明日への次の一手

独自の方法で星占いを参照して、あなただけの一歩先を照らします。


明日への次の一手

独自の方法で星占いを参照して、あなただけの一歩先を照らします。
ここでは表面に出ない方式だけで進めます。
左のコーナーの「メッセージを送る」で次の情報をお知らせください。(推奨ですが、アメーバ会員になる必要あり。他にコメントでも。)
数日後に返信する予定です。
ちなみに費用はかかりませんし、他に利用することもしません。


1、他の人に推測されない愛称。

2、女性か男性か?

3、生年月日。

4、誕生時間。

5、生まれた(産院のある)都道府県名。


テーマ:
亡くなった父と甥っ子の夢を見た。
甥っ子の持病の発作で苦しむのを大丈夫だよって背中をさすっていたら、父の部屋から物音がする。
入ると怒ったように机のものを払っている。
どうしたのかと聞いても何も言わないところで目が覚めた。
怒られる心当たりがないので、とりあえず本の続きを読むことにした。
 
P34

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の34ページです。

「つまり、その、何もない虚ろな場所、まあ虚無とでも言えばいいかな。・・・・そこに入ってしまったものは、なくなってしまうんです。・・・・どんどん大きくなってくるもんだから、とうとう女王幼ごころの君に使節を派遣して、お助けをいただこうということになったんです。」
ファンタージエン国の一角に集まった4人、鬼火、夜魔、岩喰い男、豆小人のひそひそ話での鬼火の言葉です。
この危機は国のあちこちで起きていて、エルフェンバイン塔に住む幼ごころの君も病にふせっていて、治す薬が見つからないということ。

この状況、最近の世界情勢に似てると感じました。
漠然とした不安感。
大声で口汚くののしる人が増え、自分さえ良ければという風潮がはびこり、いつか大きな戦争が起きるんじゃないか?という不安感。
現にシリアでは戦闘が行われ難民も流出している。
やがて中東からヨーロッパ、ついにはユダヤ・キリスト連合軍とイスラム諸国の第三次世界大戦へと・・。
戦争はイヤだ!
殺すのも殺されるのもイヤだ!
子や孫はもちろんのこと、友人や知り合いにも体験してほしくない!
誰か助けてくれ!
優秀な人物が現れ一気に解決してくれないか?!
そんな気持ちを重ね合わせて、この部分を読んでいます。

話は飛びますが、2回目にここを読んだとき、ファンタージエン国の一角に集まった4人の状況を三位一体説に当てはめた記憶があります。
肉体と感情、思考の3つとそれをまとめて管理する人。
これはほかの書物、例えば西遊記の孫悟空、猪八戒、沙悟浄と三蔵法師。
童話の桃太郎、イヌ、サル、キジもそうかな?!
教訓ぽくなるので、ここでは省略しますが、たぶん「快適なドライブ」という主旨で、どこかに書いた気がします。
また別の機会に…。

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
P17

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の17ページです。

「バスチアンは、ふと、自分の目がさっきからずっとあの本に吸い寄せられているのに気がついた。・・・・表紙があかがね色の絹で、動かすとほのかに光った。・・・・二匹の蛇が描かれているのに気がついた。一匹は明るく、一匹は暗く描かれ、それぞれ相手の尾を咬んで、楕円につながっていた。」
初めて読んだとき、ここで思わず表紙を見返したのをおぼえている。
本の中に本が出てくる。
いきなりの不思議砲だ。
筋全体を知っている今ではわかる。
物語の主人公、バスチアンが読む本の主人公はアトレーユ。
アトレーユの過去から未来の横の時間軸の物語を読むバスチアンの過去から未来の横の時間軸の物語を読む私本人。
『はてしない物語』には常にこの縦の軸がついてまわっている。
さらに今回はその上を意識してみる。
この物語を読みながら何かを書こうとしている私の過去から未来の時間軸を常にTENが見ていると仮定しながら進むつもりです。

「この本を持たずに立ち去ることはどうしてもできないのが、バスチアンにはわかっていた。・・・・本をオーバーの下にかくし、両腕で底をしっかり押さえた。・・・・ガラスのドアを開け、外に出た。」
実はこの本は二冊目なんです。
小さいながらも繁盛していた喫茶店『らふぁ』を経営していましたが立ち退きにあい、次は町はずれの静かな場所でのんびりしたいと2軒目をオープンしました。
もう興味が神秘世界に向いていたので営業に力が入りません。
借金しない程度のやりくりでしたが、そんななかでも常連さんの一人に可愛い女性客がいました。
私が書いた例の日記を読ませてほしいなどと嬉しいことも言ってくれました。
住所や名前や連絡先も知りませんが勝手に『春風さん』と呼んで毎日が待ち遠しく感じていたんです。
日記には当然、『はてしない物語』を題材にしていたので、読んでみますか?と言って本を貸しました。
こちらは返してもらえるものと思っていたのですが、むこうはプレゼントだと感じたのかも・・。
ある日、彼氏と2人で来店し、「結婚して大阪に行く」と報告しに来たんです。
唖然として何も言えませんでした。
春風さんも本も返ってきません。
でも・・内心・・物語の内容と同じようなことが起こったんだとにんまりしたんです。

TENは私に苦い思い出を思い起こさせ、世界のトップにトランプというユニークなキャラクターを登場させ、どんなことを書かせようとしているのか!
先はさっぱり予定がありません。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の表紙です。
英題は『ネバーエンディングストーリー』で映画化されヒットしました。
このファンタジックな本を最初に読んだのは20年以上前です。
前半は映画のように冒険にあふれ、一気に読んでしまいました。
でも、後半に入ると主人公がどんどん横柄になり傲慢で、まるで悪の先鋒になったみたいで、つまらなくなり、何度もやめそうになったのを覚えています。
ここが映画と違うところで、『ネバーエンディングストーリー2』では構成が変えられ、本とは違ったもののように感じました。
後で分かったんですが、このつまらない後半が前半と反転していて表紙の二匹のヘビのように互いにかみ合う事で全体が浮かび上がり、最後の感動に繋がるんだと理解できました。
深いんです。

二度目に『はてしない物語』を読んだのは、星占いに限界を感じ、いろんな宗教や神秘、心理、神話などの本を読み漁り結果、『はてしない物語』は一番分かりやすいバイブルなんじゃないか?!と思い当たってからです。
日記形式で少しずつ読書感想文と日々の気づき、関連した理論、詩やなぐり書きなどを織り交ぜて書き進みました。
大学ノート6冊は今も押入れの奥にしまってあります。
今回も趣旨は似ていますが、昔のものは参考にしないでそのまま眠らせて、今感じることを書こうと考えています。

三度目は可能性(オーブ)を広げるため、GIFアニメを作ってホームページに載せようと決めてからです。
ユニークな登場人物(?動物)をテーマに登場順にアニメを考える参考として読み始めました。
何十作品も作ったのですが、ほとんどが昔のフロッピーディスクに収録し過去の遺物と化しています。
壊れたパソコンのハードディスクや広いネットの中に探せばあるかもしれませんが、そこまでしなくてもという感じ。
とにかくネットの世界に飛び込んだきっかけにはなりました。

今度が四度目になるんですが、月に数度の感じでゆっくり進めるつもりです。
よろしくお付き合いをお願いします。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。