昨日突然メールで、ミセつくが終了するとの知らせが。


ミセつくとは、誰でも簡単にネットショップが開けるというドロップシッピングで、最近いろいろ機能も増やしてきてこれからと言うときに、はじめて1年で突然の終了とは。


「もしも」の親会社である、ネットプライスとも提携していたのに終了とは。


どうも戦略もなく、ただ単に新しいものに飛びついた結果では仕方ないのかも。


それにしても、サイバーエージェントは大丈夫なのですかね。


ここ最近、株価も下げていますし。


いろいろ手を広げて収入源獲得も良いのですが、メインをしっかり据えていないと、ただ単に八方美人的な状態で、どれもうまくいかなくなるのではないかと思います。


ブログ自体もトラブルが多いですし。(ランキング表示が3ヶ月以上も不具合のままですし、アクセス解析も信用できないようですし、サーバ負荷や設定不能などと、問題が多すぎです。)


だいたい記事のアップをまともに出来ないのでは問題です。


プーペガールのSNSや原宿アメブロ放送局も流行っているようですが、今のうちに安定的にしないとアメブロのようになるかも。


セカンドライフなどに進出する前に足元を固めた方が良いかも。


そうでないと、株価はもっと下がるかもしれませんよ。


投資のうまみがないと、市場は冷たいですからね。




AD

スイーツ新作が食べれる?

テーマ:

スイーツの新作が食べれるとあって人気で、去年応募しましたが抽選ではずれました。

今年も挑戦してみようっと。

そのスイーツ新作が食べれるのは、毎年行われている、西宮洋菓子園遊会も今年で8回目で、2007年11月5日午後2時~4時にノボテル甲子園で開かれます。

今年は31店が新作などを披露するそうです。

150組300人が参加できるとあって、年々応募者が増えて、去年は35倍の倍率だったそうです。(16歳以上でペアのみの参加で、1組3千円の費用がかかります。)

人気店に殺到するので、今年から危険防止策として、個数制限を導入したそうです。


応募方法は、15~28日までに、参加店に備え付けの応募用紙で申し込むか、官製ハガキに、代表者の郵便番号、住所、名前、TELと同伴者の住所、名前を書いて、西宮商工会議所 ・西宮洋菓子園遊会係へ(28日消印有効)に出すかです。

関西の人で、新作スイーツを食べたい人は応募してみては。

AD

夏が終わって秋になると、以外とダイエット商品がたくさん出てきますが、秋の味覚を堪能しすぎるからですかね。


美味しいものがたくさん出てきて食べ過ぎてしまうのは仕方ないと思うのです。


そこで食べ過ぎたあとは、ダイエットグッズやサプリで解決してくださいというわけですかね。


それとも、在庫処分セールなんですかね。


なかなか商魂たくましいですね。

と言うことで、「ダイエットグッズバーゲン会場はこちら 」なんてのも始まりました。


以外とお手頃価格で安いですよ。


楽天での人気商品もありますし。




快眠のための食べ物

テーマ:
寝苦しい日々がすぎましたが、こころよくぐっすり眠るための快眠方法の一つに、牛乳を少し温めて寝る前に飲むのが良いです。

温かいと胃を刺激してストレスにならないからです。

牛乳には、カルシウムに加えて眠りをさそうオピオイドペプチドが含まれています。

ちなみに、ヨーグルトやチーズでも言いそうです。

特に女性や成長期の子供には言いそうです。

なぜなら、深夜に分泌される成長ホルモンはカルシウムの吸収を促し、適切に生体成分となることを促します。

バナナも言いそうです。

バナナや牛乳にに含まれるトリプトファンというアミノ酸は、眠りを導くセロトニンというホルモンの原料になります。

バナナとミルクのバナナジュースは、すごく良い組み合わせと言えそうです。

ただし、バナナは糖分が多いので、血糖値に気をつけている人はご注意ください。

夕食にレタスを食べるのも良いとか、レタスにはラクッコピコリンという成分に、鎮静・催眠効果があることがわかり、注目されています。

朝のサラダでレタスはNGです。

これから活動しようと言うときに眠気を誘うので良くないです。

豆腐や納豆も、寝付きが悪いときは良いそうです。

また、カルシウムが豊富でしかも消化がよいので、胃に負担をかけないのでOKだそうです。

心地よい快眠をするには、まずは食生活から変えてみてはどうでしょうか。

夏も終わり、もう9月です。


実りの秋で食欲の秋、スイーツな秋でもあります。


マロンやパンプキンなどの新作スイーツが美味しい頃ですが、油断するとメタボになんてことも。


ところで、来年4月から40歳以上の人の健康診断が変わるのを知っていますか?


40歳以上の国民を対象にした、通称メタボ診断「特定健康診査」が始まります。


この健診の特徴は、「保健指導」があることです。


これまでの健康診断は結果を通知するだけで終わりでしたが、来年からは違います。


健診でメタボと診断されると、そのレベルによって1人20分以上の「個別面談」があります。


場所によっては、保健所などへの呼び出しがあるかも。


そして、3ヶ月から6ヶ月の「食事や運動の支援プログラム」などを受けなければなりません。


さらに体や食生活、運動量がどう変わったかなどの成果を、定期的に電話や面談で確認されます。


電話や面談なんてけっこう嫌ですよね。


今のうちからメタボ対策でダイエットしておいた方が良いかもしれませんね。


今はまだこの程度ですが、厚生労働省は、あらゆる病気の起因となる生活習慣病予防を重視すると共に、メタボ

の社員が多い企業や保健指導によって改善されない社員が多い企業などに対して、保険料の増額などの厳しい処置も検討されているとか。


ゆくゆくは、メタボで給料やボーナスの査定に影響する日が来るかもしれませんね。


今のうちから予防線を張っておいた方が良いかも。



来年は、ブラジル移民100周年です。

100周年記念式典やイベントが盛りだくさん行われると思いますが、そのプレイベントに9月8~9日に「ブラジル・フェスティバル 」が行われます。

東京・代々木公園で東京ブラジルデーがあります。

ブラジルの有名アーティストのショーやF1チームの車の展示があったりするそうです。

ブラジル料理も満喫できるので美味しいかも。

ファッションや本に観光などいろいろと楽しめます。

このイベント、今年で2回目ですが10万人規模のイベントとか。

サンバもあるので、カメラ片手に目の保養をしに行くのも良いかも。

ブラジルと言えば、アガリスクやアロエにガラナなど健康食品も多いので、興味のある方は行ってみては。

防災の日に・・・

テーマ:

きょうは、防災の日です。

各地で大地震を想定した訓練が行われました、訓練は大事だと思いますが、救援物資の受け入れやボランティアの配置などの訓練もした方が良いのではと思います。


危機管理とは、起こる備えも大事ですが、起こったあとの対応も大事だと思います。


刈羽村では備蓄ゼロなんてこともありましたし、援助物資の受け付け中止やボランティアの受け入れ中止なんて事態も起きたのは、備えが出来ていないのを露呈しました。


いざ地震になったら余裕はないと思います。


非常持ち出し袋など用意していても持ち出すゆとりがないのが現実ですし、置いてあった場所に無いことがあるでしょうから、後で取りに行くというのが良いです。


良く最低3日分の水や食糧を確保するのが良いと言われますが、都市部では3日ではすまないと思います。(阪神大震災の時がそうでした)


被災から2~3日で配給があっても、そのあと2~3日間無かったりするからです。



備えとして、丈夫なケースに水や食料を詰めておくことです。

食料は、缶詰などが良いかも。

家が倒壊しても、掘り出して使えるし、万が一ケースが壊れても缶詰なら丈夫だから。

テント用品などの非常持ち出し袋は玄関先においておく、コレも家が倒壊したあとに、すぐに場所が確認できて掘り出して使えるから。

マンションや団地などの場合は、ベランダに用意しておくと良いかも、地震が起きたら玄関はゆがんで使用できないから、ベランダからの脱出になるので。

枕元に携帯用のスリッパなどを用意しておくと、地震で家具や電灯が散乱して、ガラスや蛍光灯などで怪我をしないため。(阪神大震災のあと、枕元に靴を置いて寝ていた人も多かったと思います。)

斧やハンマーなどの破壊道具も便利です。

ガラスをたたき割って脱出することが出来、近所の救出に利用できるので。
良く外国映画で、エレベーターの横に設置していたりするのがありますが、あのような感じです。

意外と便利なのが登山用ロープ(ザイル)です。
マンションなどの脱出の際に利用できます。(玄関が開かなかったり、階段などが使用できないことが多いので。ベランダからの脱出用)
物資や水の受け渡しように利用できますし、避難所や仮設での物干し用に利用できます。

ラップも便利です、怪我をしたときの包帯代わりや止血帯になりますし、携帯食器の上にかぶせて使えば、何度でも使用できますし、食器を洗わずにすみます。(水は貴重なので洗い物は出来ません)

大地震の経験から、便利なものです。

それに日頃からの体力も付けておかないと、以外と体力を使います。


配給物資や水を貰いに行くのも1日何往復もしなければならないし、ましてマンションや団地などでは階段を利用して水を運ぶのでかなりの体力を使います。


大地震は何時起こるか分かりません、起こるのは仕方がないですが、起こったあとのことの方が大事です、それは生き残ったと言うことなのですから、その意味するものは大きいです、それを元に行動すべきだと思います。


とは言っても、そこまで思いめぐらせるほど余裕はないですけど、自分自身のことで精一杯でしょうが、心の片隅にでもおいておくと良いかもしれません。


紙一重で助かった命を大事に使いたいと思います。

防災の日に備えて

テーマ:

最近、あちこちで小さな地震が頻発していますが、そのうち大きいのが来るのかも。


みなさんは何か備えをしていますか?


水はとても大事なので、2L×3本は備えておきたいものです。


ラップも以外と使い道がいろいろあって便利です。


ということで、9月1日は防災の日ですし、10月には、緊急地震速報が一般に公開されますが、普段から心構えをしておかないと、いざと言うときにうろたえてしまいます。


先だって起きた中越沖地震では、今までの大地震での経験が役立っていないのが露呈していました。


刈羽村では、備蓄が0という有様ですし。


人材や物資の配分が速やかに出来なかったりしていましたし、まして原発の地震対策が想定外とはお粗末な。


最低でも世界最大のマグニチュード9,5のチリ地震程度に耐えるように設計するのが普通だと思うのですが。


以外と過去から学ぶことは多いのですけど。


人はのど元過ぎればで、勝手なのかも。


と言うことで、いざと言うときのために危機管理市場で、備えておきましょう。


キレイがテーマのサイト

テーマ:

女性にうれしい、美容系SNS「キレイナビ 」といっても、ほとんどブログと同じですが、違うのはポイントをためることが出来て、そのポイントで、ビューティーグッズと交換したりプレゼントを貰えるのです。


例えば、ルイヴィトン M91342 ヒューストン ペルルのバッグや、ランコム ジューシーバーセットに、イヴ・サンローラン トゥッシュブラッシュ#1とか、マキアージュ コントラストアイズ GY910などが貰えます。


日記やレビューを書くとポイントが貰えるのですぐたまるかも。


けっこう、面白そうな良いサイトかも、覗いてみてはどうですか。