『時計の学校』ブログ

専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ
ウォッチコースの講師が綴る、学校の日常です。


テーマ:

今年度も開催された「F.A.Lange Watchmaking Excellence Award」は、

ドイツの超高級時計ブランド「A.ランゲ&ゾーネ社」の創業者“アドルフ・ランゲ”が

工房を開いてちょうど165年目の2010年から始まりました。


世界各国にある時計学校関係の機関から、推薦によって選ばれた学生が、

ドイツのドレスデン、グラスヒュッテの工房で1週間のワークショップを体験し、

そこから得たインスピレーションを生かして、課題製作に取り組み、

期限内に作品を提出するというプログラムです。



今回は、フランス・ドイツ・アメリカ・フィンランド・スウェーデン・日本の6カ国から8名の学生が選ばれ、

日本代表は、当校のウォッチメーカーマスターコース3年生・荒深正和さんが参加しました。



ワークショップでは、エングレービングやケースポリッシュ、

ランゲ社製の手巻き時計 Cal.8620のオーバーホールを体験。


また、ドレスデンにある「数学物理サロン」や「ツヴィンガー宮殿」、

世界3大オペラ座に数えられる「ゼンパー・オペラ」の見学を行いました。


数学物理サロンは、16世紀から19世紀に製作された時計や

自然科学的・学術的な機器を集めた専門の博物館で、

非常に貴重なコレクションを見ることができました。



学生たちが取り組んだのは、フルカレンダー機構の製作という、

過去6回と比較しても最も難しいと思われる課題です!


フルカレンダーは、日・曜日・月・ムーンフェイズを備えるカレンダー機構で、

表示されるものが多いので、部品点数も多くなります。


ランゲ社から、ベース時計になるETA6498を手渡され、

これに付加機能として新しいアイデアで作られたカレンダー機構を組み込んでいきます。


今回のF.A.Lange Watchmaking Excellence Awardでは、

難しい課題でしたが非常に優秀な作品が集まり、

通常優勝者1名を表彰するところ、2位・3位の作品も表彰されることになりました。


そして、荒深さんの作品が3位に入賞するという快挙を成し遂げました!

 


上の写真が荒深さんの作品。


ゼンマイが組み込まれた駆動システムにより、

時間になるとまるでカラクリのようにカレンダーがゆっくりと切り替わるという

独創性にあふれた作品で、ほとんどの部品を手作業で作ったそうです。


この独創的なアイデアと、計算された機構が高く評価され、見事入賞となりました!



A.ランゲ&ゾーネ社から「F.A.Lange Watchmaking Excellence Award 入賞」の

立派な表彰状も贈られました。


非常に喜ばしい結果となり、荒深さんも自信がついたことでしょう。

これからも頑張ってくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は昨日実施した岩手県にある盛岡セイコー工業株式会社への研修旅行をレポートします!

盛岡セイコーは、高級時計ブランド「グランドセイコー」や「クレドール」の生産拠点です。



盛岡セイコーに到着後、まずはクオーツ時計・機械式時計の生産工場を見学。

その後、盛岡セイコー内の、高級時計を扱う部門である「雫石高級時計工房」の研修室に移動して、実演と実習を行っていただきました。



今回の研修では、機械式時計の心臓部分「テンプ」に付いているヒゲゼンマイの内端調整を行いました。研修を担当して頂いた松尾氏は、雫石高級時計工房で主にクレドールを担当されている技術者。

非常に難しいヒゲゼンマイの調整を、ホワイトボードを使用して分かりやすく説明していただきました。





松尾氏には、ヒゲゼンマイの調整の実演もしていただきました。

学生たちはプロの正確な作業とスピードに、驚きを隠せない様子!



その後にクレドールに搭載されているムーブメント「キャリバー68」の組立実演もしていただきました。
キャリバー68は厚さ1.98mmの超極薄時計!
普段なかなか目にすることのない高級極薄ムーブメントの作業を見ることができ、
学生にとって、とても良い経験になりました。




松尾氏による実演を見た後、いよいよ学生たちのヒゲゼンマイ調整の実習がスタート!


 


学校での作業では、時計作業用のルーペを使用している学生たち。

今回の顕微鏡での作業は、なかなか大変だったようです。



研修の最後には、松尾氏との質疑応答の時間もいただきました。

短い時間の研修旅行でしたが、学生たちにとって貴重な財産になったと思います。

盛岡セイコー工業株式会社の皆さま、ありがとうございました!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日、シチズン時計マニュファクチャリング株式会社の橋場氏による、

3年生対象の産学協同特別授業が行われました。


橋場氏は、黄綬褒章を受勲された現代の名工で、

シチズン時計マニュファクチャリングでは、スーパーマイスターに認定されている、とても凄い技術者!



今回の授業では、橋場氏による多針・高級時計の針付けと外装取り付けの実演もありました。



文字盤や針の取り付けなどは、学生が最も苦手な作業ということもあり、

橋場氏の実演を見る学生たちは、真剣な眼差し。



橋場氏の実演を見た後は、学生たちも実習を行いました。


学生たちが使用したムーブメントや文字盤・針などの外装は、

シチズン時計マニュファクチャリング様から、貸与していただいたものです。

本当にありがとうございました。


学生たちが作業を行った時計は、

橋場氏より直接1つひとつ丁寧に評価とアドバイスをしていただきました。

 


授業の最後には、質疑応答の時間を設けていただき、

普段学生が外装の取り付けで困っていることなどを質問し、解決することもできました!


橋場氏の丁寧なアドバイスなどを聞き、

学生たちも苦手な外装取り付け作業に少し自信が持てた様子で、とても良い経験となりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 


昨年の11月29日、ウォッチメーカーマスターコース3年生を対象とした、

一般社団法人 日本時計協会の竹岡氏による産学協同授業が行われました。


竹岡氏は、「現代の名工」の受賞や「黄綬褒章」の受勲歴を持つ技術者。

そんな雲の上の存在である竹岡氏に指導をしてもらえるという滅多にない機会に、学生たちも緊張気味の様子。
 


今回の特別授業では、機械式時計の精度について講義をしていただいた後、

心臓部分であるテンプのヒゲゼンマイに、特殊なカーブをつける作業を行いました。


機械式時計は、使用される位置によって精度が変化していく「姿勢差」と呼ばれるものがあり、
ヒゲゼンマイの内側(内端)部分に特殊なカーブ(内端カーブ)をつけることで、

姿勢差を小さくすることができるのですが、このカーブをつけるのは非常に難しい作業になります。



「ティーチングヘッド」という2名で見ることができる特別な顕微鏡やテレビモニターを使い、

竹岡氏のカーブづけ作業を見せていただきましたが、まさに神業!


竹岡氏の実演後、実際に学生たちが内端カーブ作りに挑戦し、

形ができた学生から順に、竹岡氏に確認をしていただきました。


最後に、完成したヒゲゼンマイがついたテンプを時計に組み込み、精度をチェックして終了。


今回の作業は非常に難易度が高いので、なかなか成果が出ない学生もいましたが、

「時計の精度」という最も重要な部分をしっかりと学べた特別授業になりました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



先日、シチズン時計株式会社様の本社に開設された

シチズン時計ミュージアムを見学させていただきました。


シチズンの希少な時計や資料などが展示されており、学生たちも興味津々!



お忙しい中、展示品の解説や学生からの質疑応答にご対応いただき、

ミュージアムのスタッフの方々には本当に感謝です!!


 


ミュージアムでは、最後にヒコの卒業生で、

現在シチズンでご活躍されている長沢さんのお話を聞くことができました。

先輩の貴重なお話は、学生たちの心にも響いたようです。



 

シチズンミュージアムの入り口で、記念撮影。

日本では、なかなか見ることができない時計のミュージアムに学生たちも大満足でした!


シチズンミュージアムの見学後には、

シチズン時計マニュファクチャリング株式会社・埼玉狭山工場に移動。


埼玉狭山工場では、シチズンの機械式時計の「地板」や「受け」といった重要な部品を生産しています。

こちらの工場内を3班に分かれて見学。


学生一人ひとりにインカムまでご用意いただき、とても丁寧に時計部品の生産や加工などをご説明くださいました。



見学終了後に、工場の前で記念撮影。

なんと、私達のためにウェルカムボードを作ってくださり、学生達も皆感動!!


とても充実したシチズンミュージアムと埼玉狭山工場の見学会でした!


シチズン時計株式会社、ならびにシチズン時計マニュファクチャリング株式会社・埼玉狭山工場の皆様。

本当にありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。