1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-11-30 22:05:17

秋の京都でポッカポカ・・・の巻

テーマ:ブログ
トロッコ電車@嵯峨野

この時期大混雑の京都・・・特にこの前の日曜辺りは紅葉の見ごろ真っ盛りとあって、どえらい混雑でしてん。
いつもやったら人混み嫌いなわいは、そんなとこへノコノコ出向いたりはしまへんねんけど、美しいおなごはんにお誘いを受けちゃ~嫌ともいえず、とっとこお出かけしてきましたわぁ~。
結果、いやぁ~、人混みなんぞに負けんと行って良かったと思いましたわぁ~。嵐山を散策し、清水寺から見下ろすその風景は、もう絶景!
(* ̄。 ̄*)ウットリ
 
わいがむかし行った頃にはまだなかったはずのトロッコ電車なんかもできてましてなぁ~、えらい人気で、最終のんしか切符が取れまへんでしてんけど、それでも電車の中から眺める夕暮れの風景もまた綺麗でしてん。
京都のお人は気にくわん客が来たときは、「ぶぶ漬けどうどすっ?」って言わはって、それが文字通りの「お茶漬け食べて行きませんか?」ってことやなしに、「もう帰んなはれ!」って意味やというのは関西では有名な話ですからなぁ~。
同じ関西でも、京都のお人はどっかしらイケズやと思うてましてんけど・・・。
(○´ε`○)いけずぅ~
今回乗ったトロッコ電車の駅員さんもちーっともイケズなお人はいてはらへんで、「忙しいのんは11月だけですから、また暇な時期にもゆっくり来てくださいねぇ~」と、気安く声をかけてくれましてん。
でも、そのことを友達に報告しましたらなぁ~。「そんな言葉を信じて暇な時期に行ってみなはれ、きっと店は閉まってるでぇ~」って言いますねん。
その友達、会社に京都出身のおばちゃんがおって日ごろから何かと遠まわしな嫌味で不愉快な思いをしてるらしゅうて、どうしても京都のお人の言葉には素直になられへんらしいんですわぁ~。
…(;¬_¬)アヤシイ (*⌒_⌒*)
そんな先入観だけであの絶景を見ないまま一生を終わるのんも可哀相やなぁ~っとチラッと思いましてんけど、ま、秋の楽しみ方はいろいろ、人それぞれですからなぁ~。京都だけが秋やなし!
そういえば、わいも夕べは新潟に嫁に行った知り合いのお姉ちゃんからもろたサツマイモを、アルミホイルで巻いて、ストーブで焼いて焼き芋にして食べましてなぁ~。それもまた小さな秋の味わい・・・なかなかオツなもんでしたでぇ~。
ただ、アルミホイルは熱に溶け出すと、アルツハイマーの原因になる恐れもあるて言いますから、ほんまは落ち葉ん中に放り込んだ方が良かったなぁ~っと後からちーっと後悔しましてん。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
12月を目前に急に北風ピープーの状態になって、いよいよ季節は冬へと突入しそうな按配ですやん。
どうか皆はんも、大急ぎで晩秋を味わい尽くして、しっかりと来るべき冬に備えて心もからだもポッカポカにしといておくんなましぃ~(・・・って、北国のお方らはもうとっくに冬支度ですやろけど・・・)。
わいも、明日からパッチ 履いたろ……(-。-) ボソッ
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-28 12:59:08

秋のトリプル・おデート・・・の巻

テーマ:ブログ
おこのみ焼き

沖縄のアメブロガーゆまねちゃん が京都見物に来はるついでに、わいと、同じく関西アメブロガーのまろちゃん を、ランチに誘うてくれましてなぁ~。土曜日、トリプル・ランチ・デートをしてきましてん。
2人とも、ブログを読ませてもろうてるからお人柄がええのはわかってましたけど、何せ、ナマでお会いしてお話すんのは初めてですからぁ~、ちーっとドキドキしてましてんけど・・・。
えらいケラケラとよう笑う、明るいお人らで、ほんま楽しい一日を過ごさしてもらいましたわぁ~。
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ルンルン
で、そのおデート・メニューはと言いますと・・・。
まず、梅田のヨドバシカメラ前で待ち合わせ。当然、目印に2人には赤い風船を手に、シクラメンの花を髪に飾って来てもらいまして・・・。
わいは、スルメを胸ポケットにしのばせて芳しい香りを放ちつつご登場!
(=`^´=)エッヘン
待たせてあったリムジンに乗り込み、ウェルカム・シャンパンで軽く互いにご挨拶した後は、大阪界隈を一周し、関空に待たせてあった自家用ジェット機に乗り換えて、いよいよ目的地、パリへ向けて旅立ちましてん。
秋色に色づくパリは、そりゃもう美しゅおますからぁ~。京都に勝るとも劣らへんロマンチックな雰囲気を味わうには、ぴったしですねん。
シャンゼリゼ通りを歩き、凱旋門前で記念撮影・・・予約してあった市内の三ツ星レストランで解禁したてのボジョレヌーボーと、トリュフたっぷりの、この秋のスペシャルコースをいただいた後は、いくつかの美術館を周って、芸術の秋まで満喫してきましたわぁ~。
(* ̄。 ̄*)ウットリ
ゆまねちゃんもまろちゃんも、えらい満足してはって、「もう帰りたくない」って、わいの手をギュっと握り締めはったんやけど・・・。
それぞれ地元には家族が待ってはる身・・・わいのパリのアパートメントでも、南フランスのシャトーでも、一緒に暮らして行くにはしがらみが多すぎますからなぁ~。
ここは束の間の思い出づくりで辛抱せなあかんて思いまして、見た目も愛らしくお人柄も申し分のないお2人とは、夜景を眺めながらの甘く切ないフレンチ・キスもなしに、そのまま大阪へ帰ってきましてん。
(ー。ー)フゥ。。。
「こたろうさんのことは一生忘れない。こたさんと行ったパリでの思い出は、私の秘密の宝箱に何よりも大切にしまっておくから・・・」
ゆまねちゃんもまろちゃんも、そない言いながら大きな目に涙をようさんためて、そっとわいの頬っぺにチューすると、各々の家路へと向かわはりまして・・・。
わいは、その2人のうしろ姿が見えんようになるまで、ずーっと得意のオカリナで『コンドルは飛んで行く』を奏で続けましてん。
(ノω・、) ウゥ・・・
・・・っては想像をしてる間にヨドバシカメラ前に、おふた方登場! お好み焼きをたらふく食べて、観覧車から大阪市街を一望して・・・ひっきりなしに大笑いしながらのアメブロガーミニ親睦会は無事終了!
リムジン三ツ星レストランパリの夜景もなかったけども、あの笑い顔からして、なかなかどうして、きっと楽しさでは負けてへんかったんちゃうかなと思うてますぅ~。
わいも久々にえらいおもろい一日を過ごせて、めちゃめちゃ幸せでしたわぁ~。この場を借りて、再び、おふた方には厚く御礼申し上げますぅ~。
m(_ _)mおーきに
ブログ読み合うも多少の縁・・・今度はわいが、全国あちこちの皆はんとこに遊びに行かしてもらいたいて思うてますから、どうぞ、そんときは
(。-_-)ノ☆・゜::゜ヨロシク♪
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-11-25 10:25:02

トポスでポトス・・・の巻

テーマ:ブログ

ポトス


近所のスーパー「トポス」までちょっと散歩がてらお買い物に行きましてなぁ~。そのすぐ近所に花屋があんのを思い出して、ちょこっと寄ってみることにしましてん。

実はテレビでスピリチュアル・カウンセラーの江原はんが、パソコンは人のエネルギーを弱らせてしまうから、近くにトポスみたいな観葉植物を置いといた方がええて言うてはったと、友達がおしえてくれましてん。
ちょうどトポスに来て近所の花屋でトポス買うのも何かの巡り合わせやろうって気がしましてなぁ~。最近何かと弱りぎみでもありましたし、その観葉植物にちっとでもエネルギーもろとこうて思いましてんよぉ~。
(○`ε´○)ノおう♪
せやけどわいはあんまし植物には詳しゅ~おまへんから、どれがトポスやらようわからへん。こら、素直に店の人に聞いた方が無難や思いましてなぁ~。
「トポスありますか?」
店に入るなり、そない聞いてみましたら・・・。
「トポスやったら、その2号線の先を右に曲がったらすぐ見えますぅ~」って言わはりますねん。
(≧m≦)ぷっ!
そら、スーパーのトポスで、わいがたった今、買い物済ませてきたとこやのに、間違うてはるわぁ~・・・って思いましてなぁ~。再度、丁寧に聞き直しましてん。
「観葉植物のトポス・・ですねんけど?」
ほしたら、一瞬キョトンとした後、店の人が大爆笑!
(゜Д゜) ハア??
わいは、きつねにつままれたみたいに、わけわかりまへんでしてんけど・・・。
「そりゃ、トポスやなくて、ポトスのことでしょ!?」
笑いながらそない言わはった途端、ごっつい恥ずかしさがこみ上げてきましてん。
(/-\*) ハジュカチ…
・・・ってなことになって、あやうくわいは、さらし者になるとこでしたわ!
ほんまは、トポスって名前に疑問を抱いたわいは、花屋へ寄る前に友達に電話して、もう一度名前を確認。で、友達がネットでまた再確認したところ・・・。
トポスはスーパーで、観葉植物の名前はポトス」と、ネットにも出てたそうですねん!
( ̄‥ ̄)=3 フン
人に紹介するときは、正しい情報を調べとかなあきまへんでぇ~!
ちなみにその花屋では、ポトスがすっかり弱ってしもて葉の色もところどころ茶色くなってまして、あんましエネルギーをもらえる状態やおまへんでしたんで買わんで帰ってきましてん。
お店の人の話によると、ポトスは夏の植物やから冬場はどうしても弱ってしまうってことでしてんけど・・・ほんまやろか・・・。
ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
皆はんもPC使うてはるんやから、知らん間にエネルギー奪われて弱ってしまわんように、どこぞのええ花屋で、ポトスめっけといた方がええかもしれまへんでぇ~。
ただし、くれぐれもお間違えのないように! ポトスはスーパーで、トポスが植物、ついでに言うと、ポストは郵便出すとこでっせぇ~。
ポトスでトポス買うてくるついでにポストで手紙出してきはるんやったら、OKちゃいますやろか?
(-ι_- ) クックック
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-20 21:22:44

恋の武者修行・・・の巻

テーマ:ブログ
嵯峨野
おなごの友達と、「一番最初に異性を意識したんはいつやろか?」ってな話してましてなぁ~。そいつは、保育園のときやったて言いますねん。
女の子はマセっくれてるからなぁ~って思いながら、自分の遠い昔を思い返してみますと・・・。
わいの幼稚園時代いうたら、女の子がおったんかどうかも記憶にはおまへんで・・・。ただ、近所の友達が皆な小学校に上がってくのに、わいだけ幼稚園通いがもう1年あると知って、えらいショックやったんを覚えてますわぁ~。
( ̄□ ̄;)ガーン
今考えると、2年保育の1年目だっただけで、別に留年したわけでも何でもおまへんねんけど、何せ、当時うちの親は厳しく怖い鬼状態でしたから、こんなんがバレたら、またシバカレルぅ~って思うて、子供心にじっと秘密にしてましてん。
今でこそ、親が子供ぶつのんも虐待や何やと問題になってしまいますけど、当時の日本じゃ、そんなんは日常茶飯事!
わいとこも、仕事に追われて大忙しやった両親はえらいストレス溜め込んでましたから、時にはほとんど八つ当たりぎみに、ようハタキでビシバシ、子供の足しばいてましたわぁ~。
。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。
で、そんな余計な記憶に押されてしもてんのか、わいとしたことが、幼稚園時代におなごはんの記憶がまったくおまへんで・・・。
先生がどんなおなごはんやったんかすら覚えてない状態。
ほな、小学校時代は・・・と、ちーっと記憶を進めてみますと・・・。
(ーー .。oO(回想)
あった、あった、おなごはんの記憶! あれはわいが小学校2年生のときですわぁ~。
同じクラスに、えらい可愛い系の女の子と、めちゃめちゃキレイ系の女の子がいてましてなぁ~。
わいは子供心に、どっちがええか決めかねてまして・・・って、別に告白されたわけでも何でもおまへんねんけど・・・勝手に迷ってましてん。
(━_━;)ゝウーム
まだ、ふーちゃんが活躍するはずもない、淡く幼いピュア恋時代・・・
きっと今じゃ、その頃わいを惑わせた美女2人も、きっつい関西のおばはんになってますのやろなぁ~。
子供はしばかんでも、旦那のこと毎晩毎晩痛めつけまくってたりして・・・。
(((=_=)))ブルブル
ま、変貌を遂げてしもたんは、何もおなごはんばっかしやおまへんしぃ~。偉そうなこと言われへんのはもちろん、わかってますぅ~。
そら、わいかて、細身の美少年の面影はどこへやら、ちーっと食べすぎるとほっぺたに肉はつくわ、疲れると目のしたにクマはでけるわ・・・。
決してもう昔のモテモテ時代に戻られへんことは、鏡を見ても一目瞭然! 振り向けば、おなごはんがズラーッと付いてきてたんも、遠い昔と、忘れることにしてますぅ~。
(ノω・、) ウゥ・・・
ほんでもどうも‘美女に弱い’という弱点だけは克服できず、三つ子の魂今日まで続き、わいはいまだに、迷える子羊状態ですねん。
しかも、友達に言わせると、なんでか、気の強い美女に弱い!
美女やとどうしてもチヤホヤされてしまいますからぁ~。スカーレット・オハラよろしく、自然とわがままやったりプライド高かったり気が強かったりしてしまうのかもしれまへんけど・・・。
わいの過去履歴を振り返ってみれば、ほんまは、清楚で飾りっ気なくて、やさしいおなごはんが好きなはずやのに、出会うて付き合うてしまうのは、なぜか気の強いおなごばっかしですねん。
(ー。ー)フゥ。。。
友達は、きっとそれがわいの運命やて言いますねん。
せやけど、宿命は変えられへんけど、運命は自分で切り拓いていける!・・・自分の力で変えれるていいますやん。
だったら、わいはきっと気のやさしいおなごはんとの恋を成就させることかてでけるはずや!
(○`ε´○)ノおう♪
もう決して、わいは気の強い美女の誘惑には乗りまへんねん!
いくら、わいのこと惑わそうとあの手この手で迫ってきはっても、わいは気の強い美女には見向きもせず、気のやさしいおなごはんとのを待ち続けますねん。
ただ一途にわいのことだけ思うてくれる、やさしいやさしいおなごはん♪
(ー。ー ;。oO(イメトレ中)
神さん 「気の強い美女と、気のやさしいトドと、どっちがええ?」
こたろう 「気のやさしい美女」
神さん 「ぜいたく言うたらあかん!どっちか選ぶんや」
え~ ( ̄ο ̄)
神さん 「さー、どっちや!」
こたろう 「ほな、気のやさしい可愛い人!」
神さん 「あかん!何べん言うたらわかるんや!欲かくな!」
('ε') だってぇ~
神さん 「ちみはまだまだ小学生の頃から成長してへんようやな。
しゃーない、もちっと修行しなはれ!」
( ̄- ̄メ)チッ
こうやって、わいの恋の武者修行は、まだまだ続くのでした・・・。
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-17 16:55:32

愛ちゃんの旅・・・の巻

テーマ:ブログ

タイ、バンコク


愛ちゃんは、わいの友達がバックパック背負って2カ月ほどアジアしてたときに出会ったおなごはんでしてなぁ~。
まだ20代の半ばやというのに、大学卒業した後、ちょっとだけOLやってお金を貯めてアメリカに英会話留学。
世界中の移民の人らがアメリカで生きていくために本気で英会話を習得しに来てはる、国が援助してる学校に行かはったみたいで・・・みごと3カ月で英会話をマスターして、その後は、2年間も世界中をして周ってはったそうですねん。
( ̄。 ̄)ホーーォ。
妹と2人姉妹やから、普通やったら両親はえらい心配性やったりするのに、愛ちゃんちは「他人に迷惑かけんことで、自分の栄養になることやったら何でも思いっきり好きなことやったらええ」という考え方。
だから習い事も、お習字、そろばん、和太鼓、声楽、ピアノ、クラッシュクバレエと、えらいようさんしてはりましてん。
わいの友達はめちゃ羨ましがって、「さぞや仲のええ両親に溺愛されて育ったんやろなぁ~」当然のように尋ねてみたところ、愛ちゃんはかすかに苦笑いしながら首をふらはったそうですねん。
(≧◇≦)エーーー!
ほんまは、当の愛ちゃん自身も、長いことずーっと自分ちは幸せそのものの家庭やと信じて疑わんへんかったみたいですねんけど・・・。
ある日、おかんが仕事先の男の人と食事してる席に偶然出くわしてしもて、その幻想は木っ端微塵!
何の気なしに同席して食事をしている最中、思いのほかぎくしゃくしてはったおかんが、いきなし、泣き出さはったそうですねん。
Σ( ̄ロ ̄lll) ゲッ
で、帰宅の道すがら話を聞いてみましたら、何と、もう5年くらい前からその男の人のことが好きで・・・というより本気で愛してしもてて、実は「ご主人と別れて結婚してくれ」とプロポーズまでされてたそうですねん。
せやけど、自分には大事な家庭があるし、大切な家族がいてる。ご主人に関しては確かに今はもう昔のような恋愛感情はなくなってしもてるけれども、でも二十数年夫婦をやってるわけやから深い情はあるし、尊敬感謝もしてる。
それらをすべて投げ出して、自分の大切な人たちをつけてまで自分の気持ちだけを通すわけにはいかんへん・・・そない思うて、おかんはその男の人と泣く泣く別れたそうですねん。
(ノω・、) ウゥ・・・
その日はおかんの最後のデート・・・もしかすると最後の恋になるかもしれへんめちゃめちゃ大切な出会いと、終わりを告げる、別れの日やったわけですわ。
からだの関係はないから、浮気とも呼べん気がする・・・せやけど、本気でしたのは事実やから、もしかすると、単なる浮気よりももっとずーっと罪深いかもしれへんと、おかんは涙声で語ったそうですぅ~。
愛ちゃんは、同じ女としてはおかんの気持ちがわかるけど、大好きな父親のことを気持ちの上で裏切った母親やと思うと、どこかしら許しがたい気持ちもあって、一人になっていろいろ考えてみることにしたそうですねん。
( ̄- ̄)フーン
で、旅の間も幾度となく考えてみたけど、やっぱし答えは出ーへん。そやったら、もう考えんのやめて、ずーっと保留のままにしとこうと思わはった。
そして保留のまんま旅を続けてるうちに、いろんな世界でいろんな人たちと出会うて、いろんなものを見て、聞いて、いろんな経験をするうちに、ふと気づいたら、もうすっかりおかんのことが許せてた・・・。
おかんも神様やない。おかんかて、まだまだ自分と同じ人生という旅の途中にいてはんねんから、つまづいたり転んだり、傷ついたり立ち止まったり、いろいろあってもしゃーないやん・・・そない心の底から思えてきたそうですねん。
( ̄^ ̄) エライ!
2年間の旅の中で、愛ちゃんが一番うれしかったことは、大好きなおかんを、また大好きになれたことやと言うてはりますぅ~。
「知らず知らずのうちに母親を憎んでた。そんな自分を許すのに2年かかった。自分を許したら、心の底から母親のことも許せるようになった。‘許し’って案外、大変だね。でも、それをやるだけの価値はあったよ」
愛ちゃんはますます魅力的なお人になって帰国しはったみたいですわぁ~。
(* ̄。 ̄*)ウットリ
めでたし、めでたし♪
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-11-15 17:25:44

ボヤキの運気・・・の巻

テーマ:ブログ
江原はん

「お昼何も食べるもんないでぇ~」
おかんがボソッとつぶやきましてん。これって、わいにまた買い物行って来いという遠まわしの催促ですやろかぁ・・・。
おかんがヒッキーになってしもてることは、この前のブログにも書きましたけど、ほんまにすっかりお出かけ嫌いになってしもて・・・。
(ー。ー)フゥ。。。
めちゃくちゃ具合いが悪いならともかく、そういつもいつも家で寝てばっかしおっては逆にからだにも悪いと思いましてなぁ~、散歩がてら買い物くらい行った方がええでぇ~と言うてみましてんけど、聞く耳持たず・・・。
それどころか、食事のとき単なる世間話として近所のおばちゃんが頑張ってはる話ししただけで、「私に対するイヤミなん?」と、ご立腹ぎみにならはりますねん。
で、すぐに「あんたはキッツイねん」と、お小言・・・。
( ´△`;)アァ-
このところ、テレビが見づらいとボヤいてばっかしおりましたからなぁ~、言われるがまま、あっちゃこっちゃにテレビを移動してみましてんけど、どこに置いても気に入らずまたお小言・・・。
あんましボヤキが多いんで、夕べはわいもキレそうなって、すでに晩御飯も食べ終わった夜でしてんけど、寒空の中、とっとこターンテーブル付きのテレビ台を買いに行ったくらいですねん。
それにしても、おかんはいつからこないにご機嫌斜めのボヤキ婆になってしもたんやろか・・・。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
友達に言わせると、わいも言動がすっかりボヤキぎみになってるみたいで、ネガチブに物事見てはモンクばっかしたれてるようですねん。
我が家はまるでボヤキ館・・・ま、館というほど広いわけちゃいますからぁ~、おかんと2人、嫌でも顔合わせますやんかぁ~。
で、2人でボヤイとってはたまりまへんから、おかんがボヤく間、わいは‘耳から肛門’の聞き流し役で、その後わいの中に溜まったボヤキ・ストレスを、こないしてここでボヤいてますねん。
m(_ _)mスンマヘン
これじゃ、世界に広げようボヤキの輪になってしまいますなぁ~。
あっちでもブツブツ、こっちでもプンプンしとってみなはれ! そら、この美しい水の惑星、青い地球も、ネガチブなボヤキ星として、だんだんドドメ色に濁ってって、もう宇宙のつまはじき。
どこの宇宙人も遊びに来てくれはらへんようになりますやん。・・・って、別にわいはUFO見たことあるわけでも宇宙人としゃべったことあるわけでもおまへんねんけど・・・。
(^0^*オッホホ
でも、『オーラの泉』ってTV番組に出てはる美輪明弘はんや霊能力者の江原哲之はんがいっつも言うてはりますやんかぁ~。
この世には、ようさんのがさ迷ってて、自分の発したエネルギーと同じ波動のエネルギーを持った霊が集まってくると・・・。
せやから、高い波動を発してるとレベルの高い霊が集まってきてどんどん後押ししてくれて、ええことがようさん起きてくるけど、低い波動を発してるとレベルの低い霊ばっかしが寄り集まって、悪さばっかししてだんだん運も落ちてくるぅ~って・・・。
(((=_=)))ブルブル
そないなると、もういくら守護霊指導霊はんが一所懸命ええ方に導こうと思うても、そのメッセージに気づかへんようになって不幸のドツボ。
もちろん、ドツボの中でも人生勉強になることはようさんありますからぁ~、これまた前向きに捉えられたらまた脱出もでけるみたいですけど・・・。
そんな考え方にならへんで、自分の不幸を嘆いてばっかしおると、それこそ不幸てんこ盛りの中に埋もれて、ようさんのカルマ作ってまた来世、不幸な環境からやり直しみたいですねん。
o┤*´Д`*├o アァー
運気・・・とはよう言うたもんで、病いだけやのうて、実は運も‘気’から!・・・つまり気持ちの持ち様で、どんどん運命が変わってくて言いますねんなぁ~。
ま、言うは易し、行うは難し・・・頭ではわかっとってもなかなかそうそういっつもええようにばっかしは思うてられまへんからぁ~、人間、たまにはボヤイたりもしてしまいますけど、それも自分に許したげて・・・。
2コボヤイたら、3コ「おーきに」言うようにして、帳消ししながら生きていきたいものですなぁ~。
ヾ(´▽`*)ゝあーい♪
今日は、わいのボヤキを聞いてくれておーきに、おーきに、ほんまにおーきに!
これでちっとは運気上げてくれる霊が助けに来てくれはるやろか・・・って、見返り求めとったらあきまへんねんな。
あぁ~、わいもまだまだですわぁ~。・・・ってまたボヤイてるしぃ~。
ヾ(_ _。) ハンセイ… 3秒  
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-11-13 17:45:14

恋の威力で変身!・・・の巻

テーマ:トラックバック
トロッコ電車

恋をするとおなごはんは誰でも綺麗になるて言いますやん。ま、ホルモンのバランスが整って肌の色艶もようなるのは科学的にも証明されてるみたいですからぁ~。
もし付き合うてる人がいてはんのに、ちーっとも綺麗になってへんかったりしたら、そのお人は、ほんまは恋してはらへん・・・と、逆な見方もできんのかもしれまへんけど・・・。
考えてみますと、わいが付き合うてたおなごはんたちも「便秘が治った」だの「アトピーが治った」だのと、わいと付き合うてる間にだんだんと健康的になって、からだの中から綺麗になってったみたいですねん。
うふふ♪ (* ̄ー ̄)v
もちろん、エッチの効力も大きいと思いますけどぉ~、それより何より、恋をしてますと、気持ちの有り様がそれまでの独りよがりな状態とは違って、やさしゅーなってくるから、それが表情やからだ全体からにじみ出てきますのやろなぁ~。
そういえば、わいも高校生の頃に、「こたは恋をすると何や綺麗になるなぁ~」っておなごの友達から冷やかされたことがおましたわぁ~。
おなごはんだけやなしに、男にも、恋というヤツはええ効果を生み出しますねんなぁ~。
。(ёё。)(。ёё)。うふうふ♪
そういえば、わいの友達が昔、役者目指して小さな劇団に入ってましてんけど・・・それは早稲田大学の演劇研究会ってとこに所属してる劇団のひとつで、いくつかの劇団が時間くぎって代わりばんごに稽古場を使うてたみたいですねん。
今をときめく、筧俊夫はんや白井晃はんらも、売れない頃は、その稽古場で練習してはったらしいんですけど・・・。
その筧はんもよう客演してはったとある劇団には、あるジンクスがあったそうでしてなぁ~。綺麗なおなごはんが、いっつも黒の下着しか着はらへんようになったら、そら、もう演出家とできてしもたってことや・・・って言うもんでしてん。
( ̄。 ̄)ホーーォ。
なんですか、その演出家(今ではテレビにもちょこちょこ出てはるちょっとした文化人ですねんけど・・・)っていうのんが、当時、自分が寝たおなごはんには、必ず、黒の下着しか着せへんようにしてはったそうですねん。
まだまだ貧乏劇団やから舞台の公演前は、遅くまで稽古して、皆なで銭湯行かはりますやんかぁ~。すると、来る日も来る日も黒の下着ばっかし・・・しかも、大して金もない時期に必死こいて下着に金かけてるおなごはんが、必ず劇団に一人はいてる・・・。
あるときはA子はんで、その半年後はB子はん、そしてまたしばらくすると、C子はん・・・。そのお人らは、演出家と付き合うてる間中、けなげにその言いつけを守ってはるみたいですねん。
。。。φ(◎◎へ)フムフム
で、決まって、その黒の下着のおなごはんらは、短期間にめちゃめちゃ綺麗になっていかはる・・・。
だからってえこ贔屓されてええ役もらわはるわけやないみたいですねんけど、その変貌ぶりは、皆なにもはっきりとわかるくらいやったそうですぅ~。
恐るべし、恋の威力・・・。
オオーw(*゜o゜*)w
わいの友達に、めちゃ掃除嫌いなおなごがおりましてなぁ~。恋をすると突然、部屋の掃除するようになりますねん。
本人は元々ぶっさいくなヤツで、をしてもせんでもあんまし見た目の変化はおまへんねんけど、部屋が綺麗になるからそれでばばバレ・・・そんな単純さもなかなか可愛いと思いますなぁ~。
恋人のことをめちゃくちゃ愛してるのに、その唾液にアレルギー反応があって、キスするたんびにからだにブツブツでけるっておなごはんがテレビに出てはりましたけど、そんな悲劇も、恋のなせる業なんやろか・・・。
(━_━;)ゝウーム
ま、いずれにせよ、何かしら人に変化をもたらすのんが‘恋’ってもののようですわなぁ~。
考えてみれば、わいとしたことがもう2年近くも恋してへん。昔は「趣味はおなご~」って冗談言うてたくらいに、恋に一途な男でしてんけど、すっかりあのトキメキも忘れてしもて・・・。
もしかして、えらいぶっさいくになってんのんちゃうやろかぁ~。
(ノω・、) ウゥ・・・
秋深し、恋せよ、こたろう・・・。
もうわいの心も、食べ頃の果物のように熟してますねんけど・・・。
いつになったら食べてもらえんのやら・・・早いとこわいも綺麗になりたいものですわぁ~。
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-12 11:11:11

あほ息子のお買い物・・・の巻

テーマ:ブログ

イズミヤ


おとんが亡くなってからというもの、すっかり弱ってしもたおかんは今日もヒッキーを決め込んでまして、買い物にも行きたくない言いますから、息子のわいが、代わりに買い物してますねん。
このところ、夕飯のお買い物も慣れたもんで、新聞広告のチェックは忘れず、狙い目の特売品があれば、あっちのスーパー、こっちの商店と、エミリー飛ばして駆け回りますぅ~。
ま、サムライも、背に腹は変えられまへんからなぁ~。
ヽ(´▽`)/へへっ
そんなわいのけなげな姿に心打たれた近所のおばちゃんらは、当然、声を揃えて誉めちぎり・・・。
「あんな親孝行な息子はおらんでぇ~」
「あんなやさしい、ええお人やったら、是非ともうちの娘を・・・」
・・・ってな話にもなりますやん。
(○`ε´○)ノおう♪
ところがですねん! 手前味噌でえらい恐縮ですけどぉ~、そんな評判は今に始まったことやなし、実は若い頃から、ちらほらと見合い話もありましてん。
でもわいは、その頃彼女もいてましたしぃ~、第一、親が勧める相手っちゅーのは、それだけでどうも気に入りまへんでしたから、片っ端からお断りしてましてん。
で、気づいてみれば、ご近所からもめぼしいおなごはんは消えて行き・・・いまだに残ってはんのは、ちーっとワケアリのおなごはんか、人間離れしたよなお人ばっかしになってしまいましてん。
( ´△`)アァ-
それでも、わいの方かてもうええ年ですしぃ~。年老いた母を抱え、決して贅沢言える身分ではおまへんからぁ~、謙虚に、神の与えたもうた出会いを感謝して受け入れる気ではおりますねんでぇ~。
でもでもでも、それにしても、限界っちゅーのがおますやん。
いくらわいでも、これから一生大事にしていく相手が、ブタでもイノシシでもトドでもええってわけにはいきまへんねん。
(p_q)え~ん
で、友達からは、「また選り好みしてるぅ~!」と非難されながらも、わいはじっとサムライ・スピリットでもって、おかんと2人ぼっちの生活を守るべく、今日もお買い物に精を出しますねん。
夕べはちーっと冷え込んだんで「鍋焼きうどん」やったからぁ~、今日は何にしようかなぁ~。
わい・・・もしかしたら、来世はええ嫁さんになるタイプかも…(-。-) ボソッ
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-11-09 22:07:07

オカマのヘンリクはん・・・の巻

テーマ:ブログ

蔵王


オカマのヘンリクはんが、生まれて初めておなごに恋をしはりました。相手はめちゃ気が強く、賢くみだらな若いおなごはんでした。
金持ちのおやじをパトロンに持ち、自由気ままな生活を繰り広げた果てに、いきなし大学に入り直したり、フランス留学してワインの輸入を始めたり、半自伝風の小説書いて大手出版社から本を出したり・・・えらい忙しいおなごはんでした。
10代の終わりにそのおなごはんに恋をしたヘンリクはんは、思いを寄せたまま長い長い年月、そのおなごはんの愚痴を聞いたりパシリをしたり、あれやこれやの面倒をみて過ごし、40代をとおに越えた今でも、まだ愛情を注いではりますぅ~。
(ノω・、) ウゥ・・・
そのおなごはんは、ある日レストランを経営する男はんと不倫をはじめ、2人も子供を設けはったけど、なにせ不倫やからどないもならず・・・。
現実に父親代わりというか乳母代わりというか、せっせと面倒をみるのは、やっぱしヘンリクはんどした。
ヘンリクはんは大好きなおなごはんが他の男の子供を産むとき、その出産にも立会い、出産後はミルクを飲ませ、風呂にも入れてやり、おしめを換え、公園へ散歩もさせて・・・と、まるで我が子のようにせっせと世話やいてはりましてん。
(;_q))クスン
せやけどヘンリクはんはやっぱしオカマやからぁ~。どんなにそのおなごはんが好きで、どんなにそのおなごはんの子供の面倒をみたったとしても、どうにもならへん。
男のからだしか受け付けられへんから、そのおなごはんへの恋心とは別に、ちょこーちょこ男の恋人をこさえては、その恋人にも尽くしまくってましてん。
オカマのヘンリクはんはとても料理が得意で、オカマのヘンリクはんはめちゃ綺麗好き。オカマのヘンリクはんはうんとこさフットワークも良くて、オカマのヘンリクはんはほんまに淋しがりや
(p_q)え~ん
今日もヘンリクはんは乳母車を押して、せっせと好きなおなごはんの子供を散歩に連れてったり、そのついでにお買い物をして、好きなおなごはんちと、ついでに自分の男の恋人のために手料理をこさえてはりますぅ~。
皆な、そんなヘンリクはんが大好きやけど・・・一番好きなお人は他におって、2番目に好きなんがヘンリクはんやと言わはりますねん。
それでもヘンリクはんは・・・「2番目だと、ずーっと嫌われることもなくて安心! いいポジションでしょ?」と、満面の笑顔。
・゜゜・(/ o \)・゜゜・
オカマのヘンリクはんはそこそこ売れっ子のデザイナーで、そこそこ仕事も忙しいのに、その仕事もセーブして、今は他人の子の子育てに大忙し。
「ちょっと聞いてよぉ~、
僕ちゃんが、今日、
ヘンリクって呼んでくれたのよぉ~!」
そしてオカマのヘンリクはんは、ほんまにうれしそうに、こない叫ばはりましてん。
「あぁ~!
私って世界一の幸せ者だわぁ~!」
(⌒_⌒) ニコリ
あ、そやった! 愛のかたち、幸せのかたちは人それぞれ・・。オカマのヘンリクはんは、きっと誰が何と言おうと、幸せ者ですねん!
だって、めちゃめちゃ愛せる人がいつも隣にいてはりますねんもん。
ヘンリクはんの愛情は、決して見返りを求めへんもの。せやから、2番目に好きでも全然、へっちゃらですねん。
(*^▽^*)ノ
オカマのヘンリクはんには、愛がいっぱい・・・。

そして、いつでも
ゴーイング・マイ・ウェイ♪

こんな生き方、愛し方も、ありますねんなぁ~。
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-07 16:30:19

地獄の嫁・天国の未亡人・・・の巻

テーマ:ブログ

湖


今、熟年離婚が増えてるそうで・・・テレビドラマとかにもなってるらしいですけど、わいの友達の友達にも、17年間も夫婦続けてきて、いきなし、離婚調停でモメだしたお人がいてはりますわぁ~。
ま、また聞きの話やから、ほんまのことはわかりまへんしぃ~、よそんちの夫婦のことは、はたからでは理解でけんへんものですけど・・・。
それにしても、子供が4人もおって、飲む打つ買うわけでも借金抱えてるわけでもこさえたわけでもなくてぇ~、毎晩ちゃーんと帰ってきて生活費も入れてくれてんのに、何が不満か聞いてみましたらなぁ~。
男として、つまらんお人やからて言いますねん・・・。
え~ ( ̄ο ̄)
で、嫁はんは他に恋人つくったり、習い事したり、旅行行ったりと好き勝手してきたくせに、それもこれも全部、旦那が不甲斐ないからやと、勝手な言い草・・・。
子供を味方につけてたっかい養育費を請求して、家ごとのっとろうとしてはりますねん。
面倒が嫌いな旦那は資産家でもあるみたいで、この際、請求どおり子供一人頭800万円(4人で3200万円)の養育費を払うて、キレイさっぱり終わりにしようとしてはるみたいですけど・・・。
( ̄。 ̄)ホーーォ。
それでもまだモンクを言い足りん嫁はんは、近所のお人から共通の友人・知人、赤の他人の誰それにまで、ありとあらゆる旦那の悪口を言いまくって、地獄のような毎日やとボヤいてはるみたいですねん。
17年間、とりあえず夫婦続けてきて、最後の最後の幕切れがそれじゃ、余りにも淋しい気がしますわなぁ~。
よしんば、ほんまにつまらん旦那だったとしても、そんな旦那を選んで、4人も子供をこさえたんやから、もちーっと感謝して別れてもバチは当たらんと思いますのやけど・・・。
(ー。ー)フゥ。。。
これまたわいの友達で、旦那はんが急死しはって泣き暮らしてはったおなごはんがいてはりましてなぁ~。
ショックで誰もよせつけんようなってしもて、ただただ泣きながら、毎日毎日、神様恨みつらみをぶつけてはったそうですねん。
で、そんなある日、仲のええ友達から、嘘でもええから恨みつらみを言う代わりに、自分の周りのすべてに感謝してみたらどうや?・・・って言われはって・・・。
。。。φ(◎◎へ)フムフム
泣き疲れたある日、部屋中のあらゆるもんに、今度は「ありがとう」と書いた紙を貼りまくったそうですねん。
本棚、洋服ダンス、化粧台、冷蔵庫、洗濯機、靴箱、ポスト・・・とにかく、目に付くあらゆるところに、「ありがとう」を貼り付けはって・・・。
ほんで今度は呪文のように、ヘトヘトになるまで「ありがとう」を言い続けたそうですねん。
カリカリ!_φ( ..)φ_メモメモ!
ほしたら、不思議なことにある日、心の氷が少しずつ融け出して、その融けた氷の隙間から、じわ~っと、ほんまに感謝の気持ちが沸き上がってきたらしゅうて・・・。
で、その感謝の気持ちは心ん中いっぱいに広がって、やがて外にもあふれ出して、周りの人へも、やさしさを取り戻さはったそうですぅ~。
旦那を亡くした地獄から「ありがとう」の言葉で這い出さはったおなごはんもおれば、旦那がつまらんお人やからというだけで、勝手に地獄の毎日を生きてはる嫁はんもいてる・・・。
(━_━;)ゝウーム
人生いろいろ、男もいろいろ、女だ~っていろいろ咲き乱れるのぉ~♪
難儀な世の中ですなぁ~。
ほな、また。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD



ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。