de l’ordre, notre renseignement, nos armées, réconfortés.

L’Europe, dont nous avons besoin, sera refondée, relancée, car elle nous protège et nous permet de porter dans le monde nos valeurs.

Nos institutions, décriées par certains, doivent retrouver aux yeux des Français l’efficacité qui en a garanti la pérennité. Car je crois aux institutions de la Vᵉ République et ferai tout ce qui est en mon pouvoir pour qu’elles fonctionnent selon l’esprit qui les a fait naître. Pour cela, je veillerai à ce que notre pays connaisse un regain de vitalité démocratique. Les citoyens auront voix au chapitre. Ils seront écoutés.

Dans ce combat, j’aurai besoin de chacun. La responsabilité de toutes les élites - politiques, économiques, sociales, religieuses - de tous les corps constitués de la Nation française, sera appelée. Nous ne pouvons plus nous réfugier derrière des usages ou des habitudes parfois hors du temps. Nous devons retrouver le sens profond, la dignité de ce qui aujourd’hui nous rassemble : agir de manière juste et efficace pour notre peuple.

La France n’est forte que si elle est prospère. La France n’est un modèle pour le monde que si elle est exemplaire.

Et c’est là ma seconde exigence.

Parce nous aurons rendu aux Français le goût de l’avenir et la fierté de ce qu’ils sont, le monde entier sera attentif à la parole de la France.

Parce que nous aurons su dépasser ensemble nos craintes et nos angoisses, nous donnerons ensemble l’exemple d’un peuple sachant affirmer ses valeurs et ses principes, qui sont ceux de la démocratie et de la République.

Les efforts de mes prédécesseurs en ce sens ont été remarquables et je veux ici les saluer.

Je songe au Général de Gaulle, qui œuvra pour redresser la France et lui rendre son rang dans le concert des nations. Je songe à Georges Pompidou, qui fit de notre pays une puissance industrielle majeure. À Valéry Giscard d’Estaing, qui sut faire entrer la France et sa société dans la modernité. À François Mitterrand, qui accompagne la réconciliation du rêve français et du rêve européen. À Jacques Chirac, nous donnant le rang d’une nation sachant dire non aux prétentions des va-t-en-guerre. À Nicolas Sarkozy, ne comptant pas son énergie pour résoudre la crise financière qui avait si violemment frappé le monde. Et je songe bien sûr à François Hollande, faisant œuvre de précurseur avec l’Accord de Paris sur le climat et protégeant les Français dans un monde frappé par le terrorisme.

Leur œuvre, surtout ces dernières décennies, s’est trop souvent vu empêchée sur un climat intérieur délétère, par le découragement de Françaises et de Français s’estimant injustement défavorisés, déclassés, ou oubliés. Ce que la France avait à dire au monde s’est parfois trouvé affaibli par une situation nationale percluse d’inquiétude voire de défiance.

Aujourd’hui, Mesdames, Messieurs, le temps est venu pour la France de se hisser à la hauteur du moment. La division et les fractures qui parcourent notre société doivent être surmontées, qu’elles soient économiques, sociales, politiques ou morales ; car le monde attend de nous que nous soyons forts, solides et clairvoyants.

La mission de la France dans le monde est éminente. Nous prendrons toutes nos responsabilités pour apporter chaque fois que cela sera nécessaire une réponse pertinente aux grandes crises contemporaines. Qu’il s’agisse de la crise migratoire, du défi climatique, des dérives autoritaires, des excès du capitalisme mondial, et bien sûr du terrorisme ; plus rien désormais ne frappe les uns en épargnant les autres. Nous sommes tous interdépendants. Nous sommes tous voisins.

La France veillera toujours à être aux côtés de la liberté, des droits de l’Homme, mais toujours pour construire la paix dans la durée.

Nous avons un rôle immense : corriger les excès du cours du monde, et veiller à la défense de la liberté. C’est là notre vocation. Pour ce faire, nous aurons besoin d’une Europe plus efficace, plus démocratique, plus politique, car elle est l’instrument de notre puissance et de notre souveraineté. J’y œuvrerai.

La géographie s’est singulièrement rétrécie. Mais le temps s’est accéléré. Nous vivons une période qui décidera du destin de la France pour les décennies qui viennent. Nous ne nous battrons pas seulement pour cette génération, mais pour les générations à venir. C’est à nous, tous, qu’il appartient, ici et maintenant, de décider du monde dans lequel ces générations vivront. Telle est peut-être notre plus grande responsabilité.

Nous avons à construire le monde que notre jeunesse mérite.

Je sais que les Françaises et les Français, en cette heure, attendent beaucoup de moi. Ils ont raison car le mandat qu’ils me confient leur donne sur moi le droit d’une exigence absolue. J’en suis pleinement conscient.

Rien ne sera concédé à la facilité ni au compromis. Rien n’affaiblira ma détermination. Rien ne me fera renoncer à défendre en tout temps et en tout lieu les intérêts supérieurs de la France.

J’aurai, dans le même temps, la volonté constante de réconcilier et rassembler l’ensemble des Français.

La confiance que les Françaises et les Français m’ont témoignée m’emplit d’une immense énergie. La certitude intime que nous pouvons ensemble écrire une des plus belles pages de notre Histoire portera mon action.

Dans ces instants où tout peut basculer, le peuple français a toujours su trouver l’énergie, le discernement, l’esprit de concorde pour construire le changement profond. Nous en sommes là. C’est pour cette mission qu’humblement je servirai notre peuple.

Je sais pouvoir compter sur tous nos compatriotes pour mener à bien la tâche considérable et exaltante qui nous attend.

En ce qui me concerne, dès ce soir, je serai au travail.

Vive la République. Vive la France.

 

出典:フランス大使館HP こちら

 

 

 

AD

2017年6月11日(日)フランス留学相談会 in 福岡・博多
1時間枠に最大3名様までの少人数制!

ネクシスジャパンでは福岡県周辺のお客様も多くいらっしゃいますがが、やはり「直接担当者に会って、お話を聞きたい」というご要望が多いため、だいたい1~2か月に1回のペースで博多で出張相談会を開催しております。
場所は、博多駅から徒歩10分以内のあたりです。
今から5月、6月の時期でも間に合いますし、
夏に向けてフランス語学研修をご検討されていらっしゃる方は是非、ご参加ください。
今回は、しっかり皆さまとお話をさせていただきたいので、先着3名様までといたします。

日程 2017年6月11日(日)
時間 14:30~15:30の1時間


◆会 場: リファレンスはかた近代ビル貸会議室
◆住 所: 福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル 1F
地図はこちらをクリック 

※画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。

◆最寄り駅:
・JR博多駅 筑紫口より徒歩約3分
・市営地下鉄博多駅 筑紫改札口を出て、東4出口を上がって徒歩約3分

◆ご予約方法 ※必ずご予約の上、お越しくださいませ。
1.メールでご予約

marina@nexsis.jp まで下記の内容をご記入の上、送信してください。
2.ホームページの資料請求フォームよりご予約

一番下の空欄へ、“ 説明会希望 ”と、下記項目をご入力頂き送信ください。
3.お電話でのご予約
フリーコール 0120-553-788 までお電話ください。
【ご入力情報】
1.氏名 2.携帯番号 3.開催地 4.開催日・時間帯 5.参加人数 6.年齢


◆ご注意
※お申込みがない場合、説明会を中止、または、
一部スケジュールの変更をさせていただく場合がございます。
必ずご予約の上、お越しくださいませ。
※会場が急に変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。
会場が変更となった場合、ご予約済のお客様へは弊社よりご案内をさせて頂きます。
※中止やスケジュール変更、会場の変更はこちらのページに掲載致します。
※説明会予約をメールでされた方は、受付完了メールをお送りしております。
完了メールが届かない場合には、予約が完了できていない場合がございますので、お電話か、再度メールにてご連絡頂きますようお願い申し上げます。


 


こんにちはー!
暑い季節が近づいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

写真は、私が撮影した夏のノートルダム!

 

私たちは、夏のご出発のお問合せをたくさんいただいており、毎日沢山のお客様とお話をさせていただいています照れキラキラ

 

夏は、世界中から留学生が集まりますので、様々な国籍の留学生と出会うことが出来ますし、街のイベントも多いです!

せっかくの夏のお休みの間やお盆のところで長いお休みが取れるチャンスです流れ星

目的もなくバイトに明け暮れるよりも海外で一皮むけてみませんか?

また、お仕事されている方はリフレッシュも兼ねてフランスへ行ってみませんか?

夏のフランスは過ごしやすい気候ですよ!!

 

皆でワイワイがお好きな方は、7月・8月の渡航がお勧めですし、少し落ち着いた環境が良い方は9月の渡航がお勧めですおねがい

 

飛行機が高くなり、学校の空席も日々埋まってきていますので、興味のある方は是非お問合せください!

 

Allez! C'est la chance pour vous! Prends la chance!

 


 

 

フランスで働きたい!!
そんな時は、ワーキングホリデー・ビザを取得しよう!
 

フランスのワーキングホリデー・ビザは、ビザ申請に費用が掛からず、申請条件を満たしていれば、却下の心配もないそうです。

2013年井上撮影ニースにて
***************************ワーキングホリデー・ビザの特徴

1. ワーキングホリデー・ビザの有効期限

  • フランスに入国した日から1年。入国する日付はビザ申請時に決まっていること
  • このビザはフランス本土の各県においてのみ有効(海外県・海外領土は除く)

2. ワーキングホリデー・ビザ所持者は、フランス滞在中に滞在期間の延長や身分の変更はできません。

3. ビザの発給は1回限りですので、十分にご注意ください。フランス滞在中もしくは出発前にパスポートを紛失、盗難しても再発給されません。

4. 仕事が見つかった方は、速やかに所在県の労働管理局(Direction régionale des Entreprises, de la Concurrence, de la Consommation, du Travail et de l’Emploi/ DIRECCTE)で、一時労働許可証(Autorisation Provisoire de Travail)を取得してください。この許可証は職種を問わず、契約書の期間に応じて、即時発行されます。

 

申請方法

重要事項

  • コピーサイズはA4に限ります。
  • ファクスや電子メールによる書類提出はできません。
  • 申請審査期間は現在1週間程度かかります。
  • 追加書類を要請する場合があります。
  • すべての必要書類がそろっていてもビザが発給されない場合があります。
  • 申請はフランス入国日の3カ月前からできます。

ビザの受領

  • 月曜日から金曜日の午前8時30分から18時の間においてビザの受取が可能です。申請時にお渡しした申請証明書を必ず持参してください。
  • 申請時に氏名・住所を明記し、レターパック510もしくは600円分の切手を貼った封筒を提出した場合、ビザを貼付したパスポートを返送します。再度来館いただく必要がないよう、この方法を推奨します。

申請に必要な書類

 必要書類はこちらをご覧ください。

 注意 : 申請書類の準備には細心の注意を払ってください。

下記の事項に不備・不足がある場合は、審査手続きに1~2カ月の遅れが生じ、申請却下となる場合もあります。

  • 申請書上のフランス滞在中の住所欄(申請書24項または25項)を必ず記入すること。滞在中の最終的な住所ではなくても、フランス到着時の住所を記載してください。
  • 《健康である》ことが明記されている健康診断証明書を提示してください。

申請者への重要なお知らせ

申請動機作文は必ずしもフランス語に訳す必要はありません。

しかしながらフランス語の習得は、フランスになじむため、またコミュニケーションや仕事探しの上で大いに役立ちます


フランス大使館 ワーキングホリデービザについて こちら
ワーキングホリデービザ 申請必要書類リスト こちら


内容は随時変更されますので、直接ご確認ください。

***************************

 

やはり働くことがメインですが、フランス語が話せることも最低限必要です。
その為、最初の数カ月は語学学校でしっかりフランス語を習得する方がほとんどですウインク

その時、田舎よりもある程度都会の方が働く場所も見つけやすいと思いますので、場所選びも考えてしていただければと思います!

お勧めは、下記語学学校おねがい

~パリ~
France Langueパリ校

詳細はこちら
Slider image

日本食レストランが多く、比較的フランス語力が低くても働く場所は見つかりやすい。

~ニース~
International House ニース校

詳細はこちら

ニースも観光都市で働くニーズは多い場所です。

~リヨン~

Alpadia Language School
詳細はこちら


フランス第二の都市リヨンは、食の文化が深くレストランで働けるチャンス有!

 

まずは、ネクシスへお問合せください!
パー!!


 

 

Bonjour a tousキラキラ
ぽかぽか陽気でとっても気持ちいいです照れ

今日は、皆さまもご存じのしるぶぷれについてお願い

フランス語といえば、めるし~とかしるぶぷれ~の単語は知っている!グッという方も多いのではないでしょうか!

でも、それを書いてくださいって言われたらギクッてなる人!
いませんか~?
S’il vous plaît

これを解きほぐしていくと、
Si(もし)
il(これ、それ)
vous(あなた)
plaît (喜ぶ)という感じ。
もし、宜しければ・・・という意味になってきますね!
英語のPleaseと同じ感じで使います拍手

ただ、Vousは丁寧にあなたという時に使いますので、友達同士とかもっとカジュアルにってなるとTeを使います。

S’il te plaît .
しるとぅぷれ~

例文でお伝えすると・・・・

L'addition, s’il vous plaît. お勘定お願いします

Un cafe, s’il vous plaît.  コーヒーを1つください

等、レストランで注文するときなどに使えますヒヨコ

 

皆さんもフランス語の言い回しを楽しく学びましょう!

A bientot笑い泣きOK


 

Salut~拍手
フランス留学担当カウンセラーの井上ですヒヨコ

この間、友達に「フランスのレストランってお水はタダじゃないんだって?」と聞かれ、今日のネタを思い付きましたニコニコ

(パリのとあるレストランでの一枚。これは、水道水です)

そういえば・・・私もフランスに行った当初はびっくりしたはずですが、長期間いると慣れてしまい、何が普通で何が普通じゃないかの判断がにぶくなってました口笛

海外の水道水って飲めないのでは?とよくご質問をいただきますが、フランスは特に問題ないですショボーン
日本よりも硬水ですので、シャワー等では髪の毛がバッサバッサになりますので、ご注意を。

問題は、レストランで。
入る時に、Nous sommes deux(2人です)と言いウェイターに席まで案内してもらいます。
席に着き料理を注文して、普通にWater Pleaseとか言うとミネラル・ウォーターが出てきて、レシートを見ると水にまでお金を取りやがる!フランスめ!ムキーって思うかもしれませんが、
水道水くださいとはっきり伝えないと、お金で買うお水が出てくるのでご注意を。
そんな時に使えるフレーズが・・・・

Cerafe de l'eau, s'il vous plaît.
(きゃらふ どぅ ろー しるぶぷれ)
水道水をください。

これを言えれば、完璧です!キラキラキラキラキラキラ

また、日本と違いスーパーではとっても安くでお水が売っていますチョキ
500mlのペットボトル6本セットで3ユーロもしません。
1リットルで1ユーロもしません。

私は、気分で学校まで毎日1時間かけて歩いていた日には、必ずスーパーに立ち寄りコントレックス1リットルを抱えて、通学していました!
日本だと高いコントレックスは、フランスだとおおよそ1リットルで1ユーロするかしないか。

また、炭酸入りや種類も沢山あって選ぶのが楽しい!

結論、フランスの水事情は非常にいいのでご安心を!
Soyez assuré, Vous pouvez boire tout de l'eau en France!
安心してください、飲めますよニヤリ(古)

 

 


2017年4月16日(日)フランス留学相談会 in 福岡・博多
1時間枠に最大3名様までの少人数制!

ネクシスジャパンでは福岡県周辺のお客様も多くいらっしゃいますがが、やはり「直接担当者に会って、お話を聞きたい」というご要望が多いため、だいたい1~2か月に1回のペースで博多で出張相談会を開催しております。
場所は、博多駅から徒歩10分以内のあたりです。
今から5月、6月の時期でも間に合いますし、
夏に向けてフランス語学研修をご検討されていらっしゃる方は是非、ご参加ください。
今回は、しっかり皆さまとお話をさせていただきたいので、先着3名様までといたします。

日程 20167年4月16日(日)
時間 11:30~12:30の1時間


◆会 場: リファレンスはかた近代ビル貸会議室
◆住 所: 福岡市博多区博多駅東1丁目1-33 はかた近代ビル 1F
地図はこちらをクリック 

※画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。

◆最寄り駅:
・JR博多駅 筑紫口より徒歩約3分
・市営地下鉄博多駅 筑紫改札口を出て、東4出口を上がって徒歩約3分

◆ご予約方法 ※必ずご予約の上、お越しくださいませ。
1.メールでご予約

marina@nexsis.jp まで下記の内容をご記入の上、送信してください。
2.ホームページの資料請求フォームよりご予約

一番下の空欄へ、“ 説明会希望 ”と、下記項目をご入力頂き送信ください。
3.お電話でのご予約
フリーコール 0120-553-788 までお電話ください。
【ご入力情報】
1.氏名 2.携帯番号 3.開催地 4.開催日・時間帯 5.参加人数 6.年齢


◆ご注意
※お申込みがない場合、説明会を中止、または、
一部スケジュールの変更をさせていただく場合がございます。
必ずご予約の上、お越しくださいませ。
※会場が急に変更となる場合がありますので、予めご了承下さい。
会場が変更となった場合、ご予約済のお客様へは弊社よりご案内をさせて頂きます。
※中止やスケジュール変更、会場の変更はこちらのページに掲載致します。
※説明会予約をメールでされた方は、受付完了メールをお送りしております。
完了メールが届かない場合には、予約が完了できていない場合がございますので、お電話か、再度メールにてご連絡頂きますようお願い申し上げます。


 


Bonjour a tous! C'est Marinaキラキラキラキラ
この間、テレビを見ていてフランス・パリの蚤の市が紹介されていました!パー拍手
蚤の市とは・・・
いわゆる日本でいるバザーみたいな感じです。
アンティークが基本で古い雑貨もありますし、食器、カバン、服。
使用済みのハガキもあったりします、誰かが誰かに送った手書きのメッセージ付のとても古びたハガキ。
私も誕生日の時に、そんなハガキをもらったことがありますが、さすがパリジェンヌ。オシャレ!!

出典 :Tweed Librarian リンク先はこちら

パリの有名な蚤の市は・・・
ヴァンヴの蚤の市
*日本人に人気。パリ南端

クリニャンクールの蚤の市
*パリ郊外、サントゥアンシにある大きな市

モントルイユの蚤の市
*パリ東端

アリーグルの蚤の市
*12区にある市
 

古いものにこそ価値があると考えるフランス人グッ
 

値段は、ついているものから値切るのが、パリジャン風。
一度、フランス語で値切ってみては?

是非、フランスを訪れた際にはお立ちよりください照れ