90
「ブログが、単なる日記になっていませんか?」

これは、
ブログをやっているものにとって
耳の痛いはなしですね。

たしかに、有名人でもないかぎり、
単なる日記を読んでもらえるわけがない。

これは事実ですよね。
そして、ビジネスの本質をついていると思います。

読みやすくて、
いい本だと思います。

タイトルは派手だけど、意外と地味な現実、
商売の基本に立ち返らせてくれる
名著ではないでしょうか??

そして改めて
ブログマーケティングの重要性に
気づかされましたね。


AD
ウェブ

この感動をどう伝えたらいいでしょうか。

やばいです。

インターネットの世界で起きていることを
こんなに分かりやすく、具体的に、
興味深く記述することができるとは
著者の方(梅田望夫さん)は天才ですね。

一行一行が、
宝石のように輝いてみえます。

スタバで読んで、
感動で手が震えました。

この時代に生きていてよかったです。


でも

この種の話題は、素人でもかなり詳しい人もいるでしょうから、

ネットの世界や、経済に興味のある人で、しかしながらあまり詳しくは無いため、
良い入門書を探している、(私はまさにこれ)

といった人にオススメです。

例えば、

ロングテールって?
WEB2.0とは?
グーグルって検索サイトでしょ?

とかいった段階の人にオススメですね。

とにかく立ち読みではもったいない本です。

こんなによくまとめられた情報が740円+税で買えるなんて・・・








AD

TIME (タイム)

テーマ:
うぐれ

地球温暖化特集。

ところで二酸化炭素が増加することによってオゾンホールがでかくなったり
結果的に地球温暖化といって平均気温が上昇するという理論があるが
誰がどうやってそれを納得のいくレベルまで検証し、証明したのかは
ここらで確認しておきたいところでありますね。

二酸化炭素→温暖化

というところまではもはや議論が終わっているかのように世間ではおっしゃっておりますし、
いやもちろんこんなのがいまさら覆ったら、それはそれで大変な経済的混乱になります。
排出権取引とかの根拠がなくなっちゃうわけですから。

しかしながら誰もオゾン層まででかけていって観察してくることなんてできないし
二酸化炭素という気体が大気中でどのように振舞うのかをどうやって検分しているのか
興味が尽きないわけです。

だって明日の天気だって100%当たるわけじゃあるまいし。
環境に対する科学なんて、まだまだ多くの不確定要素と、
多くの予測の上に立っているものであるには違いないのですから。
AD