レントゲン

テーマ:
骨折部のレントゲンを撮りに病院に行った。

ロビーで順番待ちをしていると看護婦さんが聞き覚えのある名前を呼んだ。受付で待機している看護婦さんのもとに順番待ちのカードを受取りに昭和のプロ野球選手の私服のようなコーディネートで首からでっかいブルガリの輪っかをぶら下げた同級生が現れた。

眼球とタマキンが入れ替わるかと思った。

ボクの知っている頃の恐ろしいほど真面目すぎるうえに田舎のおばあさんのように世話やきだった彼からは想像不可能な仕上がりになっていた彼は足をVシネマ級に広げて携帯電話をいじりたおして不良中学生級以上の悪態を晒していた。中学を卒業してからの十数年間で彼に何があったのかは知らないが確実に親戚一同の期待を千切りしてにるに違いない。義務教育時代から現在までフラフラとしているボクにとってはうれしい誤算だ。

人知れず遠くから見守るボクをしりめに同級生の彼の態度は老人達への威嚇にせいをだすばかりだ。笑いがこみあげるほど情けない態度だ。どうせなら女、子供、老人に喧嘩を売るくらい立派な不良に成り上がって下さい。

もしもボクが同級生の彼を担当する医師なら彼のレントゲンを見ながらこう言うだろう。

『心が折れてますね。』と。

それより何よりボク的には肉博覧会のようなエロバディをした看護婦さんが気になってしゃーない。だから何かと理由をつけて通院しよう。

チチクビのカラーはサーモンピンクにかぎる。

それがボクの活きる道。
AD

イルミネーション

テーマ:
12月23日は2006年度最後のバンド練習と忘年会、今年の春あたりからサポートギターとして加入してくれている『ひじきみたいな頭』をしている『らくだ君』が1週間前に購入したツヤけしボディの黒のギブソンを絶妙に下手クソなテクニックで絶好調にプレイしてくれたので2007年からは『サポートギター』という肩書きを新品ギターのビジュアルから『イノラン』という肩書きに変更する運びとなった。今度、イノランの新品ギターに修正液でこっそりとイタズラしてホテーギターにしてみたいと思う。きっと目を潤ませて喜んでくれるに違いない。我ながらナイスなサプライズだ。

一夜明けた12月24日、クリスマスのイルミネーションで眩しく美しい街の中、最も眩しい光りを放っていたのは自身のクリスマスツリーをギンギンに硬直させ体内ローションでツリーの先端をぬめらすという見事なまでに我慢の限界を表現したメンズのギラギラした目だった。

メリークリトリス♪

これでボクも立派な大人だ。
AD

一番エロい人へ

テーマ:
少なくとも四週間。

男子たるものターゲットとする女子が使用すること確実であろう切手の裏面には少なくとも四週間は費やして何度も何度もカウパーを漆塗りするくらいの一方的な愛情と、その女子が所有するビンテージでフレッシュなパンツをマウスピースにしてリングに立つくらいのこれまた一方的な愛情を常備していなければならない。
そんなナイスなサプライズに女子のハートとクリトリスは勃起するのです。内緒話ですが、この時に発生するエネルギーで地下鉄千日前線は動いています。

健全なる大人中学生の皆様へ、千日前線が止まらないように日々精進し社会に貢献して下さい。
本当の中学生の皆様へ、社会とは窓ガラスわらないルールです。
アンダーマウスがウエッティなに女子の皆様へ、ナイスですねぇ。
一番エロい人へ、ボクたちは今何をするべきか?
AD

骨折

テーマ:
2006年11月8日、清々しい秋晴れの朝にボクは骨折した。

摩擦ごとに関しては玄人の右手を骨折してからヒトツキが経過した。あの日からボクは治療のために3日ごとに通院し、毎日のように頭が悪くなるまで股間に摩擦を利かせてきた。おかげで傷も癒され骨折部も順調に回復しているそうだ。
ただ時々、気まぐれのように右側のタマキンが蹴りあげられたように痛むことがある。ドMさんなら喜びと快楽にひれ伏せることが可能なのかもしれないがボクにとっては『セックスに関する発言をするときのスギモトアヤの表情』くらい不愉快だ。
だが今回の骨折で摩擦に関しては素人だった左手がセミプロの仕事をできるようになった。

最後にひとこと、スギモトアヤのナイスなバディにボクは絶対に翻弄される。それが不愉快であっても…。

メジャーリーグ

テーマ:
去年の今日は私の所属するバンドの主催で『ずるむけシューマッハ』というイベントをした。あれは楽しかったなぁ。



地元には粋な自販機がある。

自販機にはお茶3種、炭酸飲料5種、コーヒー6種、スポーツ飲料2種、缶ビールをモチーフにした『こども飲料』なるジュースがラインナップされている。その『こども飲料』の隣、自販機では『新作おすすめ商品』をディスプレイする特別なポジションに不自然なほど自然に『潤滑剤』つまり『ローション(無色)』がディスプレイされていた。ゼニのほうはというとドリンク全品\100の中、ローションだけは300ミリリットルで\1000だ。問題無く購入。冷えてた。
昔々、エロ本もコンドームも自販機というマイナーリーグで活躍し、その功績を認められ今やコンビニというメジャーリーグで活躍している。その流れからすると『ローション』がメジャーリーグで活躍するのもそう遠いことではないと確信している。

それにしても抜群の滑り具合だ。