2006-03-19 17:45:06

さようなら

テーマ:「虹の橋」

こうしたことは何度経験してもなれるということはない。

ただわが子のことや、他にも人の手を必要としている子が

いるのだからずっとめそめそもしていられない。

だから比較的早くなるだけ気持ちの切り替えをして前に進むことはできる。


でも、こうした「後悔」の念は忘れられるものではなく

それはずっと心の奥底にある引き出しに入れられ

そして時としてちくちくと心を刺すのである。

「助けられなかった」という思いは心の奥底で降り積もるのである。

普段は封印するこの心の場所。

それは心に重く重くのしかかる。

看病がしんどいのではない。徹夜でミルクを上げるのがしんどいわけでもない。

一番しんどいのはこうして消し去ることのできない彼らへの思い、後悔の念。



3月18日午前4時15分

ちび牛は虹の橋へ旅たった。

その日は一日元気にやれ「ミルクをよこせ」だの、「湯たんぽがぬるいんじゃないですかね?」

だの「しっこがしたいである」だの相変わらずにゃうにゃうしゃべっていた。

夜急に元気がなくなった。

眠る時間が深く、長くなってきてたので熟睡してるのかなと思った。

ミルクを上げると元気にいっぱい飲んだ。

深夜になってその体が心なしか冷たく感じた。

タオルに包んで心音が聞こえれば安心するかなと思ってずっと胸に抱いていた。

暖かくなってうにうにむずがるようになった。


「もう大丈夫」


そう思ったのに・・・・


ちび牛が私達から、この世界から離れようとしていくのを

どうすることもできなかった。

息を吹き込んでみたり、心臓のあたりをマッサージしてみたり。

でも彼の体はぐにゃりとしたまま。

その眼を開けてこの世界を見てみたいと思わない?


放心


まるで眠っているような最後の顔。


「ごめんね」

そう言いながら家の前の公園の花壇に埋葬。

ここは他のこにゃんこも眠る場所。

お友だちもいるからさみしくないね?

虹の橋は暖かいから湯たんぽはいらないね。

虹の橋はこの世よりもきれいなところらしいね。

キミが最初に見るものはそうした楽園のほうがいいのかな?



IMG_0658

生前の最後の写真






IMG_0651




IMG_0663





IMG_0661





IMG_0668





IMG_0665





今日の六福動物指数

犬 9匹

猫 2匹





人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-09-20 23:57:24

はかない命

テーマ:「虹の橋」

昨日の夜中、こにゃんこの容態が芳しくなくなってきた。

抱き上げると下から血の膿のようなものを出した。

体も軽くなって、心なしか冷たい?


母のない子猫

消炎剤と水分補給の注射。

「欠水」状態になるともう手のほどこしようがないので

とにかくあったかいミルクをあげる。

こんな状態にも関わらずおかんの眼を見つめながらミルクを

がんばって飲むこにゃんこ。

元気な頃に比べると多少力は落ちたものの自分からがんばって

吸おうとする小さな命。

ミルクを飲むのも力がいるのか?少しずつしか飲めない。

回数を多くして少しずつ、少しずつ飲ませる。


ゆたんぽで体があったまると元気になるのか?

抱っこした手を力強く蹴りながらミルクを飲むこにゃんこ。

1時間おきに湯たんぽのお湯を入れ替える。

あと数時間、あと数時間耐えてくれたら医者に行ける。

「涯到幾個鐘・・・・・・」


午前8時過ぎ。

こにゃんこはかなりぐったりしている。

小さな小さな、手のひらにおさまるその体を抱き上げるとしっかりと

おぼろげながらも眼を見つめてくる。


医者に走る。タオルに包んで医者へ。

がんばれ がんばれ

お医者さまが聴診器をあてる。



「すでにもう鼓動は動いてないです・・・」



少しだけだけど歯も生えかけてたのに。

あんなに元気にミルクをねだって、手足をつっぱりながら

ごくごく飲んでたのに・・・・


新しいおうちももう決まってた。

あと2週間くらいしたらキミのほんとのおうちが出来たのに。

ごめんね・・・・・・・・・・

キミを守ってあげることできなかった






この世に生を受けて、五体満足で生きれるってことは奇跡。

それはなにも偶然なんかじゃない。ものすごく幸せなこと。

命を受けて、笑って、泣いて。

この出会いも奇跡。地球に存在するすべてもの、これも奇跡。

すべては奇跡。


あまりにも漠然とした「あってあたりまえのもの」

そうじゃない。

この一瞬一瞬、一分一秒。

どうせ生きるなら精一杯、そして輝いて笑いながら過ごしていこうよ。

今こうして生きていられることに感謝して。

あの人との出会いに感謝して。


生きる喜び。

つらいこともあるけど。

悲しいこともあるけど。






でも




それでも生きてるってすばらしい    と私は思う。






IMG_9779

六福に来た日








IMG_0052

力強く






IMG_9825


その手に幸せをつかもうと









IMG_9900

早くここから出してねって









IMG_9865

がんばってたのにね








昨日、お友達と会った。

別に何か特別な話をしたわけでもない。

でもなぜかものすごく元気をもらってた。


そのはずなのに。

週の初め、こんなことになっちゃった。

それでも仕事には行かなきゃいけない。



むなしい・・・・・





今日の六福動物指数

犬 11匹

猫 預かりにゃん2匹と拾われにゃん匹 そしてさよならこにゃんこ






人気ブログランキングへ





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-08-01 10:45:00

真心祝福

テーマ:「虹の橋」

虹の橋へと旅たった子たち・・・

ほんとにうちに来て最後の一瞬まで幸せだったのか?いつも自問自答します。

できる限りのことはしたけれどそれでも旅たってしまった命。

まるで眠るようにだんだん、だんだん冷たくなっていく体。

なんとか力をつけさせようと飲ませるミルク。どこにまだそんな力があったのか口はしっかり閉ざされたまま。

ちょっとした隙間から流し込むミルクもむなしく滴り落ちるだけ。

そのときじっとこっちを見つめる澄んだ眼。

何がいいたいのか?どうしてほしいのか?どこが苦しいのか?聞いても答えてくれるはずもなく・・・

じーーっと、ほんとにまっすぐ見つめる瞳。


もうあとは手で抱きながら祈るしかない時間。


決して慣れることのないこの瞬間。


でも悲しんでばかりもいられない。次の子、ほかの子が待ってるから・・・


IMG_8597blog

だうだう と むいむい  いつも仲良よく並んでます。



最近お店に行くのを控えてるおかんです。

理由は途切れることなく来る猫おばさん、ねーさんから避難するため。

みんな確かに猫好き。それはわかる。でも途切れることなく持ち込まれる子猫、猫。

ある人は六福の状況しだいではよそに預けたり自分でとにかく居場所を見つけてくれる人、ある人は自分で世話をできないけど助けたい、雑費や医療費は私が負担するから面倒を見てという人。

そしてけっこう多いのが持ち込むだけ持ち込んで、うちに置くだけ置いたらほっとする人。


これがいちばんやっかいな猫おばさん、猫ねーさん。

たまーに様子を見にお店に来ればあれやこれややいのやいの。ちょっとでも元気がなさそうに見える子がおると「病院につれていかんと!元気ないんやないの?」

誰が医者代払うねーーーん。その費用は決してだそうとはしない。まるで人事、でもこの子はあんたが保護した子やで。

こうした費用はうちが負担したり、他の猫おばさんが負担したり。たまに買い物した人たちがおつりをそのまま置いていってくれたりでまかなわれています。

ま、お金はええ。なんとか回ってるしね。


でもこういう何もしない人でこんなことを言う人がいる

「せっかく助けたのに殺したんか」と・・・・・・・


これだけはほんまに勘弁や。誰が好き好んで夜中までミルクをあげてるねん。

誰が数時間置きに湯たんぽ用意してるねん・・・・

それもわからずによく言えたもんや・・・・

うちはやるべきことはやった。あとはほんまにこの子らの生命力にかけるしかないねん。

命のともし火のなくなった子を夜中の公園に埋めにいく気持ちがわかるか?

好きでやってるから「うちはこんなに大変やねん~」とは言わへんけどさすがにこういう言い方をされるとこっちも言いたくなる。

へこみます・・・へこむねーーーーーーーーーーんっ!


力も金も出さんが口は出す。


人が集まれば解決できる?うそやと思う。人が集まれば集まるほどこういったうっとうしいことが増える気がするぞ!と弱気のときは思ってしまうねー。



IMG_8614


ああああ、なんて後ろ向きなんや?いかんいかん!へこたれてはいかん!

こういう言葉に心乱してはいかん!

はっきり言って自己満足の世界です。丈夫に育ってくれて、いいおうちにめぐり合って、それでよし。

おかんはそれで満足や・・・・

だからそんな心ない言葉で傷つけるのはやめてくれ・・・



長くて暗いトンネルもそろそろ出口か?うっすらと明かりが遠くに見えてきた。

これを抜けるために何が足りひんのやろう?


そうそう白内障のクリームちゃん。上手に外を歩きます。六福とは別で家のまわりをぐるぐるするだけやけどまだまだ歩けるし、くんくんくんくんにおいをかぎながら挨拶のしっこもしよる。ちょこちょこちょこちょこ歩くその姿は「ああああ、がんばってるなー」

すごいね、ほんまに楽しそうに外の世界に挨拶してる。

おかんもがんばろ・・・・





IMG_8555

ぼくは小黄



というわけで「もーーいくつ寝るとくりすますー」な8月ですね。早いね。

本日の香港快晴。やっぱりお日様はええですね。今日もなんとなく少しすっきりした気分です。

さ・・・・・・出張の準備をしなくては・・・


いくで!おーーーーーっ!




今日の六福動物指数

犬 12匹


人気ブログランキングへ  そろそろ始動やで!   小さな命に祝福を!うりゃ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-11 17:16:56

虹の橋

テーマ:「虹の橋」

先週近所(うちの家の斜め前。窓から挨拶できる距離)のぱぐ友の「だいひゅん」くんが虹の橋へ。

ジステンパーでした。

咳と痰がひどかったのですが薬でかなり抑えられていたし

トイレはまったく正常。食欲は旺盛とはいえなかったけど

相変わらずやんちゃにソファーに飛び乗って遊んでたのに。

約2ヶ月食欲があったりなかったり。咳も出る日もあればまったくしない日もあり。

この症状が続いてほぼ2ヶ月だったからきっとジステンパーじゃなく違う病気じゃないのって。

ジステンパーならこんなに長くは生きれないんじゃないの?そう言ってたのに。

ところが先週の日曜日急に下半身のバランスがとれずによろよろ歩くように。

連絡をもらった私たちはすぐにお友達の家に。

足がぐらぐらしてる以外は見た目はまったく普通のぱぐ子犬。

自分でトイレにも行ったり。

蹴り返す力もかなり強かったのにね。

その晩急に泡を吹いて全身痙攣。急いで獣医につれていったのですが・・・・・・

これ以上は見てられないということで注射を打ってもらったそうです。

 

香港のペットショップ。

全部が全部とは言わないですが「黒店」悪徳な店がいっぱいです。

大陸から子犬をケージいっぱいに詰め込んで密輸。

その際トイレの始末が面倒ということで水もご飯も上げないそうです。

当然ほとんどの子犬は病気になる。その病気になったわんこも無理に注射を

打って元気そうにみせてだまして売る・・・

誰かがその店を訴えてもまた店の名前を変えて商売する。

 

不幸なわんこは後を絶えません。

 

「天国のちょっと手前に七色に輝く虹の橋があります。

私たちが愛してやまなかった動物達は、その生涯を終えるとこの虹の橋にやってきます。

そこには彼らのための緑あふれる丘があります。たくさんの食べ物と水、そして光に満ちた

とても幸福な場所。

病気だった子、年老いた子たちはここで昔の健康で力強い体を取り戻します。

傷ついた子、体の不自由な子も再び力強い体を取り戻しました。

まるで私たちが夢の中で思い出す彼らの姿に。

 

彼らはこの場所でとても幸せです。ただひとつのことを除いては・・・

それは地上に残してきた特別な人への恋しい思い。

 

彼らはみんなで仲良く走り回ったり、遊んだりして過ごしています。

いつものようにみんなで走り回っているとその中の1匹が急に立ち止まりました。

彼の瞳はある方向をじっと見つめながら明るく輝いていました。

彼はみんなのもとを離れ走り始めます。

あなたを見つけたのです。まるで空を飛ぶように走っていきます。

 

あなたは最愛の友と再会します。喜びの中でお互いに抱き合い、もう2度と離れることは

ありません。

祝福のキスがあなたの顔に降り注がれます。

あなたの手は再び最愛の友の頭を撫で、そしてあなたの瞳は再び友の瞳を見つめます。

遠い昔に別れた、でも決して忘れたことのない・・・・信頼に満ちた彼の瞳を。

 

そしてあなた達は一緒に虹の橋を渡っていくのです」

 

これも有名な詩でこちら香港でも中国語バージョンがありました。

 

だいひゅんくんも今ごろ虹の橋で走り回っていることでしょう。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。