中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

8月が終わり、9月に入る。

プロ野球も、いよいよ佳境である。

――ということで今回は、ときどきやってくるマニアック(というほどでもないが)な野球話シリーズ。


ほぼ中日で決まりかけのセリーグとはうって変わって、激しい首位争いが繰り広げられているパリーグ。

パリーグは本来ならプレーオフ進出争いというのもあるはずなのだが、今シーズンはプレーオフ進出の上位三チームはほぼ確定し、本拠地開催の利と一勝のアドバンテージをかけてのシーズン一位通過が三チームの目標となっている。


西武、ソフトバンクは今や上位の常連だが、今年は日本ハムが強い。

チーム状態がよく、勢いがある。去年のロッテと、なんだかよく似ている。

今年のロッテの凋落振りを見ればわかるように、勢いだけで一シーズンを制することはできても、連覇というのは非常に難しい。

であるからには、日本ハムは今年のこのチャンスをぜひとも生かしたいところだ。来年は、おそらく優勝の目はない。

勢いに乗ったチームというのは、例えば実績がイマイチだった選手が大活躍したり、ルーキーが計算外によかったりする。

そういう意味でも、去年のロッテと今年の日ハムは共通点が多い。

去年のロッテでは、サブローや今江といったあたりが打棒絶好調で、打線を牽引した――が、今年は去年ほどの成績を残せていない。

また投手陣では、新人王を獲得したルーキーの久保が二桁勝利を挙げたし、中継ぎの薮田・藤田も過去に例がないほどの成績を残した。しかしやはり、今年は去年ほどの活躍ができていないのだ。

一方、今年の日ハム。

打撃面では、なんといっても1,2番に固定された森本と田中賢介の好調ぶりが目立つ。1,2番が機能すれば、3番に座る主砲・小笠原が生きる。

ただ、この二人は来年は必ず厳しいマークにあうことになる。

そこでどれほどの成績を残すことができるか、である。

そして投手陣。前半戦の先発陣の中心は、ルーキーの八木。既に10勝を挙げ、新人王の最有力候補だが、後半戦に入って疲れも出てきて、相手チームにも研究され、勝ち星が延びない。来年は、二年目のジンクスと戦うことになるだろう。


さて、その日ハムの当面のライバルとなる、西武・ソフトバンク。

ソフトバンクは、やはり打撃面では城島の穴を埋めきれずにいる印象がある。主砲・松中も本塁打数がのびず、全体として小粒のイメージの打線になった。が、それでも大村、川崎といったあたりが元気で、しっかり点を取ってくる。

そしてソフトバンクといえばやはり充実の先発陣。

安定感抜群のエース・斉藤をはじめ、新垣や和田も、大崩れしない。誤算は、杉内・寺原といったあたりか。ストッパーの馬原は、ここまで計算どおりの投球をしているといっていいだろう。


かろうじて首位を守る我がライオンズ。

今年は、攻撃的なチームだ。

現段階で、チーム打率・本塁打数・盗塁数でリーグトップに立っている。

特に盗塁数はダントツの差で、こういう機動力野球はいかにも西武らしくて、個人的には大好きである。

開幕から3番に座り続けた中島の故障離脱が痛いが、夏になって調子を上げてきた石井義人、リーファーらがうまくカバーしている。中島の代わりにショートを守れる片岡が好調を維持できているのも大きい。

先発も、松坂・西口・涌井など、駒はそろっている。

問題は、救援陣。

特に、ストッパーの小野寺が、8月に入ってから、おそらくは疲れのせいだろう、打ち込まれるケースが目立つ。

もっとも、ストッパー転向一年目ということを考えれば、まあ許容範囲――というか、仕方ないかもしれない。

まだ若いんだし、今後の活躍の糧にしてほしいもんだ。

とはいえ、この時期に守護神が不安定というのは大きな不安材料ではある。

中継ぎにしても、三井は変わらず好調を保っているものの、石井貴や山岸もやや不安定だ。

完投能力のある松坂、涌井あたりは、一人で投げきるつもりでふんばってもらいたい。


プレーオフということになると、短期決戦。

先発の顔ぶれを見ると、やはり日ハムは苦しいか。

三連戦ということになると、金村・ダルビッシュ・八木ということになるだろうが、西武やソフトバンクの三本柱に比べるとやはり見劣りがする。

また今シーズン、西武は日ハムに大きく勝ち越しているというのも重要な点である。

こういう相性というのはバカにできないのだ。


ただ、札幌在住の身からするとプレーオフを見てみたい気持ちもある。

ということは、だ。

理想的なのは、西武が1位通過、2位に日ハムが滑り込み、3位がソフトバンク。

そうすればプレーオフの第一ステージは札幌ドーム開催だ。


――さあ、そううまくいくかどうか。

決戦の9月がはじまる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

マックに、入った。

大して客もいなかったので、並ぶ必要もなく、レジの前へ。


俺の対応をする店員は、どうやら入りたてのバイトの子。

マックのバイトに研修というものがあるのかどうかは知らないけど、いずれにしてもレジに立つのは初めてかもしれない、くらいの緊張っぷり。

その子の隣には、指導係かフォロー係か、もう一人の店員が影のようにつきそっている。

俺は持ち帰りでマックチキンとチーズバーガーを頼んだだけ(合計200円)だから、レジとしては非常に簡単だとは思うのだが、一つ一つの動作を確かめるようにやっているから、やはり遅い。

こっちは特に急いでもいなかったのでのんびり待っていたけど、混んできたら大変だっただろう。

――もっとも、混んでる時は新人をレジには立たせないかもしれないが。


別に今回に限ったことじゃないけど、こういう新人バイト君を見ると、やっぱり自分の新人バイト時代を思い出したりもする。

いろいろとバイトはやってきたけど、一番初めのバイトは、本屋だった。

その第一回目・・・うーむよく覚えてないな。

これといった研修のようなことはなかったから、レジ対応もぶっつけ本番のようなものだ。

もっとも、本屋に研修なんか必要ないといってしまえばそれまでだが・・・。

なんにしても、あんまり緊張した記憶というのも見当たらない。

はじめのうちはわからないことが多くありつつも、そのうちに慣れてくると、本屋というのはなかなか楽な仕事ではある。

もともと本好きというのが関係あるんだかないんだか。

2年目、3年目ともなってくると、他のバイトや店員とも仲がよくなり、半分くらい遊びに行くような感覚でバイトに行くようになっていた時期もあった、が。

そんなんだから当然のように時給は低かった。

確か千葉県の最低額を定めた条例にひっかかって、少し給料が上がったほどである。


もうアルバイトなんかすることはないのかなぁ・・・。

・・・バイトしなけりゃならないような生活になったらマズいんだがね・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんでだか知らないが、日曜の夜はカレーを作るというパターンが増えてきた。


というよりも、日曜日の生活パターンが決まってきた。

友達のいない悲しさだ。


昼前後まで寝てる。

→朝昼兼用でパンを食べる。

→野球中継を見る(もしくは聴く) or 図書館に行く or 古本屋に行く。

→スーパーに買物に行く。

→笑点を見る

→カレーを作る

→食いながらテレビor読書orネット

→シャワー

→西武がその日勝っていればスポーツニュースを見る

→寝る


それはさておき、カレーだ。


適当に作ってるけど、とりあえずなんとか食えるものにはなっている。

作った半分は月曜日にも食えるから便利だという話もある。


ただ、夏場。

当然かもしれないが、ぐつぐつと鍋をかきまわしていると、暑い。

台所というところは、熱がこもるようになってるんだろうか。

ムダに汗をかいてしまう。

ちなみに肉を炒めるときに必ずといっていいほど油がはねてこれまた非常に熱いのは、やり方に問題があるからなんだろうか。


しかし、これが冬になると。

今度は水が非常に冷たい。

部屋が寒いこともあるし、ナニかと不便である。


料理というものに一番いい季節ってモノがあるんだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

早稲田実業の優勝で幕を閉じた夏の甲子園。

数々の熱戦・激戦が繰り広げられ、観客数も大幅に増加したとか。

うん。

近くに住んでたら俺も行ってただろうけど。

アレって、外野席は無料なのだ、実は。

内野席にしても、プロ野球に比べれば断然安い。

決勝戦以外は、数試合見ることもできるし、高校野球ならではのおもしろさが詰まっている。


さて。

早実の優勝の立役者はといえば、いまやすっかり時の人になったエース・斉藤。

なんだか知らんけど、全国で斉藤フィーバーが巻き起こっている。

その異名は、「ハンカチエース」。

・・・誰が名づけた。


ハンカチだかハンドタオルだか、それで試合中にマウンドで汗をぬぐう。

ちょっと見慣れない光景だ。

正直言えば、違和感満載である。

個人的に言えば、そんなところでかっこつけてどうする、といいたいところだ。

そこに気を使うくらいならピッチングもっとがんばれよ――ともいいたいが、なにしろ投球内容が完璧に近い。


ともあれ、そのハンカチが、大ブームとのこと。

全国でハンカチの売れ行きが上がったとか、ハンカチメーカーの株価上昇とか、あちこちの中学校高校で大勢の人がハンカチを使うようになったとか。

なんかおかしくないか・・・?


ちなみに、一人の投手としての斉藤。

高校生としては、確かにすばらしい投手である。

4連投を含む7試合、948球を投げぬくスタミナ。

147kmをマークしたスピード。

正確なコーナーワーク。

キレのある変化球。

ピンチに動じない精神力。

どれをとっても超高校級だった。

数字を見ても、奪三振は78で、大会史上2位。

防御率がなんと1.17というから驚くしかない。

(※防御率=簡単に言えば、投手の能力を示す数字。少ないほどいい。一試合投げたときに平均で何失点するか、という数字)


こうなると、プロの各球団も、がぜん目の色を変えたようだ。

現在では斉藤は進学希望ということだが、かつての桑田をはじめ直前で進路を変える選手も少なくない。

斉藤がプロで活躍できるかどうかはまだ未知数ながら、人気面から言っても逸材なのは間違いない。

野球人気のためには、できればプロに行ってほしい人材だ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、なんだか恒例となりつつあるユメのお話。

といっても、今朝はっきり覚えていたのは、たいした内容のものでもなくて。


どこかの教室で、テストを受けていた。

普通の小学校とか中学校くらいの広さの教室だったけど、他に人はいないようだった。


テストの内容は、長い文章の和文英訳らしい。

さすがに文章の内容までは覚えていないのだが。


一通り文章に目を通し、さあはじめるか、と、ペンをとる。

・・・が。

英訳なんぞ、できるはずがない。

いかなユメとはいえ、無理なものは無理、らしい。


ちょっと困った俺は、ハタとひらめいた。

英語にできないなら、中国語に訳してしまえ。


ということで、勝手に和文中訳を始めたのだった。



――それだけ、なんだけど。

なんというか、ある意味リアルなユメではある。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女子バレーが、始まっている・・・といってるうちに、第一ラウンドは終わってしまったようだが。

数年前からすっかりハマっている(といってもテレビでみるくらいなのだが)ので、今回もしっかり観戦。


日曜日のブラジル戦。

負けはしたのだが。

途中出場で目立っていたのが、小山修加という選手。

例によって仰々しくつけられているニックネームは、「中国からの逆輸入エース あしたのワンジョー」という、ムダに長いものなのだが。


テレビの解説によると、この選手はもともと中国の人。

中学くらいのときに走り高跳びの全国チャンプになったとかなんとか。

で、その後家庭事情で日本に来てバレーに出会って、帰化して全日本入り、だとか。

ふむ。


・・・で、なぜに「逆輸入」なんだ?

ちなみに広辞苑の「逆輸入」の解説は、

『一度輸出した品物を、加工品などの形でまた輸入すること』

と、ある。

うん。

全然あてはまらないんだが、気のせいだろうか。


さて後半部分にツッコもう。

『あしたのワンジョー』とはなんぞや。


中国人、というところで予想がつくかもしれないが。

ワンジョーというのは中国の名前だという。


ワン、というと、けっこう多い姓だ。「王」か「汪」というところだろう。

ジョー・・・は、なんだろう。

発音的には「zhou」の音か・・・?

ただ、その音の名前が思いつかないが・・・。


考えてたら、あっさり正解がでてきた。

「王嬌」

という名前らしい。

む。

「嬌」という名前なら、たしかに女の子の名前としてはありがちだが。

発音は、「jiao」だから、ジャオ、と表記すべきではなかろうか。


そんな思いを知ってか知らずか、アナウンサーは「ワンジョー、ワンジョー」と連呼する。


まあいいか。

誰に迷惑がかかるわけでもないし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

買物で、マツモトキヨシのレジに並んでいた。

俺の前に並んでたのは、買物かごになにやらこまごまいろいろとつめこんでいたオジサン。


さてそのおじさん。

レジでピッピッと計算すると、合計が、「2004円になります」とのこと。

するとそのおじさんは、財布から1円玉4枚をまず取り出すと、さらに紙幣を一枚取り出した。

俺も、・・・たぶんレジの人も、一瞬5千円札かと思ったが。

どうやらそれは、懐かしの2千円札だった!


ふむ。

2千円札。

いったいあれは、なんだったんだろう。


2000年沖縄サミットを記念して発行されたから、もう6年経つわけだが。

全く、といっていいほど、流通していない。

おそらく政府サイドも、もはや流通させる意思などないのだろう。


2000円札。

親が銀行勤めだとこういうとき便利で、発行早々入手できたので、友達に見せたりして、ネタにはなったが。

・・・それだけである。

いろんな意味で、話題づくりにしか役に立たない紙幣だったのだろうか。

ちょっとあわれではあるが、むろん2000円札自身に罪はない。


イベントを記念して硬貨を売り出すくらいならともかく、先の見通しもなくあれほど大々的に新札を発行するってのもバカな話である。

考えてみればあの頃は、商品券を各家庭にばら撒くという、小学生が冗談で思いつきそうな政策を本気で実行してたんだっけか。


つくづく、平和な国だ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

甲子園での熱戦は、いよいよ佳境の8強争いに突入した。


ここ北海道にいると、やはり話題の中心は、夏大会三連覇という偉業を目指す駒大苫小牧。

ウチの会社でも、駒苫の試合のときは、ラジオをNHKにあわせて中継を聴いている。

もちろん仕事をしながらだからじっくり聴くわけにもいかないが、そこはそれ。

昔からラジオで野球中継聞きながら勉強とかしてたこともあったし、「野球を聴きながら」はお手のものだ。


それで、その駒苫。

ここまでは、なんだか毎回とんでもない試合をしてくれる。

冗談抜きで、漫画になりそうな大逆転劇を繰り返す。

いやはや・・・。

技術はともかく、その精神力、集中力には感心させられる。


毎年140試合をこなすプロとは違い、甲子園はまさに一発勝負。

経験を重ねて慣れる、ということもできない。

日本中の球児が目標としている聖地で、いかに持てる力を発揮できるか、が、勝負を分ける大きなポイントじゃないか、と、俺は思っている。

時に大差がついたりもするが、それはきっと実力がそれほど離れているわけではなくて、精神的な乱れからの崩れなんだろう。

なんといっても、戦っているのは高校生なのだ。


そんな中での、駒苫の戦いぶりたるや。

青森山田戦では、序盤に6点のビハインドを背負うものの、じりじりと追い上げ、終盤ついに追いつき、試合を振り出しにもどす。

ところが9回に相手に勝ち越しを許してしまう。

普通ならここで緊張の糸が切れてもおかしくないのだが。

不屈の精神力で、土壇場の9回裏、逆転サヨナラ劇を見せるのだ。


今日は今日とて。

やはり序盤に4点のリードを許し、かたや打線は中盤までヒット一本と完全に押さえ込まれる。

が、6回、ようやくめぐってきたチャンスを逃さずに、集中打を浴びせて一気に同点。

次の回に一点を勝ち越し、そのまま逃げ切った。


それにしても今大会は、劇的な逆転勝利がいやに多い。

最後の最後に、試合をひっくり返す。

ひっくり返された方はたまったもんじゃないが。

どんなにリードがあっても、最後の最後までわからない。

これこそが、タイムアップのない野球というゲームの醍醐味かもしれない。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今度はロシアとの間で、不幸な出来事だ。

北方領土問題とからんで、漁船が拿捕されただけならともかく、銃撃で船員が死亡したというからおだやかではない。


詳細はまだ判明してないので、コメントはとりあえず差し控えておくが。


こういう外交問題が起こるたびに、俺はつい留学のときのことを思い出す。

クラスには様々な国から来た学生が集まり、それぞれの国のアイデンティティーを持ちながら、時に興味深くその違いを楽しみ、時に真剣に比較検討し、時に心底うらやみ、時に真摯に尊重する。

個人個人でもちろん性格が違うから、友達として合う合わないということはあるけど、国籍を原因とした問題など起こらない。

それなのに。

「国家」というものを背負ってしまうと、どうしてこうも問題ばかり起こってしまうんだろう。


ロシア人の友達も、いた。

今回の事件を聞いて、俺がまず思い浮かべたのは、彼らと冗談を言って笑いあっていた想い出だった。

ロシアのいろんな話を聞き、写真を見せてもらって、おもしろそうだな、と思った。

俺も、日本の話をして、写真を見せてあげて、おもしろそうだな、と言ってもらった。


ジーマ、オリア・・・。

どんな気持ちで、ニュースを聞いているんだろう?

俺と同じように、やりきれない思いを抱いているんだろうか・・・。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

何度も書いてきたことだし、今さらいろいろ言っても仕方ない。

なので、簡単に。


もういいから、小泉、消えろ。

死んでくれても構わんぜ。祝電くらい打ってやる。



それと、海外のメディア(というか主に中国と韓国)へのお願いは。

小泉を非難するのは当然だし全然構わないけど、

日本中にあふれかえっている小泉への批判の声もちゃんと自国民に伝えてください。

日本人全員があのバカ首相と同じ穴のムジナだと思われるのは非常に屈辱だ。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。