はやて号の栽培雑記(ブルーベリー・パイナップル・甜菜など)

賃貸テラスハウス庭先で楽しんでいる、ブルーベリーやパイナップル・甜菜などの栽培雑記です。

NEW !
テーマ:

気が付けば12月も半分過ぎてしまいました。毎年思うのですが、師走って良く言ったもので、個人的には一瞬で終わってしまう感覚です。今年もやり残しがたくさんあるのですが…あせる

 

園芸作業の方は、メインのブルーベリーは植え替えは済んでおり、次作業の冬剪定は落葉待ちの状態ですので、ひと段落しています。

なので、最近出番の無い植物達の様子を記録しておこうと思います。

 

キンモクセイです(前回の様子はこちら)。

10月の開花の後は再び地味な姿に戻りました。常緑樹なので、この時期に緑の葉を見せてくれる貴重な存在です。

 

山椒です(前回の様子はこちら)。

完全に落葉しました。山椒の枝の生長期は春先の年1回で、秋には枝が生長しないのですね。春に伸びた枝の長さで今年は終わりました。

 

ラベンダーです(前回の様子はこちら)。

株元から二枝に分かれている樹形だと思っていたのですが、片方の枝が枯れたので取り除いてみたら、実は二株ありました。このまま冬を越せるでしょうか。

 

実生のコナラです(前回の様子はこちら)。

娘に貰ったドングリを蒔いたものです。屋内の温室棚に置いてありますが、無事に発芽したようです。銀色がかった萌黄色の葉が美しいです。ここから盆栽仕立てにするには、どうしたものやら…。

 

 

さて、今日は娘の通う保育園のクリスマスお楽しみ会があったので、参観に行ってきました。歌ったり踊ったりしている娘の成長振りをしっかりと目に焼き付けてきました。可愛かった~照れ

会の終わりに児童たちはサンタさんからプレゼントを貰って大喜びでした。やっぱり子供って、サンタさんとかクリスマスとか大好きですよね。

 

今年は我が家でもクリスマスツリーを用意してあげる事にしました。と言っても、我が家にはもみの木なんて洒落たものはありませんので、他の木で代用する事になります。

サイズ的にはブルーベリーは丁度良いですが、落葉・紅葉しているのでちょっとクリスマスツリーの雰囲気ではないですし…ああそうだ、丁度良いサイズの常緑の木がありましたね。

キンモクセイのクリスマスツリーです。適当飾りですが、これでも娘は大喜びしてくれたので、良しとしますかニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月10日の記録です(前回の様子はこちら)。

 

まずは、一寸そら豆の様子です。

少しづつ生長しているようです。脇芽も出始めたようですので主茎を摘心します。摘心の時期と方法を調べてみたら、1回で行う方法と2回に分けて行う方法があるみたいですね。迷いましたが、2回に分けて摘心してみる事にします。2回の場合だと、今頃の時期に主茎の生長点を止めて、脇芽が葉を広げて光合成を始める12月下旬頃に主茎を取り除けば良いみたいです。

1回目の摘心なので、生長点を摘まむ感じで…

これで良いのでしょうか?ただ単に先端の葉っぱをちぎっただけのようにも見えますが…まあいいやあせる。うまく生長点を摘心出来ていないようであれば、12月下旬に主茎の根元で摘心しようと思います。

 

イチゴの様子です。

章姫のアブラムシは無事に鎮圧できました。一季生りの4株は休眠態勢でほとんど動きがありません。

二季生りのみのりくんは、3つ目の花が開花中です。

ゆっくりですが、着々と実が大きくなっています。

 

耐病総太り型大根の様子です。

大根は好調をキープしています。

左の株は大分サマになってきた感じですね。

 

大葉春菊の様子です。

一斉に脇芽が伸びだしてきて、もっさりとしてきました。これは収拾が付かなくなりそうな予感がします汗

 

最後に、甜菜の予備株の様子です。

寒さのせいか生長は鈍っていますが、つやつやした透明感のある葉で元気な様子です。しっかり寒さにあたって、春に花を咲かせて欲しいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月10日の記録です。

サボテン達のその後の様子です(前回の様子はこちら)。

 

マミラリアの玉翁です。

11月12日にアクシデントで植え替えた後、根の養生をと思って屋内の温室棚に置いておいたところ、何と蕾が上がって来てしまいました。春と勘違いさせちゃったでしょうかあせる。この状態だと表に出すと蕾が傷みますよね。となると、このまま屋内で越冬になりそうです。もしかすると、正月頃に開花するのでしょうか?

 

胴切りしたマミラリアの満月です。

11月12日に乾燥した用土に挿して(置いて)屋外で管理しています。寒い時期なので見た目の変化はありません。それにしても、やっぱり丸い満月は絵になりますね。


そっと持ち上げて切り口の様子を確認してみました。発根はまだのようですが、これだけ寒くてもカビが出ますか…ベニカXファインスプレーを塗布して扇風機で乾かしてから用土に戻しておきました。引き続き屋外で管理します。この満月は球体が大きいですし、球体内部まで腐るようなカビでなければ、少しのカビは致し方無いのかもしれませんね。

 

満月の根元部分です。

ブヨブヨの状態は止まらず、一層生気が無くなってきました。もはや残しておいた子株を支える力も残っていないようです。

根元部分はここで諦める事にしました。残しておいた子株は元気なので、根元部分から取って挿し木しておきました。

 

11月12日に挿し木した子株です。

屋内温室棚の玉翁の隣に置いてあります。特に変化はありませんので、気長に発根を待ちます。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。