大晦日

テーマ:

今年もあとわずか

娘も大掃除やらおせち料理やら

いろいろお手伝いをするようになりかなり役に立ちました。


今年は幼稚園に通うようになり

いろんな人と触れ合って

いろんなことを学び集団行動や

お友達と遊ぶと言うことを学び

幼児から園児になりました。


来年は娘に字と数字をしえて書けるようになりたいです。


今年もよろしくお願いします。

AD

パパと娘

テーマ:
昨日娘が寝てる姿を見ながら
ふとパパが

「将来 きっと美人になるぞー」
「そう思わない?」

と言われた

私は「はあ?」 親ばかジャンって思って笑ってたら

パパ「だってさ・・・ このまつげながーいよ」

私「普通だよ」

パパ「マスカラしなくてもクリンとしてるやん」

私「いや・・・逆まつげっぽくてかわいそうだよ」

パパ「じゃあ 将来美人にならないの?」

私「きっとその話ほかの人が聞いたら親ばかといわれるよ」
「かわいくなるとは思うけどね」

なんて娘をほめてたパパ

翌日娘はその会話を聞いてたかはわかりませんが

パパから離れません。

「パパデートしよ」
「パパ 冷やしデートしよ」

ちなみにデートはこたつに一緒座るだけ
冷やしデートは
冷たい床に座るだけ

パパの後をずっと追っかけます。

「ママもデートやってよ」

というパパのお願いも
「デートはね 男の子とするものだからママは女の子だから一緒にできないよ」

という言葉で納得し後を追っかけてます。
そんな娘でも親ばかになるんですかね?
AD

うさぎとかめ

テーマ:

娘と過ごす中で

何度となく


「競争だ!」


と言う言葉が出てきます。


そして必ず負けないといじけてすねているのです。


以前パジャマを着替えるとき

競争していたら

あと少しで着替え終わるのをとめて

娘が着替え終わるのを待ってたら

暴れだしたんです。ドクロ


いつまでたっても遊んで先に進まないので

結局着替えて

勝負にママが勝ったら

案の定いじけてしまいました。


あんまりにも泣くので


「うさぎにゃーさんは早いけど、遊んでばかりいたら

亀さんカメに負けたでしょう? それとおなじことなんだよ」


と『うさぎにゃーとかめカメ』の話をしました。


ふと頭の中をよぎったのが

娘に絵本で読んであげたことあったっけ?

( ̄_ ̄ i)


なかったかもしれない・・・・


でもなんか納得した様子で


なんでも早くやろうとして

できなくかんしゃく起こすときに


「かめさんカメ かめさんカメになろうね」


といったらもう一度やり始めます。


でも意味の勘違いしている様子で


「ママはかめさんね 私 うさぎさん」


じゃあ競争ね


今度絵本を読んであげないとね

AD

お店屋さんごっこ

テーマ:

先日幼稚園でお店屋さんごっこがあったらしいです。


クラスを解体して

年少さんも年長さんも一緒になって

お店を作り販売するらしいです。


おままごとの拡大版ですかね?


娘はケーキ屋ケーキさんになって

先日保育参観のときに

一緒にデコレーションを作りました。


そのときに

ドーナツやアイスクリームソフトクリーム・ペロペロキャンディーなど

今まで作った物を見せてくれました。

結構紙やダンボールなどで作った割りに上手に作れてました。


商品がそろったら販売です。


大きな紙袋を持たせて幼稚園に行って

帰ってきたら


買い物の成果を見せてくれました。


自分で作った財布カバン(大きなバック)の中には

色画用紙で作ったお金

100円やら500円などお金が入ってました。

娘が作ったのか年長さんが作ったかは不明です。


そのお金を元手に

自分がほしいものを購入するわけです。

もちろん販売もするんです。


すごいですね~


本格的ままごと


お金の値段も適当だけど、

作る苦労販売購入全部自分でするのですから


娘が買ってきたものは

キャンディーキャンディー わたあめ フリフリスカートワンピース デコレーションケーキケーキ


ke-ki2


ほかの園児の人がデコレーションケーキです

ケーキ箱には

「○○くん作りました」

とちゃんと書かれているし


スカートも

ビニールのごみ袋を利用して

ちゃんとゴムも入って

フリフリなってました。

作る楽しみから買う楽しみ


自分が買ってきたスカートはずっと放さなかったです。

お店屋さん

テーマ:
今度幼稚園では今までいたクラスを解体して
お店屋さんごっこをするらしいのです。

簡単に言えば幼稚園全体でおままごと?

本日そのお店やさんで使う小道具を
作りに参観日でした。

娘はケーキ屋さんになるらしく
当日までこんなものを作りました。
という食べ物、
ドーナツやらアイスクリームやら棒つきキャンディー

本日はデコレションケーキ
娘はイチゴのケーキを作ることになりました。

飾りはいろいろあって
デコレーションらしく見せるもののために
いいものは早いもの勝ち!

折り紙でイチゴを作ったり
毛糸でクリームの飾りを作ったり
色画用紙でサンタを作ったり
作るのは私
材料調達するのは娘
イチゴのクリスマスケーキを作るつもりでしたが
最後に娘が持ってきた茶色の色紙
これをチョコレートにして
字を書けと言うのです。

「メリークリスマス」

スペルが浮かびませんでした。

_| ̄|○

[merry c・・・・・」


仕方がないので
「おたんじょうびおめでとう」

サンタさんの絵がある誕生日ケーキになりました。

いや・・・・

「キリスト様誕生日おめでと!」


正解!

写真撮りたかったな
子供たちが欲しいものを買ってくるので
娘のケーキは誰に渡るやら・・・

たまごっち

テーマ:

ここ数年たまごっちが流行っているのは知ってました。

幼稚園の子供が楽しんでいるのも知ってました。


夏まではそうでないけど、

新製品が出たのでしょうね。


幼稚園に持ってくる子供が増えつつあるんですよね。


初めて持っているのを見てびっくりした私です。


ここの幼稚園は持ってきてもいいのかと

思ってたら

禁止してると後で聞きました。


持って行く理由は

常に育ててないといけないから


「あ~ そうだね」


いつもえさやってないといけないもんね。


でも私的には幼稚園は学校と一緒で

体でいっぱい遊んで

お友達と触れ合って欲しい気がします。

たまごっちもいいけどね。


そのたまごっちを持っていく年齢も

5・6歳児が多いみたい

娘の4歳児は興味がないみたい・・・・

いや・・・これから興味を持つかもしれません。


ほしい!と言ったら買ってあげるか

買わないか迷います。


買ってもいいんだけどね。

やっぱ幼稚園に持っていくのはちょっとかな

どこの幼稚園や保育園もそうなのかな?