しめくくり

テーマ:

今日は娘の最期の登園日。

とはいっても、来週あけるとすぐに、もう新しい環境へのシフト。


そんな今日はQの〆日。

そしてもちろん月末。


そんなこともあり、最後のお別れは少し早めにお昼のタイミングに。

お世話になったさとう先生も今日でお別れとかで、お花を買って御礼にかけつける。

その先生は、ピンクやらオレンジやらがとても似合いそうな先生なのですが、

私としては、娘の印象を最後までつけてあげたい!

という思いから、私好みのパープルを基調とした花束に。


お昼の時点でも、先生と私とで号泣。

先生は

「なのちゃんがいてくれたから、ここまでやってこれました。」

とおっしゃってくださいました。

うちはうちでなにかと問題もあったり、心配をおかけすることもあったりで

本当にお世話になりっぱなし。


そして、〆会後の飲み会を経て帰宅。

娘はおきてまっていました!

シッターさんいわく、今日は寝ないでママを待っているといっておきてたんですよ。ごめんなさい。

とのこと。


卒園式で、胸に卒園おめでとうの札をつけてもらいつつも

今日卒業となった先生とともに涙涙のお別れとなったそう。

いつまでも抱き合ってお互いに涙して、離れなかったそうです。


そして、

改めて帰宅して、先生からのメッセージを声にして読み上げ。

それから思い出アルバムの中の先生からのコメントを読み上げ。

娘はしくしくと涙しているのでした。


お別れということをちゃんと理解しています。

そして、

大切な存在をもちゃんと理解しています。


そんなこんなで、娘の最後の日も、そして来週の大切な初日も私は仕事でどうしても優先順位をさげざるおえない状況なのですが、大切に大切にうけとめていきたいと思っています。


この週末は久々に丸々休日。

ということもあり、充実したコミュニケーションを重ねたいと思っています。


本当に先生方、お世話になりました。

本当に感謝の思いでいっぱいです。

娘も私もきっと明日の朝は、瞼が腫れてしまっていることでしょう。


AD

インサイド 9/11

テーマ:

私の自宅パソコン(今これをかいているこれ)のディフォルトブラウザは、

msnの設定にしています。

あまり特段これといってその理由はありません。


でも、先ほど久々にmsnの中をみてみると、

インサイド 9/11というアイコン。

なにやらビデオらしい。


あまりパソコンでビデオという習慣もないし

何かとしめんどうくさい思いがあるので、まあ、待たなきゃならなければ途中で止めよう。

とおもって、クリック。


そしたら、あっという間に再生開始。


これですよ。

このユーザビリティとこの動機。

これでなければ一般ユーザを取り込むことにはなりません。


みたいとおもって見る人たちは、コアなユーザ。

大多数のユーザをつかんだら、それ以上にはなりえません、

でも、コンシューマサービスを提供するのであれば、やはりインフラにならなければ実現は難しく、

かつその中でもストレスを与えることなくコンテンツを表示できないとならないのです。


私はオタクでもなければ、マニアでもないので、

いわゆるごくごく普通のユーザとあまり変わらないレベルとおもっていることからも

自宅でインターネットを利用するには、できる限り一般ユーザに近い視点から利用しようとしてこのあらゆる設定にしています。


それにしても、このビデオ、かなり面白いです。

セナのコンテンツもなかなかいけています。

こういうのを目にすると、日常的にみれる、アメリカにたまにはいきてーなぁと思ったりします。

(今年は我慢我慢。そのかわり来年はやみくもにいきますよ!>海外。)

AD

さいごのお迎え

テーマ:

今日は、総会の日。

昨年までのものとは工程が急遽変更になったため、私たちは業務ではなく、違うものになりました。

ということで、私は腹をくくって、今日有給扱いにしました。


それを昨日の夕方に決断したこともあり、娘には17時には迎えにいくね。

といったのでした。


そして、娘は、その言葉を忘れることなく、

ママは17時にむかえにきてくれる

ということで時計を気にし17時をまわると、ルームの「ぴんぽーん」

がなるたびに心震わせていたようです。


そして、私ときたら、結局お迎えにいけたのは17時55分。

それでも18時になる前にお迎えにはいけました。

間違いなくおやくそを果たしたわけではないけれども、ヒルズの中を歩いている途中に、18時の音楽が流れてきたときには、ママお約束かろうじて守れたよね。って二人でにっこりできました。


なんでそんなお約束をしたかというと、

私がこの施設にお迎えにいけるのが、今日が最期だった。

ということからです。

明日は〆日ということもあり、あらゆる行事が予定されていることから

最終日にもかかわらず、シッターにお願いしているからです。


そして、明日はこれまでとてつもなくお世話になった先生も一緒に卒業だとか。


今夜は早く帰宅したこともあり、娘と一緒にお世話になった先生がたへのカード作成をしました。


art

(これは、ぶどうと笑うパンダ。なんだそうです。このパンダ、宇宙人みたいでかわいいです)


そこでも「どきっ」とさせられたのは、

一番お世話になったさとう先生へのカードに、好きなものなんでもいいから描こうか。

といったところ、「時計」をかいたのです。


先生にはとんでもなくお世話になりました。

そして17時を回ると次々に親御さんがお迎えにやってくる中、

先生と時計とともに格闘していたようなのです。私のお迎えを... 。


この数週間はシッターがお迎えにいっても必ず寂しそうにルームをでていく。

ということを先生からも、そしてシッターからも聞かされていたこともあり、

娘がいかに私のお迎えを楽しみに待っているのかということを思い知らされました。


そんなこんなで、ヒルズの6階をあの奥まで歩くことはもうないんだなぁ

なんて思いながら、今日は少しゆっくりめにあの道を歩いて帰宅したのでした。


何度かチャレンジすることができる道もあれば、

もう決して踏み入れることもできない道もある。

人生って本当に機会でしくまれているんだなぁと思う3月30日です。


---


そんな今日は母の62歳の誕生日。

ぬいぐるみカードの売上げ貢献すべく、5本立ちの胡蝶蘭を母に贈りました。

ゴージャス好きの母には刺さった模様で、電話もメールも(しかも写真つき)届き本当にこのサプライズに喜んでくれたようです。

さらに、明日は母の妹(叔母)の誕生日ということもあり、彼女にも3本立ちの胡蝶蘭を贈っています。

きっとさらなる喜びの反応があることかと期待してしまいます。


母は62歳。

まだリハビリ中の私の祖父は今年なんと88歳になるそうです。

(母方の両親、私にとって祖父、祖母は、まだ両方とも生きています。)

一時は危篤状態にもなりはしましたが、

施設と自宅とをいったりきたりしながらも、今もよれよれですが生きています。

そんなじいじ(娘にとってはひいじい)のお祝いを今年はしてあげねば。

と思う一番孫なのでした。

AD

心が安まる老子

テーマ:
昨日の観戦もあり、今日の帰路は福島に途中下車し、母と少し懇親。
ランチをして、近況報告と、これからのアドバイスなんかを偉そうにしてみたりして、
小雪まじる福島の街をでる際に、ふと立ち寄った書店にてこの本を購入。

なんだか心を休めたい。

そんなつもりで本を探していたら、これが刺さった。

伊藤 淳子
心が安まる老子

さまざまな側面から辟易としているこの日常。

本来なら現状逃避に走ってもおかしくはないと思います。


それでも福島駅からこの本を片手に電車に乗り込んで、そして半分まで読むと熟睡しました。


以下、この書籍の一部引用です。


---


第五十七章 大雑把でいこう


国を統治するには正々堂々と行い、

兵隊をつかうには、奇策を用いるのがよいと言われる。

しかし、

天下をとるためには

なにもしないのが一番だ。

なんでそんなことがわかるかというと、

次のようなことからわかったのだ。


あれをやってはだめとか

これをやってはだめという規則が増えると、

人々のやる気はどんどん失せる。

だからますます貧しくなっていく。

便利なものがトレンドとなると、

欲しがる人が増えて、

国が混乱する。


技術や技巧が発達すると、

実用的ではない、変わったものが

珍重されるようになる。

法律がきびしくなればなるほど、

泥棒や、法の網をくぐって悪事を働く者がでて、

罪人も増える。


リーダーとなる人は

無欲になり、

人々が豊かになることだけを考える。

リーダーとなる人が手を下さなければ、

人々は任せられたと思って、

自由に行動する。


リーダーが、

争いのない静かな社会を望めば、

人々は自ら、正しい行動をとる。

リーダーが、

つつがなく日々を送っていれば、

人は豊かに過ごすことができる。

リーダーが、

いろいろな欲望を持たなければ、

人はいるまでもついていく。


---


この本はどの章をとってもうなづかせられ、

そして、振り返らされます。


さまざまな分野のかたがたにオススメです。



イーグルス開幕戦

テーマ:

いってまいりました@仙台。

@ホームにての開幕戦です。


オフィスをでる前に激怒して、そしてその熱さそのままに仙台入り。

笠井のおかげで本当にぎりぎりセーフで予約席にのりこめました。(ありがとう)


そしてフルスタは、見違えるほどすんばらしく変貌をとげていました!


昨年の開幕戦後、すぐにインフルエンザにかかった私は、昨年の二の舞はもうごめん!っと思い、スタジアムにつくとすぐにフルレングスのスタジアムジャンパーを購入。

あまりにもばたばたで会場入りしたこともあり、現金は数千円しかもちあわせていなく、

中島さんにお金を貸してもらってでも購入。

おかげで本当に今年は暖かく観戦ができました!


雨の予報もあったことから、精力的に試合前の選手を激写!



kiyohara


バッティング演習中のきよまー!

清原選手。

私の中では、もう、大好き!のその2です!

野球をあんまりよく詳しく知りませんが、清原、まじで大好き。


kiyohara2



そして、↑このシーンは、清原と池山の会話シーン。

私の大好きナンバーワンは池山。


ショットとしては個人的にナンバーワンのシーンです。


それから追記しますが、われらがクラッチーナ


kuratchina


さすが、エンターティナー。カメラにはかならずこんなポーズを。


そしてこのあと雨がしとしととフリはじめ、そしてコールド負けとなるのでした。

今年は席も正しくわりあてていただいていたこともあり、

観戦も少し楽。

それでも新しくできた、全天候カフェにて私は焼酎のお湯割りを3杯も飲んで、雨をしのいで観戦をしていたのでした。

ここはかなりいいです!


でもホット梅酒を探してあるいていたのですが、どこにもみつかりませんでした...。


今年は去年よりも1試合でも多く勝利を得られますように!


追伸;

懇親会の際の野村監督の言葉にはじーんときました。

まさに今の弊社のことをいいあてているかのように聞こえ、

さらに身を研ぎ澄まされる思いでした。

チームプレイというのは本当に難しいことだということ。

モロモロ本当に心にしみました。

ホームパーティ@レジデンス

テーマ:

昨日は待ちに待った娘の大のお友達(でもひとつ上だからお姉さん)とのお別れパーティ。

ということで、お昼をたべないでおなかすかせてやってきてくださいね~

といわれていたのです。


これまでお世話になったところから、みんなそれぞれこの3月旅立ちます。


今回寄せていただいたお宅の礼ちゃんは、もうすでにお別れしてしまっていることもあり、

娘にとっては、久々の再会。


もっとたくさんのお友達も集まるはずが、やはり半分はお熱とかお風邪で不参加。

それでもとんでもなく興奮して遊んでいました。


広いお宅にお住まいの方が多く、みなさんお家の中を走り回れるんですよね。

菜乃がうらやましがっていました。


そんなこんなで、実は、ホームパーティにでかける前は、新居の家具配置レイアウト相談会というものがあって、いってきたところです。

1時間くらい...かな?とおもっていったのですが、な、な、なんと、2時間も。

経験としては2回目のこの作業。

でもぎりぎりセーフのものがありました。


そんなこともあり、娘はさらに

「おひっこししたら、みーーーーーんなみーーーーんなよんでパーティする!」

と叫んでいるのでした。


でも、礼ちゃんちほど広くはないわなぁ...


そんな私は気管支炎になってしまいました(とほほ)声ががらがらです。

一度咳き込んでしまうと、もう止まらない。

なみだ目になってしまいます。

そんな体で、明日は仙台へ。

どうも雨...

こんなに私の体を痛めてどうするのよーん!

カチンとくること

テーマ:

いやー怒涛のほぼ24時間が過ぎ去りました。

がんばるだけがんばる。

これに尽きますね。

体力の限界までいろんなことをしています(笑


今日も最後のプログラムの待ち時間に、隣にいた濱ちゃんとぼそっと語りました。


「気持ちの弱い人は酒に弱い」


お酒に弱いというのは、お酒自体に弱いといういいかたもありますが、

お酒のせいにして弱い自分をみせる。

といういろんな見え方があると思います。


まあ、これについては多くを語らずこのへんにしておきます。


さて、戻ってきて私は、娘と買い物へ。

久々に東急本店へでかけました。

歩道を歩く私たちの背後から、とんでもないスピードでつっこんでくる自転車野郎。

おいぬく際「ぶねーだろ!」といわれました。


買い物をしたあと、大荷物を両手にぶら下げ、娘の手をひいて歩いている姿をはるか遠くから視界にいれているくせに、自分らのつないだ手を離さず、私たち親子の手つなぎを離させてでも歩道を手をつないですれ違う40代のカップル。


ヒルズの中も男3人横列であるき、子供と私が手をつないで歩いているにもかかわらず、一番はしっこを歩いていた男は、私に体当たり。そしてその瞬間、「ちっ」と舌打ちまでした。

(さすがにそのときは、私はふみとどまり、戻っていって、「ちょっと、いまのなんなの?」と聞いてしまいましたが。その男はじろりと私を睨みつけ、ぷいっといってしまいました)

ヒルズの中を歩いていた男たちはセキュリティカードを首からぶら下げていたので、明らかにヒルズの中で勤務している人。万が一のことがあっても...と思い私はこのとき徹底してこういう人を排除したい思いでいっぱいで立ち向かいましたが。


私は最近こういうことにやけに「カチン」ときます。


おばはんになったなぁ

という方もいるかもしれませんが、明らかに自分のことしか見えていない人がおおすぎます。

そして、自分がやっている態度を正当化してそのまま進めている大人の多いことに驚かされています。


それって、なんなんでしょう。


自分の思うとおりになんでもいくことが幸せだと思うけど

でも社会って違うと思うんですよね。


これと同じことが小さな会社や組織の中にも蔓延しているなぁとも感じます。


たとえば、すっごく席を近くしているにもかかわらず、

目があっても挨拶のできない大人。

悲しすぎます。

もしかするととても仕事ができる人なのかもしれませんが、そんなの格好悪すぎます。

こちらから挨拶を重ねても無視をする人。

寂しすぎます。


ちと話題がづれてしまっているかのようですが、

こんな世の中、大人の中で育つ子供たち。

これからどんな世の中になっていくんでしょう。

私たちの老後は私たちが与えた影響によって変わるはずです。

きっとひどいことになるんだろうな。と予測できます。

河口湖へ

テーマ:

えー今度は河口湖にでかけてきます。


先週の今頃は娘の体調が最悪の状態でした。

で、今週は、すっかり咳も消え、夜もすやすやと寝ております。


(ほっ)


そして、私は、今週いっぱい鼻と咳に悩まされておりましたが、

多分その最期じゃないかなぁ

と思っています。


汚い咳をしています。


ということで3月あちこちにでかけてはおりますが、どうにか身になるものとしたいものです。

でも来週もいろいろあるんだなぁ...これが。

江村さん エアトランセ

テーマ:

先ほど、自宅にてなめこと豆腐のお味噌汁をつくっている最中、携帯がなりました。

心の中で、あーーー今月も目標はギリギリだよ。まいったなぁ。

なんて思いで、携帯を手にして、電話の先が珍しい人だということで少し声色を変えてみながら

それでも暗く電話にでました。


懐かしい、マサルくん。(それでも金融系の社長)


「ミエちゃん、なにしてんの?珍しい人と電話今かわってもいい?」


といわれ、いいわよ。

といいつつも、誰かなぁ?小川さんかなぁ?

なんておもっていたら電話の向こう側には女性の声。


私にとってはかなり珍しい電話相手。(女性ってことが)


「お久しぶりでーす!」


その相手はなんと江村さんだった。


テレビの露出も高く、今は函館に拠点を移し、子供も二人モウケ。がんばりにがんばってる。

今年の弊社の新春カンファレンスの北海道版では大ボスとのおつきあいに出演してくれた、彼女だ。


「やーーー、ひさしぶり」


なんだかものすごく懐かしい旧友と電話で会話をしている感じ。


「今もまだ神泉にいたりするんですか?」

という会話から、懐かしい人の話題と、近況報告で人の携帯を私たちの会話で占領。


彼女がまだ結婚前。

「彼と結婚することにしましたーー!」

と、ラブリーご主人と一緒に村上くんちで報告するための飲み会。だったらしい。

当時まだ村上くんが渋谷に自宅をかまえている頃、うちから徒歩3分以内ということもあって飲み会に誘ってもらったときにであったのが最初で最後。


でもそのときはとっても濃い時間をすごした。

村上くんの家からうちまで移動してきて自宅探索みたいなことしてみたりで大騒ぎして。

私もその頃「ろくでなし」をしていたので、とんでもないやつをしていましたが...(笑)


なんだかいろいろと考えさせられることの多い今、彼女からの電話で「はっ」と大事なことに気づかされたきがしました。


決めました。

今年のGWは、まずは函館。そして彼女の子供たちと娘を遊ばせつつ。

この数年のブランクを埋めるために話をし、そして彼女のエアトランセを利用して北海道を遊びます!


まあ、そんな関係を気づかせてくれる、マサルくんの存在は、

自宅でパソコンを立ち上げるといつもメッセでオンラインな彼の存在のおかげでもあります。

改めてありがとう。

私は、マサルくんの何の役にもたっていないけど、でもなんだかいつもそばで応援してもらっている気がしています。


それにしても。

今朝から見当たらない私のめがね。どこいったんでしょう。

ですので、評判の悪かった、あの赤めがねが今日から復活しています。

修二と彰 ? りゅうとたか

テーマ:

rainy drink


久々の娘の顔だし(笑


昨晩は飲み会。

しかもうちの近所にオフィスを構えるショウ○○○勤務。

弊社の「修二と彰」(笑

とはいっても、若くはないのよね>彼ら。


飲もうよ飲もうよといっときながら早2年。

ようやく飲み会が実現しました。

とはいっても、パパがもういま大変な忙しさのため、娘を手放しできない状態のためもあり

子連れ飲み会とさせてもらいました。


場所も居酒屋とかではなく、ピザとパスタのお店。

えー、ぺろりとワイン3本いただきました。

楽しかった。

また来月もいこう!