1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年05月29日 14時56分59秒

テスト前だからこそ考えること

テーマ:日記

明日からテストが始まりますが、只今息抜き中です。一週間ぶりの更新です。

 

僕はどうも数学の公式などを頭ごなしに「暗記」することが苦手らしく、証明などで「理解」出来るまでその分野に親しめないことが多いようです。それでも、一度理解して慣れれば、坂道を下るような感覚で楽に問題が解けるようになるから不思議です。

 

文系の科目では、僕はより一層「暗記」と言うものを強く嫌います。そういうことで、少し前まで「歴史は暗記科目だ」と思い込んでいた時には、歴史は最大の苦手科目でした。事実、テストの内容も「出来事と人名の暗記」に過ぎませんでしたし、テスト前には無理やり知識を詰め込んだものです。

 

しかし、いろいろな勉強を通して、一度「テスト」というものから一歩引いて考えると、考えは大きく変わってきました。歴史というものは、教科書のわずか数行の記述とその暗記などで済まされるものではなく、「歴史」と言う小さな枠組みにとらわれず、あらゆる学問分野へと結びついていくもの、ということに気づきました。そして、勉強の本質がテストでいい点数を取ることなどではなく、「自分の力で考え」、「興味を広げる」ことだということも。言い換えれば、きちんと知識を吸収した上で、そこからいかに自分の力でトピックを深め、広げていくかを考えるのです。

 

そう気づいた瞬間に、僕の勉強スタイルも変わってきました。「すべての学問を分け隔てなく学ぶ」というやり方です。僕がSSPにいながら、文系にも興味を向け続ける理由はそこにあります。

 

悪く言えば「どっちつかず」の一言で片付けられるかもしれません。しかし、これが勉強の本来のやり方だと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年05月22日 13時25分26秒

テスト一週間前

テーマ:日記

僕の高校では5月30日(月)から中間テストが始まります。


それにあわせて、一週間前になる明日からクラブ活動がストップになり、しばらくはテストに集中することになります。今回は、英語を除くと実質7科目で、比較的小規模なテストです。


次回の期末テストが丸々オーストラリア研修の期間とかぶってしまう都合で、期末テストの分は中間テストの点数をもとにして「見込み点」として出るそうなので、今回のテストはいつもの数割り増しでがんばる必要がありそうです。数学IIとかは「今回は難しいで」と先生が言っていたぐらいなので・・・


ただし、僕のポリシーとして「徹夜はしない」「平日の家庭学習は3時間まで」という二か条は絶対に守ります(笑) これは数年前に英語の勉強をやりすぎて、痛い目にあった経験からきています(軽い不眠症など)。最低限の睡眠時間を守るためにも「3時間」は基本です。事実、たくさん寝たほうが覚えたことも頭に残ります。(受験に慣れた人なら、徹夜などで限界を伸ばせると思いますが、僕にはそんな根性はありません)


「健康を害し、脳みそを傷つける恐れがあるため、自分の能力を超えた勉強のしすぎにはご注意ください」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月18日 20時13分19秒

あと一ヵ月半

テーマ:ISS in Australia

ISS(International Science School) の要綱が、シドニー大学から直接送られてきました。中身は、合格証と個人情報の登録用紙のほかに、20ページ分の簡単なパンフレットも入っていました(もちろん全部英語です)

それとほぼ同時に、学校には文部科学省からの案内も送られてきていました。それによると6月上旬に4月の面接と同じ場所でオリエンテーションがあるそうです。そこで参加者10人全員が顔合わせ、ということになります。


現地では2週間滞在し、「International Science School for High School Students」というものに参加して講義を受けます(他にアクティビティなども多数)。取り上げられる内容は、メインの物理だけでなく、ほぼすべての理系分野にわたります。大体目に付いたもので、「放射線によるガン治療」、「遠距離通信」、「ナノワールド」など、内容がぎっしりと詰まっています。


こんな素晴らしい研修に一員として参加できるのは、いろいろな事情で(特に経済面!)アメリカのサマースクールに参加したり、交換留学に行ったりできない身としてはとても有難いことです。


渡航は7月初旬、あと1ヵ月半です。ぜひ期待して望みたいと思います!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月16日 22時41分35秒

修学旅行協議会

テーマ:修学旅行(Ski Course)

前の記事で書いていた、修学旅行協議会が放課後に行われました。


学校側から各学年の主任や教頭先生などが出席し、委員会側と意見を交換しました。信州コースは内容には問題なし、ほかのコースも少し疑問点が出ていたものの、コースの内容自体でストップがかかるようなことはありませんでした。


問題の海外3・国内1の案は、データ不足が原因で学校側に十分に訴えることができなかったため、残念ながら今回は可決も否決もされず、正式な決定は次回の協議会に延期されました・・・


これから急ピッチで生徒にアンケートを行って、実際の各コースの集まり方を調べます。さらに、急遽、信州コースがスノースポーツだけでなく郷土学習のプランも別途で設定することも決まりました。僕は引き続き「スノースポーツプラン」を充実させていきますが、副企画長に頼んで「郷土学習プラン」の骨組みを組んでもらうことにしました。


これから、委員会の仕事が日増しに増えてきそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月13日 19時50分59秒

修学旅行実行委員会

テーマ:修学旅行(Ski Course)

僕の高校の特色のひとつとして、「修学旅行が生徒主催である」ということがあります。修学旅行実行委員会(通称「修実」)という組織には30人ぐらいの生徒が所属していて、修学旅行作りの中心的な存在になっています。先生は最低限の口出しをする程度で、基本的な運営管理は生徒にゆだねられています。盛大な文化祭と並ぶ「2枚看板」の一つであり、生徒の自治能力が試されます。


僕も高1の秋から委員会に入って活動をしているのですが、最終的に成立した海外3コース・国内1コースのうち、唯一の国内コースとして信州コース(スノースポーツ)の企画長を務めています。


最初は、自分でコースを作ることはほとんど考えていなかったのですが、途中で「スノースポーツをメインにしたコースを作りたい」という動機ができたので、自分で「信州コース」を立てることにしました。人気投票でも国内コース4候補のうちのトップになり、4月には委員会側の最終的な4コースの一つとして決定されました(^^)v あとは、月曜日の学校側との協議会を切り抜ければ、晴れて「学校側からも公認」という運びになります。


国内コースは少なくとも1コースは設置しなくてはならないという決まりになっているので、信州コースについてはほぼ確実に通るでしょう。ほかのコースも大枠はほぼ完成しているので、「コースの中身がしょぼい」といってつぶされることはまず無いはずです。ただ、問題は少し別のところにあります。


各コースの行き先は、学校側の規則により、例年なら4コースを海外2・国内2という風に割り当てているのですが、今年は例年よりも海外志向の人が多く(8割ぐらい)、委員会の中で海外3・国内1という比率にしたいという意見が出てきました。しかし、学校側は「海外が多いと手間が掛かる」として乗り気ではありません。かといって、国内コース2番手の沖縄コースは、あまりに人が少なすぎて成立させられない、つまり、海外3・国内1の案が通らないと、海外2・国内1で催行という、とても情けない結末とになってしまいます。しかも、そうなると、信州コースに多く見積もって50人以上来たとしても(スキー系のコースは例年50人未満で催行されています)、海外の2コースに残りの300人近くの生徒が集まり、全く身動きが取れなくなってしまうのです! つまり、委員会側としてはぜひとも海外3・国内1で通したいわけです。


月曜日の協議会での争点は、各コースの成否より、そのことに重点が置かれそうです。詳しいことは月曜日に記事を書きたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。