*ニューヨークの二人展のビデオ公開
2014年9月ニューヨークのチベットハウス美術館で開催された
二人展『Weight of Happiness』のインタビュービデオがアップされました。
ブログページの右上をご覧下さい。(パート1とパート2があります)


*2014年秋の個展~ニューヨーク&東京~
ニューヨーク:9月5日(金)~10月16日(木) チベットハウス美術館/チェルシーにて。
オープニングレセプションパーティは9月5日(金)午後6時より。
スペシャルセレブゲストのスピーチもあります。詳しい内容はまた後にポストします。

東京:11月5日(水)~11月11日(火)、新宿伊勢丹本店アートギャラリーにて。
新作絵画展『緑の館~Green Mansions~』 サイン会は11月8日(土)&9日(日)午後2時から。

*2014理麻デザイン:エコ&グリーン高級ハイエンドオーガニックタオル
日本を代表するグリーンカンパニー池内オーガニックとのコラボ第2弾。「ハピネス」と
「フリーダム」の2種類好評発売中です。利益はチベット難民孤児たちの教育奨学金に
あてられます。赤ちゃんが口に入れても安心な100%ケミカルフリーなタオルは、
100%風力発電によって織られています。明るく元気が出る理麻カラーをお楽しみ下さい!
池内オーガニックショップ:東京都港区南青山6-2-13-2F
池内オーガニックHP:http://www.ikeuchi.org/custom/rima/

*20周年記念絵画個展*「息」11月6日から12日まで。新宿伊勢丹アートギャラリーにて
サイン会:11月9日(土)と11月10日(日)午後2時から
ギャラリートーク:11月10日(日)午後2時より、スペシャルゲスト桐島ローランド氏との対談。
サイン会はトークの後に続きます。
最終日11月12日は午後4時半終了。

*ニューヨークの個展『Save The Himalayas』のビデオクリップが公開されました。

(ブログページ右上カレンダーの下でご覧になれます。)

NEW■個展開催決定!

宝石緑

NEWS

*ニューヨーク:展覧会
2013年7月23日より、ニューヨーク、チェルシー
地区のSundaram Tagore Galleryにて、グループ展
が開催されます。藤田理麻の作品だけ個室で個展となります。

*東京:20周年記念絵画個展
2013年11月6日(水)~11月12日(火)新宿
伊勢丹アートギャラリーにて。11月9日(土)と
10月(日)にギャラリートーク、サイン会が開催され
ます。後ほど詳しい予定をご報告致します。

 

2012年10月31日(水)~11月6日(火)

新作絵画個展『Kirana~光~』が、
新宿伊勢丹アートギャラリー
にて開催されます

サイン会は11月3日(土)午後2時~3時まで
ギャラリートークは11月4日(日)午後2時~4時まで

入場無料となっております。

■4月23日(月)発売 SPUR
6月号
特集「画家・藤田理麻、絵本を届けにダラムサラへ」が掲載されました。


■講演

サンディエゴのサンディエゴ美術館
にて、作品や著書について、そして3月に絵本をチベット難民孤児たちに届けにインドに行った旅などについて、スライドショーと共にお話しました。

日時:6月22日(金)18時00分~

会場:サンディエゴ美術館 メインギャラリー


ニューヨークのTRACE FOUNDATIONにて、絵本、 Books for Children、最近のチベット孤児院訪問などについて講演をしました。

日時:5月10日(木)18時30分~

会場:TRACE FOUNDATION


『Save the Himaraya~藤田理麻の不思議な冒険』 サンクチュアリ出版

序文:ダライ・ラマ法王14世、リチャード・ギア

好評発売中!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-26

花より団子

テーマ:ブログ


この可憐な黄色いお花、何のお花でしょう?


これ、カボチャなんです。毎週末、私が住む路上で
開催されるファーマーズ・マーケットで時々販売される
カボチャの葉っぱは、ちょっと甘くて何とも言えない
味がして、すっかり虜になりました。でも、このカボチャの
葉っぱは、たまにしか市場に出ないので、ある日、
葉っぱのヘタの部分を捨てずに植えてみたら、なんと
こんなに成長して花を咲かせてくれました!


となりに見えるのはネギ。これも玉ねぎのヘタを捨てずに
植えたんです。すごいスピードで育ってくれるので、もう
長ネギを買うことはなくなりました!


こちらはカリフラワー。これもヘタの部分を捨てずに
植えてみたら、こんなに育って来ました。
真ん中のカリフラワーのお花の可愛いこと!


干ばつが続くカリフォルニアをはじめ、アメリカの各地で
「芝生や花より食材を植えよう!」という姿勢が広まって
います。
2年前、シアトルでは木や花の変わりにリンゴの森の
公園が作られ話題になりました。
もちろん、誰でもが無料に入れる公園です。


美しい木、草、花々ももちろん大切ですが、
今後の地球上、増々深刻化していく水問題を考えると、
観賞用や飾りが目的のものよりも、食材を育てるために
水を有効に使うというトレンドが主流になって来ている
ようです。


種から蒔いて育てるのももちろんですが、こうしてヘタを捨てずに
植えて育てる野菜は、なんとも特別に嬉しいものです。
「まだ生きていたものを捨てずに『生かした』」気持ちが
くすぐられるからかも知れませんね♡



藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-21

世界遺産を守るために

テーマ:ブログ


もうすぐ中国企業の手によって全破壊されるアフガニスタン
はメス・アイナクにある仏教遺跡を、少しでも多く保存しよう
と、未だに頑張っているひとりのアフガン人の考古学者がいます。


この2600年前の仏教都市、メス・アイナクでは銅が
豊富に採れるため、中国企業がこの土地全体の発掘権利を
買ってしまいました。本来は、このような世界遺産を守る
べきユネスコさえ、メス・アイナクから完全撤退してしまい、
世界中から来ていた発掘チームたちも去り、あとはもう時間の問題です。


今日でも発掘作業を続けているアフガン人の考古学者と
彼のチーム(数人のローカルの労働者たちです)は、もう一年近く
サラリー無しで作業を続けています。理由はただひとつ。
「自分たちの文化と歴史を守るため」です。


ニューヨークタイムズやロンドンのBBCをはじめ、あらゆる
メディアで絶賛され、世界中の映画祭でも評価を得ている著名な
ドキュメンタリー監督、ブレント・ホフマン氏から個人的に依頼され、
彼の映画『Saving Mes Aynak』の映画ポスターのための絵を
昨年描かせていただきました。


先日、販売開始されたこの映画ポスター(限定品)の収益全額は
たった独り発掘を続けているメス・アイナクの考古学者にカブールの
文化財考古学部門を通して寄付されます。もちろん、私も100%
ボランティアです。


昔からガンダーラ/クシャーン時代の仏像、そしてこのアフガニスタン
やパキスタン地域の仏像に魅了されて来た私は、近々行われる
全破壊について深い悲しみを感じて来ました。じっとしていられない性格
から、せめてこれくらいのことしかできないと思い、ポスターのための原画
を描き上げました。ポスターの収益がこの立派な考古学者の援助につながれば
最高に嬉しく思います。


ポスターのご注文はここからできます:


http://www.savingmesaynak.com/artistposter



「この地球には人間が生きて行くのに必要なものはみな備わっているが、
人間の貪欲を満たすだけのものはない。」~ガンジー~






藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-15

希望を運ぶ絵本

テーマ:ブログ


インドはヒマラヤの麓、ダラムサラにあるダライ・ラマ法王
のチベット政府より依頼されて、チベット難民の若者たち
のための性教育の絵本づくりにボランティアで参加させて
いただきました。『ReWa』(リワ)というタイトルはチベット語で
「希望」を意味しています。


実は最初に依頼を受けた時は、よく西洋にあるタイプの性教育の
絵本を想像していました。つまり、もっと具体的でハウツー的な
もので、避妊や性病防止をアピールしたものです。
ところが、チベット政府とやりとりしているうちに分かって
来たのは、チベット人の若者(特に女性)が、難民という
立場で、それでなくとも女性としての位置が低い異国の地
インドやネパールで、逞しく生き抜いて行くために勇気づける本
を彼らは求めている、、ということだったのです。


ひとりの女性として深く共感し、とてもセンシティブなテーマでしたが、
魂込めて数枚を描き上げました。


1月10日にダラムサラの難民学校で、正式に発表
された絵本レワは、数百人の生徒に配布されました。


生徒たちは、最初に絵本を読み、後でグループに
分かれてディスカッションをしました。


この絵本の絵は私が描かせていただきましたが、
テキストは、エッセイコンテストで数百人の中から
選ばれた3人の生徒の作文がもとになっています。


中には、もうすでに性的虐待を受けた女の子の作文も
ありました。でも、みんな将来への希望に満ちていて、
「ひとりで苦しまないで誰かに必ず話してほしい」
と訴えかけている姿には心を深く打たれました。


これは『私の体は私の神殿』という作品です。


自分と自分の体を大切にし、危険な状況に置かれた場合は、
受け身にならず、勇気を持って叫び、助けを求め、逆らい、逃げること。
必要であれば、相手を殴り、立ち向かうこと。
難民として異国の地で生活する日常で、弱い立場にいる
と感じているチベット人女性は沢山います。この絵本が、
子供たちがこれからも、勇気、プライド、愛、そして
尊厳を持ちながら、堂々と生きて行くために役立てたら、
これほど嬉しいことはありません。


*私のホームページにもっと写真や絵が掲載されています。
是非、ご覧くださいね。
http://rimafujita.com/news/rewa-book-official-launch-workshop.html




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-11

ニューヨーク展覧会のビデオ

テーマ:ブログ


昨年のニューヨークでの二人展『Weight of Happiness』
のインタビュービデオが上がって来ました。

2パートに分かれていて、パート1は、私たちの
アーティストとしての制作についての姿勢や作品など
がフォーカスされています。パート2は、オープニング
レセプションパーティでの様子、私がお願いして
来ていただいたスペシャルゲストスピーカーたち
(ロバート・サーマン教授をはじめ、
有名なファッションデザイナー&動物愛護運動家のジョン
・バートレットとパワフルな英国出身チベット平和運動家ペマ・ヨーコ
もちらりと出ています。)

ビデオはこのブログのページの右上にリンクが貼られています。

英語ですが、映像を見るだけでも楽しいと思いますので
是非、覗いて見てくださいね♡


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-01-05

聖なる大地

テーマ:ブログ


かつてデス・ヴァレーはテンビシャ、シャシヨーン族
というアメリカンインディアンたちの土地でした。この広大な
大地で、彼らは自然と共に平和に暮らしていました。
後に彼らは開拓移民の白人/アメリカ政府から土地を奪われ、
追いやられ、迫害されます。


自分たちの土地でマイノリティとなってしまった
ティンビシャ族たちは、白人社会のライフスタイルを
強制され、苦しみました。なぜなら、アメリカンインディアン
たちの「豊かな暮らし」とは、「大地で必要な量の食材を育て、
大地の神々を崇め、自然と共に生きる」ことでしたが、物質的な豊かさを求める
白人社会の中で生きて行かなくてはならなくなったからです。
自然との共存を重んじる彼らのライフスタイルは「貧困」と見られ
たのです。


今日、この果てしない砂漠に住むティンビシャ族は50人しか
残っていません。


砂漠が大好きな私は、以前にもモニュメント・ヴァレーなどあらゆる
大地を訪問しましたが、息を飲むような絶景の背後には、悲しい悲しい
歴史が潜んでいるのです。


大晦日の夕方、延々と続く砂漠で瞑想しました。
しばらくして目を開けてみると、目の前に、この巨大な
雲が美しいお月さまの下に浮かんでいるではありませんか!

天使にも見えるし、平和を象徴する白い鳩にも見えます。


「この大地で私たちを迎えてくださり、どうもありがとう」と
胸の中でお祈りした直後のことでした。


聖なる土地で、聖なるスピリットが優しく答えてくれたような
気がします。





藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-31

死の谷から

テーマ:ブログ


今、世界一、暑い場所に来ています。カリフォルニア州
のデス・ヴァレー(死の谷)。車で6時間かけて
来ました。そして地図にものっていない、この美しい
スポットは、なんと塩の大地。かつては海だったそうです。
砂漠、山、そして無数の星に囲まれて新年を迎えます。
皆さん、今年もどうもありがとうございました!


2015年が、皆さんにとって健康で素晴らしい
新年となりますように。そして、世界中の人々に
とっても。


Wishing you a very Happy New Year!!!


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-28

ノブレス・オブリージュ(高貴さは義務と強制する)

テーマ:ブログ


年末になって、ようやくゆっくり読書をする時間が
できました。この時期になると必ず読み返すのが
「武士道」の本。私のバイブルです。


先日、旦那さんと道を歩いていたら、旦那さんの知り合いに
ばったり会いました。すると彼は「昨夜は『忠臣蔵』と
『47浪人』を子供たちと見たんですよ」と言うんです。
もちろんアメリカ人。しかも12月14日に!


彼いわく、「武士道」という哲学と生き方にとても
興味を持っているのだそうです。日本人の礼儀の正しさや
態度の良さは昔から知られていますが、津波があった時
の後の日本人の素晴らしい行動は世界中でニュースと
なり、その背景には「武士道」というスピリットが、未だに
日本人の間で生きているからだと、報道されました。


秋に、東京からアメリカへ戻る飛行機の中で、半分寝ぼけ
ながら見た映画「るろうに剣心~京都大火編~」。
どうして女の子がサムライの格好しているんだろう、、?
と不思議に思いながら見ていた私は、ようやくこのアンドロジニス
な主人公役俳優が男性だったことに気付いたのでした。(佐藤健さん)


サムライというと三船敏郎のようなマニッシュで豪快なイメージを
持つ私には衝撃的でしたが、武士の精神は見事に表現されいる映画
で、この3部作の大ファンになりました。


見かけはともかく、大切な中身である精神の部分で、素晴らしい
武士道の精神が、特に今後の日本で根強く残って行くことを願っています。

<武士道の掟>
義、勇気、仁、礼、誠、名誉、忠義

1、嘘をつかない
2、利己主義にならない
3、礼儀作法を正す
4、上の者にへつらわず、下の者をあなどらない
5、人の悪口を言わない
6、約束を破らない
7、人の窮地を見捨てない
8、してはならないことをいない
9、死すべき場では一歩も引かない
10、義理を重んじる





藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-23

「希望」という絵本

テーマ:ブログ


My Body is My Temple ©Rima Fujita 2014


インドはヒマラヤの麓、ダラムサラにある
ダライ・ラマ法王のチベット亡命政府から依頼
されて、かれらにとって初の性教育の絵本づくり
に参加させていただきました。センシティブなテーマ
だけに、チベット亡命政府から信頼を受けたことを
心から誇りに感じています。


この絵本は、性病や妊娠、そしてレイプなどから
身を守ることなどをテーマに、難民学校の生徒たち
を対象にエッセイコンテストを行い、3人の作文を
選びました。それをもとに私が絵を5枚描きました。


上の絵は「私の体は私の神殿」という作品です。
女の子たちが、自分の体を大切にして、誇りを持ち、
危険な目に境遇した時は、我慢せずに立ち向かい、
叫び、逃げて、きちんと誰かに話すこと、、。
そういった行動をすることを勇気づけています。


絵本は年明けに完成し、インド、ネパール中にある
チベット難民学校に配布されます。


女性の地位が低いインドで、ひどい扱いを受けている
女性たちをはじめ、その国に亡命して「難民」として
さらにひどい扱いをされているケースも少なくない
チベット人女性たちが、この絵本『レワ/希望』を
読むことによって、少しでも勇気と希望を
持つことことに役立てたら、最高に嬉しく思います。



藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-16

スーパーフードの舞台裏

テーマ:ブログ


これは私の典型的な朝食です。キヌア、チア、
玄米にグリークヨーグルト、その上にはブラジリアン
ナッツ、カボチャの種、アーモンド、マキベリー
パウダー、そしてココナッツフレーク。まさに
スーパーフードそのもの!


アメリカでは毎年のように、スーパーフードの
「新スター」が登場しています。フルーツだと
ブルーベリー、アサイ、そしてピタヤ。


グレインだと、フラックスシード、キヌア、チア。


でも、先日、ある記事を読んで凄くショックを
受けました。それと同時に、ファッショナブルな
フードトレンドに上手く「ひっかかっていた」自分
を、ちょっと恥ずかしくも感じたのです。


アメリカでトレンディになるスーパーフードは、
エキゾティックで外国でとれるもの(しかも少量
しかとれないもの)が主で、
キヌアもチアもマカも、本来はボリビアやペルーで
とれていたものですが、今やアメリカをはじめ世界中から
の要求に追いつけず、彼らのエコシステムは崩れ去り、
大問題を引き起こしているそうです。


また、それらの食材は輸入品となるため、それを世界中に
運ぶための燃料の量も増え、その燃料から排出される公害は、4倍にも
増えました。


私はもともと健康食などが大好きで、新しいものが
市場でもてはやされると、すぐに興味を持って食べて
いました。今でもキヌアなどは週に2~3日は食べて
います。でも、このニュースを読んでから、色々と
考え直すことにしました。


わざわざ輸入されないとならないもの、しかも生産が
追いつかないくらいトレンディ化されているものを
本当に食べる必要があるのかどうか。


ローカルにとれるオーガニックで新鮮な食材は
五万とある地域に住んでいる私は、とても恵まれた
環境にいると、普段から実感しているのですから、
もっともっとローカルのものを食べることにしよう!
と思います。


玄米はカリフォルニアで美味しいものが作られているので
簡単に手に入る。野菜も同じ、果物もそう。南米の
エキゾティックな植物や穀物を食べなくても健康でいられる
はずです。


先日のブログで動物虐待のことを書きましたが、
ベジタリアンの私も、この地球のどこかのエコシステムを
崩すようなことに参加していたとは気付きませんでした。
本当に反省しています。


自分が食べるものが、どこでどう作られているのかを知るべき。
この自分で言った言葉を、もう一度、自分に言い聞かせたい
と思います。


「すべてはバランスです」という導師の言葉が深く心に
沁みます。




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-11

みんなのホリデーシーズン

テーマ:ブログ


今日のアメリカのニュースで、「この3年間だけで
10万頭のアフリカ象が中国に輸出される象牙のため
に殺された」と報道されました。まさに狂気です。


寒い冬になり、クリスマスショッピングにも忙しい
シーズンとなりました。自分が買うものは、どこで
どう作られているのかを知るべき時代になって来て
いると強く感じています。例えば、毛皮。兎、タヌキ、
犬、キツネ、ミンク、、、。兎の毛皮の殆どが中国
から来ています。兎の毛も「生きたまま」の兎から
剥ぎ取るのをご存知ですか?痛みで苦しむ兎たちの
叫びたるや、もう身震いがします。兎の毛皮はアンゴラ
などの製品に使用されます。(GAPやユニクロ、 BGBCなどが有名)


こちらが毛皮を剥ぎ取られた後の死骸。
すべて捨てられます。


こちらは中国のタヌキの毛皮工場。「生きた」タヌキを
鎖でつなぎ、しっぽを切りとり、毛皮を剥ぎます。


こちらは中国の犬たちです。これも犬の毛皮工場行き。
羊の毛もそうです。羊の毛の殆どはオーストラリアから
来ていますが、羊は棒で殴られ、床にたたきつけられ、
おとなしくさせられてから、毛を乱暴にむしり取られる
ます。羊が血だらけになるのは言うまでもありません。


革製品になるのは、牛、豚、羊、山羊、鹿、、
などの動物ですが、人々が毎日食べている豚は、
このような暗い工場で生産されています。母親は
一生身動きできない檻で横たわり、子豚は一生、一度
も太陽を見ることがありません。このようにして大量に
育てないと、人間が食べる量の生産が追いつかないのです。


こちらは猿芸人が猿に芸を教えている「訓練」です。


間違えたり、抵抗すると、ムチで打ちます。
これは、この猿芸人だけでなく、日本や世界中に
いる動物芸人が同じことをして訓練しているのです。


これは、サーカスの象の赤ちゃんを訓練。
血まみれの日々が何年も続くのをご存知ですか?


人口が増えすぎたこの地球上で、人間が生きて行くため、
そして人間の無限の贅沢のために、多くの動物が
想像もできないくらい辛く悲惨な人生を送って
いるのです。私は4年前にベジタリアンになりましたが、
人がベジタリアンになるには、かなりの勇気と強い意志が
必要です。私も何年もかかりました。だから、私は
「ベジタリアンになりましょう!」などとは言いません。
これは個人が決めることだからです。


ただ、せめて、ものを買う時に、何も考えずに買うのと、
「これはどこでどのように作られたのか。私は何に対して
お金を払っているのか」と、一瞬でも考えてみることは
誰にでもできることであり、また、その人の意識や世界を
広げて行くことに繋がると思うのです。


また、私はこんな時代に毛皮を着る人を見ると気の毒になります。
毛皮は、着る人がどんなに美人でも、その人を醜く見せて
しまう。動物たちが苦しみ続け、悲惨な想いをした
結果から作り上げられる製品たち。これらを身につけて、
一体誰が幸せになるのでしょうか。
毛皮を着る本人でしょうか?だとしたら、なぜでしょう?
毛皮を身につけると美人に見える?ゴージャスに見える?
リッチに見えますか?あったかい?
毛皮が無いと不安定ですか?真の自信が無いから?
そういうことを、きちんと考えてみる時代が来ていると
思います。


それにしても随分と偉そうなことを綴ってしまいました。こんな私でも
かつては毛皮製品や革製品を買い、肉や魚を食べていたのです。
今はできることを続けるようにしています。革製品はもう買いません
し、今まで持っていたものは、寄付するか、大切に使うようにしています。持っていた毛皮はすべて、動物保護団体に寄付しました。親を無くした動物
の子供を育てる時の巣づくりに使われます。


4年前から肉も魚もいただきません。動物園には近寄りませんし、サーカスなど
もっての他です。動物を助ける機会があればいつでも署名しています。
動物たちには叫ぶ声が無いけれど、私には署名くらいできる。
実際に、こうした署名運動などの結果で、多くの動物たちの命が
助かっているからです。


楽しむべきのホリデーシーズンにヘビーなことを書いてしまいました。
でも、楽しく平和でいたいホリデーシーズンとは、人間だけのためで
なくて、生き物すべてのためだと思いませんか?


ですから、どうか皆さん、お買いものする時に、一瞬立ち止まって
考えてみてくださいね。どうかお願いします♡



藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み