著者: ナポレオン ヒル, Napoleon Hill, 田中 孝顕
タイトル: 私たちは成功者に何を学ぶべきか

この本は19世紀の鉄鋼王アンドリュー・カーネギーをはじめ、500人を超える協力者のもとに成功哲学を体系化した著者が、雑誌「サクセス・アンリミテッド」に残した52のアドヴァイスです。


多くの成功者が実践してきたことを自分も同様に実践することが、成功への近道であることを教えてくれる。



ただとつ勘違いしてはいけないが、この本を読んだだけで成功できるわけではない。


成功を手にするには行動、行為、実践が不可欠であるのは間違いない。


本書の52の原理を実践することであなたの唯一の限界は、あなた自身が心の中で設定していたものに過ぎないという心理を理解するでしょう。



さらに本書の特典として「速聴CD」がついているのだ。この本の内容の一部を三倍速で、52個の知恵すべてを要約した物を四倍速で吹き込んでるのです。


速聴を行うことのメリットは色々なところで取り上げられているけど、私は速聴による速読力の向上や本書の理解に役立つと思う。



自己実現書、成功哲学書の最高峰に位置付けられるナポレオン・ヒル。


生きる勇気や知恵が与えられ、具体的な成功へ向けての道標となる本だ。








AD
著者: 本田 健
タイトル: ユダヤ人大富豪の教え

本を普段読まない方でもとても読みやすく、おすすめの1冊です!


20歳の学生がアメリカへ留学し、フロリダに住む大富豪から成功の秘訣を身をもって学んでいくというストーリーで実際に本田健さんの体験に基づくものになっています。


そしてサブタイトルに「幸せな金持ちになる17の秘訣」とあるようにカテゴリーごとに楽しむこともできます。



それまでほとんど本を読んだことのなかった私にとってはすべてが新鮮で、食い入るように読んでいきました。なかでも「自分を知り、大好きなことをやる」という言葉には感銘を受けました!


だって、今までは「好きなことをするのはわがままだ」とか「嫌なことを我慢してする」ということを言われて育ってきたのだから全く今までと逆じゃないか!


でもよく考えてみると、好きなことをしてるときが一番エネルギッシュで全力で取り組めるのは間違いない。



ただ、自分って一体何が大好きなんだろう・・・?という疑問がでてきた。


子供のころは自分の好きなことばかりやってきたのに、いつから好きなことがわからなくなってきたのだろう?



他にも考えさせられることが多く、とても充実した内容になっています♪

AD

読書の楽しみを知るなら

テーマ:
著者: 清水 克衛, 本田 健, 七田 眞, 望月 俊孝, 斎藤 一人, ハイブロー 武蔵, 読書普及協会
タイトル: 本調子 強運の持ち主になる読書道
ブログタイトルに使わせていただいたこの本。

読書の楽しみ方。


読書の大切さ。


読書のパワー。


6人のそれぞれの読書道が紹介されています。


その中で本田健さんのこんな一言を紹介

「本はいちばん安くて、いちばん人生を変えてくれるすばらしいツール」


そして斉藤一人さんは

「本に対して期待してはだめ。1個でも、1行でも心に残るものがあれば、本は良しとしなきゃいけない」


たしかに1000円とか1500円の本に多くのものを求めすぎているのかもしれない。



でも読むだけではもったいない。せっかく時間を割いて読んだならひとつでも実行してみよう!


それではじめて「自己啓発」といえるんじゃないかな。



どうして読書が人を成長させるかを知りたいならまずこの1冊を是非チェック!!



本を読んで本調子でいきましょ♪

AD

はじめに

テーマ:

このブログは自己啓発をしたい人の為におすすめの良書を紹介することで、どんどん自分を磨いてもらうというものです。


良書を読んでモチベーションを高めたい人、自己成長したい人、夢を叶えたい人に是非おすすめです!


読書に全くといっていいほど興味のなかった私自身、人生を変える本に出会い、今では読書三昧です。



本は心のご飯です。


人間がご飯を食べて栄養をえるように、本を読んで心に栄養を与えましょう♪


本だけじゃなくて、読書の仕方から生かし方もあわせて紹介していきます。


もちろん皆さんのおすすめの本もどんどん教えてくれたらうれしいです!