1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年07月30日(日)

大極殿本舗のかき氷

テーマ:カフェ・喫茶
k


「この暑さメラメラ何とかならんか?」

何ともならないのはわかっていても言わずにはいられません。これから約1ヶ月半こんな日が続くかと思うと・・・ヽ(´◇`;)ノ 考えたくない汗

こんな日はやっぱりかき氷!!ということで、六角通にある大極殿本舗に寄ってレモンのかき氷を食べてきました。

和菓子やさんのかき氷だけのことはあって、氷の上にはレモンのゼリーではなくて、羊羹がのっていました。レモンの羊羹なんて初めて食べましたが、とても上品な甘さで、不思議とかき氷にあっています。

暑さも本番になってくると、こういうシンプルなものが口においしいのです。多めにすくってガシガシ食べる。

さわやかなレモンの味に、暑さを一瞬だけ忘れられた瞬間でした。

。。。。。。。。。。。。。。
大極殿本舗 六角店
高倉通四条上ル
075-221-3323

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年07月23日(日)

木乃婦

テーマ:ディナー

おいしいを食べに行ってきましたドキドキ玄関には下足番のおじさんがいて、京都の一流料亭って雰囲気がビンビン伝わってきます。

個室に通されると畳の部屋に机と椅子がセットしてありました。「和食=座布団に座って食べる」なんてことにはこだわらず、お客さんの側に立ったおもてなしの心が伝わってきます。

この日は旬の会席をいただきました。どれもとてもおいしかったのですが、特に印象に残ったお料理を紹介していきたいと思います。

k

まずは、食前酒の後に八寸。あっさりしたものばかりかと思いきや、さっそくあぶりトロにぎり登場!!魚の脂がしたたるようなパンチのある一品です。

k

うにとあわびの・・・?名前は忘れましたが、たっぷりの生うにとやわらかくたいたあわびの組み合わせが何とも贅沢な一品。上から和のおだしのジュレがかかっていて、まるでフランス料理(!?)のようなかんじです。あま~いうにの味が今も舌にしっかりと残っていて、写真を見ただけでもまたよだれがでてきそう(笑)忘れられないおいしさです。

k

ふかひれとゴマ豆腐の鍋。こちらも和食にしては少し変わった組み合わせですが、ふかひれのうまみとゴマ豆腐のむっちりとした濃厚な味わいがマッチして超美味キラキラ

k

ミニ鱧丼。香ばしく焼かれた鱧としょうがと山椒のごはんの組み合わせが絶妙♪ほんの2、3口ほどで食べられるごはんの量もちょうどいい加減です。お釜にはたくさんごはんが入っていて、おかわり自由。旦那さんはほんのりしょうがのきいたご飯を気に入って、何杯もおかわりしていました。

最後のデザートも、果物切っただけ・・ってかんじではなく、旬の果物のゼリーよせとココナッツアイスでしたラブラブ

木乃婦の会席料理は、京料理っていうスタイルはしっかりと守りつつも、(和食にしては)意外な食材をつかったり、他の国の料理方法を和に取りいれたりといろいろ工夫されているのがこちらに伝わってくるようなお料理でした。

「和食っていいけど、あっさりしすぎて食べた気がしないんだよね~」という男性や、「和食はスキだけど、最後のデザートにもっと工夫がほしいよね~」っていう女性など、お客さんから見た和食のマイナスポイントを感じさせない内容に大満足!!

こちらのお店の3代目はソムリエの資格を持っているらしく、ワイン会席なるものもあるようです。次はぜひそちらも味わってみたいです(*^ー^*)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
木乃婦
下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町416
075-352-0001

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年07月21日(金)

ぎおん楽楽

テーマ:カフェ・喫茶
g


花見小路にある甘味処ぎおん楽楽に行ってきました。

この季節のお目当てはもちろんかき氷♪近くにある他の甘味やさんは混んでいましたが、こちらはまだ穴場なのかとても空いていました。

カウンター席に座って、黒ゴマアイスと黒豆ゼリーのかき氷(正式な名前は忘れました・・)を注文。ちなみにお値段は¥1000也。つめたく冷えた黒豆茶をのみながら、かき氷を待ちます。

しばらくして、かき氷が登場。写真では伝わりにくくて残念ですが、そのボリュームと美しさキラキラに思わず歓声を上げてしまいました!!

黒蜜のたっぷりかかった氷を口に入れると、ウーーーーーーン!!!ひんやりとした口あたりと、そのあとにくる黒蜜の上品な甘さがたまりません。ゴマのアイスはジャリジャリとした食感が楽しめるほどゴマがたっぷりと使われていて、こちらも美味。

これはもはやかき氷ではなくて京菓子だ!!

かき氷と共に暖かいお茶を出してくれる心遣いもうれしい。冷房の効いた部屋でかき氷を食べていると、寒くなってきて途中で食べられなくなることがあるのですが、暖かいお茶をのみながらだと最後までおいしく食べられてしまいました。

きっとこのかき氷は京都でしか食べられないかき氷ではないかな?と思います。この時期観光に来られた方にはぜひぜひ味わってもらいたいかき氷です。

ホームページに¥200offのクーポンがあったので、印刷して持って行かれるとお得ですよ(^^)

。。。。。。。。。。。。。。。。
ぎおん楽楽
ぎおん花見小路下ル西側
075-532-0188 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006年07月14日(金)

祇園祭

テーマ:イベント

今日は宵々々山。京都の町は祇園祭一色で盛り上がっています!!

g

各通りには鉾が建ち、たくさんの屋台が並んでいます。鉾を見て周りながらも、そこはやはりくいしんぼう。屋台に興味深々♪

中でも、カフェや料理やさんが店の前に出している屋台の食べ物や飲み物は特においしくて、このときにしか食べられない限定も多いので、そういうのを見つけるのがとても楽しいんです音譜例えば、ムレスナティーのアイスティーやマエダコーヒーのかき氷etc・・・(^ー,^*)

そして、これ美味しすぎる!!と思ったのが、中国北京料理のお店、

膳處漢ぽっちり の しみだれ豚まん¥400


g

中身がぎっしり、ボリューム満点。そして皮までしっかりうまい!絶品です。

ちなみにこの屋台は、霰天神山の近くにありました。

g

帰りに一番スキな鉾、鯉山で懸装品(山や鉾を飾る布)を見せてもらい、お守りを買って帰りました。

各鉾のいわれを書いた看板や以前使っていた貴重な装飾品の展示物を見たり、山鉾町の旧家がこの時だけ公開している屏風や掛け軸を見て周るのも祇園祭ならではの楽しみです。

各山鉾限定のTシャツや食べられる粽(普通は食べずに飾ります)を売っているところもありました。

この先、お天気が不安定なことだけが心配です。宵山、山鉾巡航・・・ カンカン照りだと暑いので、適度に晴れることを祈ります虹

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年07月12日(水)

大原山荘

テーマ:宿

「最近疲れがたまってきたのでリフレッシュしたい!!」ということで、大原へ日帰り温泉に行ってきました。

地下鉄国際会館で降りて、バスに乗り換えてそこから20~30分と意外に京都市内からアクセスしやすいので気軽に行くことができます。

まずは、新しくできた大原山荘の足湯カフェへ♪

40℃前後のお湯に足をつけていると、ジワジワと体全体が温まってきます。こちらの説明によると、20分ほど温泉に足をつけているだけで血の流れがよくなり、入浴したのと同じくらいの効果が得られるのだとか。

額にはうっすら汗がにじみます。濃厚なマンゴージュースを飲みながら、雑誌を片手にゆったり過ごしました。冷え性の方や寒い時期ならさらに効果が実感できそうです。

o

お腹も空いてきたところで、予約をしていた大原山荘へ。

まずは温泉に入って汗をすっきり流します。この日はとても空いていて、ほぼ貸切状態。露天風呂は山の中にあるので周りは緑がいっぱい!!森林浴+温泉のダブルで癒されている気分になり、かなり気持ちよかったです(*^-^*)

その後は、クーラーのきいた涼しいお部屋で名物のみそ鍋をいただきました。

とりあえずビールで乾杯(^ー^)ノC□□Dヽ(^◇^)足湯と温泉で極限までぺこぺこになっていたおなかにしみわたります。

o

夏に鍋ってあまり食べませんが、涼しいところでなら夏でもかなりいけてます!!地元でとれた野菜と自家製みそを使ったとり鍋はやっぱり最高!!

まずはそのまま食べて、次にうどんを入れて、最後に残った味噌汁をごはんにかけて残さずいただきました。

その後はジャムやドレッシングや味噌などを買い込んで、家へ直行。クーラーをきかせた部屋に布団をひいて、1日寝たり起きたりダラダラ過ごす。これできれいさっぱり頑固な疲れも取れてしまいましたキラキラ

ちなみに、大原山荘の日帰りみそ鍋プランは¥3500です。

むせ返るような緑のにおい。見渡す限りの田畑。涼しげな水の音。今まで寒い時期にばかり大原を訪れていましたが、初夏の大原もまたいいかんじです。

。。。。。。。
大原山荘

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。