体のゆがみを確認してみよう

テーマ:

どうも!最近バーベキューがしたいIGAですバーベキュー左バーベキュー真ん中バーベキュー右デレデレ

 

体の「ゆがみ」気になりませんか?

体のゆがみによって肩や腰に痛みや違和感を発生させる場合があります。

僕は初診時に体の歪みを確認しますが、皆さん自分の体の歪みについて自覚していない場合がほとんどです。

そこで簡単に体の歪みを確認できる方法を掲載しますので興味があれば一度お試しくださいニヤニヤ

 

歪みとは何か?

歪みとは体の前後左右のバランスの乱れです。

人の体は常に頭部を垂直(鉛直)に保とうとします。頭を傾けながら歩いている人はいないですよね?

一方、多くの方は普段の姿勢の癖やケガの影響で左右の筋肉の緊張度が違ったり、重心の位置が前後左右にずれていたりします。(たまに勘違いされている方がいらっしゃいますが、骨自体が曲がったり歪んだりするわけではありません。全く無いわけではありませんが骨自体の変形は先天性側弯症や変形治癒などの病気となりますので体操や矯正で対応できるものではありません)

重心の偏りによって筋肉の緊張度に左右差が起こり、骨格が引っ張られ、肩や腰の高さが左右で違ってきます。

体重を支えている下肢・体幹の筋肉は常に緊張し血流が滞り腰痛を発生させ、体幹の筋肉に引っ張られ下がった肩に対して、頭部は常に鉛直方向に保とうとするため下がった側の肩~首の筋肉は引き伸ばされ過緊張状態となります。

これは分かりやすい一例ですが前後・左右・左右捻転が複合して歪んでいる場合もあります。

歪みを確認する方法

歪みを確認する方法は沢山ありますが、今回は側方の歪みを確認する方法です。

大き目の鏡があると分かりやすいですがなくてもできます。

左右バランスが乱れている方が多いので一度お試しください。

  1. 立位で両足を肩幅に開きます
  2. 左腕を真っ直ぐ上に挙げ右手で左腕をつかみます
  3. つかんだ右手を使って体を右に倒していきます(斜め前ではなく真横に倒してください)
  4. 左側腹から左側胸部、左脇が突っ張るところで止め、体が倒れている角度を確認します
  5. 次に左右の腕を逆に持ち替えて同じように今度は左に倒していきます
  6. 左方向も右側腹から右側胸部、右脇が突っ張る角度を確認します

左右バランスの歪みがある場合どちらか片方が突っ張りやすくなるため、体が倒れる角度が浅くなります。

突っ張る方の筋肉が硬直しているため起こるのですが、多くの場合硬直している側の肩が下がっていることが多いです。

生活の癖として硬直側に重心が偏り、硬直側で体を支えていることが推測できます。

この検査はそのままストレッチとしても使えるので硬直側を伸ばすようにストレッチすれば左右差は少しづつ小さくなっていきます。

 

その他細かい点もありますが全て書くと膨大になるので体の歪みが気になる方はご来院頂ければ僕がチェックしますのでお気軽にご相談くださいデレデレ

 

IGAスポーツ整骨院

〒274-0077

千葉県船橋市薬円台4-14-8

Tel:047-404-8034

ホームページhttps://igaspo.jimdo.com/

エキテンhttp://www.ekiten.jp/shop_76992264

AD