1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-01-30 22:53:12
テーマ:映画

ヴァン・ヘルシング

これって、19世紀のジェームズ・ボンド と やはり モンスター・ハンターというやつか?
そう考えると「ゲゲゲの鬼太郎」と同じと思えるから不思議。
ちょうどネズミ男もいるしね。
ヘルシングの過去については一切明かされなかったけど、どうなんだろ。
ドラキュラの出自に因縁があると考えると、ヘルシングもイモータルとなるしなぁ。
フランケンシュタイン博士の研究もイマイチ謎のままな気がする。
雰囲気はいいんだけど、コミック的な活劇ではあったな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-27 20:33:49
テーマ:日記

トイレで音楽

TOTO、MP3再生に対応した便器を発売
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050127/toto.htm

トイレで音楽を聴きたいと言う人が多いのは良く分かった。
トイレもAV機器になる時代なんだね。
MP3 というところで、他の機器からは独立しているので安心ではある。
付属の音楽には、リラクゼーション効果のあるものを選んでいるとのこと。
トイレで、ロックは無理かなぁ。楽しそうだけど。
自分だったら、キング・クリムゾンの「21世紀の精神異常者」だな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-25 22:35:40
テーマ:映画

修羅雪姫

釈由美子のアクション映画ではなく、梶芽衣子の方
理不尽な理由で母親の夫(父親というわけではない)は殺され、母親はレイプされるが、機会を見計らって、仇の一人を殺して刑務所に入ったところで、生まれたのが修羅雪、凄いのは仇をとる子供が欲しいので、誰かまわずセックスをして生まれたのが主人公と言うところ。
この壮絶な設定に、今時では、ついていける人はすくなそうだ。
さて、生まれた時から敵討ちを以外を教わらない主人公は、西村晃の特訓で、冷徹な殺人マシーンとなり、仇の行方を追って旅に出る。
あとは、傘に仕込んだ長ドスで、一人一人と血祭りに上げていくのだが、
これが結構なスプラッター描写。
主題歌の「修羅の花」もなかなか良い感じです。
面白いけど、原作のマンガ本は今は見られないんだろうなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-22 00:56:14
テーマ:ドラマ

射雕英雄伝

正月から見ている中国のテレビドラマ「射雕英雄伝」は、面白い。
武侠小説のベストセラーの忠実なドラマ化だそうですが、
確かに「楽園の瑕」は、原作同じだけど、そもそも良く分からない映画だったから、ドラマの方が面白い。
それにしても、オッサンがカッコイイ話だなぁ。
武術の達人と言うだけで超人みたいだし。
それにしても、郭靖 への武術の教え方は、無茶っす。
いきなり6歳の子に、鞭で岩を砕けとか、槍を回して水をはじき返せとか、
これって、簡単なのでしょうか?
私には間違いなく弟子になるのは、厳しそう。

話は面白いので、今度、小説を読んでみようかと思った。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-18 23:28:04
テーマ:映画

トゥルーマンショー

コメディアンって何でカナダ人が多いんだろうとは思いつつも。
この映画で主人公は見世物だけど、それ以上に気になったのは。

閉じた世界から出させないために、水恐怖症にするというあたり、
こりゃあ、見世物以上に明らかに危害を加えているでしょう、こりゃ。

人体実験とそうそう差がないとは思える。
感動する以前に、問題点が出てくる映画だなぁ。

同じ内容でも「EDTV」の方が楽しかったなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-15 17:02:19
テーマ:日記

慎太郎ってば

芥川賞と直木賞が決まったらしい。
幼女偏愛の話なのは少し知ったけど、時期が時期と言う部分があるけど、
文学が世の中を変えるとは思えない(変える力なんてとうの昔にないのかもしれない)ので、気にもしていないけど、どうも あの 都知事は、それでも嫌だったらしい。
ナボコフ の小説の後では、すでに敷かれた道の一つにすぎないとは思うんだが、つまりロリコンジャンルだということで。

自分の小説がオヤジ狩りってのは、棚に置いているんだろうか。

都知事は、東京の中だけでなく、ついでに文壇も浄化したいのか?

こんな俗物が選考委員で、しかも政治の世界にいるってことを考えるとそら恐ろしい。
大丈夫か?芥川賞は。

今は読めるチャック・パラニュークも 読めない日が来るのか?
なんてことを一瞬くらいは思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-14 22:26:31
テーマ:日記

現実感って、そもそもあるもんなのかな?

ゲームのしすぎとは書いているけど、パソコンでフォトショップの作業も似たようなものらしい。
あまりにも出来すぎた話だから、そこまで考えればいいのか、判りにくいけど。
でも、これが普通のモニターではなく、少し前に流行ったヘッド・マウント・ディスプレイだと、どんなことになってしまうんだろう?
普通のテレビやモニターで、現実感がなくなるんだったら、ヘッド・マウント・ディスプレイだったら廃人にでもなるのか?
あんまり売っていないから。購入する機会も少ないとは思うけど。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050113202.html

でも、木を揺する話は出来すぎだな、リップサービスもありそうな気すらする。

まぁ、ゲームって、特にアメリカ、ヨーロッパあたりのゲームは、仮想の現実を特に意識しているから、その流れではあるんだろうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-11 21:56:02
テーマ:アニメーション

萌えアニメってのは、よく分からないが

私は、DVD ソフトを趣味でよく購入する、主に映画ではあるが。
そして、よくインプレスのサイトを眺める。
そんな中に見つけたのが下記の記事

DVD「戦闘妖精少女 たすけて! メイヴちゃん」
-美少女戦闘機が、量産される“萌えアニメ”に問題提起


ある意味同じ穴のムジナと捉えられそうな記事

さて、どの辺が量産される”萌えアニメ”と違うのか?そこなのだけど、

引用---
彼女達はアニメファンの思いや愛情などのパワーによって生み出されたという。しかし、その存在は忘却の魔王・フォゲッタによって脅かされている。彼女達を形作っているのは“ファンの想い”ゆえ、キャラクターへの想いや作品への思い入れが薄れ、忘れ去られてしまうと、彼女達も存在できなくなってしまうというわけだ。
引用---

という設定が キャラクターの魅力のみで成り立つ、粗製濫造品とは違うと言う主張らしい。

”萌えアニメ”の次はミヒャエル・エンデ の粗製濫造か。
確かに違う意味で”問題提起”とは言えるかも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-11 06:59:17
テーマ:日記

今朝のニュースを見て

朝になってニュースを見ると、やっぱり成人式の記事がる。
タイトルが今年は静かってあたりに、本音がずばり出ているね。
「一発、何か派手にしてくれ」とでも言いたげなタイトルに、噂や伝聞でより話が大きければ良かった19世紀の頃の新聞となにも変わっていないねと思う朝。

そういえば、起きて見てはいないが、スターチャンネルのプログラムも WOWOW の「皇帝のいない8月」並に怪しい映画があった。

ファイトクラブ

面白い映画ではあるんだけど、これも、やっぱり目指しているところは革命なので、妙な詮索をしたくなる。
物質世界にどっぷりの主人公が、殴り合いで 生の実感を得て、テロ活動する話からも、スターチャンネルも「世の中なんて、ぶっ壊せ!」と言いたいのだろうか?
これだったら、プラスして「マトリックス」も入れておきたいところだね。

世の中って、つくづく不思議なシンクロニシティがあるな。

もっとも、現実の世界では酒飲んでステージに上がるくらいなんだから、確かにアジりたくなるかもな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-10 18:03:59
テーマ:映画

電撃フリント

あまりにも、暇なので以前こんなものも購入してたなんだなと思いつつ DVD を視聴してみる。
映画はジェームズ・コバーン主演の OO7 もどき。

電撃フリント GO GO作戦
電撃フリント アタック作戦

他愛も無いと言えば、そうなるが、主人公かなり異常なので、お笑いでしょう、これは。
007 であれば証拠の品は、鑑識の出来る人物に預けるんだけど、フリントは、自分で鑑識してしまうのだから、007 以上にチームプレイとは、程遠い存在。
たとえ他の鑑識で上がった証拠ですら、即座に特定できる有様。
高層ビルの最上階のペントハウスに住んでいるわ、イルカ語は話せるわ、ボリショイ・バレエ団でバレエを教えているわ、愛人が沢山要るわ、意識的に心臓を止める事すら出来る主人公の死角をむしろ聞きたくなる話。
いかに自分が何でも出来ることを自慢するあたりは、小学生がいかに自分が優等生かを自慢するような印象で、成人の日にはふさわしくないかもしれないが、まぁそんなものだろう。
そういえば、オープニングで 007 らしき人物が任務に失敗してたのを流すのも小学生の自慢風。

もっともそんな映画だから、DVDも初回限定発売 なのかもしれない。
そもそも、007のパチモンという時点でマニア向けだもの。

当時はライバルのMGMも、日本でのDVDの発売は、 20世紀フォックスからなので、
遅い呉越同舟の風情。
子供っぽい自分には、この映画が好きになる反面、自戒の念を強くする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。