1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-01 20:57:07

講演会 緊急事態条項 ココが危険

テーマ:研究会

国連・憲法問題研究会講演会
緊急事態条項 ココが危険


講師 中井雅人さん(明日の自由を守る若手弁護士の会)

日時 2016年4月23日(土)午後6時半~9時

会場 文京シビックセンター3階会議室A
   (後楽園駅・春日駅)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

参加費 800円(会員500円)

東京都千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・fax03-6273-7233
email@theoria.info

緊急事態条項 ココが危険

 参院選を前にして、安倍首相は「改憲が現実的課題になった」(1月21日)と参院選後の改憲をめざす発言を繰り返しています。昨年9月、安倍政権は圧倒的な反対の声を無視して、自民党政権ですら、長年憲法違反だとしてきた集団的自衛権を「法制化」する安保関連法を強行しました。
 そして、改憲発議議席の国会3分の2を与党が確保していない状況の中、永田町での多数派工作を画策しています。
 そして、「大規模な災害が発生したような緊急時において国民の安全を守るため、国家そして国民自らがどのような役割を果たしていくべきかを憲法にどのように位置付けるかは極めて重く、大切な課題と考えている」(1月19日)と安倍首相が述べるなど、緊急事態条項を明文改憲実現への突破口としようとしています。
 自民党改憲草案(12年4月)は「外部からの武力攻撃、内乱等の社会秩序の混乱、大規模な自然災害等が発生」したときは首相が緊急事態宣言を発するとしています。
 緊急事態宣言が発せられると、首相は「一時的に権限を付与」され、「内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定」することができ、「何人も国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない」とされています。戦前の戒厳令を想起させざるをえません。
 自民党は「緊急事態条項」=戒厳令という指摘を否定しています。では、なぜ「緊急事態条項」を明文改憲で最初に出そうとしているのでしょうか。
 「明日の自由を守る若手弁護士の会」(あすわか)で活動する中井雅人さんに緊急事態条項の何が危険なのか、話していただきます。  (2016年2月)

中井雅人 なかい・まさひと 明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)。2005年、大阪府立大学人間社会学部人間科学科入学。外国人労働者・難民の支援団体で活動。労働者や外国人のために闘う弁護士を志す。2015 年12 月、弁護士登録。自民党憲法草案の内容、安全保障関連法の可決・その議論状況などに危機を感じ、あすわかに参加。

明日の自由を守る若手弁護士の会;略称「あすわか」。自由民主党「日本国憲法改正草案」の内容と怖さを広く知らせることを目的として、全国の若手弁護士(弁護士登録から15年以内)有志が参加・活動。14年6月に『これでわかった!超訳 特定秘密保護法』 (岩波書店)を出版。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-02-22 20:47:27

64集ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う山田朗

テーマ:研究会

国連・憲法問題研究会報告第64集
ここが間違いだ「安倍談話」
 歴史認識を問う


山田朗
 2016年2月発行
 500円



■敗戦70年の2015年8月14日。安倍政権は「内閣総理大臣談話」(いわゆる「安倍談話」)を閣議決定した。「村山談話」「河野談話」を否定する政治主張をしてきた安倍晋三の歴史観を全面的に打ち出したものにはできなかった。だが、一部で言われているような「和解につながる」ものなのであろうか。山田朗さん(近現代史)が講演。B5版44頁


◎目 次
歴史修正主義に弾みをつける手法/明治・昭和の二分法/日露戦争をどう見るか/目的は韓国併合/戦後処理問題に触れない安倍談話/歴史の教訓は軍事同盟の危険性/忘れた戦費借金/日露戦争の神話/歴史の教訓の対置を

○質疑応答
○資料

◎定価1冊 500円

 ◎ 購入申し込み
郵便振替[00180-5-567296 研究所テオリア]
*通信欄に「報告第64集」と明記してください

 ・研究所テオリア
東京都千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・FAX03-6273-7233
URL http://theoria.info
email@theoria.info


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-01-15 20:50:49

63集 日本軍「慰安婦」問題―何が問われているのか(梁澄子)

テーマ:研究会

国連・憲法問題研究会報告第63集
日本軍「慰安婦」問題
――何が問われているのか

梁澄子

 2015年12月発行
 500円



■敗戦70年、日本社会では侵略戦争・植民地支配を正当化し、戦争被害者を攻撃・中傷する言説・ヘイトスピーチがネット・メディアにあふれている。日本軍「慰安婦」問題で、安倍政権は、「慰安婦」問題をいわゆる「強制連行」があったかどうかにねじ曲げ、「河野談話」を事実上骨抜きにしようと躍起になっている。日本軍「慰安婦」問題をめぐって何が起きているのか。そして、何が問われているのか。梁澄子さん(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表)が講演。B5版40頁


◎目 次
安倍政権に利用される朝日問題/朝日慰安婦問題特集以降の状況/追い込まれた朝日新聞/政府の間違った「対外発信」/米国教科書にまで干渉/ガラパコス化する日本の「慰安婦」認識/国際世論を作った「慰安婦」被害者のたたかい/国際世論を作ったのは「朝日」ではない/世論動かした金学順さん/ナビ基金の設立/戦時性暴力被害者と連帯/日本軍「慰安婦」問題解決のために/吉見裁判支援を/「けんか両成敗」は間違い/解決のために何が必要か/加害国は何をすべきか
○質疑応答
○資料

◎定価1冊 500円

 ◎ 購入申し込み
郵便振替[00180-5-567296 研究所テオリア]
*通信欄に「報告第63集」と明記してください

 ・研究所テオリア
東京都千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・FAX03-6273-7233
URL http://theoria.info
email@theoria.info


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。