アロマスクール&リフレスクール 日本ホリスティックケア研究所のブログ

医学に基づいた、専門的なアロマテラピーの知識と技術を学べるスクール。
さまざまな病気の人にも正しくアロマテラピーを提供できるアロマセラピストを養成中。
スクールの様子、医療福祉現場での活動や卒業生の情報をお届けします。
http://www.aromapot.co.jp


テーマ:

3月に入り、卒業して新社会人になる人、職場が異動になる人、、、

職場に新しいスタッフを迎える方も、緊張する場面が増えます。

「ストレス社会」と呼ばれるように、常にストレスの中で生活しています。

 

最も多い症状が肩こりと腰痛です。

軽度の腰痛は、腰に手が回せるので、セルフマッサージでも可能なのですが、

肩こりは、肩甲骨の下の方まで手がまわせないので、セルフマッサージでは難しく、放置して、ひどくなる人が多いのが現状です。

 

肩こりがひどくなると、頭痛や吐き気、寝てても痛くて目を覚ます人もいます。

肩こりが、色々な不快症状を引き起こし、

本来、楽しむべき自分の時間を、十分楽しめなくなります。

 

このような状態を、「生活の質の低下」と言います。

 

アロママッサージはオイルを塗って、皮膚を撫でるだけのオイルマッサージではありません。しっかりと原因から働きます。

肩こりなら、触れることで、どの筋肉に問題があるのかが分かるので、その問題のある箇所に働きます。

 

クライアントが、不思議なことを言っていました。

ここでアロマを受けると、当日よりも翌日の方がスッキリ感を感じる、、、と。

 

同時に、精油の効果により、神経の緊張を解きほぐしてリラックスすることで、筋肉の緊張を緩和しますので、物理的にも、心理的にも、相乗効果が期待できます。

 

一般的なアロマテラピーは、皮膚にオイルを塗って滑らせるものが多いのです。

一方、セラピーとして症状に適切に働くことで、より良い結果を提供することができるアロマテラピーもあります。

 

病状によっては、滑らせる方が効果的な場合もありますが、

筋肉が原因の場合は、原因を解消することで、根本から、不快症状が緩和されます。

消化器官が原因の場合は、自律神経のバランス調整を整えたり、ライフスタイルの問題を改善することで、不快症状が緩和されます。

静脈の還流障害によるむくみは、血流を促進させることで、むくみが軽減されることが期待できます。

 

医学的知識と専門技術によるアロママッサージは、

クライアント一人一人に適した方法で施術することによって

不快症状を解消して、生活の質を向上させ、

一人一人のクライアントに、最大限の人生を楽しんでいただく

 

それが本来のアロマテラピーだと考えています。

 

このようなアロマテラピーを一人でも多くお届けするため、「肩こりモニター」を始めました。

詳細は、こちらへ

http://www.aromapot.co.jp/salon/salon_monitor/

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

数日前、10年ほど前に卒業した卒業生から、

「膵臓がんの患者さんにアロマテラピーが出来ますか?」

と質問の電話がありました。

 

スクールでは、卒業生が、さまざまな状態のクライアントに対して、

安全なトリートメントが出来るように、

卒業後、何年経っても質問OKなので、色々な質問が寄せられます。

 

「はい、出来ますが、そのクライアントは、今、どのような状態ですか?」

と伺うと、

「末期ではないけど、進んでいる状態。日常生活は問題なく出来ています」

 

卒業生は一般の方で、卒業後は産婦人科でアロマセラピストとして

働いています。

クライアントは知人の方で、アロマを依頼されたそうです。
 

今まで、「がん患者の方にアロマをしたことがなく、不安になって」と、

電話をくれました。

 

がん患者さんで、医療的な治療(例えば抗ガン剤)を受けていらっしゃる場合、

アロマセラピストは、まず主治医の許可を得ることが必要です。

主治医の許可が得られないと、アロママッサージの施術は行いません。

 

主治医の許可が得られた上で、どのようなアロママッサージが最適か、

クライアントの状態や、ご要望に合わせて、適切な精油を選び、

適切な方法で施術します。

 

彼女は産婦人科で働いているので、技術的には調整もできますので、

問題は施術内容になります。

 

クライアントがお元気のようなので、医師の許可が出たら、

クライアントとお話をして、どのような症状が出ているのか、

何かお困りのことがあるか伺います。

 

例えば、痛みの有無や、薬による吐き気、不眠や不安など、

症状は一人ひとり異なりますので、

できるだけご要望に沿えるよう、少しでも良い状態を維持できるように

アロマトリートメントを行います。

 

また、病状の進み具合によって、施術方法も異なります。

お元気で自由に行動できる方と、移動も難しい方とは、全く施術内容が異なります。

 

色々とアドバイスをすると、

卒業生は、不安が解消されたようで、

「わかりました!   知人に少しでも楽になっていただけるように頑張ります」

と、電話を切りました。

 

がん患者さんに正しくアロマテラピートリートメントが出来るアロマセラピストは、

まだとても少ないのが実情です。

リラックスとか、美容的なアプローチのアロマセラピストは大勢いらっしゃると思いますが。

 

アロママッサージを必要としている病気の患者さんは、これから増えていくと思います。

しかし、

技術が未熟だったり、知識のない人が、がん患者さんにアロママッサージをして

痛みが増すなど、トラブルも耳にします。

 

患者さんが一番ですが、ご家族にも、質の高い時間をお過ごしいただくために、

がん患者さんに、正しい技術と知識をもって、

少しでも楽になっていただけるアロママッサージができるアロマセラピストが増えるよう頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

医療福祉現場において、患者様のケアの一環として幅広く活用できるアロマテラピー。

 

当校では、補完代替療法として、アロママッサージを主としたアロマトリートメントの

知識と技術を習得するアロマテラピーコースを20年間行ってきましたが、

 

2012年より、看護師に特化して、病院、ホスピス、訪問看護、福祉施設などで、

患者様の苦痛を少しでも軽減するため、アロマテラピーを活用することを目的に、

 

「医療福祉現場での活かすアロマテラピー」という意味を込めて

「看護師対象 医療アロマテラピーコース」をスタートして5年が経ちました。

 

卒業後、アロマテラピーを医療福祉現場で実践する看護師&セラピストも増えたことを機に、

「ナースセラピストの会」として、勉強会や情報交換を目的とした活動をスタートしました。

 

第一回目の12月14日は、卒業生・受講生が40人ほど集まりました。

第一部は、肩こりに関連する筋肉の復習とアロママッサージ実技復習。

普段は患者様の看護で多忙な日々を送る看護師のための「癒しタイム」。

筋肉を復習して、より効果的な施術方法を実習していると、

疲れた表情で参加した卒業生に、自然と笑顔がこぼれます。

 

癒しタイムのあとは、発足の経緯や今後の活動について話し合って

食事会を兼ねた親睦会。

お互いの情報交換をして、和やかな雰囲気で幕を閉じました。

 

第二回  「ナースセラピストの会」 は、6月14日を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)