*2016年ニューヨーク個展
『Empowering The Extraordinary Dakinis』

Tibet House Museum にて、2016年5月20日から8月4日まで
22 West 15th Street, New York

*2016年秋の個展@東京
新宿伊勢丹アートギャラリーにて、
2016年10月26日から11月1日まで開催します。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-16

みんなのハッピーホリデイ

テーマ:ブログ

シェルター」©Rima Fujita 2016

 

先日の満月、皆さんはご覧になりましたか?

満月や新月の日は、クレンジングのプージャをするように

勧められているので、この間、友人からいただいたサント・パロ

という聖なる木の欠片を燃やそうと楽しみにしていたのに、

年末の雑用に追われ、すっかり忘れてしまいました!

 

年末と言えば、もうすぐクリスマスですね。皆さんもプレゼント

のショッピングにお忙しいことでしょう。寒い冬になって来ると、

温かくてフワフワしたものがほしくなりますよね。でも、あとわずか

で2017年になるのですから、どうか是非、Animal Cruelty-Free

(動物が苦しんだり虐待されていない)製品を選びませんか♡

 

テクノロジーが発達した今日、毛皮より温かい衣類は沢山、簡単に手に

入ります。本当に毛皮を着ないと生きて行けない場所に住んでいる

人たちはともかく、ファッションのために毛皮を身につけることは、

もうPassé(古くて格好悪いこと)だと思いませんか?

そう感じているファッションデザイナーも増えて来ています。既に

ジョルジオ・アルマーニ、ステラ・マッカートニー、ヴィヴィアン・

ウエストウッド、トミー・ヒルフィガー、カルバン・クラインなど

が、ファー・フリー(毛皮無し)を宣言し、実行しています。

 

その一方、エルメス、プラダ、フェンディ、マイケル・コースなどは、

毛皮や他の革製品の発表を続けています。エルメスのあの有名なバッグ

になるワニは、それはそれは悲惨で過酷な状態で「育てられ」ています。

ワニだけではありません。毛皮となるために、数え切れない動物たちが

虐待を受け、悲惨な環境で隔離されているんです。

 

 

例えば、この写真は、中国の毛皮農場です。まだ生きたままの

状態で、尻尾を切るんです。残酷ですよね。でも、こんなの

当たり前で、これ以上に残酷なことが、そこら中で行われて

いるのです。毛皮を着ている人たちは、これらの「苦しみの結果」を

身につけているわけなのです。

 

そこまでして、毛皮を着る必要はあるのでしょうか?

ステイタスやファッションのために毛皮を着る時代は、もうとっくに

終わっているし、本当に格好悪いです。

 

帽子についてる毛皮のポンポンや、キーホルダーになっている

毛皮のポンポンだって、同じように作られているんです。

コートのトリミングの毛皮だって同じです。

 

どうか、ものを買う時に、その毛皮や革製品が作られるまでに、

どんなに沢山の苦しみがあったかを思い出して下さい。

ファッション産業のために犠牲になった動物たちと、皆さんが

可愛がっているペットの動物たちと、何の違いも無いのです。

皆、同じ動物という生きので、人間の見栄のために

生まれてきたのではないのです。

 

私は今日、革製品を一切持たなくなりました。靴も合成で

革より良いものを選んで履いています。大昔に持っていた

毛皮類は、すべて動物サンクチュアリに寄付し、親のいない

動物孤児たちの巣づくりに活用してもらっています。

今は、様々の良質な革の代わりになるものが沢山ある時代ですから!

 

ベジタリアンになって7年目を迎えますが、病気も一度もしなく

なりましたし、以前よりエナジーに溢れて元気です。

 

でも、ライフスタイルは、あくまでも自分が決めることですよね。

私は他の人たちに強制はできませんし、する気もありません。

ただ、ショッピングをする時に、ふと、私が今日書いたことを

思い出していただけたら嬉しいです。なぜなら、かつて私も、

ある人から教えてもらったことがきっかけとなり、人生が

変わったからです。

 

この世で生きている人たち、そしてすべての生きものたちが、

皆、安全で幸せに暮らせる日が来ることを祈りつつ。

そんな気持を込めて描いた一枚が、上の作品「シェルター」でした♡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-02

ダライ・ラマ法王講演「思いやりの心〜幸せの鍵〜」

テーマ:ブログ

©Jigme Choepel 2016

 

11月17日に横浜パシフィコで開催されたダライ・ラマ法王の

講演は、素晴しいものでした。今まで数え切れない程、猊下の

ティーチングや講演に参加して来ましたが、いつも大切なこと

を思い出させてくれ、心を整えて下さいます。

今回は、英語と日本語での司会という大役の名誉をいただき、緊張する暇もない

程、気を引き締めて頑張りました!笑

会場には数千人が集まりました。日本人だけでなく、西洋人、モンゴル人

韓国人、中国人、そしてチベット人も沢山!

 

 

 

心に響く猊下のお言葉が、沢山ありました。生きる上での

智慧と力。それは自分の力で育んでいけるものだということを、

思い出させていただきました。

最後に猊下が「ありがとう」と私のところへ来て下さり、

カタ(白いスカーフ)をかけて下さりました。この写真は

ある方が送って下さったのですが、猊下のカタから緑白の光

が天へと放出されているのを見てビックリ!!!

照明のせいかと思ったのですが、もう一枚の写真を見てみると、

はやりカタから光が出ているのです。すごいエナジーなのですね。

 

猊下の集中力、洞察力、そして、皆の役に立ちたいという純粋な

思いが深く伝わってくる、感動的な講演でした。猊下と同じステージ

に立ち、少しでもお役に立てたこと、心の底から嬉しく思っています!

 

くわしくは私のフェイスブックのページでまとめてありますので、

是非、ご覧下さい。

https://www.facebook.com/rima.fujita.7/media_set?set=a.10155524276903696.1073741841.556858695&type=3&pnref=story

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-23

ホリデイ・カードに

テーマ:ブログ

 

東京の新作個展に来れなかった皆さま、お待たせしました!

新作ポストカードセット「Pilgrimage」(巡礼)が、ホーム

ページにアップされましたので、年末年始のホリデイカードに

是非、ご使用ください♡ 

 

 

 

また、新作ジクレーもアップされています。これは昨年の個展

の人気作「配達」で、30枚限定です。(サイン入り、エディション

ナンバー入り)

 

どちらも、ホームページをご覧ください:

http://www.rimafujita.com

 

健康で楽しいホリデイシーズンをお過ごしくださいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-06

お礼とお知らせ

テーマ:ブログ

 

今年も沢山の方々が、私の新作を見に新宿伊勢丹アートギャラリー

での個展にいらしてくださり、本当に嬉しかったです!母も私も

心から感謝の気持で一杯です。伊勢丹では23年目の個展となり

ましたが、最初から応援して下さっている皆さんも沢山

いらっしゃって、一度も欠かしたことが無い!という方も少なく

ありません。本当に感激しています。私の絵は独特で、マス(大衆)

に受ける絵ではありません。表現するテーマやサブジェクトも、さらに

独特で、一般受けするものではありません。ですから、私の作品を

好んで下さる皆さんは、良いテイストをお持ちなだけでなく(!)

ある意味、とても変わっておられるのだと思います。(もちろい良い

意味で!)どうか、また来年も新しい作品を覗きにいらして下さいね!

 

さて、こちらはお知らせです。11月17日のダライ・ラマ法王講演

(横浜パシフィコ国大ホール)で、日本語と英語で司会をさせていただくことになりました。プロの司会者でありませんので、何かと役不足な面が多いかと思いますが、誠意を込めてベストをつくしたいとお持っています。また、こんな名誉な機会を無駄にせぬように頑張ります!この講演会はあえて、あまりメディアで告知しておりませんので、知らない方も多いと思います。「思いやりの心〜幸せの鍵〜」という、猊下のテーマの講演には、私も過去にニューヨークや日本で数え切れないほど参加して来ましたが、

毎回、新しいことを学び、貴重な体験となっています。どうぞお誘い合わせの上、是非、ご参加下さい。(そして私を応援してくださいね〜♡)

 

くわしくは、こちらでご覧になれます:

http://www.tibethouse.jp/event/2016/teaching161117.html

 

皆さんと、またお会いできることを楽しみにしています!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-30

10月30日スライド・トーク&サイン会

テーマ:ブログ

 

昨日のギャラリートーク&サイン会にも、沢山の方々が

いらしてくださり、本当に嬉しかったです!どうもありがとうございました!

今年は、普段私がニューヨークの個展でしている「ギャラリーツアー」を

してみました。皆さんと一緒に作品を見ながら歩いて、作品やその背景に

ついて密にお話する、、というものです。参加して下さった皆さんの、ご感想

など是非、お聞かせ下さいね。

 

今日、10月30日(日)は、午後2時から、スライド・トークをサイン会の前にします。ニューヨークと南カリフォルニアの暮らしについて、そして、今回のテーマ

になった聖地巡礼の写真などをお見せしながら、どうやって作品たちが生まれて

来たかなどをお話します。是非、ご参加ください♡ 皆さんとお会いできるのを

楽しみにしています!

 

新作個展『巡礼〜魂の旅〜』11月1日まで(最終日は午後6時終了)

新宿伊勢丹アートギャラリーにて

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-10-28

サイン会&ギャラリートーク

テーマ:ブログ

『祈り2』©Rima Fujita 2016

 

新作絵画個展「巡礼」(新宿伊勢丹)が、3日前に

スタートしました。明日10月29日(土)と10月30日(日)

の午後2時より、ギャラリートークとサイン会が開催されます。

作品について、そしてその背景にあるエピソード、普段の

ニューヨークや南カリフォルニアでの生活についてお話します。

 

最近は、黒以外の色のバックに絵を描くことが増えましたが、

ピンクやオレンジの色のバックの時は、白いキャンバスや

紙に色を塗ってから絵を描く時もありますし、ピンクの紙を

使うこともあります。

 

是非、原画の良さを味わいに、個展にいらしてくださいね!

一年ぶりに、皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-16

アーティスト・トーク

テーマ:ブログ

「ナンディ」©Rima Fujita 2016

 

皆さん、こんにちは!

 

10月26日から新宿伊勢丹アートギャラリーにてスタートする個展の準備で忙しくしています。今日は皆さんに質問があります!

 

10月30日(日)午後2時からスライドトーク&サイン会があるのですが、

もしも、皆さんが聞きたいトピックスや、興味があることがあれば

教えてくださいね。トークの中に組み込みたいと思います。どうぞよろしく

お願い致します。

 

10月29日(土)は、ギャラリートークとサイン会が午後2時よりあります。

ギャラリートークでは主に、個展会場を廻りながら、作品についてお話させていただきます。

 

皆さんとお会いできますことを楽しみにしていますね!

 

藤田理麻新作絵画個展『巡礼〜魂の旅〜』10月26日(水)から11月1日(火)まで。最終日午後6時終了。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-09-16

秋の新作絵画個展のお知らせ

テーマ:ブログ

「菩提樹の葉」©Rima Fujita 2016

 

皆さん、こんにちは!お久しぶりです。

今年も秋の新作個展の時期がせまって来ました!

 

東京、新宿伊勢丹アートギャラリーにて、10月26日から

11月1日まで、新作個展『巡礼〜魂の旅〜』が開催されます。

今年で新宿伊勢丹での個展は24年目を迎えます!

 

3月に行ったインドの聖地巡礼の旅での体験から得た

インスピレーションをもとに完成された作品、約35点を

展示します。今年のラインアップは、個人的には今までで

最高の出来映えで、とっても満足しています。

 

皆さんにも楽しんでいただけることを祈りつつ、、。

 

秋に東京でお会いしましょう!今から楽しみにしていますね♡

 

藤田理麻 新作絵画個展『巡礼〜魂の旅〜』

10月26日(水)〜11月1日(火)新宿伊勢丹アートギャラリーにて

(サイン会、ギャラリートークなどは、10月29日(土)と10月30日(日)

になります。詳しい内容はまた改めてお知らせします。)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-04

プライバシーという贅沢

テーマ:ブログ

 

皆さん、楽しい夏をお過ごしですか?

 

慌ただしい日々が続いていて、前回のブログから一ヶ月経って

しまいました。

 

この間、ニューヨークのファッション界で有名だった

ストリートファッション・フォトグラファーのビル・カニングハム氏

が他界し、すぐに57丁目と5番街に、彼の名前のサインが作られました。

それくらい、彼はファッション界から愛されていた優しいおじさんだったのです。

 

実は、私は2度程、ニューヨークタイムズ(日曜版)のファッションセクションの表紙に、でかでかと写真が出たことがありました。ビルさんが撮ったスナップショット。そう、隠し撮りです。けっこう大きく載っていて、その日曜日の朝には、沢山の友人や家族から電話がかかりっぱなしでした。

 

「見たわよー!」「凄いじゃない」「もっと笑顔なら良かったのにね」などなど、勝手に言われっぱなし、、。笑

 

自分の顔が、けっこう大きくニューヨークタイムズのファッションセクションの表紙に出るのは、名誉ととる人もいるのかも知れませんが、私の最初の反応は、良いものではありませんでした。

 

自分の知らぬ間に写真を撮られ、本人の許可無しに世界中の人が見るニューヨークタイムズの日曜版にデカデカと載るなんて、、。プライバシーを害さた気分でした。

 

だって、もしも私がニューヨークにいることを知られたく無い身だったら?もしも、私が犯罪者で隠れている身だったら?いろんな疑問が頭をよぎりました。

 

載った写真の私は、強ばった表情。横断歩道の信号を待っている時で、まさか誰かに撮られているとは思いませんでしたから、あれやこれやと考えごとをしていて、あんな顔になったんだと思います。皆に見られたい写真ではありませんでしたよ!

 

ですので、ビルさんのニュースを聞いた時、ニューヨーカーのひとりとして、ファッション界で愛されたアイコンの死を素直に悲しむことができませんでした、、、。(ごめんなさい〜)

 

そして先日、インスタグラムでフォローしている友人が、ある孤独で寂しい少女のことをからかったポストを出したんです。実は、その少女、脳腫瘍の手術のサバイバーで、病気のため体重も増え、顔も体もパンパン。おそらく学校ではいじめられ、寂しい想いをしているはずです。たまたま何かで彼女のことを知っていた私は、すぐに友人に伝えました。「病気で苦しんでいる子を馬鹿にするのはどうかな?」

 

すると帰って来た返事は、「この写真の子はその子じゃないと思うわ」。そしてポストもそのまま載せています。

病気の子じゃなければ、太って孤独の子を馬鹿にして良いと思っているようでした。

長年の友人でしたので、とても残念でびっくりしました。すぐに彼女のインスタグラムをフォローするのは止めました。

 

昨年、知り合いのイギリス人の男性も、同じようなことをしていました。出張が多い彼は、よく飛行機のスチュワーデスや、お店の店員などを隠し撮りして、馬鹿にしたキャプションをつけて、インスタに載せていたんです。一生賢明働いている人たち、そして知らない人たちを、からかって載せて、バカにして、世界中とシェアする。なんて下品な行為でしょう。もちろん彼をフォローするのはすぐに止めたことは言うまでもありません。

 

とは言え、私もこのプライバシーが消えた社会で生きている人間のひとり。知らぬ間に、誰かのプライバシーを害しているかも知れません。気をつけないと、、!と思う毎日です。

 

今や、プライバシーはラグジュアリーになって来た時代ですね。他への思いやりや親切な心が、益々必要とされているような気がします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-07

オバケと私

テーマ:ブログ



35年ぶりのニューオリンズです。前回の記憶は
おぼろげで、有名なジャズ演奏を聞きに行ったこと、
そして、早朝早起きをして、かのカフェ・ドウ・モンド
にベニエを食べに行ったことくらいしか覚えていません。

今回は、フレンチクオーターを代表する
「ホテル・モンテリオン」に泊まることになり、かつて
ヘミングウェイやカポーティが愛用していたカルーセルバー
があるこの5つ星ホテルについて読んでいると、、、。

なんと、このホテル、ニューオリンズでもオバケが出る
スポットのナンバー2ではないですか!ひえ〜

実は私は、オバケというか、姿が無い存在にとても敏感で、
日常でもよく存在を感じています。ヨーロッパの古いホテルや
お城などに泊まると、もう大変です。なので、古いホテルはあまり泊まりたいと思いません。姿は見えないけれど、不思議な体験は沢山して来ましたから。

気になって、コンサルジェにオバケについて尋ねると、淡々とした口調で、

「はい、お客様。でも(オバケが)出るのは14階だけですから。」

早速、ネットで「オバケと遭遇するのを避ける方法」を調べました。でも、私が思うに、東洋と西洋のオバケは「接し方」が違うような気もするのです。西洋では「自分が信じている宗教のシンボルのものを(例えば十字架など)身につけておきなさい」というアドバイすもありますが、例えばブッダのペンダントを見たとして、西洋のオバケはそれが何かわかるのかなあ?

私たちは普段から、あらゆるスピリットに囲まれて生活しているのだと思います。オバケはある意味、前に進めずに、そこにスタックしてしまっている存在です。輪廻転生を信じている私としては、なんとも気の毒にも感じます。

どうかお互いに邪魔をせず、気持ち良く快適に過ごせたら良いなあと思います。でも、とりあえず、塩などは用意しました!笑

吞気な旦那さんは、「会ったら名前でも聞いてあげなよ。」とケロっとしています。

そういう彼は、先日、サンタフェの奥地のサイレント・リトリート(数日間、一切話さずに瞑想をする)に一人で行っていた時、夜中にキャビンの外で、自分の名前を呼ぶ人がいたので、慌てて服を来て外に出たら、誰もいなかったそうです。そして、ふと空を見上げると、夢のようなミルキーウエイと、無数の星たちがキラキラと舞う様に輝いていた、と言っていました。

とても親切なオバケではありませんか!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み