【いわゆる】

テーマ:
【いわゆる】





メルヘン。



先日、某トーク番組に鈴木蘭々がゲストとして出演していた。当たり前の事だが鈴木蘭々は“年”をとっていた。33歳だそうだ。なんだか体型も少し逞しくなっていた気がする。多少ではあるが、鈴木蘭々の動きは未だに“メルヘン”だった。なんだか胸が苦しくなった。ふと思い出したことがある。居酒屋のバイトでお世話になった大先輩のヨシタカさんが『遊ぶなら安室奈美恵で、結婚するなら相武紗季やな。』とぬかしてけつかんでおられたことを思い出した。賛成に2票。もちろん“ボク”の1票と“ボクのポコチン”の1票だ。安室奈美恵は家庭に入るとエロスを失いそうだが、相武紗季は家庭に入るとエロスが弾けそうだ。それどころか極悪なまでの“ドスケベ奥さん”になりそうな予感がする。



妄想。



仕事に疲れて帰宅した。玄関の扉を開くと“紗季”が笑顔で迎えてくれる。とりあえず簡単にシャワーを浴びて食卓へ行くとテーブルには温かな料理が用意されている。席に着くと“紗季”は冷蔵庫からビール、冷凍庫からグラスを取り、ボクに『おつかれさまです♪』と言って酌をしてくれる。食事を終えてソファーで横になっているボクに“紗季”はマッサージをしてくれる。肩凝りが酷いボクの全身を丁寧にマッサージしてくれる。そんな“紗季”が愛しくてボクは彼女の体を抱き締めて唇を重ねてしまう。そして彼女の体を貪るように味わう。彼女は上目使いで硬直したボクのペニスの“先端”を艶やかに滑る唇で“愛撫”してくれる。そう、ペニスの“先”を“愛撫”してくれるのだ。これを“アイブ・サキ”と言う。



めでたし、めでたし。
AD
【おとなしくて、かわいらしい】





レインボーマン。



先日、“某通信”で知ったのだが、ボクが現在住んでいる“某市”はアメリカに“スポーケン市”という姉妹都市があるそうです。ビックリです。ビックリついでにもうひとつ言わせていただきますと、男子も“潮吹き”をするそうです。今、“男子も潮吹きする”ということを告げられてビックリしてしまい“潮吹き”をした女豹の方々、その辺に落ちてる男子を拾ってでも“男子の潮吹き”を試していただきたいと思います。男子を“潮吹きさせる方法”はポコチンの先端で我物顔をしながら踏ん反り返るタートル・ヘッドを擦るのだそうです。ただひたすらにタートル・ヘッドだけを擦り続けるのだそうです。そうすると男子はアホみたいな顔で“潮”を吹くそうです。どんなに男前な顔面でも、どんなに厳つい顔面でも、アホみたいな顔で“潮吹き”をするそうです。そして“潮吹き”の後しばらくは“おとなしくて、かわいらしい”そうです。女豹の皆様、日頃“日本が沈没”するぐらいに“潮”をアホみたいに吹かされている分“ここぞと言わんばかり”に男子に潮を吹かせましょう。そして“潮吹き”の後にタートル・ヘッド上空へ掛かる“虹”を優越感に溺れながら鑑賞し、
今度は“世界を沈没”させるぐらいの勢いで“潮”をアホみたいに吹かされて下さい。



しおらしい、しおらしい。
AD