(公財)ハーモニィセンター代々木のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

第五章「ついに頂上アタック!一番過酷な一日。」(1/25)

↑山頂アタック前最後の食事!

 

 夜10時にガイドに起こされ目を覚ます。韓国人の彼も無事に復活していた。登る前最後のエネルギー補給としてインスタントラーメンが出た。これのうまいこと!お腹を満たして夜11時半、暖かい格好に着込んで真っ暗な山頂に向けてスタートした。ここまでは毎日標高1000mを10kmかけて上がっていたが、山頂までは4700mから5870mの約標高1000mを5kmで登る。それだけ急こう配になるということだ。標高が高いだけあって一歩歩くだけで、深呼吸のような息遣いになる。30分もするとしゃべる体力がなくなるのとしゃべると呼吸が乱れるので、無口な時間が続く。道中には嘔吐しているたくさんの人たち。「きっと彼は山頂までは無理だろう」そして「次は自分かも」と思うと何て声をかけていいかもわからない。何人ものうずくまる人たちを通り過ぎた。とはいえ自分たちも決して順調ではなかった。Tさんの体調が芳しくなく、衣服の調節や水、薬を飲むために適宜休憩が入る。休憩が増えると体が休まる反面、寒さに体力を奪われ、エネルギーが切れる。また睡眠不足から眠気が襲う。短期決戦。本来ならスピード勝負が鉄則。チョコレートやアミノバイタルを補給してちょっとずつ登っていく。生きるためには食べる、そんなことを強烈に感じさせられる。もくもくと歩き続けコースタイムよりは遅いがなんとか1つ目のピーク・ギルマンズポイントに到着。

↑ギルマンズポイント!ここまでは写真を撮る余裕もない…。

 

「ここからはそんなに標高変わらないからそんなにきつくないよ。」ガイドの言葉を信じて、23分の休憩で一番のピーク・ウフルピークへ!尾根沿いは雹が降っていて顔を打ち付ける。

↑あとちょっとなんだけど遠い…。
 

 

きつくないと言われながらも約1時間30分、ただ前だけを見て一歩ずつ確実に進む。Tさんはエネルギーぎれと気持ちが持たず、両脇をガイドに抱えられていた。「あとちょっと!あとちょっと!」Tさんに声をかけながら自分自身をも鼓舞するように、そして凍るバックパックを背についにウフルピークに到着した。「ここに長時間はとどまれない!すぐにでるぞ!」本来なら盛り上げ、写真を撮りまくってくれるはずにガイドの言葉におかれている状況を理解させられる。それでも手袋をとり「証拠写真」を数枚撮った。笑顔もなけりゃ、「イエーイ」もない、達成感を味わう暇もない登頂だった。

↑苦しい苦しい登頂となりました!
 

 

ピークから逃げるように早々と撤退していく。尾根を降り、登ってきた急こう配に差し掛かるころ、ようやく雪・風がやむ。ふっと緊張が緩まった。「あー山頂でこれだったらなぁ。」登山とは運の連続。登れただけ良しとしないといけないと分かりながらもこれまでの足跡を考えると不運がとても悔しかった。そしてきつかった登りは下りになると一転楽になった。砂地を駆け降りるように降りていく。砂が目に入り痛いがそんなことより降りれる安心感と下りの楽しさに心が躍った。砂埃を気にせず歩いていたから、翌日目が明かずに大変だったが、楽しい時間だった。登りで8時間近くかけた道を下りは3時間程度で降りてきた。

 キボHutに戻ってきた時、「おや?頭痛い…。」下りで楽しみすぎて、呼吸を意識せず降りてきてしまった。下りとはいえ5000mクラス、ちょっと調子に乗りすぎたかな。とりあえず水を500ml飲み、大きく呼吸して、周辺をブラブラ。中々痛みは引かなかったが幸いあとは下りだけ高度も下がるし大丈夫だろう。思惑通り、下っていく中でしっかり呼吸することで痛みは引いていった。気を抜くなって山が言っているのかな。そんなことをかんがえながら降りて行った。ホロンボHutについたのは14時過ぎ。この日は20km約15時間歩いたことになる。前日は2時間程度しか寝ていないので達成感よりも疲労感が勝り、この日は8時には眠りについてしまった。一番ハードな日を無事に終えることが出来た。

 
第六章「下山にてこの挑戦を振り返る…」は26日に!
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。