ネットで仕事 400万人に迫る 3年で2.6倍:日本経済新聞http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18079250U7A620C1SHA000/
 
オンラインで仕事を請け負う人をクラウドワーカー、仕事を斡旋するサービスをクラウドソーシング、と呼ぶそうです。

一昔前は在宅ワークといえば、内職とか下請けという形で、仕事の単価も低く、イメージ良くなかったですが、時代は変わっているよう。

新聞記事によると、クラウドワークス社では、キャリアある人には時給1000円、月50時間を目安に仕事を仲介しているとのことです。

人口減少による労働力不足が、ネットの発達のおかげで、新しい仕事の場を生んでいます。

小さいお子さんを育てているママや介護を理由にお仕事を辞めてしまった方など、キャリアやスキルを眠らせないためにも、ぜひチャレンジしてほしいですね!
AD
(3) 旅行:日本経済新聞http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17954600R20C17A6TJ2000/

8月発券分から燃料サーチャージが下がるそうです。

ヨーロッパ行きは今の半額の片道3500円になるとのことですよ!

北欧やスイスが人気みたいです。
テロの不安が少ないからでしょうか(^_^)


AD

三井住友銀 個人向け投信、損失限定:日本経済新聞http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17735360V10C17A6EE9000/

 
三井住友銀行は、7月から預金の受け皿となる新型の公募投資信託を発売するそうです。
 
基準価額が一定額まで下がると、元本割れを事実上を防ぐ機能を備える、発祥はフランスの「元本防衛型」と呼ばれる保証付き商品。
 
新聞記事によると・・・
 
投資信託を購入する際は、一口当たり基準価額が10000円で始まりますが、たとえばこの時下限を9000円と定めた場合、その後価額がその額を下回っても、投資家がそれ以上の損失を失わないようになっています。
 
反対に基準価額が一定以上上がると、元本が事実上保証され、たとえば基準価額が10600円に届くと、10000円が防衛ラインとなり、手数料などを加味しなければ事実上元本が保証されます。
 
11111円に届くと、それ以降は基準価額の最高値の90%が防衛ラインになっていきます。
 
信託報酬は年率1.44%ですが、ノーロード型とのこと。
 
投資初心者にも、元本の目減りを防ぎたい年齢層の方にも、購入しやすい内容になっていますね!
 
実際どんな商品なのか、発売が楽しみです(^o^)
AD

こんにちは!名古屋の共働き主婦のための家計改善の専門家 うらのまさこ です。

将来の人生の夢に向かって、お金としっかり向き合いたい・・・

そんなあなたを応援します♪

 

国民年金にゆとりをプラス  自営業やフリーランスの方の老後の心強い味方 『国民年金基金』 のご案内の季節がやって来ましたヽ(^o^)丿

 
@FM80.7(FM愛知)の朝の顔 川本えこさんの番組、「crisp ai」rにお邪魔して、国民年金基金の魅力をお伝えします!
 
『国民年金基金』 は、毎月コツコツ老後資金が積み立てられるだけでなく、所得控除としてな~んと所得税と住民税がお安くなりますよ!
 
6月26日から7月24日までの毎週月・水曜日、10時過ぎから約5分間、老後資金準備のためのお役立ち情報をぜひチェックしてくださいね(^o^)
 
FMななみのレギュラーが終わって約3か月ぶりのラジオのスタジオ、やっぱりいいですね〜!
えこさんは相変わらずハリのあるステキなお声でした♪
 
 
名古屋の女性の専門家による【家計改善】は
 
気付きをきっかけに変えるお手伝い
ザ・ヴィジョンクエスト株式会社 うらのまさこまでお願いします♪

家計改善相談メニューはこちら 

セミナー情報はこちら 

家計改善相談でよくあるQ&Aはこちら

お問い合わせはこちら 
 

 

 

 

 

 

共育社会をつくる(中)次代の成長、人づくりから:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17687360V10C17A6MM8000/

 

ヘックマン氏(シカゴ大教授)によると、就学前に室の高い教育を受けた子は成績がよく犯罪率も少ないと分析。

人的投資が社会に与える好影響は年率7~10%、たとえば4歳の時に投資した100円が6000~30000円となり、社会に還元される、とはじいています。

 

ということは、子どもに1000円分投資(本を買ってあげて一生懸命読んであげる)したら、最大30万円社会貢献できる人財になる、ということかしら・・・?

 

実は、私も子どもにいわゆる「幼児教育」をやっていたことがあるので、この考えにはたいへん共感しました(^o^)

 

できれば、子どもだけにやらせるのではなく、親も一緒に学ぶ気持ちで、子どもの才能を育みたいものですね!