覚技ワーク~注意の行き届いた自然体★新海正彦

覚技(かくぎ)とは、さまざまな心理療法に、武術や音楽やシャーマン的テクニックを取り入れた、こころとからだに目覚めをもたらすトレーニング・メソッドです。


覚技(かくぎ)は心理療法、ボディワーク、音楽、
武術、シャーマニズムのエッセンスから生まれた、
こころとからだに目覚めをもたらすためのワークです。


覚技は活動の場を広げ、現在【アウェアネスアート®研究所】
となっています。よろしければこちらもご覧くださいね!
【アウェアネスアート®研究所】のホームページはコチラ↓↓↓


テーマ:




4月30日に【吉福伸逸の言葉】を出版いたしました!

副題は「トランスパーソナル心理学を超えて追求したセラピーとは?」

執筆者は、向後善之、ウォン・ウィンツアン、
新倉佳久子、それに新海正彦の4名です。

この本はセラピストやカウンセラー向け
というだけではなく、どなたが読んでも、
さまざまな角度から生きるヒントが得られると思います。



吉福さんを知らない方も多いと思うので
簡単にご紹介すると、
吉福伸逸(よしふく・しんいち 1943年-2013年)さんは
心理療法のセラピスト、著述家、翻訳家です。

1970年代にニューエイジ、ニューサイエンス、
トランスパーソナル心理学といった、
今では当たり前のように普及している情報、
学問分野を日本へ最初にもたらした人として知られています。


この本は、そんな現代の知の巨人であり、
またセラピストとして多大な影響を与えた
吉福さんの言葉の宝庫です。


ちなみにぼくが吉福さんと出会ったのは、
1970年代後半。

吉福さんが教えていたサンスクリット語講座に
参加したときでした。

20数年を経て再会して以後、
晩年の10年にわたり吉福さんの
グループセラピーの現場を体験し
アシスタントを務めていました。


自分で書いて言うのもなんですがこれ、お薦め一冊です。
読んでねー^ ^/
【吉福伸逸の言葉】詳細はアマゾンへ 》》》


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)