自己紹介xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
テクノロジー犯罪被害者『きよはる』。 年齢33、男。IT系、イラスト関係の仕事に従事。 32歳の4月、 あるテクノロジー犯罪が絡むいじめ問題に言及、 テクノロジー犯罪を利用する闇組織の秘密を知った為、 ターゲットにされ現在1,5年目。つまり僕は、内部告発型の電磁波ターゲットといえます。


gmail 12tpkcll@gmail.com  
yahoo klop15nbm@yahoo.co.jp
Twitter https://twitter.com/H3544denji

※通信妨害は既に何度も受けています。
また、通信の妨害工作を受ける可能性も高いです。
メールなどの連絡は、返信の内容が不審な場合、繰り返し、また両方に
ご連絡ください。またアメリカに渡った後は返事が遅れる場合があります。


xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx電磁波・テクノロジー犯罪被害者リンク集

http://kkytea.blog44.fc2.com/blog-entry-132.html  kkytea様
http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/ ミランダ様
http://plaza.rakuten.co.jp/s0213/  はじめちゃん5053様
http://hrktekuno.blog.fc2.com/  サクラ様
http://touhutikuwa08.blog.fc2.com/blog-entry-60.html  とうふちくわ様
http://mugendo8.blog.fc2.com/  鯛釣草様
http://kaisoku.blog.so-net.ne.jp/  快速東京行様
http://denebu.livedoor.biz/  DENEBU様
http://3-27.cocolog-nifty.com/  サニナ様
http://yamanashi0967.jugem.jp/  やまなし様
http://mosiri55.blog.shinobi.jp/  No Name Ninja様
http://usagi45.blog.fc2.com/  ANASUIusagi様
http://akejy.blog.fc2.com/  古谷彰浩様
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/  バッカス&ミューズ様
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx



テーマ:
組織ストShieldShareHouse ハイテク被害者の健全な生活を取り戻す 

ハイテク被害やローテク被害を受けながら、集中して仕事に取り組んだり、生活を楽しむことはできません。まず遮蔽することです。

提案するのは遮蔽を最優先したハイテク被害においてのシェルター施設、
これを共同生活という形で実現します。
またローテク被害のシャットアウトも兼ねます。

このプランは集団生活で生活費を
極力抑え、その分の資金で
遮蔽を短期的に進める方法です。
また参加者に我慢を強いるものでなく、初月から潤沢な資金と人材を武器に
また好環境で遮蔽施設として利用できるというメリットを得ることができます。

この計画は参加できる希望者が9人そろった時点で、(私も含め)
即スタートできます。
必要な資金 毎月の支払い 家賃光熱費込みで8万 (内2万は共同貯金) 
初期費用 各5万程度 だいたいの相場は計45万の為。 参考物件ページ
後は転居に必要なそれぞれの問題をまとめることです。
 立地、家族、ペット可などの問題を詰めていきましょう。
家賃光熱費込みで一人当たり実際は2万程度(家賃18万の場合)で済むため、
これらの支払いだけで一人六万×9で月54万の対策資金が確保できます。
年間で648万になります。

それ以降の費用はそれぞれの仕事にもよりますが
遮蔽施設上での仕事によって得られるので(仕事参照)当面の費用が確保できればオッケーです。
貯金が30〰50万あれば充分ではないでしょうか。

立地について
高層タワー上階でも安い東京近郊のやや田舎となります。
シェアの形ですが、3部屋をそれぞれ3人ずつに仕切って寝室兼個室とします。
残りの部屋は共同部分とします。
私の体験ですが、周りに家がなくても加害は徐々に囲い込みを進めてきます。


遮蔽
環境住居でできるだけ侵入しにくくします。level1遮蔽
壁遮蔽でさらに減退。敵の電磁波の侵入を減退させます。level2
機材遮蔽で残りを対処します。level3
これらは無線侵入ですが、有線侵入でも同じように対処します。

高環境で残ったハイテク被害を徹底して測定します。
どの被害の時にどう変化するか調べます。すべてはSDH副理事の研究をベースとし、
被害対策の取り組みはSDH副理事のブログを読むとわかります。
遮蔽方法はSDH副理事の方法をベースとし、研究開発します。
豊富な資金と集団で方針をまとめ、外部の業者との関係を築き、開発を進めます。
重要な開発者との関係は、保険(複数人)を用意することとそれによって蓄積した情報による他への引継ぎで維持可能です。

第一遮蔽
高層25f以上。車両、電柱などから距離。届きにくい。加害同士が情報が読まれてしまうため
やりにくい。加害はそのシステムで他の加害の情報が見えてしまう可能性、そして思考盗聴によりターゲット以外の被害者から余計な情報を得てしまう。隣室からの中継に関して、加害者同士が協力できないとすると加害が一人介入すると、他の被害者の加害はそこに介入できない。
またタワーマンションのような中級層への介入は比較的難しい。

一番重要な点、金の管理
これは誰かがするのではなく全員ですべきです。
実践後をシュミレートすると金の問題でもめる可能性が高いです。
この引き出しのシステムの細かい点はML上で議論し、詰めていくべきです。
(共同運用、一定人数のみで引き出し可能な口座)

仕事について
そのままの職場に長距離電車で通うか、近場に転職するか、
自宅内で出来る仕事に変えるかになります。
外部で仕事をする場合、遮蔽の恩恵に充分に得られないのが問題ですが、
室内で実現した遮蔽対策をポータブル化する段階まで開発を進めないと
手段はありません。

在宅の仕事は3つに分けられます。
出社週に2,3日(3h)程度で後は在宅ワーク。
割と高度な仕事が得られます。私はこれを考えています。
b 内職系
C ネットビジネス 実力次第

暮らし
遮蔽が整った快適な環境での暮らしにおいて
生活品は共同購入で良いものをそろえることが可能です。

スパイ、心変わり、裏切りは
由々しき問題です。その為のシステムが遮蔽資金の3割の貯蓄システムです。
理由のない途中脱退者はキャッシュバックなし。

スパイや参加者が加害と取引した場合、
その対象は他のスパイでない人たちと長時間生活をしなければなりません。
その環境で悟られないためにはかなりの能力を要します。よって難しい。

守る場所は一か所で9人の力で対処します。

集スト被害は自宅では完全に遮蔽でき、また外出時の個々の問題は会議で全体として解決します。
すべての方針、特に遮蔽対策は全体会議で決定します。

諸問題が深まった時点で、参加希望者で集まる機会を作る予定です。
3h程度、喫茶店、ファミレス等で。

興味がある方はお気軽にこちらに登録頂き、議論に参加してください。
変更、詳細を詰めていきましょう。
freeml ML shield9@freeml.com  招待制、非公開
まとまり反対がないものは決定として、hpあるいはTwitterにまとめていきます。
通信妨害を度々受けていますので、返事がない場合は複数ご連絡ください。
Twitter @H3544denji 組織スト活動用アカウント
address 12tpkcll@gmail.com
主催 (ハンドルネーム)seven

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
私はある企業の権力者の楽しみを潰すような真似をしました。
その中では極度の虐め・セクハラがまかり通っていました。
この人物、またその配下にとってはそれが至上の楽しみなのです。
内部告発型
私は警察・弁護士に通報したのです。その為、そのものから激しい怒りを買い、
ターゲットとなりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログの記事は当時の私の見解であり、
直近の見解はML、twitterの日付の新しいものにあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

電波、電磁波、レーザーを完全に遮蔽するだけで解決するこの問題を
なぜだれ一人できていないのか?

資金の問題、技術者の問題、情報の問題。
人数と金さえ集めれば解決できる。

本当に解決したい被害者数が少ないのか?
それなら重度の人だけが集まり、徹底して解決しないといけない。

社会認知は被害者数を敵が問題視されないよう、絞っている場合、
相当な期間進まない。


本気で解決したい人間が結集してまず完全遮蔽するべき。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


周知活動は強力な力を持つ企業や国が、闇組織やテクノロジー犯罪にかかわっていることを考えると、殆ど進まない。無駄と考える。
NHK、JR、警察の一部に少なくとも敵が介入できるのはどれぐらいかはわからないが
確認済み。ほぼ確証も持っている。

周知活動は強力な力を持つ企業や国が、闇組織やテクノロジー犯罪にかかわっていることを考えると、殆ど進まない。無駄と考える。
NHK、JR、警察の一部に少なくとも敵が介入できるのはどれぐらいかはわからないが
確認済み。ほぼ確証も持っている。

国は当然この犯罪を知っていて黙認している。
思考盗聴、空間盗撮は
深刻な問題で情報漏えいの観点からも捨て置けないものだ。
なのに隠蔽され続けているのは、権力者や金持ちは敵側問わず知ってはいるが、
黙認している。
あるいは自分たちは簡易に対策出来る手段、されていないことを
確認している。

少数派の問題として捨て置かれている。
深刻な問題なのに、それだけ強く抑え込まれている。

国の支援を得たいというのは確かにわかるが無理だ。
少数派の被害者の問題として捨て置かれるだろう。

徹底した安全地帯の確保これしかない。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。