「あとは緩和」といわれたら

- 診察室からの独り言,その他いろいろ −


テーマ:

ASCO:American Society of Crinical Oncology

米国臨床腫瘍学会・・・

毎年,米国シカゴで開催される,
一大イベントである.

ASCOはがん診療に関わる
世界中の医療関係者が注目しているといってよく,

同学会で示される内容や報告は,
今後のがん診療のグローバルな方向性,方針となる.




許されるのであれば,
毎年,参加して見聞を広めたいところだが,

一介の町医者には,
まとまった時間が簡単には得られず,

なかなかそうもいかない.


そうしたシカゴまで出向けない者のために,

日本でASCOの内容を
JSMO's Best of ASCO Conference で
日本腫瘍学会が毎年開催してくれる.

今年は,東京国際展示場(ビッグサイト)にて開催された.


さて,今年の総じての印象は,
一部を除き,大きな変化はない,という感じ・・・


まぁ,多くの領域で現状の標準治療,治療方針が
大きく変わることはなさそうである.


当院の治療は
「非標準治療」ではあるため,

一見,こういった「標準治療」の王道とは
無縁の様に思うかもしれないが,それは違う.

ヒントはどこにでも隠れているものだ.

今回も,そういう意味では有意義な2日間であった.

あとは,
当院の実臨床でどのように応用していくかだ.

 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>