コライダスコープ 

人の世は
七色に輝く儚い雅
それはまるで万華鏡のように。。。

大野智と嵐、鈴木亮平くんを見守っています。


テーマ:

こんにちは♪

 

 

クリスマス等のホリディ間近になっていますが

今日は感謝祭の料理のお話しなど。

 

 

 


 

 

感謝祭は大好きな祝日であることは何回も言ってますが

実は昔は全く好きじゃ無かったんですショックなうさぎ

特にお料理が・・・あんぐりうさぎ

料理の腕が抜群と言われる人のものでも

美味しいとは思えなかった・・・

 

 

それが今では大好きになるほど。

伝統をベースにして、自分の舌に合うように

独自のレシピを作ってきたからかも知れないけれど

慣れというものもあると思うんですね。

 

 

なんでも食べ続けていれば

特に伝統的に受け継がれてきたものなどは

美味しいと感じるようになるようです。

 

 

ここ何年かで私もやっと

自分でも美味しいと感じ、人にも美味しいと言ってもらえる

七面鳥の丸焼きができるようになりました。

 

 

今年の感謝祭のテーブルはこんな感じ。

前の晩からセッティングしてクロスをかけておきます。

 

 

鳥を焼くのに必要な時間はその時によって違うので

簡単なスナックを用意してます。

 

できあがり図

 

 

去年から子供達に私のレシピを伝授しはじめ

今年はそのレシピでサイドディッシュを娘と息子が作ってくれました。

 

左端手前のスタッフィングが娘

伝統的には鳥の中に詰めて火を通すのでそう呼ばれます

でも今では衛生的に問題もあると言われているので

うちでは昔から別に作ります。

 

向こう側のマッシュポテトとマッシュルームグレイビーが息子。

 

グリーンのスープは

旦那が嵌っているリークとアスパラガスのスープ

 

 

 

 

 

 

私は今年は楽ちん:

ケールとキャベツ、クランベリーのサラダ

グリーンビーンズのサラダ

クランベリーソース

グレイビー(肉汁ソース)もう一種

そしてもちろん七面鳥の丸焼きを担当しました。

 

 

 

オーブンから出した直後

これを切り分けるのは通常お父さんの役目です。

 

 

こちらではクリスマスにも七面鳥を食べる人もいるので

家族を持つ人は特に焼き方を習得する事は欠かせませんが

七面鳥って大きくて火が通るまでに時間がかかるからか

丸ごと素揚げの様な

人気があるけど道具と場所と安全対策必須な調理でもしない限り

とてもドライに出来上がってしまう事があるんですよね。

 

 

で、肉汁たっぷりの美味しい七面鳥を焼き上げるにはどうすればいいのか・・・

 

 

こつは、焼く時のチーズクロス、白ワインとバター

そして手作りのグレイビーソースです。

 

 

手羽を体の下に折り曲げ、

足を固定した後の鳥さん

私は鳥の中に詰め物をする変わりに

レモンを入れます

 

 

たっぷりの塩、コショウを手でまんべんなくこすり込んだら

ボールに好みの白ワイン(甘くないものがいいかも)一本と

溶かしたバター(アメリカのカップ1.5、日本だと2カップくらいかな)を混ぜ

そこにチーズクロスをどっぷり浸します

 

 

そのチーズクロスを鳥さんの上に被せ

425℉に温めたオーブンの一番下の段に入れて

まず30分焼きます。

 

 

一時間焼いた後の様子

 

 

その後オーブンの温度を135℉まで下げ

再び30分焼いたらチーズクロスを取り除きます。

 

その後30分毎にオーブンの中で

ワインとバターを合わせたものをはけでたっぷり塗る作業を

繰り返します。

 

 

二時間半焼いたら

モモの一番厚い肉の中に温度計を差し込み中の温度を測ります。

30分毎に測り、中の温度が165℉に達するまで焼き続けます。

 

 

私の経験上から言えば、

20パウンドの鳥さんの場合

焼きあがるのに3時間から3時間半かかります。

 

 

これは伝統的なレシピの一つらしいですが

この焼き方が今まで試した中で最高でした。

 

 

過去に絞められた直後に買ったフレッシュな七面鳥も調理したり

胸肉とモモ肉だけを調理してみるなど色々試してみましたが

このレシピなら

冷凍されて売っている七面鳥でも

十分美味しく丸ごといただけます。

 

 

七面鳥はクランベリーソースと

グレイビー(肉汁ソース)で頂くのが美味。

 

 

クランベリーソースはごく簡単です。

フレッシュ・クランベリーを鍋にいれ、ひたひたの水を砂糖適量、

レモンジュースとナツメグ適量を入れて煮ればよいだけ。

 

これは前日に作っておきます。

オレンジピールなどを入れるとまた違った味わいです。

 

 

一方グレイビーは当日作るのですが

少々手間がかかります。

 

 

簡単に説明すると

七面鳥を焼いている間に

七面鳥の中で袋詰めになっている内臓(レバーと心臓、首のみ使用)を

にらや玉ねぎ、セージ等のハーブで煮込み、こして出汁を取っておき

 

 

鳥を焼いた後に残った焼き汁の油を除いた残りを火にかけ

ワインと取っておいた出汁と刻んだ心臓、首の肉を加えて煮込み

水で溶かした小麦粉を少々加えてとろみをつけておわり。

 

これは焼けた鳥を取り出したベーキングパンで

直接調理できるのが長所。

 

 

 

 

それぞれ感謝している事を語ったら

いただきますをします。

 

Bon Appetit♪

 

 

 

追記:

スタッフィングのレシピは今回は割愛。

 

 

興味がある方はコメントでお知らせください。

ご要望があれば後日レシピご紹介します。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございますとびだすうさぎ1

 

 

こちらただ今強風吹きまくる木曜日の朝。

夕方から雪になる予報が出てるけれど

天気予報ってやっぱりおおまかな感じでしかあてにならない。

てか少しでも当たれば素晴らしいんだけれども

慣れてくると求めるレベルが高くなりますな。

 

 

少し前は感謝祭を物凄く楽しんだから

さあ次はクリスマスというか冬至の行事の準備しないと。

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが

私ここ数年ずっとクリスマスを祝う意味を見失ったまま、

やはりもう元には戻れない気配ですw

 

 

夫も以前からクリスマスツリーもクリスマスの飾りもあんまり。

やっぱり子供達の為にやってたんだなー。

惰性の引きずりももう納得できない

かといって後ろ髪をひかれない訳ではない(どっちやショックなうさぎ

 

 

習慣って恐ろしいw

頭こんぐらがるw

 

 

感謝祭の料理の写真をアップしたいとずっと思ってますが

まとまった事を添え書きしようと思うと後回しになっちゃう。

 

 

ということで

先日のさとらじでの智の鈴木亮平ネームコールリピートといい

ザ・夜会での亮平くんの二度目?の出演といい

大好きな嵐と亮平くんのコラボが多くなってきてて

胸弾んでるのでそっちをちょっと。

 


亮平くんのブログで翔君のザ・夜会の話がでてたよ↓

岡田くん主演、亮平くんも出演してる海賊とよばれた男ももうすぐ公開、

亮平くんが出ているドラマ「東京タラレバ娘」も来月放映だとか。。。

 

 

嵐ごとも随分盛り上がってるなか取り残されているというか

好きな人が高画質で見られる、それを保存できる、

日本に住んでる皆が羨ましい限り!

色々観たいよくそくそくそーーー!!!

 

 

自分から日本を出て来ておいて、最近いつもこれw

 

 

そんならファン止めれば?ですよね。

 

 

いやいやいやそれは無理w

 

 

 

できる事に限りはあるけど

やっぱり大好きなものは大好きだから♪

 

 

 


 

 

Furboさんの宣伝画像の亮平くん

 

 

 

リブログした記事の亮平くんは前髪下してるけど

亮平くんも智も

額出してるときが特に好きー♪てへぺろうさぎ

 

 

しかしこの二人

見た目は全然違うタイプだよねカナヘイハート(*´艸`*)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

大好きなイラストレーターさんの

素敵な企画!

 

楽しみでーす♪

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

もはや2016年も師走に入ろうとしておりますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

暫く記事を書けないでいた間に

記事を書くページの仕様も少し変わりましたネ。

 

 

 

2016年の後半は

遊びも仕事も大がかりな歯の治療等も含めて

折りたたむように展開が進み

思い返せばいろんなことがありました。

 

 

 

その間ずっと感じていたのは

私は実に様々な力に支えらえて生きている

という事。

 

 

 

智が常に表現している事でもありますが

(と書きましたが、智がありがとうの反対は当たり前ということを

さとらじで言っていたとは全く知りませんでした。

この記事を書いて送信した後に知りました、面白い!)

 

今年は自分の心に余裕が生まれたのか否か

人様のお力添えというものの尊大さを

強く感じさせていただけています。

 

 

 

まず今年は

19年ぶりにずっと叶わずにいたある事が実現しました。

時間的にはとても足りるものでは無かったけれど

限られた条件の中で、充実度の高い、意義有るものにできました。

 

 

 

叶える事ができたのは

私自身の気持ちが動いたからでもあります。

背景に色んな意味でとても素敵な方々の存在があったからこそ

私の中で実現に向けて努力する気持ちが動き

可能にすることができたという確信があります。

 

 

 

その後歯の治療に。

しばらくネグレクトしていた歯の治療はまだ進行中で、

一番辛い時期は乗り越えたようです。

資金も時間もかかりますが、

信頼できると感じられる腕の良い先生方にお世話になれるなら

そして残りの時間を生きていく上での健康への投資だと思えば

楽なものです。

 

 

 

様々な分野での専門歯科医に巡り合えたのも

過去に様々な治療を受けてきた友達の紹介があったからこそ。

そして

昔に比べれば大した痛みも感じずに治療を受ける事ができるのも

努力を重ね、最新情報と最新技術を常に学習している

専門医が存在するからこそ。

 

 

 

仕事においても

感謝すべき展開がありました。

 

 

 

勤務している図書館に毎日通ってくるある男性利用者がおり

その人は悪人とは思えないけれど、

だからこそ不可解な接触を受けた事で

とても不愉快な気持ちにさせられ、

仕事がしにくい状況になった事が最近ありました。

いわゆるセクハラに近いものです。

 

 

 

その男性はとてもフレンドリーで

ある程度の常識も持ち合わせている様ですが

ある部分での人との境界線を知らないらしいと感じています。

 

 

 

私も長年生きてきましたし

一般との接触を多く持つ仕事中にも様々な経験をしていますから

ちょっとやそっとの事で深く悩んだりはしません。

しかし普段「普通」に見受けられる男性に

思考回路がどこでどう絡まってしまったのか分からないような発言を受け

それが何度も繰り返された際には

やはり女としての警戒心が沸いてきます。

 

 

 

問題行為ではあっても

罪であるとは認められる行為では無いからなおさら

女は警戒しない訳にはいきません。

 

 

 

私の警戒心を増長させた理由には

仕事場での先輩達は常連である彼の名前も知っており

お喋りな人という事以外には

彼との接触をそれほど問題視していない様にみえたという事もありました。

 

 

 

考えた末上司に報告したところ

彼には以前にもクレームがあった事を知りました。

 

 

 

よく話してくれたという上司からの直接的且つ実質的なサポートを受け

事情を知った周りの仲間にも快くフォローをしていただき

その男性の存在の有無にかかわらず、

とても安心できる環境に身を置いている事を実感しました。

 

 

 

ある仲間は、私をスタッフルームによんで、

コライダの気持ちよくわかるよ、自分もすごく嫌な気持ちにされたことがある、

自分が勤務している日は、彼には一切近づかなくてもいいから!

私たちがフォローするから!

とまで言っていただきました。

 

 

 

その彼女もまた同じ様な目にあっているのだなと

私に力説しながら

怒りを抑えきれない様子で涙で潤ませていた彼女の目を見て

女としての相互理解と団結のありがたさを再確認しました。

 

 

 

その仕事自体に関しても

今いろいろ試行錯誤しながらこの先の事を考えている上で

思わぬところで人々から得ているものの大きさに

感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

私の環境は経済的には理想とは程遠いどころか

恥ずかしながら心配は尽きないであろう状態で

「心配が尽きない時間が継続されれば心も荒んできて当たり前」

特に様々な失敗を重ねている夫には「優しくできない事があっても仕方無い」

と、今まではそう思っていた部分がありました。

 

 

 

自分の心が荒めば荒むほど

それをまるで全て夫の所為のように感じ

夫が私を気にかけてくれる身近な人であればあるほど

責めて冷たく当たっていたように思います。

 

 

 

 

でも大きな大きな不可欠であった事が一つ叶った時

私の心は潤い始めた様です。

そして様々な事が見え始めました。

 

 

 

 

今回その大きな事をやり遂げられたのもその蔭には

夫の存在も大きく

私の近くにいてくれる人の存在とそのありがたみを

認識できるようになったのでしょうか、

環境は変わっていないのに

以前よりも心が安らかであるように思います。

 

 

 

大切なものって何か

それはやはり「私の人生の中にいてくれる人」なのですね。

 

 

 

周りの人からの理解と支え

私もそれに応えられているのかしら

私も支える事ができているのかしら

 

 

 

頑張らなきゃ。

 

 

 

「人は財産」

当たり前な事を今更確認している

心だけは若いおばばがここに一人。(笑)

 

 

 

さて、感謝繋がりで

アメリカではあと数日で感謝祭

 

 

 

これまでは毎年ホリディーシーズンに入ると随分とストレスに感じ、

まず手始めの感謝祭は働きずくめで形にしてきましたが

今年はなんだか材料さえ揃っていればなんとかなるさという姿勢で

かなりリラックスしています。

それでいいのかもとも。

 

 

 

大統領選挙結果などの不吉な事件←W などは一時忘れて

家族や友達が健康でいてくれること

人に恵まれている事に感謝の気持ちを込めて

楽しみますね。

 

 

 

これまでずっと私の力になってくださってきた皆さん、

本当に本当にありがとうございます。

 

 

 

こんな私ですが それに懲りず

これからもどうか宜しくお願いできればと思います!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。