いさおリンクのインターネット羅針盤

インターネットを活用する・学ぶ・楽しむ人への羅針盤となる情報を紹介しています

オフィシャルブログが新しくなりました。旧オフィシャルブログ http://maruta.be/isaolink

テーマ:

昨年グリーンカーテンようにと植えたゴーヤがけっこうイイ感じで育ってくれたので、今年も植えることにしました。昨年は初めてだったので要領がわからないままゴーヤが勝手に育ってくれた感じでしたが、今年は昨年の反省も踏まえて肥料やらネット張りを工夫してみました。果たしてどうなるか?

 

さて今日の本題です。

 

先月末に購入したPanasonic GH5(+バッテリーグリップ)をあちこちに連れ出して試運転を行っています。

 

今まで使っていたLUMIX GH4よりも大きく重くなったのはまあ納得できるんですけど、バッテリーが持たないのはかなりキツイ。体感で言うとGH4の半分程度しか持たないように感じます。1日使うんだったら、本体1個+バッテリーグリップ1個+予備にもう一つ、合計3つないと安心できません。

 

GH4に比べるとGH5は操作に対する反応は格段に良くなって、まさに軽快という言葉がぴったりです。あえて要望を言うならは、ジョイスティックはもう少し右下に寄せてもらって親指に近い位置で操作できた方が良かったかな。

 

 

 

新しいGH5はカメラ任せでも綺麗な静止画/動画を得られるけども、やはり自分の思ったままを映像にするには、自分好みの設定を行う必要があります。とは言え、カメラの取説や解説サイト、youtube等を観ていても何かピンとこないのが現実です。これって宝の持ち腐れ・・(・・;)

 

そんな時にとても役立つのが家電量販店主催、カメラメーカー主催/協賛のセミナーです。PanasonicGH5は出たばかりなのでメーカーも販促に力を入れており、GH5の特徴や使い方を案内するセミナーが多くて、GH5について知りたい自分にはとてもありがたく思っています。

 

今まで色々と参加していますが、近いところで言うと池袋で行われているビックカメラの写真教室によく参加しています。

 

ビックカメラ写真教室

http://www.biccamera.co.jp/shopguide/news/seminar/camera.html

 

ヨドバシカメラでも行われていますね。先日はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIを2時間たっぷり触らせてもらいました。

 

写真教室・撮影会のお知らせ

http://www.yodobashi.com/store/300023/

 

その他に、有料になりますがPanasonicのフォトスクールをよく受講しています。

 

何といってもPanasonicのカメラを知り尽くしたプロカメラマンの先生から色々とアドバイスをいただける所に大きなメリットがあります。自分のような見よう見まねで始めた人間にとってはとてもありがたいことですし、巷にある写真教室に比べて費用対効果も十分あると思います。

 

LUMIX フォトスクール

https://ec-club.panasonic.jp/lumix/event/lumix-school/

 

実は本日行われる飛行機を撮りに行くスクールに参加します(^_^;)。35mm換算420mmの望遠レンズしかないけどまあいっか。

 

あと、プロカメラマンの先生が行なうセミナーもとても貴重なチャンスです。

 

LUMIXプロのカメラマンセミナー

http://panasonic.jp/dc/seminar/

 

プロのカメラマンの先生から、GH5に関する専門的な知識と使い方のヒントを教えてもらえるのがいいですね。しかも無料だし。

 

以前参加したセミナーでは、GH4とGH5の違いをわかりやすく説明していただくことが出来てGH5を買う原動力になりました。同時にGH4は早めに見切りをつけなくてはいけない、という厳しい現実を突きつけられましたが・・

 

昨日のことですが、有楽町のビックカメラでこのセミナーに参加してきました。行ったらGF9の話がメインでがっかり・・・ と思ったら、終わった後のフリータイム?で、森脇先生から直接、自分のGH5を題材に設定のポイントに関するレクチャー&設定をしてもらったという、とてもラッキーな展開に! 

 

あと、とても聞きたかった「GH5の動画のオートフォーカスが遅い」件についても、明確に回答していただくことが出来ました。ヒントは”カメラの動画機能”。ビデオカメラの動画機能と違ってカメラの静止画→動画で切り替える設定が必要なのです。これがわからないとGH5の動画機能をフルに活用することは出来ないとのこと。

 

この話を聞くだけでも交通費と時間を費やした価値がありました。早速実践して、後で報告したいと思います。

 

6KPhotoやフォーカスセレクトについてもメリットや使い方を理解できたので、これも実戦したいと思います。

 

最初は高い買い物で使いこなせるか疑問がありましたが、ようやくGH5を道具として使い倒せそうな気がしてきました。もう1台GH5が買えるようせっせと仕事しなくては(笑)。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

このところ風が強い日が多いです。風が吹いた翌朝は、庭の椿が落とした花弁や葉が道路に落ちまくっているのでちょっと憂鬱。って、あれだけ楽しませてくれたのだから文句を言っちゃいけませんね。

 

さて今日の本題です。

 

ビックカメラで購入したSDXCカード、

SanDisk SDXC UHS-II 128GB SDSDXPK-128G-JNJIP

 

今日も試運転で静止画/動画を撮影しましたが、トラブルも無くいい感じです。

 

このSDXCカードの製品登録を行ったついでに、前々から疑問に思っていたことをメーカーサポートに質問したところ、返答があったので自分用メモとして残しておきます。

 

疑問:

並行輸入品のSDXCカードは永久保証してくれるのか?

 

回答(要約):

・SanDisk製品は販売地域によって型番が異なる。

・サポートや保証は原則販売地域にカスタマーサポートが行なう。

・無期限保証のSanDisk製品の場合、製品登録は可能だが代替品との交換等実際の保証利用は、販売地域のカスタマーサポートに依頼する必要がある。

・国内向け正規品は、https://www.sandisk.co.jp がサポートする。

・国内国内向け製品は、通常型番の末尾が「-J***」のようになっている。

・「バルク製品および並行輸入品に関する重要な情報」も参照して下さい。

https://www.sandisk.co.jp/about/media-center/announcement/parallel-import-goods

 

と言うことです。

 

壊れたら使い捨てると割り切って安さを追求する、と考えれば割安な並行輸入品は魅力ですけど、機械モノは必ず壊れるから、駄目になった時を考慮の上で動いた方が良さそうな気がします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近入手した、Panasonicの一眼ミラーレスデジカメ LUMIX GH-5の操作に慣れるため、毎日持ち歩いて触るようにしています。今まで使っていたGH-4でも十分と思っていたけども、実際にGH-5を使いだしたらGH-4が急に色褪せたように感じます。何でかと思ったら、ファインダー越しに眺める被写体の色が違って見えるのです。詳しくは後日のブログで。

 

さて今日の本題です。

 

カメラがあっても記録媒体が無ければ始まりません。と言う訳で、SDXCカード選びが始まりました。

 

GH-5はUHS-II規格に対応しているので、SDXCカードも相応のものを使った方が良いと思ってグーグル先生に相談しながらあちこちのサイトをチェック。GH-4の時は純正のPanasonic UHS Speed Class3(Class10)SDXCでも動画撮影時に停止した事があったので、より信頼出来そうなSanDisk製品に的を絞りました。

 

今使っているのは128GBなので、同等の容量が欲しいと思ってAmazonで値段を確認したら・・・ 国内向け正規品の値段は約3まん5せんえんもするではないかもするではないか(ToT)。ホントかよ。

 

並行輸入品だと約2まん4せんえんと2/3程の価格になっていますが、販売店側の保証無しはさすがに怖い。

 

悩みに悩んだ末、この規格が陳腐化するのはまだ先だろうから、壊れた時の保険としての永久保証にメリットがある、と判断して国内向け正規品を購入することに決定。

 

すぐ使いたかったので池袋のビックカメラで購入しました。リアル店舗は店頭でじっくりパッケージを眺める事が出来るのがいいですね。

 

 

GH-5はデュアルスロットなので2枚のSDXCカードを挿すことが出来ますが、2枚いっぺんに購入する余力が無かったので、とりあえず1枚のみ挿して(ToT)使っています。

 

 

気になるのは転送速度です。SDXCカードのチェックも兼ねて、Blackmagic Disk Speed Testを使って測定してみました。結果は・・

 

読込:240.9MB/s

書込:111.1MB/s

 

以前購入したSanDiskの128GB SDXCカードは、読込:約88MB/s 書込;約83MB/s程度だったので、それよりは高性能ですが、書込スピードはちょっと不満です。※もしかするとアプリによって測定数値は変わるのかもしれません。

 

 

まあ、実際に使って見た限りでは静止画/動画共に全くストレスもトラブルも無くて何ら問題はないからいいんですけどね。もう少し使い込んでみなくてはわからないかな。

 

ちなみに以前SanDisk UHS-I Class3規格SDXCカードの速度測定をした記事はこちら

 

4K動画撮影用にSanDisk 128GB SDXCカード SDSDXPA-128G-G46購入

http://ameblo.jp/isaolink/entry-12174426419.html

 

これでまたSanDiskのSDXCカードがまた1枚増えました。GH-5の空いているスロット用にもう1枚SDSDXPK-128G-JNJIPを追加したいけど、さすがに国内向け正規品の値段は躊躇しちゃうなぁ。

 

SanDiskのサイトでSDXCカードの製品登録をするついでに、並行輸入品の保証について質問をしてみました。返答の内容次第では、Amazonで売られている並行輸入品を購入しようと思っています。果たして結果は?

 

このSDXCカード(Amazon扱い 国内向け正規品:永久保証)の詳細をAmazonで知りたい方はこちら

 

http://amzn.to/2q6gwRf

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい先日までコートを羽織らないと震える寒さだったのに、日中だったら上着いらずの陽気になっていて、身体がついていきません。いったい全体どーなってんの? 外出から戻ってくると目と鼻がむず痒いのも辛い。自分にとって春は忍耐の季節でもあります。

 

さて今日の本題です。

 

今やスマホは、電話としての機能よりもメールやネット閲覧、SNSやゲーム用ツール、あるいはカメラやビデオ、レコーダーとしての役割を重視している人が多いと思います。それらの様々な機能がこの小さなボディの中に詰め込まれているのは、ラジカセ・テレコ・ウォークマンビデオデッキ等の単機能デバイスをリアルで使っていた世代の自分にとっては、今のデバイスはあまりにもコンパクト過ぎてどうもしっくり来ません。

 

そんな凝縮されたデバイスであるが故の問題点は、起動しなくなったりパスワードを忘れたりしたら全てが失われてしまう危険性があること。iPhoneを例に取って言うと、Eメールとか連絡先とかパスワード情報とかSNSのアカウント情報とかです。

 

そんな各種情報をバックアップするために、iPhoneにはiCloudバックアップが用意されています。

パソコンが無くても利用出来るのは便利なんですけど、iTunesのバックアップの説明にあるように「iPhone内の最も重要なデータをiCloudにバックアップします」=全てのデータをバックアップしてくれる訳では無いのが悩ましい所です。

 

その点、パソコンにインストールしたiTunesを使ったバックアップ=このコンピュータにバックアップ=は、「iPhoneの完全なバックアップはこのコンピュータに保存されます。」とあるように、手持ちのiPhoneが水没してお亡くなりになっても、最終バックアップの状態までは復元できます。

 

さらに「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてパスワードを設定すると、アカウントのパスワード等もバックアップしてくれるのです。復元する際には、"暗号化する時に設定したパスワードを入力する"ことでアカウントのパスワード等もそっくりそのまま復元してくれます。

 

と、ここまではとても親切で好印象を持てるのですが、その先に大きな問題が・・

 

実はこの暗号化を行うにあたって設定するパスワードはApple社で管理していない(これ、とても重要なこと)のです。そして、恐ろしいことにパスワードを忘れてしまった時の救済手段が無いのです。※Appleのサポートで確認済み

 

これが何を意味するかというと、

暗号化する為に設定したパスワードを忘れてしまったら、iPhoneが壊れたり買い替えたりした時に「このコンピュータ」からの復元が出来ない

 

言い換えると、完全なバックアップを取ろうと暗号化をかけてバックアップを取っていた場合、暗号化のパスワードを忘れてしまったらiCloudバックアップからの復元しか出来ないのです。

 

だったら暗号化のチェックを外せばいいや、と考えがちですが、このチェック解除にもパスワードが要求されます(・・;)。

 

 

こういうトラブルを防ぐためにも、キーチェーンを使うなどしてパスワードを管理しておく事がとても重要になってきます。

 

キーチェーンとかよくわからないから使いたくないし・・ でも、バックアップは暗号化したいと思ったら、バックアップのたびに毎回パスコードを変更をチェック、そして、古いパスワードも新しいパスワードも同じ=3つとも同じ情報=を入力するのが最も確実な方法かと思います。

ちなみにこのパスワードは何桁でも大丈夫なので、スマホの4桁の数字でも良いかと思います。※欲を言えばもっと複雑なものの方が良い

パスワードだらけで何がなんだかわからなくなってしまいがちですが、それこそ付箋にメモでもいいから何らかの形で判るようにしておくと、いざという時に役立つでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すっかり春本番になりました。花粉症の影響か、この時期はとにかく全然駄目で、体力気力ともに最低レベルで辛いです。春眠暁を覚えずと言いますが、一日中寝ていたい気分であります。

 

さて今日の本題です。

 

そんな春先の憂鬱をクリアする&モチベーションを上げる為に、新しくデジタル一眼ミラーレスカメラを購入する事にしました。そのカメラは・・・ Panasonic LUMIX GH5。OLYMPUSのOM-D E-M1 Mark IIとどちらにするか迷った末、静止画&動画とも撮りたかったのでGH5に。今持っているGH4(2台)の後継機種になります。

 

3月末に発売されたのですが、昨年末に大枚はたいてMacを購入したばかりで、続けての高額な出費を躊躇している間に出遅れてしまいました。ようやく購入を決断した時には既に初期ロットは出払った状態に。

 

唯一の救い?は、発売前に購入宣言をしたのでおまけが貰えること。発売後の今現在のキャンペーンは、「発売キャンペーン」

http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5/campaign/hatsubai/

 

自分が申し込んだ発売前の「予約キャンペーン」はこちら

http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5/campaign/yoyaku/

 

発売キャンペーンの品物+速写ストラップ、あるいは、V-Log Lが貰えるのです。これだけで10,000円位の価値はあるかと。発売キャンペーンのUHS−II 64GB SDカードが25,000円位、スペアバッテリーが6,000円位と考えると、けっこうな割引になっています。

 

今後、時間の経過につれて本体価格は下落していくだろうけど、早く投資して資金回収をどうするか考えた方が精神安定上良い、と思い込むことにしました(^_^;)。

 

続いての悩みはどこで購入するかです。迷った末、価格と納期のバランスを見てAmazonにオーダーを入れました。うまく行けば19日に出荷される予定ですが、果たしてどうなることやら。

 

手持ち無沙汰の今は、GH5のカタログを眺めたり同じくAmazonで購入したGH5用バッテリーグリップを触ったり(^_^;)して、時間を潰しています。

 

手前がGH5用バッテリーグリップ、奥がGH3/4用のバッテリーグリップです。GH5用のバッテリーグリップは、GH3/4と同じものだったら手持ちのを流用できたのですがこうやって並べてみるとぜんぜん違うから使いまわせないですね、残念。

 

GH5が届いたら、GH4との比較もしながら慣らし運転をしつつ実戦(仕事)に投入しようと思います。早くGH5発売時のセミナーで知った魅力的な機能の数々を試してみたいなぁ。

 

パワーアップしたGH5がどんな世界を見せてくれるのか、今から楽しみです。

 

 

Panasonic LUMIX GH5

 

 

Panasonic バッテリーグリップ ルミックス DMW-BGGH5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家の近くでは桜が見頃になっています。ただ、天気に問題があって、冷たい雨が降ったりやんだりと花見をしようにも気分が盛り上がりません。晴れたら写真を撮りに行きたかったんだけどなぁ。

 

さて今日の本題です。

 

普段使っているMacBookPro 15 Late2016は、バッテリーが脱着出来ません。今まで使っていたWindowsのノートパソコンはだいたいバッテリーの交換が出来ていて、スペアバッテリーを購入して持ち歩くのが常でした。

 

そういう環境に慣れていると、MacBookProではいざ鎌倉という時に・・ え、バッテリーが無い(ToT)となってしまう危険性があるので、残容量を気にしてしまい落ち着きませんね。

 

最も、MacBookPro 15 Late2016はモバイルバッテリー→USB-C端子で充電できるようになったので、昔ほど気を使わなくなりました。2016からUSB−C端子オンリーになって色々と不満を述べている人もいるようですが、複数のアダプターを持ち歩く面倒さがあったにしても。長時間駆動が出来るメリットは何ものにも代えがたいものがあります。

 

話が逸れました。スペアバッテリーの話に戻ります。

 

今まで数世代に渡って使っていたLenovoのノート用パソコンのスペアバッテリーは、まだ使えるかも、とか、また中古で購入した時に便利かも、という理由で今まで持ち続けていました。

 

これらのバッテリーは、T5××とかT4××で使っていたものです。一番左のT500で使っていたものは改めて持ってみると相当重い。こんな重いものをパソコン本体装着+スペアで持ち歩いていたのか。今では想像もできません。

 

ついでに他のスペアバッテリーも。これはT61だったかな?

 

これはたぶん、T61の標準だと思う。標準バッテリーはこんなに小さいから、外で使うとあっという間に空になります。

 

時は流れThinkPadからMacメインになった今、何かの時に持ち歩くのはThinkPad X220位で、他のはデスクトップパソコンとして使われています。今後も使うことはまず無いと予想されるので処分することにしました。

 

最初に考えたのはヤフオク。ただ、いずれもジャンク品扱いになってしまうので、落札価格も数百円がせいぜいかな。梱包とか発送の手間を考えるとどうにも面倒に感じられて、捨てることにしました。

 

捨てると決めたら、次はどこに捨てるかです。確かThinkPadに使われているリチウムイオンバッテリーは、捨てる=処分=するのが面倒そうです。不法投棄も嫌だしと思って調べてみたら・・

 

お、2001年4月施行の「資源有効利用促進法」というのがあるのか。パソコン用バッテリーはリサイクルの仕組みが構築されているんですね。不法投棄等のやましい事をせずに済むので一安心(^_^;)。

 

Lenovoの場合は、レノボ・スクラップセンター

http://www3.lenovo.com/jp/ja/environment/recycle/battery/

に着払いで送れば処理してもらえます。

 

とは言え、送るのはちょっと面倒だったので、近所にリサイクル取扱店が無いか探してみました。

http://www.jbrc.com/recycle/kensaku.html

 

一番近かったのは・・ 徒歩数分のイオンモール東久留米です。これは持ち込むしかない!

 

と言う訳でイオンモール東久留米へ。てっきり回収ボックスがあるかと思ったのですが見当たらず。総合案内で聞いてみたら、3階のデジタルワールドに持っていけば良いとの事。

 

店員のお兄さんに聞いたら、受け取りOKとの事で渡して帰ってきました。これで少しだけですが部屋が片付きました(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんか今日はえらく部屋の中が暑くなっていて、いよいよ春になったことを実感しています。桜の花も咲き、庭のチューリップも元気に咲いていてイイ感じ。目に見える春のサインがあちこちで感じられるようになりました。と言っている間に速攻で汗だくの夏がやってきそう。

 

さて今日の本題です。

 

随分前に予約していたAmazon Fire TV Stick (New モデル)が本日手元に届きました。

 

荷姿はこんな感じ。Amazonはコンビニ受け取りが出来るので、突発の仕事で外出する事があっても安心です。

 

開封すると、シュリンクパックでがっちり固定されています。

 

パッケージの裏面はこんな感じ。

 

開けてみると、よく考えられたパッケージングになっていて、さすがAmazon、隙きがありません。

 

中身を取り出してみました。この状態ですでに端末とアカウントが紐付けられているのが合理的です。

 

説明書を見なくても判るように、リモコンのパッケージにイラストが描かれています。それを見ながらリモコンに電池をセット。

 

続いて、Fire TV StickをテレビのHDMI端子に接続します。今回はHDMI-3に接続しました。短い延長コードがついているので狭い空間でも無理なく取り付けが可能です。ちなみに家のテレビはTOSHIBA REGZA 37Z2。このサイズで壁面収納ギリギリ(^_^;)。実はパソコンのディスプレイは43インチでテレビより大きかったりします。

 

テレビをHDMI入力3に切り替えるとこのような表示が。しばらく待っても表示が変わらないのでリモコンをFire TV Stickに近づけたりHOMEボタンを押したりしていたら、次のステップに進めることが出来ました。

 

再生/一時停止ボタンを押して、設定開始です。

 

 

言語の選択画面が出るので日本語を選択。

 

 

続いてWi-Fiの接続です。近くにあるアクセスポイントが表示されます。

 

接続したいアクセスポイントを選んで、パスワードを入力します。この入力のレスポンスがとても良くて警戒に動きます。

 

ネットワークに接続中・・・

 

無事に接続されました。

 

特に何もしてないけど、登録完了。これって恐らく、接続設定の登録が終わったということなのでしょう。

 

既に自分の名前が表示されています。Fire TV Stickは申し込み時のAmazonアカウントに紐付けられているので、何か入力する必要はありません。

 

Wi-Fiパスワードを記憶させるかどうか聞いてきました。毎回パスワードを入れるのはだるいので、「はい」を選択します。

 

良い子がいる家庭は機能制限モードで運用することも可能です。オジサンなので制限なしで設定します。

 

いよいよ最終仕上げです。横棒三本のボタンをクリックします。

 

やっほー、これで使えるようになりました。Wi-Fi接続だけすれば使えるのは簡単でいいですね。以外に思ったのは、リモコンのレスポンスの良さ。嬉しい誤算です。家にある初代Googleクロームキャストや、2台目のApple TVは待たされ感がありますが、Fire TV Stickは新しいこともあって軽快です。

 

では何を見ようかな〜、とりあえず目についた「プライベート・ライアン」を視聴します。お〜、いい感じです。何か画面が粗いんだけど・・ あ、これ映画が古いからだ。

 

だったら今度はフルHDの映画を・・ 「プラネット・アース」をポチっとクリック。

 

うん、綺麗だ。これなら問題なし。我が家の通信回線はそれなりの環境なので画像や音声の遅延はありません。

 

コレ、いいね! テレビの音響システムを使えるのもGood!普段視聴しているPHILIPSの43インチディスプレイのおまけスピーカーよりも遥かに臨場感のある音が出ます(笑)。早く映画を観てみたい!

 

付属のリモンのマイクボタンを押して使う音声入力による音声認識は、滑舌悪いオジサン(・・;)でもちゃんと認識してくれて精度は良いようです。操作レスポンスも問題無しと、なかなかスグレモノっぽい雰囲気あります。

 

この満足感をさらに高めるのがスマホ用Fire TV Stickアプリ、Fire TV Stick Remoteの存在です。このアプリはiOS用とAndroid用があります。こちらはiOS用。

 

利用する前にはパスコードによる認証が必要です。Fire TV Stickに表示されているパスワードを入力します。

 

これで使えるようになりました。見た目はFire TV Stickのリモコンと同じような感じですね。面白いのは、中心部の黒い部分がリモンで言うホイール操作になっていること。

 

タッチするとこのような円が表示されます。スクロールはメチャクチャ早くてビビります。高性能で良いのですがちょっと敏感すぎるような気も・・

 

ではまとめます。

 

Fire TV Stickはなかなかスグレモノで買う価値がある製品だと思います。新型のGoogleクロームキャストやAppleTVを使ったことがないので、Fire TV Stickと安易に比べる訳には行かないけど、少なくとも自分は旧クロームキャスト、旧AppleTV、Fire TV Stickの中からどれを使うか、と言われたら速攻でFire TV Stickを指差します。お値段も4,980円とお手頃ですし。

 

この製品を魅力をフルに活かすにはやはりプライム会員になっていた方が良いでしょう。本気の映画ファンは別として、普段は無料の映画を、本当に気になる最新作があったら有料でレンタルするような使い方でも十分モトは取れると思います。音楽にしても同様の使い方が出来ます。

 

自分のように家でも仕事する人は、CMに邪魔されずBGM、BGVを流しながら仕事できるのもいいですね。いつの間にかついつい観入ってしまう危険性はありますが(笑)。

 

Amazonを見ると在庫な潤沢なようで当日発送も可能です。気になる方はAmazonへGo!

 

Amazon Fire TV Stick (New モデル)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

桜の季節です。出かけたついでと言ってはなんですが、昨日は日中の桜を、今日はライトアップされた夜桜を見に行ってきました。日本の春を象徴する可憐な姿は、いい年したオッサンが見ても心がやすらぎます。今年も見ることが出来て良かった。

 

さて今日の本題です。

 

毎日持ち歩いているMacBookPro 15 Late2016。自宅ではクラムシェルモードで使っているのでワイヤレスキーボードとマウス、そして43インチのディスプレイを接続しています。

 

アップル製品を使っている人は、こういうのもアップル製品で統一している場合が多いんですけど、自分の場合は、ワイヤレスキーボード=Lenovo=黒色、マウス=ロジクール=白色、ディスプレイ=フィリップス=黒色と、まるで統一感がありません(^_^;)。

 

それぞれ使うには問題がないものの、Lenovo製でWindows配置のキーボードは、キートップの印刷がMacと違っていてちょっと使いにくかった&キートップの印刷が剥げてきた&気分転換を図ろうと思ってAppleワイヤレスキーボード US版を導入しました。

 

今まで使っていたLenovoのワイヤレスキーボード US版と並べてみると、Appleの方がやや狭く、全体的にコンパクトです。

 

一番戸惑うのは、キーボードの傾き。Lenovoのはスタンドがあって後ろを持ち上げることが出来ます。かたやAppleのはスタンド無しでほぼフラット。見下ろす形で打つ分にはスタンド無しでも問題ないけど、机に座って打つと平面的過ぎて指を伸ばして打つ感じになります。慣れるまでは疲れそう。

 

MacBookPro 15 Late2016のキーボードと並べてみると、サイズはほぼ一緒でした。これだったらキー配置は同じです。もっと早くから使っておけばこのキーボードを使えば良かった(^_^;)。

 

ただキーの配置は同じでも、2016モデルからキーボードそのものが変わっていて、キーストロークが短くてキーの遊びが無いタイプになっています。

 

最初のうちこそ戸惑いますが、新しいキーボードに慣れてしまうと、今までの2015年までのMacBookProのキーボード=今回購入したワイヤレスキーボードがグラグラしているように思えて頼りなく感じます。慣れって恐ろしい。

 

LenovoとMacBookProほどの違いはないにしても、Mac本体と外付けでキーボードのタッチが違うのはちょっとしたストレスではあります。欲を言えば、2016年モデルと同じキータッチの新・ワイヤレスキーボードが出てくれたらいいのにな、と思います。その時にはスタンドも忘れずにお願いします。

 

簡単に他の紹介など。電源はLightningコネクターで行います。次期ワイヤレスキーボードはUSB-Cになっているかな?

 

 

ワイヤレスキーボードの電源スイッチ。上のLightning−USBケーブルをMac本体に接続して電源スイッチを入れたらペアリングOK。簡単過ぎる! フル充電で1ヶ月位持つそうです。

 

あんまり意味ない写真だけど、裏面のリンゴマークはこんな感じになっています(笑)。

 

定価では10,800円税別と、躊躇する金額のこのキーボード。自分のようなクラムシェルモードでも使うユーザーであれば、あった方が良いかもしれません。ただ、こう言っちゃ身も蓋もないけど、クラムシェルモードで大量のキー入力をするならサードパーティのキーボードを買った方が効率は良いでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この週末は桜が見頃だったところも多かったようです。家の庭のチューリップも咲き始めてきた反面、椿の花がボトボト落ち始め、ユスラウメの花も散り始めています。旬の姿を見ているだけに、徐々に元気を失って行く姿を見るのは切ないです。

 

さて今日の本題です。

 

Mac版のAcrobat Proを使っている時のことです。ファイルを開いている筈なのにデスクトップ上にファイルが見当たりません。普段だったら、こんな感じでファイルが表示されます。

 

 

ところが、今回は何をどうやってもこんな感じのまま。

 

Acrobat Proは起動していて、ファイルが見えていない以外の不具合は無さそうな感じウィンドウをクリックすると、アクティブなファイルにチェックが入っています。

 

ところが、ウィンドウにアクティブファイルが選択されているにも関わらず、デスクトップのどこを探しても該当ファイルが見当たりません。

 

そんなバカなと思いつつ探しても見つからず・・・ 今までにもこういうことはあったのに、あまり苦労せずに表示されるようになっていましたが、今回ばかりはどうにも駄目。

 

さあ困ったぞ、と思ってグーグル先生に聞いてみました。

Acrobat ファイル 表示されない

と言った文言での検索では、Acrobat Readerのことについての結果が多くて、思うような結果が出ません。

 

最後はAcrobat Proの不具合を疑ってアンインストールした後、再度インストールしても症状変わらず。

 

もう一度気合を入れて検索してみたら、ようやく出てきました。キーワードは

 

「ズーム」

でした。

 

ズームをクリックしたら、ファイルが出てきました。なんだこんな単純なことだったんだ。まあとにかく治って良かった。

 

今回はずいぶん初歩的なトラブルで少々こっ恥ずかしいのですが、二度同じことをやらないようにとブログに記録を残しておくことにしました。他のプログラムでも同様のトラブルが起きたときは、「ズーム」をクリックすることにします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は久しぶりに表参道を歩きました。まあ人が多い事にビックリ。久しぶりにベルボトムジーンズを履いたリアル70年代風オジサンとか、ブボバボとうるさい暴走族バイクとかに遭遇出来て懐かしさに感動・・とまではいかなかったものの、目の保養?になりました(笑)。

 

さて今日の本題です。

 

自分にとって表参道と言えば、マカーの聖地Apple表参道。先日ふと、久しぶりにワークショップでも行くか、と思い立って予約をしたのでした。一昨年までは"one to one"のトレーニングでApple銀座、渋谷、表参道によく行っていたけど、昨年は数えるほど、今年に至っては初めてのApple表参道です。

 

ワークショップの内容そのものは、"one to one"で言えばグループトレーニングに相当するもので、決められたテーマ(Macの基礎、とか、iPhoneで写真を編集しよう等)トレーナーの方が数名の生徒を相手に説明を行います。

 

iPhoneやMacを本格的に使い始めて5年ほどになりますが、知らないこともかなりあって、毎度ながら目からウロコが落ちる思いです。知らなくてもなんとかなるけど、知っておいたらずいぶん便利なTIPSを楽しく無料で学べるワークショップは、本当に有難いサービスです。

 

お話の中で聞き捨てならないビッグニュースがあったので紹介します。

 

なんと、来月(正確には4月3日)から新しく「Studio Hours」が始まるのです。

 

どこから予約するかというと・・・

Apple表参道

http://www.apple.com/jp/retail/omotesando/

 

ページ下部の「ストアのイベントとワークショップ」から受けたいワークショップを選んで予約します。受けたいワークショップが無くても諦めるのは早いです。「さらに読み込む」をクリックすると先のスケジュールも確認&予約出来ます。

 

「Studio Hours」は、"one to one"で言えばオープントレーニングと似たようなもので、90分のワークセッションでApple製品による音楽・写真・ビデオ制作に関する疑問点を、トレーナーの方に教えてもらいながら、問題を解決していくワークショップになります。

 

マンツーマンではないけれども、知識と経験があるトレーナーから直接教えてもらえることや、自分のデバイスやデータを持ち込んで行えるのが魅力です。

 

今のところ、東京で受けられるのはApple表参道のみ、全国ではApple表参道と、大阪のApple心斎橋で行っているとのことです。

 

一昨年"one to one"が終わり、その後AppleStore表参道のみで行われていた"プロラボ"は競争過多で予約出来ず、と、AppleStore内で質疑応答形式で学べる場が無くなって寂しい思いをしていましたが、「Studio Hours」が出来てくれて、また色々と教えてもらえると思うと本当に嬉しいです。

 

残る問題は、何回聞いても覚えられないポンコツおっさんの頭脳だけだな(・・;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)