*20周年記念絵画個展*「息」11月6日から12日まで。新宿伊勢丹アートギャラリーにて
サイン会:11月9日(土)と11月10日(日)午後2時から
ギャラリートーク:11月10日(日)午後2時より、スペシャルゲスト桐島ローランド氏との対談。
サイン会はトークの後に続きます。
最終日11月12日は午後4時半終了。

*ニューヨークの個展『Save The Himalayas』のビデオクリップが公開されました。

(ブログページ右上カレンダーの下でご覧になれます。)

NEW■個展開催決定!

宝石緑

NEWS



*ニューヨーク:展覧会

2013年7月23日より、ニューヨーク、チェルシー

地区のSundaram Tagore Galleryにて、グループ展
が開催されます。藤田理麻の作品だけ個室で個展となります。

*東京:20周年記念絵画個展

2013年11月6日(水)~11月12日(火)新宿
伊勢丹アートギャラリーにて。11月9日(土)と
10月(日)にギャラリートーク、サイン会が開催され
ます。後ほど詳しい予定をご報告致します。


2012年10月31日(水)~11月6日(火)


新作絵画個展『Kirana~光~』が、
新宿伊勢丹アートギャラリー
にて開催されます



サイン会は11月3日(土)午後2時~3時まで
ギャラリートークは11月4日(日)午後2時~4時まで



入場無料となっております。


■4月23日(月)発売 SPUR
6月号
特集「画家・藤田理麻、絵本を届けにダラムサラへ」が掲載されました。




■講演





サンディエゴのサンディエゴ美術館
にて、作品や著書について、そして3月に絵本をチベット難民孤児たちに届けにインドに行った旅などについて、スライドショーと共にお話しました。







日時:6月22日(金)18時00分~


会場:サンディエゴ美術館 メインギャラリー




ニューヨークのTRACE FOUNDATIONにて、絵本、 Books for Children、最近のチベット孤児院訪問などについて講演をしました。





日時:5月10日(木)18時30分~



会場:TRACE FOUNDATION




『Save the Himaraya~藤田理麻の不思議な冒険』 サンクチュアリ出版






序文:ダライ・ラマ法王14世、リチャード・ギア


好評発売中!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-23

不思議な体験 in New York

テーマ:ブログ


30年近くニューヨーカーから愛され続けて来た
57丁目のリゾーリ書店が、とうとう閉店して
しまいました。なんとも言えなく美しい空間が
大好きで、ミッドタウンに行くと必ず通っていた
お気に入りのお店でした。


ランドマークだけあって、美術館のような佇まい。
それこそ、時間が存在しないおとぎの国に来たような
感覚に陥るのです。この伝説的な書店リゾーリで、
実は、私は何度か不思議な体験をしました。

ひとつは、チベットの本。チベット支援活動に携わって
20年以上経ちますが、ある日リゾーリでなんとなく手に
した写真集の中の一枚を見て、腰が抜けそうになったことがありました。
なぜなら、それは、私がよく夢の中で訪れる広大な大地
と、そこで褐色の肌の真っ白の歯が印象的な笑顔いっぱいの
人たちの写真だったからです。いつも夢の中で「お帰り!お帰り!」と
私を嬉しそうに迎えてくれる、まさに私が夢で会う人たちそのものでした。
その写真集を見て初めて、あの広大な地がチベットだったと
知ったのです。

もうひとつは、天使の本。ある日、綺麗に並べられた本を眺めて
いると、上から一冊の本が足元に落ちて来たんです。
きちんと本棚に入っていた本がどうやって落ちて来たのか、未だに謎。
その本をペラペラめくって見ていると、それは、困っている時に
ある人に助けられ、お礼を言おうと思って探したけれど、その人はもう
いなかった、、、という不思議な体験をした人たちのエピソードが
集められている本でした。
私もかつて、ケネディ空港で同じような体験をしていて、その本を読んだ
時に初めて、あの時私を助けてくれた人は、もしかしたら天使だったのかも
知れないと気付いたのでした。

その他にも、多くのインスピレーションをくれたリゾーリ。
書店は移動するようですが、あの独特な空間は再現できないかも知れません。
心から感謝しています。ありがとう&グッドバイ、リゾーリ。

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
同じテーマ 「ブログ」 の記事
2014-04-16

心に響く言葉

テーマ:ブログ


"Our Sanctuary" ©Rima Fujita 2013

インドナンバーワンのビジネスタイクーン一族、タタ。
インドに行くと至る所でTATAというロゴが目に入ります。
あの超高級ホテル・タージの設立者でもあるタタ家の
サー・ラタン・タタは、なんと私が通ったニューヨークの
進学学校の先輩なのです。
ビジネスだけでなくフィランソロピストとしても知られる
ラタン・タタの有名な言葉のひとつに、このようなものが
あります:

速く歩きたければ、一人で歩きなさい。
でも、遠くまで歩きたいのなら、一緒に歩きなさい。

私たちは高級ブランドの衣服を着たいと思うけれど、
パジャマのパンツを穿いている時が一番快適なのは、
不思議ではありませんか。

私たちはタージやマリオット
でエリートたちと過ごしたいと思うけれど、友や愛する人たちと
路上でチャイを飲むのが、一番楽しいのです。

私たちは大きな車を持ちたいと思い、遠くまでドライヴしたいと
思うけれど、長い道を歩く時にこそ心を割って話が出来るのです。

私たちは沢山の唄を詰め込んだ64GBのiPODを持っているけれど、
時折ラジオから流れる唄が比較にならないほどの笑顔を運んでくれるのです。
~ラタン・タタ~(訳:藤田理麻)

先日のブログの「ハピネス」に続き、改めて「幸せ」について考え
させられました。「小さく」見える幸せ。実は一番大切なのかも知れませんネ。

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-13

ハピネスって何だろう?

テーマ:ブログ


"Dukkha" ©Rima Fujita 2014


最近は「ハピネス」という言葉があまりにもクリシェ化されすぎて
いているような気がしませんか?
本も「幸せ」をテーマにしたものがベストセラーになり、
世界中でヒットしている歌も「ハッピー」がテーマ。
やっぱり人間の永遠の目的が「幸せになること」だから
でしょう。
私にとっても「ハピネス」は人生最大のテーマです。
上の作品は昨日完成した新作。170センチ以上の
キャンバスに描いた「Dukkha」(サンスクリット語で
苦悩という意味)です。秋のニューヨークでの2人展に
出展します。

人間だけでなく、すべての生き物にとって「生きる」ことは
容易ではありません。生きるだけでもたいへんなのに、その上
「幸せになる」ことはもっとたいへんなことなのかも(笑)。

でも、人間はマインド/心の持ち方で幸せになれるのですよね。
「ハピネス」は空から降って来るものでなく、自分の「チョイス」
ですから♡。


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-07

ジェラシーとメッタ

テーマ:ブログ


この何とも言えなくのどかな風景は、インドのシタマリ
という小さな村です。芸術の都ヴェラナシから車で約
一時間半。まるでおとぎ話の舞台のように美しく、
私は夢を見ているのかと思い、何度も自分の目をこすった程でした。
こんな楽園に住んでいたら毎日幸せで悩みなど無くなるのだろうかと、
あり得ないファンタシーの世界に、一瞬浸りました。


"Sitamarhi" ©Rima Fujita 2013

アメリカに戻ってからも、あのラマ神の妻シタ神が誕生した
といわれる聖地シタマリが忘れられませんでした。そして、
しばらくするとこんな夢を見たのです。(写真の絵)
古い寺院で祈りを捧げる美しい女性の夢。穏やかな表情が印象的
でした。

昨日、ニューヨークタイムズの日曜版を読んで
いると、自分の悩みと葛藤するある作家の記事が目に
止まりました。生む苦しみについて綴っていました。
生む苦しみは画家の私にも痛い程分かります。彼は7年以上
手がけている小説を完結できず心身共にボロボロでした。
とうとうパニックアタックになり、精神状態はどん底に。
数日後彼は、ハドソンリバー沿いの公園のベンチに座り、ぼんやりと
行き交う人々を眺めていました。そしてなぜかしら、まわりの見知らぬ
人々に祈りを捧げる行為を始めたのです。
すると、彼の心の痛みは少しづつ和らいで行ったのでした。

辛い想いを体験した人は優しいと言います。他人の苦しみが分かるから
でしょう。古くから存在するトンレンという瞑想メソッドは、他人(
知人でも知らない人でも)の苦しみを吸い込んで、愛と思いやりをその人に
贈る行為を想像するものですが、このメソッドは、行う本人の心と精神を
豊かにし、精神状態を健康に保つと言われています。

あるインタビューで「中国が憎くないのですか?」と聞かれたダライ・ラマ法王はこうお答えになりました。中国に祖国を占領され60年以上チベットは苦しみ続けています。
「私は毎晩、トンレンをして中国に愛を贈る訓練をしています。これをすることによって私は自分の心の中に憎しみということを生み出さずにすむ。憎しみからは憎しみしか生まれません。憎しみは何の解決にもならない。憎しみは自分を心身傷つけるだけです。」

また、メッタ(パーリ語で慈悲という意味)というメソッドは、他人に思いやりの気持ちを贈る瞑想です。
自分のことばかりに執着せず、他人やまわりへの配慮や思いやりの心を
育むことが、結果的には自分も幸せに満ちた状態にしてくれるということ
なのでしょう。
この悩める作家は、苦しい時に、他の人に祈ることによって、自分を
癒すことができたんですね。

私もジェラシーなどで辛い時、その人のためにわざと祈ることにしています。
最初は葛藤がありますが、次第に心の中がほんわかして来て、ジェラシーの気持ちは
薄れて行くのです。そして最後は、ジェラシーの原因は自分の中にあるのであって、他人とは全く関係の無いことに気づくのです。
ジェラシーは行動のガソリンに変え、愛情を倍にして、またキャンバスに向き合う。
それの繰り返し(笑)。

人は皆、様々な理由から祈るのだと思います。
今日は、このNYタイムズの作家のために祈りました。ゼロからものを生み出す同じクリエイターの同士として。



藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-04-01

春のナンパ!ニューヨークスタイル?

テーマ:ブログ


"Spring" ©Rima Fujita

春ですね~!
最近はフェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどでも
綺麗な桜の写真が目立ちます。皆さんもお花見に行かれましたか?
私は今は南カリフォルニアですが、一年中暖かい土地柄、四季感は
ありませんが、紫色の美しいジャカレンダが咲き始めました。
ニューヨークは雪!

そうそう、ニューヨークの春を考えていたら、こんな出来事を
思い出して一人で笑っていました。

ある生暖かい春の日の夕方。当時のボーイフレンドに会いに行く途中、
ウエストヴィレッジはクリストファーストリートを歩いていると、
ふと後ろから現れた自転車に乗ったひとりの男性が話し
かけて来ました。背が高くて顔はまあまあ(笑)。全体的にすっきり爽やか
タイプ。
「すみません、今週の水曜日か土曜日にディナーに行きませんか?」

ええっ?いきなり、ディナー!?(爆笑)
しかも、水曜日か土曜日と、かなり細かくオプションまでくれて!

こんなゲイのエリアでナンパされるなんて夢にも思っていなかったので、
さすがの私もびっくり。(さすがというのは、長年NYに住むと色んなことを
見たり体験したりするので、何があってもあまり驚かなくなるという意味です)

相手は真面目な顔でちょっとナーバスな感じだったので、本気だと察しました。
吹き出しそうになりましたが、ぐっとこらえて
「残念ですけれど私、彼がいるんです。」と丁寧に返事しました。
すると彼は、がっかりした表情で
「オー、オーケー、、。それは残念。じゃあまた」と、丁寧に答えて
去って行ったのでした。

この男性は後ろから私に話かけて来たけれど、いつ私を見たのでしょうね?
おそらく顔も見ずに手当たり次第、皆に声をかけていたのでしょう。笑

水曜日か土曜日、、と最初から一言で指定して来るのが、いかにも忙しくて時間を
無駄にしたくないニューヨーカー!これには本当に感心しました!

色んな経験をして来ましたが、このゲイエリアでのナンパは忘れられないひとつ
であります。

彼に会うとすぐに自慢した私。少しは焼きもち焼くかと思ったら、
彼はゲラゲラ笑って言いました。
「なんで断ったの?ディナー良いわよって言って僕も一緒に
連れて行ってくれれば良かったのに!」だって。ははは~!

上の絵は春をテーマにした作品で、数年前にある文芸誌に寄せた
一枚です。カーマ・スートラ。皆さん、春をエンジョイしてくださいね♡

*伝言*
先日の「メス・アイナクの遺跡の絵」のブログでコメントをいただき
ありがとうございました。レスを書いたのですが、なぜかしらまた翌日消えていましたのでここに簡単に書きます。残念ながら、中国とアフガニスタン政府の間で契約が交わされてしまっているので、何もできない状態です。今現在、大きな団体を動かす時間と資金が誰にも無いので、今は個人レベルで援助するしかありません。本当に残念な出来事です。


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-25

破壊寸前の世界遺産を描きました

テーマ:ブログ


"Save Mes Aynak" ©Rima Fujita 2014

先日このブログでも書いたアフガニスタンはメス・アイナク
の仏教遺跡が、中国企業の手によってもうすぐ破壊されよう
としています。この悲劇を何年も前から現地でドキュメンタリー
として撮っているノースウエスタン大学のホフマン教授から
依頼され、この一枚を特別に描き上げました。彼のファイナルカット
版のポスターとして使用されます。実際の映画ポスターサイズのキャンバスに、
息を飲むほど美しい仏像、体を失った仏頭、そしてかつてはアフガニスタンに
多く住んでいた雪豹たち。そして同じく絶滅の危機に瀕して
いるアフガン・ジャッカルを描きました。
草原にはチューリップや芥子の花が咲き乱れています。

遥か彼方の昔に花を咲かせたメス・アイナク。その華麗な文化
と芸術は、気が遠くなるような年月の間、砂の下で静かに眠り、
世に知られぬまま、もうすぐ傲慢な手によって破壊されようとしています。

ガンダーラ/クシャーン時代の仏像に深い思い入れを抱く私は、
様々な想いを込めて描き上げました。原画は秋のニューヨークでの
展覧会に出展します。

世界中から集まっていた考古学者たちもすべて現地を去り、今はたった一人の
アフガン人の考古学者がメス・アイナクでひとつでも多くの遺跡を守ろうと頑張っています。かつて世界中から集められた援助金30億円は、現地に届くことなくどこかに
姿を消しました。腐敗した政府とそのシステムが理由でしょう。
このアフガン人考古学者は、発掘に必要なコンピューターさえ手に入れられない状態です。発掘作業を続けているローカルのワーカーたちは、もう数ヶ月以上、お給料を貰っていません。彼らは「自分たちの国の文化と歴史を守りたい」という
一心で作業を続けています。

私はこの映画ポスターが製作されたら、世界中で販売し、利益すべてを現地に寄付したいと考えています。文化を尊重するアーティストとして、そして人間のひとりとして、できることはそれくらいしかありませんが、少しでも役に立てれば嬉しく思います。


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-20

新!理麻デザイン・ラグジュリアス・オーガニックタオル

テーマ:ブログ


「赤ちゃんが口に入れても安全」なスーパーハイエンド
オーガニックタオル。理麻デザイン第2弾が発表されました!
日本一グリーンな会社で、国内でかの「ウインド・ラベル」称号を
唯一獲得した「池内オーガニック」との久々のコラボです。100%
風力発電で織られ、100%オーガニックコットン、染料もすべて
ベジタブル・ダイを使用。
上は「ハピネス2」キュートなゾウさんがモチーフで、綺麗なロータス
が背景にあります。

こちらは「フリーダム2」。永遠の美と神秘を象徴する蓮の花を
メインにしたデザインです。すべて手触りはまるでベルベット。
私も早速、愛用しています。お家だけでなく、ジムやヨガのクラスでも
大活躍!とても使いやすいサイズ(ハンド、フェイス、バス)
で持ち運びも便利です。

くすんだ色のタオルが多い中、毎日使うものは、やっぱり
ハッピーで元気になる鮮やかなカラーが最高!という私の信念で、
こんなに綺麗な色が誕生しました~!

お求めは、池内オーガニックの東京店(〒107-0062
東京都港区南青山6-2-13 2F TEL:03-6427-7871)

または、オンラインで:
http://rimafujita.com/shop/luxurious-organic-cotton-towels.html
(池内オーガニックにリンクされます)

オンラインは今現在、お陰さまで在庫切れのようですが、すぐに
またご用意できるそうです。
理麻デザインタオルの収益で、池内オーガニック社はインドに亡命して
いるチベット難民孤児たちの教育奨学金制度を始めます。
是非、プレゼントなどにご利用くださいね♡

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-19

藤田理麻HPリニュアル

テーマ:ブログ

公式ホームページがリニュアルされました
ので、今までブックマークをされていた方は、
リフレッシュしてくださいね。アドレスは今まで
と同じです:
http://www.rimafujita.com

最近立ち上げたフェイスブックのアーティストページでは、
毎週2~3点、作品をアップしていますので、是非
覗いてみて下さい。
https://www.facebook.com/FujitaRima

そして、ブログにコメントして下さる皆さま、
どうもありがとうございます!嬉しく読ませていただいて
います。毎回レスを書くのですが、殆どの場合、翌日に
私のレスが消えているという不思議な現象が続いています。
ですので、どうか無視していると思わないで下さいネ。
いつもブログを読んで下さりどうもありがとうございます!


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-17

南カリフォルニアはオーガニック・メッカ

テーマ:ブログ


出張や旅行が多い日々ですが、南カリフォルニアに来ると
「ここはまさに楽園だ~!」と痛感します。一年中、花々が
咲き乱れ、太陽がさんさんと輝いているのです!今日も
28度。ドライで晴天。


自宅やアトリエでもお花を欠かしません。今日生けたのは、、。
さて、これ何の花か分かりますか?なんとこれ、ブロッコリー
なんです!ファーマーズマーケットでこの「ジャパニーズブロッコリー」
という綺麗なお野菜が売られていました。食べるまでこうして
観賞を楽しんでいます。

売られているプロデュースはもちろん全てオーガニックです。この可憐な
お花はカモミール。優しい香が漂います。
カリフォルニアはアメリカの中でもオーガニックプロデュースの
メッカ。この2年以内に、オーガニックビジネスに携わる友人たち
数人がニューヨークから南カリフォルニアに移住して来ました。

アメリカにこんな言葉があります。
「トレンドはカリフォルニアで始まりニューヨークで完結する」

つまり、新しい発想やトレンド、ムーブメントはカリフォルニアの
インテリ&インタレクチュアルの間で始り、それがニューヨークに
辿り着き、やがてビジネスとして成り立つようになる、という意味なんです。

普段からニューヨークと南カリフォルニアを行ったり来たりの生活ですが、
この両極端のライフスタイル(大自然vs大都会)を満喫できることは
最高の醍醐味だなあと、キラキラと光るビーチを散歩しながら、人生に感謝。


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-12

貴女を守ります

テーマ:ブログ


I Protect You ©Rima Fujita/www.RimaFujita.com

3月10日はチベット蜂起記念日でした。55年前のこの日、
多くのチベット人たちが中国政府に立ち向かい死んで行きました。
毎年3月10日になると、世界中でラリーが開催され、チベット人
とその支援者たちが中国大使館や領事館の前で集まり、「チベット
に自由を!」「チベットは中国の一部ではない!」「チベットに
人権を!」といったスローガンを叫び続けます。

上の作品は、私が描いた「貴女を守ります」という絵です。パッと
見ると、多くの人は「娘を抱いた母親」を連想するかと思いますが、
実はこれ、一人の女性と彼女を守る天使なんです。

数年前、巴里の親友ルネを訪問中の私は、ルネがある夜開いた
ディナーパーティで隣り合わせになった女性から、こんなことを
言われました。
「あなたの左側の胸のあたりに少女の天使がいて守ってくれていますよ」

私は普段から、聞いてもいないのにあれやこれやと言って来る「自称サイキック」をあまり好みませんが、この時はなんだか愉快な気持ちになりました。「変なお化けが背中についていますよ」と言われるより良いではないですか!笑

そして、しばらくしてから、こんな夢を見たのでした。舞台はチベットだったのです。
をれを絵に描いて、この「貴女を守ります」が誕生しました。

チベットに熱い想いを寄せる私にとって3月10日は、心が重くなる日なのです。
今日も苦しみが続いくチベット。一日も早く人々が自由になりますように、、。


Hope for Japan ©Rima Fujita 2011/www.RimaFujita.com

そして、今日は3月11日。あの津波から3年目です。
ショックで3日間寝込んでしまったあの出来事から3年経った
とは信じられません。そして未だに26万人もが避難生活を
しているとは心が痛みます。
上の作品は、震災の後、落ち込んでいてもダメだと自分に
言い聞かせて、描き上げた一枚です。版画にした一枚は
募金集めのためのオークションに寄付し、高額でビッドされ、全額を
東北に寄付させていただきました。

3月10日、3月11日は、これからも私にとって
感情を揺すぶる日になると思いますが、人間は良いことにも悪いことにも
「忘れる」という能力を持っている。忘れててはいけないことが
世の中にはある。そのためにも、時折、自分が描いた作品をみつめ、
大切なことを思い出すようにしています。

祖国、日本が元気に立ち上がれますように。

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み