*ニューヨークの二人展のビデオ公開
2014年9月ニューヨークのチベットハウス美術館で開催された
二人展『Weight of Happiness』のインタビュービデオがアップされました。
ブログページの右上をご覧下さい。(パート1とパート2があります)


*2014年秋の個展~ニューヨーク&東京~
ニューヨーク:9月5日(金)~10月16日(木) チベットハウス美術館/チェルシーにて。
オープニングレセプションパーティは9月5日(金)午後6時より。
スペシャルセレブゲストのスピーチもあります。詳しい内容はまた後にポストします。

東京:11月5日(水)~11月11日(火)、新宿伊勢丹本店アートギャラリーにて。
新作絵画展『緑の館~Green Mansions~』 サイン会は11月8日(土)&9日(日)午後2時から。

*2014理麻デザイン:エコ&グリーン高級ハイエンドオーガニックタオル
日本を代表するグリーンカンパニー池内オーガニックとのコラボ第2弾。「ハピネス」と
「フリーダム」の2種類好評発売中です。利益はチベット難民孤児たちの教育奨学金に
あてられます。赤ちゃんが口に入れても安心な100%ケミカルフリーなタオルは、
100%風力発電によって織られています。明るく元気が出る理麻カラーをお楽しみ下さい!
池内オーガニックショップ:東京都港区南青山6-2-13-2F
池内オーガニックHP:http://www.ikeuchi.org/custom/rima/

*20周年記念絵画個展*「息」11月6日から12日まで。新宿伊勢丹アートギャラリーにて
サイン会:11月9日(土)と11月10日(日)午後2時から
ギャラリートーク:11月10日(日)午後2時より、スペシャルゲスト桐島ローランド氏との対談。
サイン会はトークの後に続きます。
最終日11月12日は午後4時半終了。

*ニューヨークの個展『Save The Himalayas』のビデオクリップが公開されました。

(ブログページ右上カレンダーの下でご覧になれます。)

NEW■個展開催決定!

宝石緑

NEWS

*ニューヨーク:展覧会
2013年7月23日より、ニューヨーク、チェルシー
地区のSundaram Tagore Galleryにて、グループ展
が開催されます。藤田理麻の作品だけ個室で個展となります。

*東京:20周年記念絵画個展
2013年11月6日(水)~11月12日(火)新宿
伊勢丹アートギャラリーにて。11月9日(土)と
10月(日)にギャラリートーク、サイン会が開催され
ます。後ほど詳しい予定をご報告致します。

 

2012年10月31日(水)~11月6日(火)

新作絵画個展『Kirana~光~』が、
新宿伊勢丹アートギャラリー
にて開催されます

サイン会は11月3日(土)午後2時~3時まで
ギャラリートークは11月4日(日)午後2時~4時まで

入場無料となっております。

■4月23日(月)発売 SPUR
6月号
特集「画家・藤田理麻、絵本を届けにダラムサラへ」が掲載されました。


■講演

サンディエゴのサンディエゴ美術館
にて、作品や著書について、そして3月に絵本をチベット難民孤児たちに届けにインドに行った旅などについて、スライドショーと共にお話しました。

日時:6月22日(金)18時00分~

会場:サンディエゴ美術館 メインギャラリー


ニューヨークのTRACE FOUNDATIONにて、絵本、 Books for Children、最近のチベット孤児院訪問などについて講演をしました。

日時:5月10日(木)18時30分~

会場:TRACE FOUNDATION


『Save the Himaraya~藤田理麻の不思議な冒険』 サンクチュアリ出版

序文:ダライ・ラマ法王14世、リチャード・ギア

好評発売中!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-04-18

メトロポリタン美術館145歳!

テーマ:ブログ



数え切れない数の芸術が集まるメット。たいてい私は見たい
ものをまず最初に決めて、そこをめがけて行くことにしています。
もちろんあても無くぶらぶら観賞することもありますが、世界一
の規模の美術館では疲れる、疲れる~!


上の写真は、金の宝石。ゴールドが好きな私は、メット内に展示
されている、あらゆる時代、地域、そして文化のゴールドジュエリーを見てまわるのも好きです。


そして、この小さな、小さなパグの彫刻も必ず見に行きます。
これは東洋美術のセクションに展示されていますが、親指のサイズ

くらい小さいので、気づく人は少ないかも知れません!




メットの屋上からは、セントラル・パーク・サウス
の、かつて両親が住んでいたビルも見えます。


ここメットには、世界中の芸術だけでなく、人々の
とてもパーソナルな思い出が、沢山、沢山、集められて
いるのでしょうね。
ひとつの作品を見るたびに、皆、何かを感じ、何かを
思い出す、、、。


こうして145年間も、人々に感動を与えて来た
美術館。私もメットには感謝し切れないくらい、
感謝しています。


ハッピーバースデー、ザ・メット!!!

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-04-12

パワフル・ティーム in New York

テーマ:ブログ



先日、ニューヨークで開催された地球温暖化を訴えるイベントは、
なんてパワフルなラインアップ!有名な詩人たちや
ミュージシャンたちに囲まれ、画家は私ひとり。
パティの娘の即興ピアノをバックに、自分の絵本を
朗読したのは素晴らしい体験でした。7時からのイベントに3時に皆で
リハーサルをしたのですが、音楽のイベントって、こんなに
準備があるとは知らなかった!しかも、殆どがリハどおりに
進まなくて大笑い!




パティの愛娘のジェシー(右)は母親そっくり!
私よりかなり若いのに、いつも一緒にいると彼女が
母親みたいにケアしてくれるんですよ。きっとオールド・ソール
なんでしょうね。



アメリカで一番大きなラジオ局WNYC/WQXRの
有名なDJにインタビューされたのは光栄でしたが、
こちらも彼との打ち合わせとは違う質問が出てきて
またもや大笑い!

世界で生中継されたイベントでしたが、こちらの録画もご覧ください。
(私は55分目あたりから話し始めます)
http://www.thegreenespace.org/events/thegreenespace/2015/apr/08/spinning-on-earth/



楽屋では咳をしたり声もかすれていて風邪気味だったパティは、
ステージの上では声も澄んで素晴らしいパーフォーマンス。
プロの歌手って凄い!相変わらずパワフルでした!

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-04-09

パンクの女王パティ・スミスと

テーマ:ブログ



パンクロックの女王、パティ・スミスと彼女の娘の
ジェシーから直接お誘いをいただいて、この素晴らしい
地球温暖化をテーマにした、ニューヨークでのイベント
に参加させていただきました。


アース・デー『スピニング・オン・アース」は、
アメリカで一番大きなラジオ番組が主催の大イベントで、
著名なミュージシャン、詩人、アーティストたちが環境保護
の大切さを訴えかけました。


もの凄い顔ぶれに囲まれて(しかも圧倒的パワー!)
ドキドキした私ですが、パティの娘が「理麻が朗読する時に
ピアノを弾きたい!」と言ってくれて、私のトークの最後、
私が絵本「不思議な冒険~Save the Himalayas~を朗読した
時に、即興でメロディーをつけてくれました。


パンク・ロックのアイコンで、素晴らしい詩人としても有名な
パティ・スミスとお会いするのは、これで数回目。
「リマ。美しい名前ね。森の少女」とパティ。


さすが、私の名前の由来、ハドソン著の小説「緑の館」を知っている!


体調があまり良くなかったパティが笑顔を見せたのは、「緑の館」の
主人公リーマの話をした時だけだったので、なんだか嬉しくなりました。


昨夜のこのイベントはライブストリームで世界中の人々に生中継で楽しんで
いただきました。下のリンクで録画が見れますので、是非ごらん下さい。
パティ・スミスは相変わらずパワフルなことは言うまでもありません。
彼女は最初と最後にパーフォームしています。私が話すのは55分目くらい
です。エンジョイ!


http://www.thegreenespace.org/events/thegreenespace/2015/apr/08/spinning-on-earth/


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-04-04

夢の楽園

テーマ:ブログ



インドからニューヨークに戻り、私の作品も出展されて
いるニューヨークの展覧会『Transcending Tibet』のオープニングに
出て、南カリフォルニアに戻り、また明後日からはニューヨーク
に帰ります。


この写真は、南カリフォルニアで一番好きなエンシニタスにある
スワミ・ビーチ。ここはまさに楽園としか言いようがないほど
美しく、すべてが完璧です。さわやかな空気、輝く太陽、
鮮やかに咲く花々、エメラルド色の海。
青空を舞うカモメの群れ、甘い蜜を探す華麗な蝶々、そして
蜂たち。


こうして、のんびりと沖で波を待つサーファーたちを眺めていると、
インドで見た人々の様々な苦しみが嘘のようで、なんとも
シュールな気分になります。同じ地球でもこんなに世界が違うなんて、、!
少しの間だけ、こうして夢のような楽園で、美しい光を
浴びるのも悪くないか、、。


落ち着いたら、インドで出会った障害を持つチベット難民の
子供たちのご報告もしますね。あの天使のように優しい子供たち
に、この美しい南カリフォルニアの風景を見せてあげたいなあ。




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-03-27

インド〜食べる楽しみ〜

テーマ:ブログ



何度も来ているインドですが、私のインドの旅は容易では
ありません。いわゆる観光旅行でなく、チベット難民キャンプがある、
あまり人が行かない地域へ行くので、過酷な旅が殆どです。
通常はニューヨークからデリーに飛んで、いつも泊まるホテルで体調を整えます。
ここのホテルの看板ドアマンたちは、いつも「お帰りなさい!」
と言って私を出迎えてくれ、私がヒマラヤへ向って出発する時は、
無事を祈って、お祈りを唱えてくれるんですよ。それにしても、40度近い
デリーだというのに、このユニフォーム!こっちが祈ってあげたくなる。



12時間以上の車の旅の前に欠かせないのは、マサラ・チャイ。
朝の6時頃には出発するので、この濃いミルクティーで目を覚ま
して頑張ります!


そして、普段は朝食をあまり食べない私ですが、
この巨大なドサ(米粉のクレープで、南インド料理のひとつ)を
3つばかり平らげます。



ヒマラヤへ向う長い長い車の旅の途中は、あちこちで
チャイ・ストップ。
特に夕方になるとカフェイン・ラッシュで、チャイ・ワラ
(チャイの屋台)が見えて来ると、もう駆け込み状態。笑


実はスパイシーな食べ物が全く食べれない私です。
インドに来てもインド料理は殆ど食べれないという
情けない状態。いつもニューヨークからプロテインバーを
どっさり買い込んで、毎日食べているという悲惨な毎日。


でも、この国インドは、世界一と言われる美味しいパンが
沢山あります。ナン、パラタ、ロティ、プーリ、、、。
パンとチャイなんて滅茶苦茶健康に悪いけれど、まあ、いいか。


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-03-22

ニューヨークの展覧会スタート!

テーマ:ブログ


"Holy Mt. Kailash" ©Rima Fujita 2014

ニューヨークのチェルシー地区で「トランセンディング・チベット」
展がいよいよスタートしました!主催は、かのソロス一家が率いる
トレイス・ファンデーションです。滅多に見れないチベット内のチベット人
芸術家たちの作品をはじめ、丁寧に選ばれた世界中のアーティスト30人の
作品が展示されています。私の作品2点も展示されています。


4月9日にはサザビーズのオークショナーにより
オークションが開催され、売り上げ全額の半分は、チベット
支援にあてられます。3月26日からはオンライン・オークション
も開始されますので、是非、私の作品2点にもビッドして
下さいね!

展示会は4月12日まで。
Rogue Space Gallery, Chelsea, New York
508 West 26th Street, New York


"The Flag" ©Rima Fujita 2014

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-03-18

インド〜チベットの障害を持つ孤児院〜

テーマ:ブログ



インドのダラムサラから車で10時間かけて
辿り着いたのは、デラドウンという町。
ここには、大きなチベット難民キャンプが
あり、障害を持つ子供達が住む学校が
あります。


学校には47人の子供たちが親元を離れて、
この施設で暮らしています。
中にはチベットで両親を失った完全な孤児も
沢山いました。


学校はとても貧しく、建物も黒いカビで覆われ、
部屋にはヒーターさえありませんでした。
子供たちは5部屋に10人づつ暮らしていて、
各部屋にはフォスターペアレントが2組いて、
子供たちのケアをしながら一緒に生活しています。


障害を持つ人のケアをするのは、並大抵のこと
ではありません。一人でも大変なのに、10人も
の子供のケアをしている大人たちもたいへんです。


私が学校を訪問すると、皆が笑顔で迎えてくれました。
上の写真は、最近チベットから来た双子の女の子。
6歳なのに小さくて、歯も生えてないし、髪の毛も
生えません。肌にも問題があり、一日6回もお風呂に
入らなければなりません。もちろん歩くこともできないのです。
この双子には、まだスポンサーがついていないそうです。
この学校の子供たちは、世界中からのスポンサーによって
支援されています。


滅多に人が来ないこの学校のことを、また
後でご報告したいと思います。

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-03-09

インド〜ダライ・ラマ法王〜

テーマ:ブログ



インドはヒマラヤの麓、ダラムサラで、ダライ・ラマ
法王と謁見させていただく機会に恵まれました。
最新の絵本『希望』(チベット政府に依頼されて作った
性教育の絵本)をお見せした後、私の次の絵本の
ダミー本をお見せしました。


ダライ・ラマ法王は、じっくりと絵本とダミーを見て
下さり、


「貴女は随分長い間、チベット難民の子供たちのために
活動してくれていますね」とおっしゃって下さり、
そっと私の頭を猊下の頭に引き寄せるようにして、祝福の
ブレッシング(お祈り)を唱えてくださいました。


12時間以上の車の旅の疲れも一気に吹っ飛びました。
さあ、これからダラムサラの学校で、子供たちと一緒に
オープンディスカッションをして来ます。トピックは
性について、文化について、そしてアイデンティティについて。


チベット難民の子供たちに会えるのは2年ぶり。
とても楽しみです!

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-02-28

障害を持つチベット子供達に会いに

テーマ:ブログ



ヒマラヤまでまた行って来ます。
今回は、インドに亡命しているチベット難民の
子供たちで、障害を持つ子供たちが住んでいる学校を
訪問して来ます。ここには50人程の、あらゆる障害
を持つ子供たちが、親から離れて暮らしています。

私がお手伝いさせていただいた性教育の絵本
『リワ/希望』がたいへん好評だったため、
チベット亡命政府から、「今度は是非、障害を持つ
子供たちのために何かお手伝い下さい」と依頼を受けたのです。
彼らのために何ができるか、まだ分かりませんが、
まずは子供たちに会うことが先決だと思って、すぐに
インド行きを決めました。

ニューヨークからデリーに飛んで、翌日の早朝、
車で12時間かけてヒマラヤのダラムサラまで
行きます。その後、さらに車で12時間かけて、
障害を持つ子供たちが住むデラドウンという町に
向います。

子供たちには、私の絵本、絵を描くクレヨン、画用紙、
そして、オモチャなどを用意しました。

しばらくインターネットが通じにくい場所に入るため、
今度はいつブログアップできるかどうか分かりませんが、
インスタグラムとフェイスブック&ツイッターは、今まで
どおり頻繁にアップする予定ですので、是非フォローして
下さい。ヒマラヤの絶景もアップしたいと思います!

インスタグラムとフェイスブックもツイッターも、すべて
Rima Fujita
です。どうぞお楽しみに♡

そして、私のインドでの旅、無事を祈っていて下さいネ♡


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-02-23

国連でのスピーチ

テーマ:ブログ


国連からスペシャルゲストスピーカーとして
ご招待いただき、先日スピーチをして来ました。今まで
スピーチをする機会に沢山恵まれて来ましたが、未だに
緊張します。しかも英語だと緊張度はダブル!
上手に話すことよりも、皆さんに分かりやすく話すように
心がけています。

そこでいつも思い出すのは、導師の言葉:

「自分のことでなく、伝えたいメッセージにフォーカス
しなさい。」

このアドバイスにはいつも助けられて来ました。




30分程のスピーチでは、ヴィジュアルプレゼンテーションを
しながら、私が続けている社会活動について、
チベット難民孤児たちの教育支援、人権問題、環境問題、
女性の地位や権利についてお話しました。

これだけ情報が豊かな時代になっても、やはりチベット問題
については、まだ詳しく知らない人もいたようで、
少しでも多くの人たちに状況を知っていただけて良かったと
思っています。




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>