中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

さて、昼間のミニバスストレスを発散させるべく、夜は例のフットサルリーグである。

この数試合流れが悪いだけに、一つ白星が欲しいところ。

この夜は第10節と第11節の試合だ。


第10節の相手は、ここまでのリーグ戦では最下位のチーム。

こんなことを言うと失礼ながら、流れを変えるには絶好の相手、といえなくもない。


前半からゲームをこちらが支配して、2得点。

この日は連戦なので体力を温存しつつ、それが却ってよかったのかもしれない。

後半も順調に得点を重ねて、まずは一勝。


すぐに次の試合がスタートしたのだが、この試合が若干、荒れた。

両チームともに言い分はあるだろうが、とにかく雰囲気が険悪に。

ただ、前半終了時点でこちらがリードしていた分、まだ冷静になれていたのがよかったか。

相手には付き合わないようにしよう、と確認の上で、後半スタート。

当たりが激しくなったのはまあ仕方ないとして、明らかに故意に体に向けてのタックルが、やたらと増えてきた。が、さすがにそれは審判も笛を吹く。

そうするとますます相手チームはヒートアップする。

おかげで、というべきか、ゲームそのものの流れはこちらに来てくれて。

5-3で逃げ切って、連勝。

ちなみに、今日は個人的には2得点。

この日で勝ち点6を手にして、トータルのチーム勝ち点は18になった。

ちょっと他のチームの勝ち点を見なかったので暫定順位はわからないけれど、おそらく4位以内には入っているのではないかと。


で。

帰り際、控室でその相手チームと遭遇した。

こっちから謝るのもおかしなものだけど、そこはそれ、一社会人として。

妙な遺恨が残っても後々面倒だし。

申し訳ありませんでした、ちょっと熱くなってしまって、と、詫びを入れておく。

向こうもだいぶ落ち着いていたようで、いやこちらこそ、と、表面上は笑って応じてくれた。

ま、いいでしょ。


次回以降も、寄せ集めチームらしく「楽しく」、勝利を目指そう。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日はミニバスの交歓大会。

正真正銘、6年生にとっては最後の試合となる。

いろいろな思惑もあり、今回はいつものブロックではなく、少し遠めの地区へ乗り込んでの参戦。

バスを借り切っての遠征(とはいえ、せいぜい一時間、札幌市内だが)となった。


正直に言うと。

ムウが下手なのは承知の上で、それでも最後だし、多少のミスには目をつぶっていいところだけチョイスしてやろうかとも思っていた。

が。

どう贔屓目に見ても、あるいは客観的に見ても、・・・ダメだ。

監督も、最後だからということで温情でずっと使ってくれたのだけれども。

2試合、それぞれ3クォーター分のフル出場、都合36分間の出場で。

得点ゼロ。

アシストゼロ。

リバウンドゼロ。

スティールゼロ。

奪ったチャージングゼロ。

フリースローは4本打ってゼロ。

・・・この数字以上に何か必要だろうか。


さて、試合のほうは。

1試合目は、稲積と。

かなりでかい選手が数名いて、おそらくはそれに圧倒されてしまったか。

特に2Q以降で。

それから、相手ディフェンスがかなり荒い。止めるときには体を横にしたままぶつけてくるようなディフェンスで、Aブロック内だったらほとんど全てファウルになりそうなものだったが、ここでは笛は鳴らない。

まあ条件は同じだからいいわけにはならないのかもしれないが、そもそもぶつかり合いに弱い真駒内だから、なおさらどうしようもない。

1Q:2-8

2Q:0-23

3Q:11-14

4Q:4-25

で、トータル17-70という大差。

1Qと3Qだけみれば、それほどの差は感じないのだが。


<得点>

ユウト:13 ユウダイ:3 リオ:1


2試合目は、石狩紅南チーム。

稲積に比べれば、高さはそれほどでもない。

もっとも、真駒内と比べてしまうと、まだ高いのだが。


1試合目に比べると、競った試合展開だ。

スコアシートを見ると、どちらにも3連続ゴールというものが無い。

それから、向こうはファウル数が非常に多い。

全てのクォーターでチームファウルが4以上。

相手の4番、5番とも、最終的には5ファウルで退場。

他の二人も4ファウル。

もらったフリースローの数はなんと33で、その内の18が得点になっている。

それでも最終的には競り負けたのだ。

一つの原因は、初めに書いたように、まったく仕事をしない選手が一人ずっと出場していたから、なのだが。


1Q:8-11

2Q:11-14

3Q:13-13

4Q:11-15


<得点>

ユウト:25 ユウダイ:12 シュウヤ:3 ハヤト:2 ユウスケ:1


どちらの試合とも、あまりにもくだらないミスが、やはり多い。

パスミスにキャッチミス、ボールを見ていない、マークを見失う、あるいは自分のマークの確認すらできていない。

4年生のハヤト以外はみんな5年生以上という布陣でもって、いまだにコレかよ、と。

それも、ほぼ6年生がいないということは、去年一年間ずっとこのメンバーで戦ってきた結果、だ。

そりゃあ監督もサジを投げたくなる。


まああくまでも能力や技術は人それぞれだから、全力を出し切ってこの結果、というならまだ納得もできるが。

試合が終わって体育館を出て数分たつと、もうあの騒がしさ。

毎度毎度の光景ながら、いまだにこちらはそれに腹が立つ。

負けた後の切り替え、の、意味が違う。

敗戦を全く生かせない。

体力のこってるんなら試合で倒れるまで走れ。

本当に練習を真剣にやっているんなら、負けたらもっと悔しいものなんじゃないのか?


とまあ、最後の最後までストレスを抱えさせてくれる試合だった、と。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事終わった後に、髪を切りに行った。

閉店間際の時間だったので、店内はガラガラだった。


俺の少し後に入ってきた男性客。

20代前半くらいか。

見た感じ、中国か台湾か、そっちだろうと。

なんなんだろね。

ナニが違うのかと問われると、明確には答えられないけど、やっぱり違う。

けっこうな確率で、正解。


隣の席の話をなんとなく聞いてると、案の定その客は中国人らしい。

留学生だとか。

会話は成立してるけど、まだそれほど日本語が上手というほどでもない。


その客を担当している理容師の人が、もともとよくしゃべる人なのかどうか知らないが、物珍しさもあってかその中国人客にずっと話し続けている。

「へえ、中国から来てるんですか。大学生?そうですか、こっちで日本語も勉強してるんですね。すごいな。やっぱり日本語の勉強って、あいうえおから始まって?だんだん会話とか?へえ・・・」

とかなんとか。


自分のことを思い出す。

中国にいたころは、髪を切るときは大学近くの小さな床屋。

一回100円もしなかった。

汚いと言ってしまえばそうなのだけど、気にしなければどうということもなく。

大学近くだから留学生も珍しくもなさそうなものだが、そういう店にはあまり留学生は来ないのだろうか、なんだか珍しがられて初めのころはよく話しかけられた。

何度か通うにつれてだんだんと親しくなり、反日デモ発生時にはこちらを心配もしてくれたものだった。

あの店はまだつぶれずに営業してるのかな・・・。


と、そんなことを思い出す一幕。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ネットでNHKの中国語ニュースを聞いていたら、妙な単語が引っ掛かった。

「フーミエンレン」?

よく聞いてみると、ここ数日話題のタイガーマスク関連のニュースだった。


「虎面人」。

ああ。

タイガーマスクだが。

たしかに。


こうもイメージが変わるもんかね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういえば今年に入ってまだ記事を書いていなかったか。

・・・あけましておめでとうございます。


さてさて年が明けて一週間。

ここ数日で雪が降るわ降るわ、あっという間に冬の北海道らしく付近は真っ白。

そんな中、フットサルリーグ戦の後半戦が再開された。


という話なのだが。

なにしろ、屈辱の二連敗を喫したということで、詳細を書きたくもない心境で。

今更ながら、俺ってばけっこうな負けず嫌いなタチだなぁと再確認した次第。


2試合で3得点したのはいいとして。

どうも全体の流れやらかみ合わせやら、よくなかったな。

寄せ集めチームの弱点がモロに露呈してしまったか?

あとは、エース君の体調不良が・・・。


まあまだ試合は何試合も残っている。

決勝トーナメント出場をまずは目標にして、残り全部勝つつもりで。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。