嘘なんてタイミングよく混ぜるだけ ここでいま嘘いまここで嘘


君はいつ大声で「嘘!」と言うのかな そこでほら嘘ほらそこで嘘


(福々屋大福)



…よく考えるとこっちなので、


…少しはマトモになれば良い、

AD

採用短歌『夜』

テーマ:

ずいぶんといろんな夜があったけど 私のしらない夜もまだある

 

 

 

ラジオ「土曜の夜はケータイ短歌」で読まれました、

 

先週に送ったやつなんですけどね、遅れてるのでしょうか?

 

とりあえず一番最初に送ったやつなんですが、

 

あとでやっぱりイマイチかなーと思っていたので、

 

コレが読まれるのか、なるほどなぁ、と思ったり、

 

 

 

知らない夜」ってのは、ご想像におまかせしますが、

 

みなさんの思い描くもので、きっと合っています、

 

てんでそっち方面の話にはうといなぁと自負しています、

 

いろんな」って言い回しが、なんかダメな気がするので、

 

もっと露骨に改作してみようかな、どうかな…、

きえていくことばをのせてながれてくほしのようですトラックバック

 

(福々屋大福)

 

 

 

日記下にある、紹介短歌みたいなものです、
 

「Popん?TANKA」さんの

 

「短歌です 君への想い短歌です 熱く焦がれて「君」短歌です」

 

が、頭からついて離れなくて、

自分も何か、誰かの口の中に残るものを作ろうとしたわけです、

 

 

この日記は開設前からもともと、(今もですが)

「トラックバックで何かする」を目標にしていたのですが、

 

それでいざ日記の背景を決めようとした時、

大地に降る「流星」「トラックバック」がゆらりとダブって、

この感じが、できあがっていたりします、

 

 

何故「トラックバック」ではなくラックバック」なのかと言う問いには、

 

『特に意味は無い』としか答えようがありませんが、

 

私の好きだった「20世紀」「ラックバック」と答えられないことも、ありません、

 

そんな真剣に考えることでも、ないですので、

ドラえもん ひだりみみみみみぎみみみやわくだったらかじっていいよ

 

(福々屋大福)

 

 

 

…あなたのみみはないけれど、かなしみしかないけれど、

 

…わたしのみみを、あなたに、

 

…あいしてます、から、

 

 

 

ところで、口の中に、

 

フードプロセッサーがあるってウワサ、

 

ウソだよね?

 

 

 

ホントなら、

 

…ごめんね?