*2014年秋の個展~ニューヨーク&東京~
ニューヨーク:9月5日(金)~10月16日(木) チベットハウス美術館/チェルシーにて。
オープニングレセプションパーティは9月5日(金)午後6時より。
スペシャルセレブゲストのスピーチもあります。詳しい内容はまた後にポストします。

東京:11月5日(水)~11月11日(火)、新宿伊勢丹本店アートギャラリーにて。
新作絵画展『緑の館~Green Mansions~』 サイン会は11月8日(土)&9日(日)午後2時から。

*2014理麻デザイン:エコ&グリーン高級ハイエンドオーガニックタオル
日本を代表するグリーンカンパニー池内オーガニックとのコラボ第2弾。「ハピネス」と
「フリーダム」の2種類好評発売中です。利益はチベット難民孤児たちの教育奨学金に
あてられます。赤ちゃんが口に入れても安心な100%ケミカルフリーなタオルは、
100%風力発電によって織られています。明るく元気が出る理麻カラーをお楽しみ下さい!
池内オーガニックショップ:東京都港区南青山6-2-13-2F
池内オーガニックHP:http://www.ikeuchi.org/custom/rima/

*20周年記念絵画個展*「息」11月6日から12日まで。新宿伊勢丹アートギャラリーにて
サイン会:11月9日(土)と11月10日(日)午後2時から
ギャラリートーク:11月10日(日)午後2時より、スペシャルゲスト桐島ローランド氏との対談。
サイン会はトークの後に続きます。
最終日11月12日は午後4時半終了。

*ニューヨークの個展『Save The Himalayas』のビデオクリップが公開されました。

(ブログページ右上カレンダーの下でご覧になれます。)

NEW■個展開催決定!

宝石緑

NEWS

*ニューヨーク:展覧会
2013年7月23日より、ニューヨーク、チェルシー
地区のSundaram Tagore Galleryにて、グループ展
が開催されます。藤田理麻の作品だけ個室で個展となります。

*東京:20周年記念絵画個展
2013年11月6日(水)~11月12日(火)新宿
伊勢丹アートギャラリーにて。11月9日(土)と
10月(日)にギャラリートーク、サイン会が開催され
ます。後ほど詳しい予定をご報告致します。

 

2012年10月31日(水)~11月6日(火)

新作絵画個展『Kirana~光~』が、
新宿伊勢丹アートギャラリー
にて開催されます

サイン会は11月3日(土)午後2時~3時まで
ギャラリートークは11月4日(日)午後2時~4時まで

入場無料となっております。

■4月23日(月)発売 SPUR
6月号
特集「画家・藤田理麻、絵本を届けにダラムサラへ」が掲載されました。


■講演

サンディエゴのサンディエゴ美術館
にて、作品や著書について、そして3月に絵本をチベット難民孤児たちに届けにインドに行った旅などについて、スライドショーと共にお話しました。

日時:6月22日(金)18時00分~

会場:サンディエゴ美術館 メインギャラリー


ニューヨークのTRACE FOUNDATIONにて、絵本、 Books for Children、最近のチベット孤児院訪問などについて講演をしました。

日時:5月10日(木)18時30分~

会場:TRACE FOUNDATION


『Save the Himaraya~藤田理麻の不思議な冒険』 サンクチュアリ出版

序文:ダライ・ラマ法王14世、リチャード・ギア

好評発売中!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-20

スーパーフードの女王さま

テーマ:ブログ


先日、もうすぐ東京へ旅立つ私に、「元気で頑張ってネ!」
とザクロを沢山を持って来てくれたのは、ラ・ホーヤの
豪邸に住む私のコレクターでした。お庭でとれたそうです。
こんなに立派なザクロを見たのは初めてでした!


東京に発つ前で異常にバタバタしていて、ゆっくり
ザクロを堪能する時間も無く、私の旦那さんはザクロ
苦手で食べないし、、。う~ん、せっかくいただいたのに
どうしよう、、。
そこで、ジュースにすることにしました。
でも、巨大なザクロ10個をむいてジュースにするのに
1時間以上かかってしまった、、、汗。これでは
むいて食べた方が早かったかも。笑


ああ、でも、採りたてフレッシュなザクロの味ってこんなんだったんだ~
と感動しました。


スーパーフードの女王さまのザクロ。
ジュースをごくごく飲み干した瞬間、体中の細胞が
ばんざーい!と叫んで騒ぎ出したような感覚でしたヨ。


元気に皆さんとお会いできることを楽しみにしています♡


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-10-13

キャデラックの苦しみ

テーマ:ブログ


アメリカにキャデラック・サファリング(苦悩)という言葉が
あります。一言で訳すと「贅沢な悩み」という意味です。

私のキャデラック・サファリングのひとつは、南カリフォルニアに
いると四季が無いこと。一年中、太陽が燦々と輝き、何処も彼処も
キラキラした楽園のようです。なんて贅沢な悩みでしょう!

先週末は、ラ・ホーヤに住む私のコレクターのボートで
パーティでした。暑かったけれど、秋の雰囲気を楽しみたくて
ファイク・ファーのヴェストを着て行ったら、やっぱり暑かった~

11月5日から始まる新宿伊勢丹での個展のため、もうすぐ東京に
発ちます。日本で秋を満喫したいと思います!皆さんにお会いできるの
も、楽しみにしています♡


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-10-07

秋の新作絵画個展『緑の館』

テーマ:ブログ


"Walk" ©Rima Fujita 2014

東京での新作展まで、あと1か月となりました。
東京新宿伊勢丹にて21年目の個展となります。
今年の個展は「緑の館~Green Mansions~」という
タイトルで、夏に訪れたロンドンはハイドパークに
ある「リマの肖像」からインスピレーションを得ました。


「リマの肖像」は、作家ウイリアム・ハドソンが書いた
小説「緑の館」の主人公リマを記念して建てられた
鳥のサンクチュアリです。小説は後、映画化され、当時
大スターだった永遠の妖精オードリー・ヘップバーンが
演じました。私の名前、理麻は、ヘップバーンのファンだった
父がこの小説からとって名付けてくれたのです。


私の永遠のテーマである人間と自然の共生、共存が、ハドソンの
が書いたこの物語の真髄となっています。


今年のラインアップでは、新しい画風の作品も発表します。
是非、生の原画をご覧くださいね。皆さんに会場でお会いできるのを
今からとても楽しみにしています!


*藤田理麻新作絵画個展『緑の館』*11月5日(水)から11日(火)まで、
東京新宿伊勢丹アートギャラリーにて。
11月8日(土)午後2時からサイン会
11月9日(日)午後2時からスライドショー&トーク、サイン会
入場無料


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-30

日はまた昇る

テーマ:ブログ


なんてキュート!これ、携帯ソラーランプ
なんです。この「リトル・サン」(小さな太陽)と呼ばれる
ランプを買うと、その収益はアフリカの電気が無い地域の人たち
の生活支援にあてられるそうです。短期間のチャリティではなく、
長いスパンで、電気が無い地域の人々が自立して行けるようビジネス
支援だそうです。日本でもこのランプは販売されているそうなので、
ご存知の方も多いことでしょう。


南カリフォルニアにいる時は、毎日キラキラと姿を見せてくれる太陽
の恵みを、どう生かしたら良いかを考えて、ソラーパワーをなるべく
使用するようにしています。携帯電話などもソラーで充電。
電池を買うことがかなり減りました。


地球温暖化が進む中、いつも考えることは太陽のパワーです。
私たち人類がどんなにこの星を痛めつけても、毎日必ず昇って
来てくれる太陽。サンブロックローションを一瞬ぬり忘れると、
お肌がとんでもないことになる。それくらい太陽はパワフルなんですよね。
どんどん生かさねば!


お庭で一日中、日光を浴びているイエローのリトル・サンを見ると、
なんだか愉快な気持になります。そして夜の犬のお散歩では大活躍!


地球の誕生以来、一日も欠かさず現れてくれている太陽よ、
本当にありがとう!!!



藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-25

完璧でなく格好良い灰色の男たち

テーマ:ブログ


先日ニューヨークで開催された「気候変動/地球温暖化」を
アピールするラリーには40万人が世界中から集まり、歴史上
最大のラリーとなりました。エコ派としても有名な俳優のデカプリオ
も、ちゃんと皆と歩きましたよ!でも、、。実は私は、このラリーに
ついては複雑な気持ちを抱いていたので、あえて参加しませんでした。
普段からエコ&グリーン派の私は、今さらぞろぞろと外を歩かなくても
良いではないか?というシニカルな気持ちがあったのです。一番気になっていたのは、
ゴミです。ラリーにはゴミがつきもの。日本人みたいに、後片付けを
しようなんて人は少ないのが悲しい現実です。


案の定、翌日メディアで報道されたのは、ラリー参加者
たちが残して行ったゴミの山。エコがテーマのラリーだと
言うのに、スタバやコーヒーショップの紙カップ、プラスティック
のペットボトル、テイクアウトの食べ物のゴミ、もう凄まじい量だった
そうです。どうしてマイボトルを持ち歩けないのか?なんとも
矛盾だらけ、、。でも、この矛盾が現実なんですね。すべてには
2面性があり、多くのことは白黒はっきりせずに灰色です。


国連で地球温暖化について素晴らしいスピーチをした
デカプリオ。実力派の俳優としてだけではなく、こうして
社会貢献のために努力を惜しまない素晴らしい人だと
思い、私は昔から彼のファンです。よくニューヨークで
彼が自転車に乗っているのをみかけたり、トヨタのプリウスを
運転したり、マンハッタンのエコ&グリーンアパートに住んでいるのも、
レオらしい!
でも、そんな彼だって、仕事をするのに飛行機に乗らなくては
ならないし、豪華ヨットを石油王のビジネスマンから買ったという
噂も聞きました。またまた矛盾!


そして今日は、大スターシェフで長年の仲良しのエリック・リペール
が、私のニューヨークの展覧会に来てくれました。最近、彼のレストラン
「ル・ベルナルダン」の隣にワインバーをオープンさせ、もうすぐ
日本にも発つエリックは、殺人的な多忙の中、「どうしても見たい!」
と言って私の絵を見に来てくれたのです。


21点ある作品の中から、エリックが記念撮影に選んだ絵は、イルカの
絵「モハ」でした。「モハ」はサンスクリット語で「愚かさ」を意味します。
私はこの作品で、人間が他の生き物を殺して生きなければならないという
悲しい現実と愚かさを描きました。特にこの作品は、フカヒレだけのために
イルカやサメのヒレを切りとって、まだ生きているイルカやサメを乱暴に海にぶち込む
人間の残酷さを表しています。絵の中のイルカにはヒレがあり、中央の女性は
切り取られた人間の腕を、天に捧げるように抱えています。
この女性は愚かな人間であり、それと同時に生き物を守る美しい女神でもあるのです。
私はこのような残酷な現実のテーマを、美しく描きたいと思いました。


エリックのレストランは長年ミシェラン星を3つ獲得し続けている世界から絶賛される
フレンチシーフードの専門店です。熱心な仏教徒でもある彼は、毎日、魚を殺さなくては
ならない自分に深く悩んだこともありました。理想の世界では、名店シェフオーナーを辞めること。でもそう簡単にはいかないものです。そんな悩みを導師に相談したところ、こんなアドバイスを受けました。


「バランスが大切です。あなたは一生懸命働いて素晴らしいシェフとなったのですから、その才能を生かし、人を幸せにするために働くことは良いことです。それと同時に、困っている動物を助けたり、動物愛護団体に寄付をしたり支援するなど、できることをどんどんしなさい。すべてには二面性があるのが世の中の現実なのです。」


エリックは、長年、ニューヨークのホームレスや貧しい人々に食事を届けるボランティアをしていて、自らも食材を届けますが、毎年ものすごい額の資金を集め寄付しています。


何かのためになることをすると、何かの犠牲が出る。ラリーのゴミもそう。
でも、あれだけの人が集まり声を上げ、メッセージは世に伝わりましたね。


エコ派のデカプリオだって、電気は使うし、飛行機にも乗る。
でも、彼の心に響く演説は、世界のリーダーたちの心にずっしり届いたはずです。


魚介類を扱うシェフのエリックは、お客様たちに提供する魚の数以上のホームレスたちの
お腹を満たして来た。そして苦しむチベットのための支援者としても活動をし続けています。


完璧が存在しないこの世の中で、できることを実行し続けている人たちは、やっぱり素晴らしいと思うのです。そして、次のラリーの時は、ゴミをまったく出さないくらいに人々の意識と行動が高まることを祈りつつ、、。ゴーグリーン!


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-20

理麻カラーのスーパーフード

テーマ:ブログ


この色彩、凄いですよね!?!もちろんフィルターも
色加工も無しです。自然のままの色。
これは今人気のアサイに続くスーパーフードのピタヤ。
そう、ドラゴンフルーツです。


アメリカのヘルシーフード&ライフスタイルのトレンドの
発祥地、南カリフォルニアで流行出しているピタヤ・ボウル。
ドラゴンフルーツ、ヨーグルト、グラノーラ、マンゴーや
ストロベリー、ココナッツなどが入った一杯の朝食。



ドラゴンフルーツは、ヴィタミンCが豊富で、中の
無数に詰まっている種は、なんと便秘によく効くそうです。
消化を助けるので健康志向の南カリフォルニアの人たちに
大人気。そして肝心なお味の方は、、?


まるで自分の絵を食べるような思いでピタヤを
食べてみましたが、そのお味の印象は、「無味」でした。
う~ん、これは味より見た目で楽しむスーパーフードかな。
特にはっきりした味は無く、強いて言えばキュウイと洋梨を
足して2で割った感じです。


数年前にニューヨークで出会った有名なサイキックの女性が、
「ブルーフードを食べなさい!」と繰り返し言っていたのを
思い出しました。ブルーフードとは、青系の食べ物のことです。
紫色のキャベツ、ビーツ、紫色のお芋、、、いろいろありますね。
ピタヤもブルーフードのひとつ。見た目も美しいし、体にも良いので
今後のブレックファストメニュー決定!


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-15

N.Y.展覧会は10月16日まで

テーマ:ブログ


展覧会のオープニングの写真は、フェイスブックに
載せてありますので、覗いてみてくださいね。
https://www.facebook.com/FujitaRima

フェイスブックをしない方も、私の公式サイトから
ご覧いただけます。
http://www.rimafujita.com



藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-09

華やかなオープニングでした!

テーマ:ブログ



photo copyright: Jane Stein

9月5日にニューヨークのチェルシーにある
チベットハウス美術館での展覧会オープニング
には数百人が来てくださり賑わいました。早々と
子供と一緒に来てくれたのは、私の作品を持っている
女優のウマ・サーマン。(日本ではなぜかユマと呼ばれて
いますが、本当はウマと発音します。)彼女に最初会った
のは、もうかれこれ20年前くらい。いつまでも綺麗で
さすが映画スターです。


オープニングには開始の6時前から8時半過ぎまで、美術館内は
人でぎっしりでした。美術関係の方々を含め、子供の頃からの
仲良しニューヨーカーたちも駆けつけてくれて、楽しい一夜となりました。
また後で、もっと詳しく書きますね。


いらして下さった皆さん、どうもありがとうございました!
展覧会は10月16日まで開催されています。




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-09-05

NY展覧会オープニング

テーマ:ブログ


いよいよ今夜がオープニングです。『Weight of Happiness』
というタイトルの展覧会は、「幸せの重さ」がテーマ。
大きなキャンバスの作品を含む、新作21点を展示します。


ニューヨークにいらっしゃる方は、是非お立ち寄り
下さい。チェルシー地区のチベットハウス美術館で
10月16日まで開催しています。
Tibet House Museum 22 West 15th Street, New York


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-08-30

ロワール川で運命の出会い

テーマ:ブログ


パリから列車で約2時間、ロワール地方。美しい
お城が沢山あるのでも知られています。ある日の午後、
のどかなロワール川沿いをお散歩していると、、。


深い森の奥から「ミャ~ミャ~」という声が聞こえて
来ました。ふと右を見ると、真っ黒の子猫が私の顔を
じい~っと見つめて叫んでいたのです。体は乗り出して
いる感じで、どうみても助けを求めているようでした。
(上の写真は一緒にお散歩していた犬です)


子猫はげっそりと疲れた感じでした。まわりには他の猫が
いる気配は全くありません。1時間くらい様子を見ていま
したが、完全に独りぽっちのようでした。食べ物でおびき寄せ、
悪戦苦闘した後、ようやく捕まえて、家に連れて帰りました。


ミルクやツナ缶をたっぷり与えると、凄い勢いで食べていました。
この黒猫、しっぽの先だけ、ちょっと白いんです。
なので、モンブラン(ペンからちなんで)と名付けました。


私は猫はどちらかというと、怖くて苦手なんです。
でも、このような運命的な出会いがあると、なんとも重大な
責任を感じます。これも大切な縁ですからネ。


何年か前の夕方、ニューヨークのソーホーの自宅から出て
ウエストブロードウエイを歩いていると、ふと、私の足下に
一匹の小さな小鳥がどさっと落ちて来たことがありました。
可哀想に小鳥は私の足下で死んだのです。深い「縁」を感じ、
小鳥を家に持って帰りました。猛暑の日だったので、家にあった
ケーキ箱に小鳥を入れて、腐らないようにフリーザーに入れました。


翌日、朝一番にセントラルパークに持って行き、しばらく歩いていると、
池の近くに一本の立派な大木をみつけました。堂々とそびえ立つ
木の横に穴を堀り、お祈りしながら小鳥を埋めました。


数年後、たまたま、その一本の木の前を通りました。その時はじめて、
すっかり忘れていた小鳥のことを思い出したんです。
近寄って見ると、小鳥を埋めた場所に綺麗な白い花が咲いていました。
花が咲いていたのは、そこだけだったんです。
ふと、心が温かくなりました。

モンブランも、大切にしてくれる温かい家族がみつかって良かった!
また会いに行くからね、モンブラン。


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み