晩年のメジロマックイーンが意地を見せている。



昨年、ヤマニンメルベイユ、ホクトスルタンが重賞制覇。



そして今年。





春の牝馬クラシックを、決して派手さはないものの一歩一歩階段を上ってきた馬がいる。



ディアジーナ。




父メジロマックイーン譲りの芦毛は、安定感のある先行力をも父からしっかりと譲り受け、

クイーンCで重賞初制覇を成し遂げる。


表舞台でド派手なパフォーマンスを続けるブエナビスタとは対照的に、

視線の先は早くもオークスに向けられて桜花賞を回避。



そしてステップレースに選んだのがこのフローラSだ。




結果はご存知のように完勝!


レースの模様は第②部にアップする予定。











2歳時から注目を集め続けていた岩田康鞍上ワイドサファイアが、ようやく噛み合ってというか2着。



ほしのあき命名、ハシッテホシーノが3着。


前走で東京500万の2400mを勝ち上がってくるという渋いローテーションは、

確実に人気先行ではないことを意味していた。


その長距離適性を発揮しての権利獲りに成功。




実績、ポテンシャル、人気・・・・


上位3頭はオークスを盛り上げるに十分な顔ぶれだろう。






【競馬よ今宵も有難う】馬、牧場、富士山の写真と生活を懸けた競馬予想!-ミクロコスモス@フローラS






人気を集めたミクロコスモスは惨敗・・・


道中抑えがきかずに折り合いを欠き、全くレースになっていなかった。


無念の武豊。



このオークスに加え、今週の天皇賞でもお手馬と呼べる存在はない。


天皇賞はモンテクリスエスに騎乗を予定するが、約1年ぶりの代打に過ぎない。



ブレイクランアウト騎乗のNHKマイルCでは相当な気合が入るだろう・・・






続きの記事はコチラから!

http://ameblo.jp/island-2005/entry-10252523565.h










AD