Mon, January 14, 2008 00:45:54

顔認識しなくてもイケメン・クールビューティー

テーマ:ウエディングムービーβ版

去年オリコンでやった「なりたい顔女性芸能人ランキング」
http://beauty-cdn.oricon.co.jp/news/47919/

それによるとあのエリカ嬢とガッキーが1位なんだとか。
確かに二人ともかわいい。エリカ嬢はだんだんその個性の方が
クローズアップされてきましたけど・・・。

一方で東京スポーツの2007年12月28日付けの記事になったという
美容整形サイトのなりたい芸能人部位別ランキングというのが
あります。
【女性版】
http://www.bi-net-work.com/ranking/entertainer_woman/
【男性版】
http://www.bi-net-work.com/ranking/entertainer_man/

パーツごとに組み合わさるとビミョウな顔になります。
http://www.bi-net-work.com/ranking/img/img_media.jpg

まあ、全体で見ると結局
女性→伊東美咲(エルメス)
男性→木村拓哉(鉄平お兄様)
ということになるようです。

何度も紹介しているプレミアムウエディングムービー
http://www.hardreggaecafe.com/weddingmovie/weddingmovie.html
ではフェイスキャッチテクノロジーに失敗しても
ちゃんと美男美女で収まるようにしています。

当然肖像権とかありますので本人画像にするわけにも
いきません(おまけにアイコラではorz)。
そこで
yanajun(やなじゅん)画伯
http://yanajun.com/
のイラストを使わせていただきました。この方のイラストは
本当に実物そっくり。
この方のブログではイラストだけでなくそれをモチーフに
世相について触れています。「ブログは個人メディア」と
考えている私と通じるものを感じます。

これなら皆さん納得?!ですよね。
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Sat, January 12, 2008 12:18:53

名前でわかるあなたの座右の銘とは

テーマ:ウエディングムービーβ版
ジェネレーター流行ってますねえ。

ジェネレーターとは
・顔ちぇき
 http://kaocheki.jp
 顔写真を携帯メールで送ると芸能人で誰に似ているかを送り返して
 くれるというもの
・脳内メーカー
 http://maker.usoko.jp/nounai_ai
 名前を入力すると頭の中で考えていることを図式化するというもの
・自己紹介工場
 http://pillow-chart.jp/copy2.do
 名前を入力するとキャッチーな自己紹介を作ってくれる
のようなもののことをいいます。

適当に作っているようで実は同じ入力に対しては同じ結果を
返すというのがジェネレーターの定義とか。

そんな中で「座右の銘」を作ってくれるという「名前だけ何とか何とかー」
というサイトを発見しました。
http://kotowazazayuu.blog69.fc2.com/

早速自分の名前を入れてみたところ・・・

「のりあきさんの…
座右の銘としてふさわしい名言・格言は…

”改革というのは新しいアイディアを持つことではなく古くさいアイディアを持たないことである。 リチャードデボス ”  です。

なぜなら…

この言葉はあなたのこれからの人生を暗示しているといっても過言ではないかもしれません。

特に、あなたの名前の、”あ” という字と、
この言葉の、”アイデ” という部分が、
響きあっています。


だとか。なんかちょっとイキじゃないっすか?

そんなわけでAPIとかあったらなあと見てみましたが
どうやらなさそう。
ソースを解析しましたが、なんと作成ロジックは全編Javascript!
頑張ってPHPに移植させてもらいました。
コアなロジックとしては単純に名前の文字コードを
掛けたり割ったりしているようです。
一部ロジックの怪しいところは私の方で改変したため
必ずしも同じ座右の銘は出ないと思います。

そんな「座右の銘」を組み込んだWeddingMovieはこちらで
確認できます。
http://www.hardreggaecafe.com/weddingmovie/weddingmovie.html

ご意見お待ちしております。

格言
Sat, January 05, 2008 23:58:25

フェイスキャッチテクノロジーの秘密

テーマ:ウエディングムービーβ版
最近エビちゃんのデジカメCMでもお馴染みの
フェイスキャッチテクノロジーですが、
こんな技術が手近に使えるようになっているのをご存知ですか?

顔認識オープンソースのOpenCVです。インテルが出している
画像関連のライブラリで正式名称は
The Open Computer Vision Library
といいます。
ということでここからダウンロード
http://sourceforge.net/projects/opencvlibrary/

./configure
make
make install

でインストール可能なのですが、自分のCoLinuxに
インストール出来ませんでした。Debianはいくつか
インストールしないといけないものがあるようです。
恐らくRedHat系ならすんなりいけるのではないかと・・・。
で、このライブラリはインストールしただけでは
どうにも使えないのでRuby,PerlなどのAPIを
使うのですが、PHP版も一応あるようです。

http://hirokawa.netflowers.jp/entry/4874/

で、レンタルサーバではこういったものを
インストールするわけに行かないので先日紹介した
ウエディングムービーメーカー(http://www.hardreggaecafe.com/weddingmovie/weddingmovie.html )では

FaceDetector
http://face.orzorz.org/
を利用することにしました。

ここのサイトで触ってもらえばわかりますが
画像をアップロードすると抜き出した画像をいくつか
表示するだけのシンプルなサイトです。
これをPEARのHTTP_Requestを使ってPOSTで画像を
送り込んで帰ってきたHTMLを加工して抽出しました。
以下その部分のソースです。
HTMLから加工するところはXMLパーサを使いました。

// FaceDetectorに画像をPOSTでリクエストする

$req =& new HTTP_Request("http://face.orzorz.org/ ");
$req->setMethod(HTTP_REQUEST_METHOD_POST);

$req->addFile("upload[file]", $orgfile);
if (!PEAR::isError($req->sendRequest())) {
$code = $req->getResponseCode();
if ($code = '302'){
$url = $req->getResponseHeader("location");
$req2 =& new HTTP_Request($url);
if (!PEAR::isError($req2->sendRequest())) {
$response = $req2->getResponseBody();
} else {
$response = "";
}
}
} else {
$response = "";
}

// XMLパースでHTMLを解析して認識画像を取り出す
$parser = xml_parser_create('UTF-8');

xml_parse_into_struct($parser, $response, $values, $index);

foreach ($values as $ar){
if (preg_match('/_[0-9].jpg/', $ar['attributes']['SRC']) > 0){
array_push($thumb, 'http://face.orzorz.org ' . $ar['attributes']['SRC']);
}
}


OpenCV作った人とそれを利用するAPI作った人々。
皆さん本当にすごいです。フェイスキャッチテクノロジーの
奥の深さですね。
Mon, December 31, 2007 22:03:52

ウエディングムービーメーカー

テーマ:ウエディングムービーβ版

2007年も残すところあと数時間となりましたが
いかがお過ごしでしょうか?


実は最新技術をセンス良くマッシュアップ・どこにもない
オリジナルなウエディングムービーを作ってみました。

プレミアムウエディングムービーβ版
http://www.hardreggaecafe.com/weddingmovie/weddingmovie.html

【特徴】
・フェイスキャッチテクノロジー
・あなたの座右の銘を決めてくれる
・Flickr以外のクール画像も素材利用
・お気に入りアーティストつながり曲をBGMに


と、風呂敷広げてみましたがイマイチだったらすみません。
FLASHのActionScriptにもチャレンジしましたが結構大変でした。
FLASH HACKSも大いに役立ちました。


細かいことはおいおい書いていきます。

では、来年もよろしくお願いします。