どうも、久しぶりっす。

せっかく中山開催が始まったので、
こちらも少しづつ再開しようかな、と思っています。

では、とりあえず予想~。


■京成杯オータムハンデ


どう見ても遅くならないメンバー構成だけど、
どう見ても前が止まらない開幕週。


差し競馬を想定すればいいのか、
前残りを想定すればいいのか・・・


そんな難しいこと、神のみぞ知るですよ。


でも人気を見れば
リサーブガードとかキストゥヘブンが人気してるみたい。


それなら思い切って人気薄がそろった先行馬に期待。


◎はクーヴェルチュール。


間違いなくこの距離なら先行できるし、
前に行ってのしぶとさも持っている。


前走はやや太かった感もあるので、
絞れるのが条件で。


もちろん距離が持つかなんて知らないけど。


■セントウルS


開幕週なのに人気は追い込みタイプのG1馬。


それなら穴は自然と先行馬かと。


で、見てみると良さそうな先行馬がいないじゃない。


でも先行できそうな馬を買いたい!
でなければ、ケンか・・・


◎はシンボリグランに期待。


直線競馬のテンの速さが記憶に残っていれば先行できないわけはない。

もまれない外枠も好走条件のひとつだし。


3着以内、まったく不思議じゃないけどな~。



AD
まずはなんと言ってもウォッカの取捨選択だろう。
阪神JF、日本ダービー、ドバイなどから明らかにここでは実力は上。
ただ明らかに使いすぎの感もあり、ここで走れる状態にあるかが一番焦点!

そこでこの馬が走る状態の時を見てみると以下のようになる。

黄菊賞2着→阪神JF1着
桜花賞2着→日本ダービー1着
秋華賞3着→JC3着
京都記念6着→ドバイDF4着

牝馬戦→牡馬戦、GⅡ以下→G1のように、
前走より相手が強化しているときに頑張るタイプだとわかるだろう。

それでは今回はどうか・・・
前走ドバイDFで相手は世界一流馬、今回はヴィクトリアマイルで牝馬戦と
今回の方が相手が弱くなっており、これはウォッカが気持ちよく走れるパターンではないだろう。
さらに前走のストレスもあり、今回はその反動も出そう。
実力を考えれば△の抑えは必要かもしれないが、オッズほど堅いとは思えない。

では何を中心にすればよいのか?
ベッラレイアは休み明けが心配。
ニシノマナムスメはリズム的には問題ない。でも、ストレスがなかった前走以上の走りはできない。
無難に行くならこの馬で良さそうだが、気分的に守りに入るときでもない。
ブルーメンブラッドは非根幹距離向きの馬でマイルでの勝ち星がない。
う~ん、難解・・・といって色々見渡してみると・・・いた!
面白い馬が!

◎トウカイオスカー
叩いて良くなる馬だけに前走はもっと酷いと思ったが、思いのほか良い競馬。
今回はそれに加えコース、鞍上変わりで前進は必至か。
1000万、1600万と連勝したように強い相手に対する耐性もバッチGoo!
ストレスのない今回G1で鬼脚が爆発する!

○はさっき述べたように無難にニシノマナムスメにするとして、
実はもう一頭恐い馬がいる。

そう、▲ジョリーダンスだ。

安田記念3着はここでは明らかに上位の存在。
ストレスがないときに走る傾向が強いので前回、走らなかったのがいい方向に出るかどうか。
ただ前走の負けた原因がちょっとわからないのは問題。
先行させるとよくないのか?それとも東京新聞杯の不利のストレスか?
今回にひきづらなければよいが、まともなら一発も。

以上、上位3頭。
ウォッカ、ベッラ、ブルーメンあたりはあって△まで。
AD
さぁ~て、久々に予想しますか。
最近はなんだか競馬に対するモチベーションが下がり気味だったんだけど、
(皐月賞すら予想を書かなかった!)
これから東京のG1が続くということで、
やる気をUPさせるためにここは一発当てたいね!

ではでは、久々だし、どんな感じに切っていこうかしら。

まずは人気馬から見ていきましょう。

■ファリダット
マーガレットSの勝ち時計はアイルラヴァゲインが勝った年よりも早い。
そして今年の1000万下よりも0.1秒だけ遅い。
アイルラヴァゲインの時の勝ちタイムは当時の1000万下より早かったが、これは誤差の範囲内だろう。
こうやって考えるとアイルラヴァゲインより低い評価はできそうにないが、
そのアイルラヴァゲインでも本番では3着止まりだった。
やはり東京のマイルと1400の適性は違う。
1400はスピードがとにかくモノをいうが、東京のマイルは距離以上のスタミナが求められてくるからだ。
頭まではないような気がする。
もちろん将来性や血統などから応援はしたくなるが、人気になる今回はばっさり切ってみるのも手か。

■サトノプログレス
前回は内枠+鞍上の完璧な騎乗で快勝したが、
逆にいえば中山だからできた勝ち方だとも言える。
またストレスもなく心身ともに充実した状態だったが、
今回は前回に格上初戦で走った分のストレスが必ず出るはずで、
前走以上の競馬をすることは以上の2点から考えづらい。
この馬だったらエーシンフォワードの方を上に見ておきたい。
って喧嘩売りすぎ!?

■ディープスカイ
前走はとにかく強かった。
2着が青葉賞を勝ったアドマイヤコマンドだからその価値は相当なものだろう。
毎日杯組は相性が良いらしいし、かなり食指が動きそうな馬だが、
ひとつ気になるのはマイル適性。
そう、強いって言ってもマイルでは500万すら勝てなかった馬。
はたしてマイルのG1で本命にしてもいいものか?

■ゴスホークケン
実績では最上位だが、とにかく負けすぎ。
おそらく揉まれるなどの嫌なことがあると
レースを投げ出してしまうタイプなのだろう。
そう考えるとこの枠はそれほど良くない。
勝つには朝日杯のときのように絶好のスタートから逃げるか、
ダンツキッスイから離れた二番手で悠々とレースを進めるしかないであろう。
う~ん、人気の割にここまで展開に左右されるとちょっと買う気がなくなってくるなぁ。
もちろんあっさり勝たれることもあるので、抑えは必要だが。

あらら。。。なんだか絶対本命にしたい馬がいないじゃないの。
で、いろいろ考えてみた結果、面白そうな馬が3頭ほど。

■エイムアットビップ
叩いて良くなる馬だけにフィリーズレビューは参考外。
ベストな状態で臨んだ桜花賞は不運にもハイペースに巻き込まれてしまい死亡。
叩き3走目、ノーストレス、元々の力を考えれば買ってみてもいいか。

■ドリームシグナル
とにかくマイルの成績が素晴らしい馬。
ローテーション的な考え方はエイムアップビップと一緒。
スプリングSは休み明け、皐月賞は流れが向かず・・・
おっとこっちには短縮ショックもついてるぜ!

■ダンツキッスイ
前走はさすがに早かったし、ちょっとストレスも出たか。
東京であの逃げが通じるのかは微妙だが、
ノーマークの今回はまた一発あってもおかしくないね。

結局、短縮ショックの分、本命はドリームかなぁ。
○は安定感で、▲は一発やりそうな馬を。

◎ドリームシグナル
○ディープスカイ
▲エイムアットビップ
△ダンツキッスイ、ゴスホーク、エーシン、イダテン
AD