松本ヴァイオリン工房のブログ

東北の岩手-盛岡にある弦楽器専門の工房。バイオリン・ビオラ・チェロの販売、製作、修理、調整を承ります。コントラバスの修理も。秋田や青森、仙台の方もどうぞ!


テーマ:

5年ほど前のことですが下画像のように「損傷」のかなり激しいオールドチェロの修復依頼受け、一年余かけて全解体修理をさせて頂いたことがあります。あまりの損傷に当初は厚顔にも「修理をお断り」したのでしたが、数年後に改めてご依頼頂いた際は私も覚悟を決め、お引き受けさせて頂いたのでした。

あとにも先にもこれだけの修復を行ったことはないし、今後もないだろうと思います。

修理の詳細はまた別の機会にアップすることにしますが、夥しい割れをともなった200年以上も前のオールドチェロだったのですが・・・

修理していく過程で「このチェロは甦るに足るだけのポテンシャルをもっている!」と確信したことをいまでもはっきりと覚えています。

復活なったチェロの画像です。

その後、このチェロは原田哲男さん(仙台フィル首席⇒九州響首席⇒現在フリー)の手により「200年の眠りから覚めたチェロを聴く」と題したコンサートでお披露目をされています。

コンサートの合間にはたいへん僭越なことではあったのですが、このチェロにかかった修理の過程を数十枚の画像を映しながらお話させて頂いたのでした。

このようなことも後にも先にもないこと、今後二度とないであろう貴重な経験をさせて頂きました。

コンサート会場には、仙台フィルコンサートマスター神谷さん&エマニュエル・ジラール氏もいらっしゃり、コンサート後も親しくお話することが出来てとても印象深い一日となったのでした。当日は主催者サイドのご厚意で私の製作したヴァイオリン(Stradivari Hellier Model)と装飾付きチェロも会場に展示させて頂きました。

ジラール氏も興味深げにこの装飾チェロを試奏して下さったのでした。

私の工房のホームページはこちらhttp://www.m-stringshop.com/

いいね!した人  |  リブログ(0)