大阪・南船場のハイブリッドなオーダースーツのお店、【Luxum(ラグマ)】でございます。

 

本日はクリーニング後の正しいスーツの保管方法についてご紹介いたします。

 

 

シーズンの変わり目などにクリーニングに出される方も多いかと思いますが、

基本的にスーツはよほど汚れがひどくない限り、シーズンに一回をおすすめしております。

 

汚れを落とす反面、スーツのダメージもあるのであまりクリーニングに出し過ぎないことが、

スーツを長持ちさせるコツでもあります。

 

 

クリーニングから仕上がって来たら、このようにビニール袋が付けられていると思います。

これは家に持ち帰ったら必ず、取り外してください。

これは持ち運び用に付けているカバーのため、保管には適しません。

そのまま保管をすると、シミやカビの原因となります。

 

 

スーツを保管する際は、肩部分が厚いハンガーに取り換え、

通気性のある不織布カバーに取り換えられることをオススメしております。

 

*これをしないと型崩れしたり、カビが生えてしまったりします。

 

それからクローゼットで保管します。

クローゼットに詰め込み過ぎてしまうと型崩れの原因になり、

通気性も悪くなるためカビになりやすくなってしまいますので、

適度にゆとりを持つくらいにしましょう。

 

 

また長期間、スーツを保管する際は蛍光灯の下で保管をすると、

蛍光灯の発する紫外線で日焼けをしてしまうので、

光が当たらない場所で保管をしましょう。

 

湿気が少なく風がある日に、クローゼットの扉を開けて風通しをしておくと換気が出来ます。

梅雨のシーズンなどは特に気を付けてあげてください。

 

*扇風機を回して換気をするのもおすすめです。

 

それから大事なのが防虫です。

スーツはほとんど羊毛(ウール)で出来ているので、虫にかじられないようにきちんとケアしてあげましょう。

防虫剤には期限があるので、これも忘れずに取り換えてあげてください。

 

 

クローゼット整理のついでに、長年着ていない衣服を入れ替えると、気持ちも頭もとてもスッキリしますよ。

ぜひお試しくださいませ!

 

 

Luxum メンテナンス部より

 

Luxum

大阪 オーダースーツ 心斎橋・難波・船場・本町

〒542-0081

大阪市中央区南船場4−7−4

TEL:06-6282-7177

FAX:06-6282-7187

Mail:info@luxum.jp

OPEN:11:00〜19:00

CLOSE:WEDNESDAY

HP:http://www.luxum.jp

AD

大阪・南船場のハイブリッドなオーダースーツのお店、【Luxum(ラグマ)】でございます。

 

 

『お洒落は足元から。』

とはよく言われておりますが、スーツスタイルにおいて特に大切なのがでございます。

 

 

スーツやシャツなどのコーディネートが合っていても

手入れがされていないと悪いイメージに繫がってしまいます。

経営者の方は、打ち合わせや商談の際、お相手の方の靴が手入れされていないと、

仕事も心配りがされていないのでは?と心配になるのだそうです。

 

そんなことになってしまわぬよう、今回は革靴のお手入れ方法をご紹介します。

きちんとお手入れすることにより、靴の寿命を伸ばし、防水、防汚の効果もあります。

慣れてしまえばお手入れは簡単。靴磨きのお店に頼むのも一つの手ですが、

家で気軽にお手入れが出来るシューケアのセットをご自宅に用意しておきましょう。

 

*5000円くらいで立派なセットが手に入ります。

 

画像のようなセットさえ用意してしまえば、一通りのお手入れ道具は入っています。

クリーナー、ブラシ、クロス、クリームが入っていればとりあえずのお手入れは完璧です。

 

それでは、使い込まれた革靴を例に工程を見ていきましょう。

予想外の雨にもやられ、結構ダメージ受けています。

 

つま先(トゥ)もぶつけてしまってダメージがあります。

 

雨シミもあります。

 

、、、どこまで綺麗になるのでしょうか??

 

シューケアの流れ

1、靴磨きの準備

2、ブラッシング

3、クリーナーを使って汚れ落とし

4、靴クリームを塗る

5、ブラシでクリームを馴染ませる

6,クロスで磨いて艶を出す

~ここからはお好きな方だけ~

7、つま先を鏡面磨きする

 

ここからは実際に靴磨きをして画像でご紹介いたします。

 

1、靴磨きの準備

 

革靴の型崩れを防ぐために、シューキーパーを入れてください。

そして、細かな汚れも取るために靴紐も外しておきましょう。

 

2、ブラッシング

 

馬毛ブラシでホコリや、土などの付着物を落としていきます。

 

 

靴のコバや、靴紐の穴の付近など細かくブラッシング。

 

3、クリーナーを使って汚れ落とし

 

専用のクリーナーを使って汚れを落としていきます。

指に布を巻き付けて(いらないTシャツなどでもOK)クリーナーを染み込ませて

汚れが気になる部分を中心に、円を描くように磨きます。

それから全体的に革靴を磨いていきます。

 

古い靴クリームもこの時に取ることができます。

 

4、靴クリームを塗る

 

靴クリームを塗りこんでいきます。

セットの中に小さな歯ブラシ状のモノがあれば、それを使ってください。

それがなければ新たな布で少しづつ塗りこんでいきます。

 

塗り込んでいくことで、少しづつクリームが温められて馴染んでいくので

少しづつ何度も塗り込んでいきましょう。

 

5、ブラシでクリームを馴染ませる

 

ブラシを使ってブラッシングしていきます。

余分なクリームを落とし靴にクリームを馴染ませていきます。

しっかりと丁寧にブラッシングしていくことにより、革がマッサージされます。

ブラシが無い方はコットンのクロスで代用してください。

 

6、クロスで磨いて艶を出す

 

ヤギの毛のブラシや、艶出し用のクロスを使うことも可能ですが、

ご家庭であればキメ細やかな布を使えば充分!

不要になったパンストで代用されることも多いです。

クリームを拭き取るように磨いていくとドンドン馴染んでいきます。

そして、、、

 

 

出来上がりました!

左側が磨いた後、右側が磨く前です。

今回はダメージが大きかったので、目に見えて違いが分かりやすいですね。

 

 

雨シミも綺麗に消えました!

クリームを入れることによって傷にもクリームが馴染みカバーしてくれます。

革がひび割れると元に戻らないので、ひび割れてしまう前に手入れをしてあげましょう!

 

7、鏡面磨き

 

ここからはお好みですが、鏡面磨きをされます。

つま先を光らせることにより高級感を演出することが出来ます。

 

つま先の部分がピカピカになっています。

これが鏡面仕上げです。

 

方法はとても簡単で、シューズ用ワックスを少しだけ布に取り、つま先に水を一滴垂らし磨き上げていきます。

これを5~6回繰り返すと、つま先がピカピカに!

 

お好みや、革靴のデザイン、革との相性によって鏡面磨きを使い分ける方もいます。

慣れてきたら、光沢感が欲しい靴はつま先だけ鏡面磨きしてみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

靴磨くの頻度は使用頻度にもよりますが、月に1~2回ほどで充分です。

 

イタリアのことわざで「良い靴を履くと、良いところへ連れて行ってくれる」というものがあります。

いつもの装いでも前日に靴を磨いているだけで翌日の朝、出かける気分はグンと良い物です。

ビジネスマンの方にとっては相棒のような存在である靴。

ぜひ一度ご自身の手で労わってあげてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

Luxum メンテナンス部より

 

Luxum

大阪 オーダースーツ 心斎橋・難波・船場・本町

〒542-0081

大阪市中央区南船場4−7−4

TEL:06-6282-7177

FAX:06-6282-7187

Mail:info@luxum.jp

OPEN:11:00〜19:00

CLOSE:WEDNESDAY

HP:http://www.luxum.jp

AD

大阪・南船場のハイブリッドなオーダースーツのお店、【Luxum(ラグマ)】でございます。

 

今年はメンテナンス情報をたくさんお届けする所存でございます。

 

スーツの次にメンテナンスのお問い合わせで多いのが、革靴でございます。

ビジネスマンの方には相棒のような存在なので、メンテナンスは大事ですよね。

 

*綺麗に履くと良い革靴は一生モノです。

 

今回は雨に濡れた革靴のお手入れについてです。

濡らしたまま放置してしまうと、靴の寿命をかなり縮めることになってしまいます。

ご家庭で簡単にできるお手入れをぜひお試しください。

 

まず、雨に濡れて帰ったら表面に付いた雨を布で拭き取ってあげましょう。

これをするだけでも、雨シミやカビをかなり防ぐことができます。

そしてさらに、新聞紙を詰めて湿気を取り、乾かしましょう。

この時、日なたではなく、風通しの良い日陰で乾かしてください。

 

*画像のように靴紐を外しておくのがオススメです。

 

靴はただでさえ地面に近く、水の影響を受けやすく、

なおかつ、足からは1日コップ一杯分の汗が出ていると言われています。

 

木製のシューキーパーを詰めて湿気を取ることも可能ですが、

雨に濡れてしまった場合は、新聞紙の方が有効です。

ただし、水分で新聞紙のインクが滲みだしてしまわないように、取り換えてあげましょう。

大事な革靴に色が移ってしまいます。

経験としては一晩そのまま放置してしまわない方が良いですね。

寝る前にでも一度交換してあげた方がいいです。

取り換えの時に水分と湿気を吸ってしっとりとしているので、ビックリされると思います。

 

色々と丁寧にお手入れしても、どうしても出てしまうトラブル。

それは。。。

 

 

雨シミと、真っ白な塩吹きです。

この状態で履くにはあきらかに目立ってしまうのと、

塩分は革を痛めるので早急に対応しなければいけません。

 

この時の対処方法は、ずばり丸洗いです。

実は革靴は洗えます。サドルソープという専門の石鹸でご家庭でも洗えるようになりました。

*普通の石鹸を使うと革がガチガチになってしまい、革がヒビ割れてしまいます。

例外として、スウェード、ヌバック、水性染料を使って染めたレザーは洗えません。

 

 

 

 

その他にも、慣れていないと失敗してしまう可能性もあるので、

革靴の扱いに慣れるまでは、お店に洗ってもらうのがオススメですね。

 

弊店のご近所にOLD HAT OSAKA様があるのでそちらでぜひご相談なさってみてください。

経験豊富な店長、高井さんが丁寧にご対応いただけると思います。

 

 

もちろんソールの張替えや、靴磨きにもご対応いただけますので、ぜひお試しください。

弊店からのお客様も多数ご利用いただいており、お店も近くなのでよろしければ

お店までご案内させていただきますよ。

 

 

良い革靴と、良いスーツは大事に扱うことで長く寄り添ってくれます。

特に革靴はお手入れをすると、効果が顕著に表れるので面白いですよ。

次は、靴磨きの方法をお伝えしますね。

 

Luxum メンテナンス部より

 

Luxum

〒542-0081

大阪市中央区南船場4−7−4

TEL:06-6282-7177

FAX:06-6282-7187

Mail:info@luxum.jp

OPEN:11:00〜19:00

CLOSE:WEDNESDAY

HP:http://www.luxum.jp

AD

大阪・南船場のハイブリッドなオーダースーツのお店、【Luxum(ラグマ)】でございます。

 

年末から新年にかけてのスーツのトラブルのご連絡でもっとも多いのが

「忘・新年会でスーツや、シャツを汚してしまいました~(涙)」

という、ご連絡。

 

 

テンションガタ落ちで、せっかくの宴席で燃え尽きてしまわないよう、

本日はスーツやシャツを汚してしまった際の、対応方法をご紹介させていただきます。

これにより外出先でのシミ、汚れからほぼ完治いたします。

知っておくとノーガードで宴会も楽しめますので、ぜひご参考ください。

 

*「悲劇」と検索したらグーグル検索で出てきそう。

 

 

こんなことにならぬ様に汚してしまったら早急に以下の手順をお試しください。

その方法は簡単です!

 

応急処置方法

1、まず汚れたら出来るだけ早く衣服を脱ぐ(パンツなどその場で脱げない際はそのままで。捕まります)

2、汚れた箇所に水をかけ濡らす

3、タオルや、ティッシュを汚れた箇所にかける

4、3の汚れた箇所をひっくり返して手のひらに置き、上からもう一枚タオルかティッシュで挟んで片手で生地を叩く。(サンドイッチ状に)

*タオルやティッシュを取り換え、2~4を繰り返す。

 

*イメージ図。汚れた箇所が一番下に来るようにしてください。

 

叩いて汚れをタオルや、ティッシュなどに逃がしてください。

繊維に汚れが付着してしまう前に、水で汚れを他の繊維に移してしまうだけで大ダメージが避けられます。

 

一番やってはダメなことは、汚れをそのままゴシゴシとこすってしまうこと!

これにより繊維に逆に汚れを付着させてしまい、大ダメージ確定となります。

 

応急処置としてはこれだけで充分です。軽い汚れなら取れてしまいます。

 

*うまくいくとビックリするほど綺麗に取れます。

 

ここからさらに綺麗するには汚れの性質を知ることが重要となります。

一般的な汚れは以下のように、大きく2つの種類に分けることができます。

 

水溶性(水に溶け込む性質の物)

油溶性(油脂に溶け込む性質の物)

 

このチェックはとても簡単。

先ほどの応急処置2、の水をかけた際に10秒ほど放置してみて、

水が染み込む汚れ→水溶性

水がしみこまない汚れ→油溶性

となります。

 

*油溶性汚れによる油シミ。きちんと処置しないとこんな形で残ってしまいます。

 

一般的に水溶性汚れは、しょうゆ、ソース、ケチャップ、酒、ビール、ワイン、お茶、コーヒー、血液など。

 

油溶性汚れは、サインペン、ボールペン、口紅、卵や牛乳など。

 

と言われているので、これを覚えておくのも手ですね。

 

水溶性の汚れの場合は、水やお湯で薄めた中性洗剤の液を歯ブラシに付けて擦るのがご家庭で一番落としやすいです。

洗面台や、お風呂場などで優しく擦ってあげてください。

力いっぱい擦り過ぎは厳禁です!生地を傷めてしまうのでお気を付けください。

 

頑固な汚れには、先ほどの中性洗剤を薄めた液を、50度ほどにして1~2時間放置してから

また歯ブラシで擦ると効果的です。

応急処置が手早く出来ている場合、ほとんどの汚れがこれで落ちます。

 

 

油溶性の汚れは、アルコールや、ベンジンなどを使い落すことが多いのですが、

成分が強いため、オーダースーツに使われる生地では痛めてしまうことがあります。

この場合は出来るだけ早めにクリーニング店でご相談されることをオススメします。

ご近所に馴染みのクリーニング屋さんを持つことで、汚れトラブルに落ち着いて対応出来るようになります。

「あ、汚れてもうた。でもこの汚れなら落ちるわ。」と思えたらスペシャリストです!

 

適切な処置を行うことによって嘘のように汚れが取れ、

またご家庭では汚れが取れなかったとしても、クリーニング店で綺麗に取れた!

ということも多々あります!どちらにしてもスピード処置が肝心!

ぜひお試しくださいね。

 

 

今年も丹下のおっさんのように拳を握りしめて、皆様のバックアップをさせていただきます。

お読みいただきありがとうございました!

 

Luxum メンテナンス部より

 

Luxum

〒542-0081

大阪市中央区南船場4−7−4

TEL:06-6282-7177

FAX:06-6282-7187

Mail:info@luxum.jp

OPEN:11:00〜19:00

CLOSE:WEDNESDAY

HP:http://www.luxum.jp

南船場のハイブリッドなオーダースーツのお店、【Luxum(ラグマ)】でございます。

 

 

本日は「成人の日」。

晴れて新成人になられた方々は誠におめでとうございます!

 

新成人の年齢を約2人分を含む年齢の私から、一言だけ物申させて頂きますと、現在は「幸せの価値観」が世間一般的に定まっていない、世知辛い、よく分からない世の中だと思います。しかし、ご自身の一瞬一瞬の「生き方」がとても大事で、生き方次第では本当に素晴らしい人生が必ず待っています。ですので、新成人になられた方々は、自分を信じて一生懸命に生きて欲しいと思います。

 

逆に言うと「幸せは自分の中で決めるもの」で、どこぞへ「幸せ探し」や「自分探し」をしても、探したい物はありません。

実は、自分の中に「幸せ」は既にあるので、自分の為に「幸せ」を早く見つけて上げて下さい。

 

「さぁ、果たしてここから洋服の話に持っていけるのか・・・!?」

 

そんな不安が大いによぎっております・・・でも行きましょう。繊維だらけの道無き道を突き進みましょう。

成人式の早朝から働いていたのは、実は美容師さんだけではございませんよ。

 

行ってきました「スーツの納品@岸和田@8:45分集合」。

実は私、岸和田にも初上陸でもございます。そして証券会社が不思議に多いこと。

 

 

先日のブログでもご紹介させて頂きましたが、こちらのお二人・・・

https://ameblo.jp/luxum/entry-12331271614.html

 

「な・・・なんだと・・・!?

この昭和感は・・・平成生まれじゃないのか!?」

 

 

クラシックをこよなく愛するお二人は、まさにこの「だんじりの街」のファッション異端児でしょう。

「昭和=褒め言葉」らしいので、岸和田で彼らをお見かけになった時は、是非「昭和」と一言お願い致します❤️

 

 

流石クラシカルを愛するお二人のパンツのシルエットは今時のピタピタではございません。

「裾に向かってゆるやかにテーパードする脚から近すぎず離れすぎずの絶妙の距離感ゆえパンツの中の空間認知能力のシルエット」

 

ブラウンは「OLD HAT」さんで誂えたオーダーシューズ。

ブラックは「OLD HAT」さんで誂えたオーダーシューズを雨の為に履いてこなかったビンテージのフロウシャイム。

 

そして、つま先は良くお手入れが行き届いた鏡面仕上げでございます。

(鏡面仕上げを知らずに朽ちていく大人がいるのに一体なんなんだチミたちは!?)

 

 

最初真面目で、中チョケまくって、ブログが成立しないまま進んできましたが、感じてる人は感じてる。

ただのクラシックではなく、ギミックだらけのお二人の装い。

ツイードやベルベットの素材では疎遠なダブルブレストのデザインにわざとしたり。

ジャケットのボリュームに合わせる為に、シャツはコーデュロイ素材をつかったり、衿はピンホールやし。もー。

 

そして将来、テーラー業界の道に進むお二人。

嬉しいことやら行く末恐ろしいことやら、将来楽しみな成人が「だんじりの街」から誕生しましたね。

星の数ほどあるオーダースーツ店から、弊店を選んでオーダーして頂いて、本当にありがとうございました。

今後は一緒に業界を盛り上げて頂けたら幸いでございます。お互いに頑張りましょう。あと祝いのお酒はほどほどにW

 

「成人式のスーツ」のシリーズはまだまだ続きますので皆様もお楽しみにW

 

 

代表フィッター

大上 貴司

 

Luxum

〒542-0081

大阪市中央区南船場4−7−4

TEL:06-6282-7177

FAX:06-6282-7187

Mail:info@luxum.jp

OPEN:11:00〜19:00

CLOSE:WEDNESDAY

HP:http://www.luxum.jp