• 31 Aug
    • 身近なお悩みをアドバイス#68ダイエット・便秘太り(足裏ケア)

      『自律神経の乱れからの、ストレス性便秘』大腸・小腸を刺激しバランスを整えます大腸右足場所は、赤ラインになります。かかとから薬指に向かって横隔膜の反射区ライン上です左足こちらも、横隔膜のライン上から薬指、かかとのまで下りて土踏まず内側まで刺激します。小腸左右共大腸ラインの内側を刺激します右足左足かかと全体も一緒に刺激すると、骨盤腔内の刺激にもなり、血の巡りもよくなります胆のう・肝臓胆のう・・・脂分の消化を促進する働きがあります。場所は、●の所になります。薬指のラインと横隔膜のラインが交差する辺りになります。肝臓・・・胆のうで使われる脂肪の消化・吸収を促進させる消化液、胆汁を生成します。場所は、■の所になります。大腸の反射区と重なりますが、小指のラインまでしっかりと刺激しましょう胆のう・肝臓は身体の右側にあるので、反射区は右足のみですソーラープレクサスここもしっかり刺激しましょう

      6
      テーマ:
  • 23 Jul
    • 身近なお悩みをアドバイス#67ダイエット・ストレス太り(足裏ケア)

      体重増加の原因もさまざまですが、今回はストレス太り対策をします。ポイント刺激ポイントは五つです①ソーラープレクサスを刺激して自律神経のバランスを整えストレス緩和②首・頸椎 自律神経が通っている首・頸椎を刺激します。首頸椎(けいつい)ポイント頸椎は親指内側関節の骨を直接刺激します。③横隔膜  ストレスで自律神経が乱れると呼吸も浅くなりがちになり代謝も落ちて来ます ポイント場所は、赤ラインになります。足裏の盛り上がっている部分の関節上、(ソーラープレクサスと同じライン)になります。④脳下垂体・視床下部 過度のストレスによってホルモンバランスが乱れます脳下垂体⑤視床下部視床下部には食欲中枢があり、食欲をコントロールします。この反射区の場所が硬い・角質化してきている方は食欲が暴走しやすい方が多いですポイント角質化している場合は、角質取りから始めましょう

      3
      2
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 身近なお悩みをアドバイス#66女性ホルモンケア後編(足裏ケア)

      子宮・腰、骨盤腔内(ホルモンバランスを整えます。骨盤内の血行を促進します)ポイント場所は、かかとの内側全体〇内になります。かかと全体をまんべんなく刺激しましょう卵巣・腰、骨盤腔内(ホルモンバランスを整えます。骨盤内の血行を促進します)ポイント場所は、かかとの外側全体〇内になります。かかと全体をまんべんなく刺激しましょう卵管(ホルモンバランスを整えます)ポイント場所は、赤ラインの所になります。足首の関節(外・内くるぶしの間になります)脊椎・腰椎(腰回りの痛み緩和・血行促進)ポイント場所は、赤ラインの所になります。足の内側、アーチ沿いの骨を直接刺激します。いつもお薬にいつも頼ってこられた方も、是非併行してやってみてくださいね

      3
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 身近なお悩みをアドバイス#65女性ホルモンケア前編(足裏ケア)

      今回は足裏の反射区で『女性ホルモンケア』(生理痛・月経トラブル・イライラ・更年期症状...等々)を行っていきます脳下垂体(ホルモン系全体に働きかけ、バランスを整えます)ポイント場所は●の所で親指の中心から少し内側になります。ソーラープレクサス(以前♯61http://ameblo.jp/hiratakakokona/entry-12252927207.htmlでも刺激した場所です自律神経を整えたり、生理痛等の痛みによるストレスを緩和します)副腎(ホルモン分泌に関係しています。免疫力UPに効果的です)場所は、●の所になります。ポイント親指の関節と土踏まずの境目辺りになります。奥深いところにある反射区なので、親指で押してから土踏まず側に更に押し込むように押します

      2
      テーマ:
  • 06 May
    • 身近なお悩みをアドバイス#64冷え性(足裏ケア)

      甲状腺(こうじょうせん)甲状腺は、のどぼとけのすぐ下にあり、蝶が羽を広げたような形をしている重さ10~20g 程度の小さな臓器です。場所は親指の付け根~足裏をじゃんけんのグーのように動かして凹むライン上の間です。□の部分です 甲状腺機能低下は冷え性だけでなく、太りやすい、抜け毛、肌荒れ...等々の症状にも関連している場合もあります気になる方は是非刺激してみましょうまた、甲状腺機能低下は頸椎(首の骨)を整えることも大事になります。ポイント自分で直接首の調整は難しいので、足裏の反射区を刺激して間接的に首に刺激を与えましょう□部分が首の反射区になります。親指の付け根になります。頸椎の反射区親指側面の骨の上になります。足裏からの刺激で身体の免疫力もUPさせていきましょう

      5
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 身近なお悩みをアドバイス#63冷え性(足裏ケア)

      リンパ場所は足の甲側で指と指の間、外・内くるぶし周りになりますポイント刺激方法は軽く擦るようにします。シャワーで指先から足首にむけて流してあげるのも良いです特に脚がむくんで辛いときには、太ももの付け根鼠径靱帯(そけいじんたい)付近を刺激します骨盤の前側~恥骨に付く靱帯で鼠径靱帯(そけいじんたい)の下を血管・神経が走行しています。リンパ節も分布しています。ポイント付け根を押さえて伸ばしたり、ほぐします。リンパは「排泄機能」だけだはなく、身体に細菌や異物が混入している場合、それらをキャッチし、リンパ球が攻撃して病気にならないよう体を守る「免疫機能」も持っていますポイントリンパには身体を循環するためにポンプ機能を果たしてくれるところがありません周りの筋肉の伸び縮みする動き(筋肉のポンプ運動)によってようやく押し流される程度に循環します。なので、リンパは滞りやすく、流れが悪いと様々な不調につながります身体が疲れて免疫力が低下、風邪の流行っている時期などにはこまめな刺激をおすすめします

      4
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 身近なお悩みをアドバイス#62冷え性(足裏ケア)

      足裏について学びながらほぐしましょう指先も刺激します。指の付け根から上の部分(黒枠内)は首・頭・鼻・目・耳・甲状腺・脳・脳下垂体・歯・顎等身体の首から上の部分が反射投影されていると言われています。ポイント抹消部分を刺激すると、指先から脚全体も温かくなります♨身体の代謝・これからの花粉症対策にも是非刺激してみましょう刺激方法は、指を一本づつ刺激します。ポイント↑写真のように、指の骨の際を挟んでグリグリしたり指先の方に滑らせます。足首を持って足指をしっかり挟んであぐらが辛い方は、↑写真のような姿勢でやってみましょう

      3
      テーマ:
  • 03 Mar
    • 身近なお悩みをアドバイス#61冷え性(足裏ケア)

      足裏について学びながらほぐしてみましょう足裏には身体全身の臓器や器官が「反射投影」されていると言われています。足裏の筋肉・反射区を統合して刺激します。ポイント足裏を刺激する前に前回までの冷え性ケアを行っておくと良いです血行が良くなっているので効果も出やすいです ソーラープレクサス 太陽神経叢(たいようしんけいそう) 左右の足裏にあります。自律神経の束が密集しており、刺激することで自律神経を整えたり、リラクセーション効果もあると言われています。ポイント場所は足裏をじゃんけんのグーのように動かして一番凹むところです。 心臓心臓の反射区を刺激することで血行を促進させます左の足裏と甲側に反射区があります。場所は足裏・・・足の人差し指~小指間で盛り上がりの部分です。甲側・・・薬指の付け根のすぐ下にある関節の上と、そのすぐ下の部分です。続いてポイント場所が かかとの少し上の凹んでいるところです。ここはふくらはぎ周りの筋肉も付いてきます。小腸の反射区にもなります。左右の足裏にあります。脚の疲れやふくらはぎが硬い、お腹調子があまり良くない時等は硬くなり易いです大腸・肝臓です ふくらはぎ周りの筋肉も付着します。ポイント場所は薬指の盛り上がり部分から踵(カカト)の盛り上がり部分の間になります。『赤ライン』を参考にして下さい左右の足裏にあります。この辺りは靴の外側が減っている人も外側に体重が掛かり硬くもなり易いです次にこの辺りもふくらはぎ周りの筋肉が付着します。腎臓・尿管・膀胱・胃の反射区にもなります。ポイント場所は土踏まず、うちくるぶし周りになります。脛(すね)周りが硬く疲れやすい。土踏まずのアーチが減っている方も硬くなり易いところです。左右の足裏にあります。への刺激は、イタ気持ち良い強さで押しますさっそくやってみましょう

      4
      テーマ:
  • 27 Feb
    • 身近なお悩みをアドバイス#60冷え性(足裏ケア)

      前回は脛(すね) ふくらはぎのケアをしましたが、それでもまだ脚がだるい・硬い・冷える場合は足裏も刺激しましょう以前お伝えしましたが、ふくらはぎ周りの筋肉はひざ裏の上、大腿骨~踵(かかと)足裏の方にまで付く筋肉があります。なので、筋肉の付着部を緩めてあげると筋肉は緩みやすくなります綿棒をゴリゴリしたり5~10分程度イタ気持ちい刺激で転がしてるとだんだん脚がポカポカしてきますツボ押し棒でイタ気持ちかんじでぎゅ~っと押します。押してイタ気持ちいところを探して押します近日、効果的な押し場所をお伝えしますお待ちください

      3
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 身近なお悩みをアドバイス#58冷え性(ふくらはぎケア)

      『ふくらはぎのケア』をしますふくらはぎ周りの筋肉は細かく分けるとひざ裏の上、大腿骨~踵(かかと)足裏の方にまで付く筋肉があります。色々な筋肉があり、自分の手でほぐすと疲れますので100円ショップセ○アで見つけたグッズを使ってみます木製めん棒脚を乗せて転がします。脚・棒の位置を変えながらイタ気持ちい刺激で行います棒を直接持って筋肉に押し当てながら流す感じで刺激するのも楽に行えます脛(すね)の内側・際(きわ)はこれ(名前不明)を使います。挟んで緩めるを繰り返し身体の方に向かって流します興味のある方是非やってみてくださいね

      7
      2
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 身近なお悩みをアドバイス#59冷え性(膝下のケア)

      前回の続きのお話ですふくらはぎ(身体後面の筋肉)だけでなく脛(すね)(身体前面の筋肉)も必ず緩めましょう前後の筋バランスが悪いと足を攣(つ)る原因にもつながります足がだるい・硬い等の症状がある方は脛(すね)周りの筋肉もガチガチに硬い場合が多いです今回も棒を使って押し当てながら上下に動かします筋肉が硬すぎる時はグリグリ押してみますただ、やり過ぎには注意ですそれでも硬い方は体重をかけて脛(すね)を押し当てながら棒を転がします強さの加減はあくまでも、心地よい気持ち良さ。マッサージ等を受け慣れている方は、イタ気持ちいい強さが目安になりますちなみにこの棒は100円ショップで購入しました。次回も続きます

      3
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 身近なお悩みをアドバイス#57冷え性

      冷え性の問題点として『①筋量が少ない』『②甲状腺機能低下』『③自律神経系機能低下』                              ...等々があげられます。『①筋量が少ない』について筋量が不十分なうえに食事制限ダイエットなどを行う女性に冷え性は多いです筋量が少ないと、基礎代謝量が低下して、熱生産能力が少なくなるだけでなく、筋肉(特ふくらはぎ)のポンプ運動が低下してしまいます人の身体は心臓が弛緩と収縮を繰り返して血液を送り出すポンプの役目を果たしていますが、血液を吸い上げる力があるわけではありませんポンプ機能を果たしているのはふくらはぎです。ふくらはぎ周辺の筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで血液を心臓まで押し戻しています。だから、ふくらはぎが疲労し、その周辺の筋肉が硬く、収縮力が弱くなると血液循環が低下し冷え性になる要因となりますさらに心臓に戻る血液の絶対量が少なくなることで、「虚血性心疾患」「動脈硬化」を招く要因にもなってしまいます。また心臓に戻る血液量が減少すると、心臓はその少ない血液を全身に向けて送り出すめ、心筋が強く収縮して血管への圧力を高めていかざるをえなくなります。これが高血圧の原因のひとつともいわれています高血圧の人のふくらはぎは、全体的に硬く柔軟性が低下しているともいわれています。ご自分のふくらはぎをさわってみてください。いかがでしょうまた、生活習慣病が複数重なっている人、なかなか痩せない、疲れやすい人もふくらはぎがカチカチですしっかりケアしましょう続編アリです。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+

      2
      2
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 今日から始めませんか?#56膝周りの痛み②

      こんにちは気づけば10月も終わりに近づき、日に日に寒さも増してきましたね暖かくしてお過ごしくださいね今回は、ジョギング時の 『ひざ裏(外側部)の痛みの原因』 についてです。○同じ負荷の反復(急に走りすぎ)○下りのジョギング○ハムストリングス(太もも後面の筋肉)の張り○前回と同じく、偏平足○ひざ下の骨(脛骨(けいこつ))の内側への捻じれ。  ...等々が挙げられます。関節の歪みはセルフチェックしにくいですが、ジョギング前後、筋肉のケアだけでもしっかりと行いましょう

      2
      テーマ:
  • 26 Sep
    • 今日から始めませんか?#55膝周りの痛み①

      こんにちは暑さも落ち着き、運動もしやすい季節になってきました急な運動等での膝の痛み(特ジョギング時)の出やすい場所・原因・対処法について行います。膝の外側の痛み太ももの外側で膝に近い辺りの痛み膝の曲げ伸ばしで痛い。膝を少し曲げた状態で触ると痛い。下り坂で痛みが増す。膝を曲げずに足を伸ばしたまま歩くと痛みが無い。原因 ・太もも外側にある腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が先天的に堅い、幅が広い。    ・走りすぎ。    ・股関節周りの筋肉(大殿筋(だいでんきん)・大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうき     ん)緊張)    ・中殿筋(ちゅうでんきん)筋力低下    ・偏平足    ・左右の脚の長さが違う                         ....等々色々原因が挙げられますが、急に走り始める前に簡単にチェックをしてみましょう。・股関節周りの筋肉(大殿筋(だいでんきん)・大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうき ん)緊張) お尻周りを押して痛み・堅さが無いか?・偏平足 立っている状態でアキレス腱が真っ直ぐになっているか?      内側に傾いていると偏平足の可能性があります・中殿筋(ちゅうでんきん)筋力低下  片足立ちをして反対側お尻が下がらないか? ふらつかずに立てるか? お尻が下がったり、ふらつくと中殿筋(ちゅうでんきん)が弱い可能性があります以前行った、お尻周り・足裏のストレッチ・エクササイズは効果ありますので、是非行ってみて下さい

      1
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 今日から始めませんか?#54体幹筋(腹筋)簡単エクササイズ④

      今日は反り腰・出尻の方にオススメの腹筋エクササイズです反り腰の原因は、以前お伝えした腸腰筋(ちょうようきん)・腰方形筋(ようほうけいきん)の緊張太もも・股関節前側の筋肉緊張、腹筋下部(ふっきんかぶ)筋肉が弱い...等々あります正常な背骨の湾曲反り腰身体を後ろに反らすと腰に痛みが出やすいのが特徴的です身体を丸めた状態から始めます息を吐きながら、背中~骨盤を丸め下部腹筋を意識して身体を下げます腹筋を働かせてゆっくりと背中を床につけていきます背骨が順番に床についていくようにすると、バランスの良い腹筋の使い方と、背部の柔軟性を向上させることができますこの腹筋でも腰が痛くなる方はクッションを使いましょう必ず息を吐きながら行います初心者は、1~2回でも疲れたらひとまずは終了して、休憩をしながら行ってみましょうすぐ疲れてしまうのは、それだけ筋力低下している可能性も・・・休憩しながらやるのが、長続きの秘訣ですよっ

      3
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 今日から始めませんか?#53体幹筋(腹筋)簡単エクササイズ③

      バランスディスクを使って、腹筋エクササイズを行います前回の続きですちょーっと・・きつくなりますよ③『腹筋下部、内転筋、内外腹斜筋(ないがいふくしゃきん)など』始めの体勢○バランスディスクを両膝で挟み身体を支え脚を上げます。○骨盤を後傾(腰を丸める)させお尻を上げます。○脚の運動にならないよう腹筋をしっかりと意識して行います               この体勢から                           ↓まずは時計回りそして反時計回りに捻りを加えますバランスを取りながらのエクササイズになりますので、回数よりも姿勢を意識しましょう。エクササイズ中は呼吸を止めないよう気をつけてくださいね

      2
      テーマ:
    • 今日から始めませんか?#52体幹筋(腹筋)簡単エクササイズ②

      バランスディスクを使って、腹筋エクササイズを行いますバランスディスクとはバランスディスクとは、主に体幹を鍛えるために使われるトレーニング用のアイテムです。バランスクッションとも呼ばれています。ビニール製で、大きさはだいたい直径30~40センチくらい、重さが1kg前後の円盤のようなものです。中に空気が入れられるようになっており、その上に乗るとフワフワとしていてバランスがとりにくい状態になります。バランスディスクで普段の生活ではなかなか鍛えにくいインナーマッスルを鍛えることが出来ます。バランス感覚が良くなったり、基礎代謝が上がって太りにくい身体になったり、姿勢が良くなったり、身体の動きがスムーズになったりするそうです。身体を支えている軸を強化してくれます。スポーツ用品店、ホームセンター等で¥1000前後で購入出来ます①腹筋上部、内転筋(ないてんきん)、内外腹斜筋(ないがいふくしゃきん)等』始める体勢○両手を後頭部に当て少し腰を反らせバランスディスクの手前に荷重します。○腰~背中の筋肉を意識しましょう。              この体勢から                           ↓『ポイント』○顔を上げながら腰を丸めバランスディスクの後ろに荷重します。○お腹とお尻を締め、お腹をへこますことを意識しましょう②『腹筋全体』始める体勢○両手を後頭部に当て少し腰を反らせ足を閉じ、膝、股関節を90度に曲げ足を上げバランスディスクの後方に荷重します。               この体勢から                           ↓『ポイント』○下腹部を意識し、腰を丸め足を上げバランスディスクの手前に荷重しますバランスディスクを使うことで、鍛えたいところにジワジワと効かせることが出来ます次回もバランスディスク編やりますので、興味のある方は是非見てみて下さいね~

      2
      テーマ:
  • 25 May
    • 今日から始めませんか?#51体幹筋(腹筋)簡単エクササイズ

      腹筋の簡単エクササイズを4種類行います。①腹直筋(ふくちょくきん)上体起こし仰向けに寝て両膝を曲げ、両手は頭の後ろ、または胸の前で組みます 体を起こす時に腹筋に意識を集中します 上体を起こし、6秒間キープ 背中を浮かせなくても、肩甲骨が軽く浮く程度でも大丈夫です ②脚上げ運動仰向けに寝て手はお尻の下に敷き、両足をまっすぐ伸ばして上げます 下腹の筋肉を意識して行うと効果アップ 腰は反らさずに 脚も上げすぎると腹直筋ではなく脚の筋肉の方のエクササイズになってしまうので腹直筋をしっかり意識しましょう 余裕があれば脚を上下左右に順番に動かしたり。自転車こぎの動作をすると、腰周りの筋肉にも有効です ③腹斜筋(ふくしゃきん)腹直筋で行った上体起こし時、上体をひねりながら起こします   ④腹横筋(ふくおうきん)立ったまま、息を一杯吸い込みながらお腹をへこませます 腸の動きも活発になるようなイメージを持ちながら何度も繰り返します腹筋バランスが悪いと身体の歪み・痛みにつながりやすいだけでなく内蔵にも影響を及ぼす場合もあります (便秘や内蔵下垂等)前回行ったストレッチと合わせてこまめにケアしましょう

      3
      テーマ:
  • 12 May
    • 今日から始めませんか?#50体幹筋(腹筋)

      『腹筋』のストレッチを行います両側の『腹直筋(ふくちょっきん)・腹横筋(ふくおうきん)』ストレッチ。うつぶせの状態で腰を床につけたまま、床に両肘をついて上体を起こし、前を向きます。 更に前腕を使って体を押し上げると更にストレッチされますまた、ストレッチしたまま左右どちらかに身体を傾けると、片側のストレッチを強化出来ます右内腹斜筋(みぎないふくしゃきん)・腹横筋(ふくおうきん)ストレッチうつぶせの状態で腰を床につけたまま、床に両手をついて上体を起こし、上半身全体で左後ろを振り向く感じで身体をひねります 右外腹斜筋(みぎがいふくしゃきん)・腹横筋(ふくおうきん)ストレッチ体幹を左に倒しながら、右にひねります。 次回は簡単エクササイズを行います

      2
      テーマ:
  • 05 Apr
    • 今日から始めませんか?#49体幹筋(腹筋)

      今日は腹筋について。腹筋は腹部の筋肉・腹筋は大きく分けて、腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋の4つの筋肉によって構成されています。腹直筋・・・主に体を前に倒す時に使います。 外腹斜筋・・・主に体を横に倒す時、捻る時に使います。内腹斜筋・・・主に腹直筋をサポートします。つまり、体を前に倒す時に使います。          さらに、体を捻る時にも使われます。腹横筋・・・外腹斜筋・内腹斜筋の深部にあり、       「コルセット」のような働きがあり「腹圧」を押さえてくれます。         さらに、呼吸の時に、横隔膜を上に押し上げるのを助けてくれます。体幹筋の一つである腹筋は、あらゆる動作のパワーの源です。上体を屈伸させたり、胴体の上部と下部を回転させたりするのが、腹筋の役割です。さらに、腹式呼吸をする時に利用するのも腹筋の筋肉です。他には、大切な、内蔵を守ったり、身体を支える大切な筋肉です。腹筋は骨盤・背中の筋肉・肋骨・胸骨等につながっていますので、バランスが崩れると身体のゆがみ・痛みの原因にもなりますこまめにケアしましょう次回からケア方法を紹介します

      2
      テーマ:

プロフィール

ヒラマタカユキ

血液型:
O型
お住まいの地域:
秋田県
自己紹介:
宮城県岩沼市出身です。背骨・骨盤矯正のカイロプラクティックを中心に、足裏リフレクソロジー等の仕事をし...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。