明日への次の一手

独自の方法で星占いを参照して、あなただけの一歩先を照らします。


明日への次の一手

独自の方法で星占いを参照して、あなただけの一歩先を照らします。
ここでは表面に出ない方式だけで進めます。
左のコーナーの「メッセージを送る」で次の情報をお知らせください。(推奨ですが、アメーバ会員になる必要あり。他にコメントでも。)
数日後に返信する予定です。
ちなみに費用はかかりませんし、他に利用することもしません。


1、他の人に推測されない愛称。

2、女性か男性か?

3、生年月日。

4、誕生時間。

5、生まれた(産院のある)都道府県名。


テーマ:

とあるTV番組で占いの話をしていた。
編集作業をしながら聞いたので正確じゃないかもしれませんが、占いは統計学でよく当たっていたという意見にコメンティターの学者がそれは話法で、どちらともとれるように話すので当たっているように感じるんだとコメントする。
そもそも、当たったかどうか確証がとれないとも話す。
サイトで生年月日などを書き込むと悪用されることがあるからと注意を促す意見もあった。
へぇ~~、悪いことをするサイトがあるんだ!と初めて知って、えっ!!それってここも含まれてるの?ってあわてる。
確かに、必要なら生年月日を尋ねているし、それに対する結果も、「かもしれない」とか「傾向です」とかの、にごす言葉を多用している。
断言すればするほど優秀な占い師なんだろうけど、断言したくない、占いに頼ってもらいたくないという考えからなんです。
騙すつもりはこれっぽちもないのに、少しでもお役に立てたらっていう気持ちなのに・・、もう何を言っても信じてもらえなくなっちゃった。
 

 

P201

 

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の201ページです。

 

「はてしない物語の登場人物・・・・虚無に入りこんでいっちまえば・・・・もうおまえという見わけはつかなくなる・・・・幻想になったり目くらましになったりして人間世界に入り込むんだ。」
人狼グモルクがアトレーユに諭す場面、今回はもう一言、「人間の頭の中の妄想になるんだ・・・・不安がっていろんな思いを持つようにさせ・・・・だめにしちまうものなのに、それを欲しがる欲望を持たせ・・・・絶望する理由なんかないのに絶望だと思い込ませたりするんだ。」
この本と人間社会をつなぐ虚無は虚しさ、人狼グモルクは恐怖、ファンタージエン国の生き物は虚無に飛び込み人間社会で偽りになり、人間をあやつり支配し、戦争を始めたり、自分は利口だと思い込みファンタージエンをたたきだし、ファンタージエンにやってくる人間がいなくなる、だからファンタージエンに虚無が拡がる。
そんな悪循環が悪魔の環になる。

 

人間社会に虚偽があふれている。
テレビやネット、新聞、週刊誌、政治や経済でも。
そもそも資本主義のかなめ、CMでも不安をあおり欲望を抱かせ、購買意欲をわかせ、会社が儲ける。
今流れている健康食品のCMでも、飲むと健康になりますという裏に、飲まないと病気になりやすいと不安にさせる意味が含まれる。
買って飲めば確かに効き目があり、消費者も健康になり、どちらもめでたしめでたしでチョン!!
これで済めばいいのだが、人間の体はもっと複雑でこの先がある。
健康食品で補っていた栄養素は、本来ある栄養を吸収する力を弱くする。
力を使わないと筋力が弱くなる原理と同じ。
吸収力が弱くなればさらに量を増やすか強い効き目のものに変えるしかない。
だからさらに吸収力が弱くなる。
さらに・・・さらに・・・。
悪魔の環だ。

 

おっといけない!
変な奴がまた経済を破壊するような事をしゃべってると思われる。
TENがTENがと謎めいたことばかり言って、ひょっとして、あらての宗教の勧誘じゃないか?
相手にしないで無視しようなんて思われる。
わたしも悪魔の環に近づいてるんだ。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月17日は桜チラシの雨です。
午後3時なのに空は真っ暗。
暴風警報も出ています。
今にも雷が落ちそうな胸騒ぎの午後です。

 

 

P174

 

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の174ページです。

 

「北の空が雲でおおわれ・・・・西の空はあかあかと燃え、・・・・東の空には灰色の鉛の幕・・・・南からは硫黄色のもやが押し寄せ、その中を稲妻が縦横に走っていた。」
幸いの竜フッフールに乗って空を飛び回るアトレーユが悪天候に突っ込むところ。
4人の大風坊主の力くらべに巻き込まれ落下したアトレーユ。
海には落ちなかったが、フッフールとはぐれ、おしるしも失くしてしまった。

 

前にここを読んだときは偶然、嵐の夜でしたが、今回は空模様に合わせて読みました。
TENの流れと微調整したんですが、こんなテクニックもアリです。
北風はロシア、西風は南北朝鮮、東風はアメリカ、南風は中国、きな臭い風に巻き込まれそうな今日この頃。
4人の大風坊主の力くらべはまさに外交に例えられるのでしょう?
空模様が怪しい時には部屋に引きこもるのも一つの策だと思います。

 

「明日への次の一手」は星占いの発展形で星と星の角度の許容範囲を少しずつ広げることで、次に生まれる角度やモントラ(造語)の意味を調べることからきています。
要は外交を少しずつ広げることですが、広がれば良いことが増えると同じく、悪いことも増えます。
悪いことを良い意味に変えてしまおうというのが、このサイトの目的ですが、どうしても受け入れることができない悪いことも起きる世の中。
そんな時は停滞も逆行もアリだと考えています。
世間では引きこもりが悪くとらえられる傾向ですが、私は引きこもり肯定派です。
角度の許容範囲を元に戻して狭くするのも意味があります。
体が思うように動かなかったり、世の中のリズムと合わなかったり、穏やかな老衰などが逆行の必要な時。
引きこもりながら外側の情勢を観察し、ここぞと感じたときにまた「明日への次の一手」を始めればいいだけです。
これを今の世界情勢に応用できないでしょうか?
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

桜が満開の今日、あいにくの小雨模様。
それでもテントを張って花見をしている人たちが数組いた。
今年の桜はちょっと寂しい。
異常気象だろうが、暖冬だろうが、雨だろうが、咲くときになれば咲く桜もエラいが、なにがなんでも花見を決行する人もエライ!!
 

 

P148

 

岩波書店、ミヒャエル・エンデ作『はてしない物語』の148ページです。

 

「だれもわたしを見たことがない、・・・・けれどもわたしはいるのです。・・・・わたしの体は響きと音、・・・・この声こそが、わたしの存在。」
秘めたる宮殿に住むウユララ、静寂の声。
幼ごころの君を救うには、どこにいるか分からないけど、人の子を一人探して新しい名前を差し上げてもらわなくてはならないと告げられる。

 

静寂の声を今回は実証主義に当てはめてみた。
星占いから発展させた意識の地図や、思考が止まると頭の中でキーーンという音がすることや、ヒラメキなど静寂の声ともいえるが、どれも不確かなもの。
でも、私の中では実証したもの。
信じてもらえなくても、あるものはあるのだ。

 

発明王エジソンが電球を発明した時、熱に強く、電気を通すと光る物質を探しに探して日本の竹を見つけたそうだ。
だとするとエジソンは科学者ではなく、実証主義者なのじゃないだろうか?
手あたり次第、試してみて、うまくいったら、あとで理由をつければいい。
前に話した電磁波の研究にしても科学者はひとまず、いらない。
電磁波を遮断し熱に強いものを手あたりしだい試せばいい。
木や陶器は磁力を通さないことは実証されている。
部品が完成した時点で、磁力を通さない液につけて乾かしコーティングしたらどうだろうか?
ニカワとか、ウルシとか、陶器の溶液とか、昔、木の塀に塗っていた黒い塗料とか、紫外線防止の化粧品とか・・・?!
どんな構造だと磁力を通さないか?などという理屈は見つけた後でいいのではないか?
同じ効果を化学製品で大量に作りたい時にだけ分析すればいいことだと考えます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。