1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-01-31 21:17:44

★強い気持ち

テーマ:ヴェルディ

何かうまくいかないことがあっても、負けてもいいなんて思って戦っている選手は一人もいない。

すべてが自分の思い通りになっていないことでサポートする気が失せるなんて、僕的にはあり得ない。

強い気持ちを持った者こそ、一騎当千。数の何倍もの力を発揮する。

不満があるから冷めるのではなく、それをパワーに換えて、このクラブをサポートする or このクラブを変えていく努力をする そうしていこうじゃないか!


いよいよ明日、ファン感。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-01-29 10:13:07

★相馬、葡移籍

テーマ:ヴェルディ
相馬がポルトガルリーグ、マリティモ移籍が決まったようです。

マリティモは、リスボンの南西1,000Kmにあるマデイラ島にあるチーム。
マデイラ島って言ったら、日本ではマデラ酒で有名だけど、どこかと思ったら、
Dear Green Field-Madeira.JPGモロッコからの方が近いんだ。

で、今の監督は、元ヴェルディの監督ロリだそうです。
ロリと言えば、思い出すのは、2003年の開幕、市原臨海でのジェフ戦。ジョージ柏原の不可解な判定で米山とロペスが退場になり負けた試合。
試合終了後、ロリがジョージに殴りかからんばかりに猛抗議してた。

あの日は寒くて風邪引いてしまったっけ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-28 09:51:02

★坂田 前チャンプ 再起へ

テーマ:mobileから

年末にタイトルを失った、稲城市在住の坂田健史選手(協栄ジム)が現役続行を決めたそうです。



読売記事



また、チャンピオンベルトを持ってきてくれることを期待しましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-26 23:43:14

★バウル、泣かせてくれるね

テーマ:ヴェルディ

サポクラの会報紙「Verdism」 が届きました。

封筒がファン感特別席の引換券代わりなんですね。


それより、嬉しいものが会報誌に載ってます。

最終頁の下の方、プレゼントのコーナーをご覧ください。


賞品はバウルのサイン色紙なんだけど、サインの上に添えられた言葉は、

「生涯ヴェルディ」


Dear Green Field-CA3A0123.JPG


泣かせてくれます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-23 09:08:16

★シーチケ購入運動展開中!

テーマ:ヴェルディ
グリーンパス買いましょう!

購入する方は コチラ へ

そりゃ、(全試合とはいかなくとも)試合毎に当日売り買ってもらった方がクラブの総収入多いです。でも、これはリスクが高い(下振れする可能性大)。
企業としてみれば、確実に収入が入ってくる方がずっと経営の安定に寄与します。

そこで、
クラブをサポートするために  or
クラブはサポートしたくなくても、頑張っている選手を励ますために
是非、グリーンパスを買いましょう。
多少の無理なら、そこんところなんとかしてグリーンパスを買いましょう。

かく言う僕は、去年のうちにキャッシュで申込済みです。キャンセルするつもりも一切ありませんでした。
年に数回しか観戦しない友人にもグリーンパス勧めちゃおうと思ってます。

グリーンパス買いましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-22 16:08:28

★加藤善之氏、松本山雅FCへ

テーマ:ヴェルディ

退任する加藤TDが、松本山雅FCのゼネラルマネージャーに就任します。


松本山雅FC


一昨年、草津戦で行った松本のアルウィンでJ加盟に向けた署名運動してましたね。

同じ緑のチームです。あちらで頑張ってもらいましょう。

蛇足
「山雅」って、松本駅前にあった選手行きつけの喫茶店から取ったとWikipediaに出てますね。個人的には、こういうの好きです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-22 12:28:42

★ハギ引退

テーマ:mobileから
ご苦労様でした。

すっごい頼りになる時とあっさり退場する時があったけど。

引き続きよろしくお願いします。
十分身体を動かしておいて下さい。CBの頭数からいって、ひょっとしてシーズン途中で現役復帰っていう可能性もゼロではない気がするのは僕だけ?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-21 22:29:37

★ラウンドテーブル後の対応

テーマ:ヴェルディ

今日(1/21)行われたサポグループ有志の申し入れ に対して、早速クラブから回答 があった。

正確には申し入れに対する回答とは書かれていないが、内容からいってそう見ていいだろう。

非常に早い対応だ。


で、その内容だが・・・・

もちろん満点ではない。 でも、申し入れで求められている現時点での回答としては単位は与えていいんじゃないだろうか。


もちろん、今後とも注視していかなくてはいけないが。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-20 08:18:10

★情報管理について考える

テーマ:mobileから
今回のTOMASの経営参加の件を含め、情報管理がなってないというご意見が多い。
でも、本当の意味できちんと情報管理がなされているかどうかは外からは分かりようもない。

確かに、情報管理は大事。
交渉中の話、相手のある話をマスコミやサポに公表できるはずがない。
でも、一方で、これは決まってないことは一切外に出さないということではない。断じてない。
要は、外に漏らすことにより不利益を蒙るようなことをしないということだ。
公表したり、直接聞いたりできないことを、相手(や世間)の反応を探るために意図的に漏らすことは、一般社会ではよくあること。
いわゆる「アドバルーン」とか「観測気球」ってやつ。
こういうネゴシエーションもできない奴はビジネスの絡む世界では大成しない(人間的にはいい奴なんだろうけど)。
問題は、ちゃんとした戦略なり、意図なりを持って行われているかどうか。
こればっかりは外からは分かりません。
この前のラウテのような場で責められても、「○○についてマスコミにリークしたのは、実はこういう目的で上げた観測気球でした。」なんて言えるはずがない。
仇討ち前、遊び呆けて吉良方の目を欺いた大石内蔵助のように、何を言われてもバカを装うしかない場面もある。
(もっとも、内蔵助は本当に放蕩者だったという説も有力。もしそうだとしたら、遊び放題遊んでかつ本懐を遂げるなんて羨ましい限りだが)

人間としては誠実であることは評価されるが、組織としては常に正直であることが最大の利益をもたらすとは限らないということ。

問題は、(繰り返し言うが)正しい戦略を持って事が行われているかどうか。それもなく、外に漏らすのは愚行と言われても仕方ない。
あと、戦略としては最良であっても、結果が悪かったら責任を取らなきゃいけないのも組織の常。

穿った見方をすれば、サポが反発しそうな事柄については、少しづつ滲み出しをして(抵抗感を薄れさせ→麻痺させて)事を進めるっていう手もあるが・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-19 12:49:20

★クラブのアイデンティティーって何?

テーマ:mobileから
読売新聞 → 日テレ → 日テレ(+サイバーエージェント) → 日テレ → TOMAS((+日テレ))
(よみうりランドや各自治体などの小規模株主は省略)

クラブのアイデンティティーってなんだろう?

選手は変わっていく。義成のような選手、生え抜きの選手はいるけど、今後ともずっとヴェルディに居る保証はない。
株主も資本の論理で変わっていく(変わってきた)。
ランドに代わる場所が見つかればそこに移転する可能性だってゼロじゃない。(マリが東戸塚からみなとみらいに行ったように)
クラブのイメージカラーを変えたところもある(サポの抵抗は大きかったが)。
名前が変わる可能性も無くはない。(1969を付けたり外したりとか、ベレーザも「読売」→「読売西友」→「読売」→「NTV」→「日テレ」と変わっているし)

人間の身体だって変わっていく。身体の組織は、何年か経てばすべてが入替わっている。
血液型だって変わることもある。


結局のところ、クラブのアイデンティティーって、サポーターだと思う。つまり、サポやクラブを支える地域の人々、商店などなど。
そのクラブのプレースタイルがサポを引きつけ、そしてサポが求めるプレースタイルがクラブの伝統になっていく。そういうことだと思った。
そして、それがindividual(個)を超えて受け継がれ、再生産されていく。それこそが、クラブのアイデンティティーだと思う。

今年でクラブ設立40周年、アラフォー。人間であれば、確実に1世代を超えている。
そして、これから先、何世代も存続していってほしい。


万が一、億が一、ヴェルディが消滅することがあっても、僕は直ぐに余所のクラブを応援するようにはならないだろう。
でも、基本サッカー好きの身としては、ヴェルディのDNAを受け継ぐチームを見つけて応援していくんだろうな、と思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。