*2014年秋の個展~ニューヨーク&東京~
ニューヨーク:9月5日(金)~10月16日(木) チベットハウス美術館/チェルシーにて。
オープニングレセプションパーティは9月5日(金)午後6時より。
スペシャルセレブゲストのスピーチもあります。詳しい内容はまた後にポストします。

東京:11月5日(水)~11月11日(火)、新宿伊勢丹本店アートギャラリーにて。
新作絵画展『緑の館~Green Mansions~』 サイン会は11月8日(土)&9日(日)午後2時から。

*2014理麻デザイン:エコ&グリーン高級ハイエンドオーガニックタオル
日本を代表するグリーンカンパニー池内オーガニックとのコラボ第2弾。「ハピネス」と
「フリーダム」の2種類好評発売中です。利益はチベット難民孤児たちの教育奨学金に
あてられます。赤ちゃんが口に入れても安心な100%ケミカルフリーなタオルは、
100%風力発電によって織られています。明るく元気が出る理麻カラーをお楽しみ下さい!
池内オーガニックショップ:東京都港区南青山6-2-13-2F
池内オーガニックHP:http://www.ikeuchi.org/custom/rima/

*20周年記念絵画個展*「息」11月6日から12日まで。新宿伊勢丹アートギャラリーにて
サイン会:11月9日(土)と11月10日(日)午後2時から
ギャラリートーク:11月10日(日)午後2時より、スペシャルゲスト桐島ローランド氏との対談。
サイン会はトークの後に続きます。
最終日11月12日は午後4時半終了。

*ニューヨークの個展『Save The Himalayas』のビデオクリップが公開されました。

(ブログページ右上カレンダーの下でご覧になれます。)

NEW■個展開催決定!

宝石緑

NEWS

*ニューヨーク:展覧会
2013年7月23日より、ニューヨーク、チェルシー
地区のSundaram Tagore Galleryにて、グループ展
が開催されます。藤田理麻の作品だけ個室で個展となります。

*東京:20周年記念絵画個展
2013年11月6日(水)~11月12日(火)新宿
伊勢丹アートギャラリーにて。11月9日(土)と
10月(日)にギャラリートーク、サイン会が開催され
ます。後ほど詳しい予定をご報告致します。

 

2012年10月31日(水)~11月6日(火)

新作絵画個展『Kirana~光~』が、
新宿伊勢丹アートギャラリー
にて開催されます

サイン会は11月3日(土)午後2時~3時まで
ギャラリートークは11月4日(日)午後2時~4時まで

入場無料となっております。

■4月23日(月)発売 SPUR
6月号
特集「画家・藤田理麻、絵本を届けにダラムサラへ」が掲載されました。


■講演

サンディエゴのサンディエゴ美術館
にて、作品や著書について、そして3月に絵本をチベット難民孤児たちに届けにインドに行った旅などについて、スライドショーと共にお話しました。

日時:6月22日(金)18時00分~

会場:サンディエゴ美術館 メインギャラリー


ニューヨークのTRACE FOUNDATIONにて、絵本、 Books for Children、最近のチベット孤児院訪問などについて講演をしました。

日時:5月10日(木)18時30分~

会場:TRACE FOUNDATION


『Save the Himaraya~藤田理麻の不思議な冒険』 サンクチュアリ出版

序文:ダライ・ラマ法王14世、リチャード・ギア

好評発売中!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-23

7はスピリチュアルにマジカル・ナンバー

テーマ:ブログ


先日、7年目の結婚記念日をロンドンで迎えました。
ウオルスリーという人気のレストランでディナー。
でも、記念日とか行事的なものに一切興味の無い
私も旦那さんも、結婚して何年なのか思い出せず、、。
結局、旦那さんが母親に電話して聞いてみると、7年目
でした。笑


私にとって2度目の結婚です。いつだったか、こんな言葉を
聞いたことがありました。
「最初の結婚では人はゼロを10に見せようとするが、
2度目の結婚では最初からゼロでいられる。」


なるほど、、。一理ありかも!
最初の結婚では、いろいろ無理をしたり、
我慢したり、今思うと、反省することばかりでした。


コメディアンで人気俳優のクリス・ロックは、
「独身だと寂しいし、結婚すると退屈」と言って笑います。


かのオスカーワイルドは、結婚するかしないか悩む人にこう言いました。
「結婚しても、しなくても、君は後悔するだろう。」

とりあえず、7年サバイヴしたので、また次の7年を目指したいと思います。笑

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-19

ロンドン、リッツのアフタヌーンティ

テーマ:ブログ

ロンドンに来ています。紅茶好きな私は時間が
許す限りアフタヌーンティを堪能!
先日は、ホテル・リッツのアフタヌーンティに
行って来ました。半年前からブッキングされるので、
ぎりぎりに予約した私がゲットできたのは、夜7時半の
セッション。しかも最後のテーブルでした。
午後3時以降にカフェインをとると眠れなくなる私、、。
う~ん、、。まあいいか。

というわけで、ダージリンティを4杯。
ベジタリアンサンドウイッチを特別に注文して、その他に
ミルフィーユ、マカロン、チョコレートケーキ、パッションフルーツ
ムースケーキ、スコーンなどが、食べ切れない程、出てきました。

アフターヌーンティなど全く興味が無い私の旦那さん。
退屈そうで気の毒でした。苦笑。

そしてその夜は一睡もできなかったことは言うまでもありません。
でも、ステキな一時を経験できて良かったです♡

それにしても、アフタヌーンティがその日の最後の「食事」だった
というアッパークラスのイギリス人、紅茶を飲んでよく眠れたものですね。
理解できない~!笑


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-15

心身ともにクリーンなエナジー!

テーマ:ブログ

ベジタリアンになって3年目をむかえました。
おかげさまで風邪ひとつひかず、病気も一度もしません
でした。お肉、お魚など、顔がついていてお母さんから
生まれるものは口にしませんが、新鮮なオーガニック
野菜や果物、豆類、ナッツなど毎日美味しくいただいて
います。以前たまに出ていた吹き出物もなくなりました。


ちなみに、私の旦那さんはベジタリアンになって27年目
ですが、一度も病気したことがありません。もともと体が
強いのかも知れませんネ。


「肉を食べないと強くなれない」というのは、今日ではもう作り話かも
しれません。むしろ、健康になるためにベジタリアンやヴィーガンになる
スポーツ選手も沢山います。日本でも知られているアスリートでは、
テニス女王のヴィーナス・ウイリアムスや、マイク・タイソン。
デイヴィッド・ヘイやアントニオ・マッキーなど、筋肉モリモリの
見事なボディのボクサーたちは、ヴィーガンです。その他にも有名な
野球選手、NBAバスケットボール選手たちもいます。

毎日、新鮮なオーガニック野菜や果物を体内に入れていると、
とても調子が良くて、エナジーが「クリーン」な
気がします。私にはあったライフスタイルのよう。

とは言え、仕事でこれからベジタリアンにはちょっと辛い
ヨーロッパ諸国に発ちます。どうなることやら、、笑。
出張中、インスタグラムやフェイスブックに写真を載せますので
覗いてみてくださいね。




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-12

そこら中に愛が

テーマ:ブログ


Artichoke ©Rima Fujita 2014

先日、この絵が完成しました。11月5日からの個展
(新宿伊勢丹にて)に出展する新作です。普段から
夢の中やメディテーション中に見るビジョンを絵にして
いる私ですが、この作品は、マザーテレサのことを考えて
いた日の夜に見た夢の中で出てきたビジョンです。
マザーは「すべての人の中にイエス様が見える」といつも
言っていたそうです。自分の目と心を開きさえすれば、
愛はそこら中どこにでも存在するんだなあ、、と思って
寝たら、こんな夢を見ることができたのです。


昨年、生まれて始めてアーティショーの花を
見てビックリしました。アーティチョークは大好きで
いつも食べていますが、こんなに美しい花を咲かせるなんて
知らなかった!キラキラ輝く紫色の花をじっとみつめて
いると、そこにも沢山の愛を感じました。
自然と大地の恵みに感謝♡


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-06

テーマ:ブログ


『ダライ・ラマ法王14世』©Rima Fujita

今日7月6日は、ダライ・ラマ法王のお誕生日です。
79歳になられました。中国に国を侵略されて60年以上
が経った今日も、休むことなく世界中を駆け回り、
世界や人々の心の平和のために働いておられます。
真の非暴力主義を貫いておられる、自称「ただ普通の仏教僧侶」。
もちろん、普通の方では全く無いのですが、それはそれは
腰が低い方です。年に何度かお会いする機会に恵まれる私は
実際に猊下がどのような方なのかを、この目で見て来ましたが、
いつも、並大抵でない心と精神の修行を積み重ねておられる方だと
実感しています。


ここ数日、日本の集団自衛権についての議論があちこちで目に
つきました。そして、私が驚いたのは、「相手を殺すくらいなら
自分が殺された方がましだ」という声でした。これはとても高貴
で素晴らしい精神だと私も思います。ここ数十年間、平和だった
日本に住んでいるからこそ、このようなノーブルなことを思える
のだと思うのです。私だって、そう思える高貴な自分になりたいと思います。
ただ、実際、誰かに殺されそうになったり、今から殺されるという状況
におかれた場合、自分ならきっと必死で逃げたり、自分を殺そうとして
来る相手に抵抗し、自分の命を守るために相手を殺すようなことに
ならないとは決して言えません。殺されなければならない正当な理由も
無しに、自分の命を奪おうとする相手に対して、「はい、わかりました。
私はあなたを殺すより私が殺された方がマシですので、どうぞ私を殺して
下さい」と言えないと思います。それが正直な気持ちです。


非暴力主義というのは、「不正に対してただ受け身になって不正を受け入れる」
ということとは違います。「不正に対して何の抵抗もしない行為そのものは、
ひとつの暴力の形だ」と、かのガンジーもダライ・ラマ法王もおっしゃっている。
このあたりを、ごっちゃにして捉えている人も多いのではないでしょうか。


行動の「意図」と「動機」が、とても大事な要素となって来るのです。


昨年、ダライ・ラマ法王が日本にいらした時、ひとつ、とても私にとって分かりやすいお話がありました。ひとりのたいへん熱心で真面目な若いお坊さんが、猊下にこんな質問をしました。(私もそこで聞いていました)


「私は幼稚園で子供たちに教えておりますが、万が一、ある何者かが幼稚園に侵入し、子供たちに危害を加えた場合、暴力を使ってその人と戦うことについて疑問を抱いております。そのような場合はどうしたら良いでしょうか?」

すると猊下はこうお答えになりました。(簡単にまとめてあります):


「暴力の動機と意図が重要です。ただ自分が理由も無しに無実な人たちに害を与えたいから暴力をするのと、何かを危害から守るために抵抗する時の暴力とは違うものです。つまり、暴力であるか非暴力であるかは、どのような心で行われているかで違って来ます。他人はどうだっていい、自分さえ良ければいい、という心から来ている行動なのか。それとも、利他への思い、他を救いたいという心から来ているものなのか。一見ひどい暴力に見てたとしても、それは他を守るという心から来ている行動なので、非暴力の行いになります。」


「相手を殺すくらいなら殺された方がマシだ」と簡単に言っている人たちに、本当に本当にそんなことできるのでしょうかと、お聞きしたいです。自分を殺しにやって来る相手の意図が勝手で自己中心的な不正のものでもでしょうか?そうだとしたら、そんな不正な行為に対して、自分のかけがえの無い命を放り出す程の心の準備ができているのでしょうか。


長年、非暴力主義を唱え、実践して来ているチベット僧侶たちと接して来ている私は、あまりにも自分に対する命について軽卒な意見を述べる人が多いことに驚いていると同時に、軽々しい意見を述べる前に、よく考えてほしいと思いました。


私の師(チベット僧侶)から、ひとりの高僧について聞いたことがあります。その高僧は、ダライ・ラマ法王を尊敬しているという理由だけで、中国政府の牢獄に30年以上も入れられていました。(そんな僧侶たちは未だに沢山牢獄にいます)ある日、中国政府が「ダライ・ラマに師事しないと言え!」と彼に拷問を続けている最中に、高僧は、
「私をそんなに殺したいなら自ら私は死んで差し上げましょう。私の肉体を殺しても、私のマインドにはこれっぽっちも触ることはできないのですよ。」と僧侶は穏やかに微笑んで、自らその場で命を絶ちました。本当の話です。

しかし、これはどんなに修行を重ねた僧侶たちでも、これはなかなかできないことです。


「殺すくらいなら自分が死んだ方がマシだ」と軽々しく言っている皆さん、もう一度、状況や意図、動機について、そして、自分が何のために、そしてなぜ、尊い命を放り出しても良いと納得されるのか、考えてみてくださいませんか。そして、中国政府の目の前で、自らの命を絶って見せた僧侶のような勇気が本当にあるのならば、堂々ともっと大声でアピールしてください。









藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-02

プロヴァンスの「シャトー・リマ」

テーマ:ブログ


30代の頃は、よくプロヴァンスで夏を過ごしました。
ある日、私のフランス人の友人/コレクター夫婦と
カンヌ近辺から山に向って目的無しにドライブをして
いたところ、急に地図を見ていたサンドリンが、
「モンヂュー!(オーマイガッドのフランス語版)リマ!
シャトー・リマがある村があるわ。行ってみよう!」と
叫んだのです。運転していた彼女の夫エマヌエルも
「わーお!それは行かなくちゃ!」とスピードアップ。
「どれどれ?」と地図を見たら、カンヌからかなり遠い
山奥です。「ええ~、ねえ、これ3時間くらいかかるよ~」
と、面倒臭がりの私がつぶやくと、二人はそんな私を無視して
「暗くなっても行ってやる!」と口を揃えて言い、リマ城に
向ったのでした。(上の写真がシャトー・リマです)


シャトー・リマがあるのは、ラ・マートラという美しい村で、
建物は殆ど無く、あたりは森や溪ばかりでした。村に
着いたものの、リマ城の在処も分からず、ウロウロとすること
数十分。やっと歩いている村人をみつけたエマヌエルは
リマ城がどこか尋ねると、村人は「ああ、すぐそこ」と指を
指しました。そこから車でまた延々とドライブ、、、。でも
城らしきものはありません。


すると、ふとサンドリンの悲鳴が。「あった~!あそこ、あそこ!」
こんなキュートは看板がありました。Chateau Rimaと書かれています。
広い敷地内のむこうに、ほったて小屋のような建物が見えた途端、
ゴージャスなお城を想像していた私たちは、吹き出してしまいました。
そして、ちょっとずっこけた気分で、日も暮れて来たので、
すぐにカンヌ方面へと引き返したのでした。


あとから知ったのですが、私たちが着いたのは、お城の裏だったようです。
つまりお城自体は見てないということなんです。また近いうちに、
きちんとお城を訪問しなくては、、、ネ!笑


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-06-26

道具無しでどこでもできるリラックス法

テーマ:ブログ


数日前、サンディエゴ国際空港に「メディテーション&
ヨガルーム」がオープンしました。誰でも自由に無料に使用でき
ます。しかも、この素晴らしいデザイン感覚。
こういうところにお金をかけるなんて、さすがスピリチュアル・メッカ
のカリフォルニア!


空の旅の前は何かと不安も増え、ナーバスになりがちですよね。
慌ただしい空港で、ざわざわする心を落ち着かせる
空間があるということは、なんというラグジュアリーなんでしょう!
メディテーションは、何の道具も必要とせず、
ただ自分のマインドさえあれば、どこでもいつでもできるテクニック
です。誰もが身につけ実践できる、こんなパワフルな術。
早速、実行しないと損~!(笑)


藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-06-21

長年変わらぬ習慣の違い

テーマ:ブログ


ニューヨークに住んで34年以上になる私ですが、
未だに「あ~日本だったらなあ~」とつくづく思う
ことがあります。ひとつはマスク。花粉症に悩む私は
ニューヨークでマスクをして歩いて、とんだ目にあった
ことがあります。突飛な人や出来事で溢れる街のニューヨーカー達は
何を見てもビクともしませんが、私のマスクには驚いたようです。
わざわざ立ち止まって、口をぽか~んとあけて私をみつめたウオール街の
ビジネスマンたち。大声で笑い出したソーホーの若い女性たち、、。
もうそのアテンションたるや、見事でした、、、。ということで、
さすがのマイペースの私も、マスクをするのは諦めました。
ハンカチで口と鼻を押さえて歩いています。


もうひとつは、この写真のヴァイザー帽子。UVカットで顔が全部
隠れるタイプ。先日たまたまアマゾンでみつけてオーダーしたんです。
フェイスブックに載せたら、私が育った芦屋時代の仲間たちの
激しいつっこみが、、、。
「関西ではオバちゃんがこれをかぶってチャリンコ乗って買い物行くんよ」
「こんなのかぶってジョギング?」


でも日本ではけっこうかぶっている人がいると知って、納得!
いかにも日本人や韓国人のようなアジア人たちが好きそうですもんね。

私の旦那さんは、このダースベイダーのようなヴァイザーをかぶって
ジョギングする私を微笑んで見てくれていますが、私がそばに来ると
すっと離れて行って他人のふりをします。そして昨日は、公園の子供が私を見て泣き出しました。


特に南カリフォルニアでは、帽子さえかぶる人が少いので
目立つ目立つ!ほんと、こちらの人はシミやそばかす、まったく気にしません。
帽子、サングラス、そして日傘をさしているのは、たいていがアジア人です。


見かけはともかく、肌と健康のために、私はこのヴァイザーで
ジロジロみられながら毎日走っていま~す!でも、おそらく
いつまでたっても、マスクとヴァイザーは大衆化はしないだろうな。
ニューヨークと南カリフォルニアでは。

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-06-17

インド人もビックリ?インド式ビジネス

テーマ:ブログ


インドと縁が深い私ですが、関係はまさに「Love&Hate」、
愛と憎しみの一言につきます!インドに行くと毎日
が刺激的過ぎて、そのカオスや滅茶苦茶さにうんざりして
「もう絶対に来ない!」と心の底から誓うのですが、
帰国すると、またすぐに行きたくなる。まるで不健康な恋愛
関係みたいですよネ。笑 一言でいえば、やっぱり大好きなのです。


先日のブラジルでのワールドカップ試合で、日本人ファンたちが
観戦後(しかも日本が負けた後)に散らかった自分たちの席の
まわりを清掃したことが世界中で絶賛されていますが、そんな美学を
持つ国、日本人である私は、いつもインド人たちとやりとりする時に
ヒヤヒヤしています。


過去にもインドの大手新聞や雑誌などで取材されたことがありますが、
今回は、これまた大手の新聞社からの取材依頼がありました。メールで
やりとりした後、リクエストされた写真を数枚メールしました。そして
過去の体験上から念を押して何度もお願いのメールを出したんです。
「記事にして発行する前に、必ず校正チェックをさせて下さい。必ず
ですよ!」

すると、「もちろんです。ドントオーリー、リマジー!」(ジーは、「さん」という意味)


そして何週間も経ったある日。
「リマジー、記事が明日出ます。記事はこれです。」

なんと、校正どころか、私が読んでもない記事がもう載っているではないですか!


しかも、写真は私が渡したものでなく、先方が勝手に私のフェイスブックのページからダウンロードしたものばかり!!!ええ~っ?!?


しかも、よりによって、古い写真ばかり使っている。ダライ・ラマ法王とのツーショットも、ごく最近のものを渡していたのに。

「これはどういうことですか?」と尋ねると、
「リマジー、ドントウオーリー。新聞の世界とはこんなものです」だと。

新聞の世界ですって?とんでも無い、日本は違いますよ!
ちゃんと事前に校正チェックを送って来てくれるし、ちゃんとしています。


とは言え、怒る気力も無い私、、、。過去にも何度こういうことがあったことか、、。
一度は、ある有名ファッション誌の取材。記事は載ったものの(校正無し)、
後からわざわざ「謝礼を送りたいので銀行口座を教えてくれ」と言って来たので、教えました。でも送金は一行に無し。しばらくして問い合わせると、「もうとっくに送った」と何度も言う。銀行に聞いても、そのような送金は一切無いと言う。結局は、送金などしていなかったのです。それならば、最初から「謝礼を払いたい」などと言わなければ良いのにネ、、。

そして、「雑誌もそちらに送った」と言って来ましたが、結局届ず。笑
だからNYのインド人の友人がデリーに出張に行くというので、わざわざ買って来てもらったのでした。


というわけで、いつもこんな感じです でも、なんだかんだ言って縁が深いインド。
あのカオス、強烈な色彩、素晴らしいデザイン感覚、何千年の歴史を持つ哲学、思想、、、。そして、あのアバウトさ、カオスに惹かれる自分もどこかにいるのですネ、きっと。


きちんとした美学を持つ日本人に憧れるインド人が多いと聞きました。
彼らには日本人の律儀で礼儀正しい行いが理解できないそうです。
私もインド人の曖昧でいい加減な行いが理解できない。
でも、そんなことを超えたどこかで私を惹き付ける何かがあるようです。
今度もヒヤヒヤしながら気をつけてインドをお仕事して行くことになりそうです。笑

*皆さまに伝言です:
いつもコメントありがとうございます!うれしく読ませていただいています。
未だに私のレス・コメントがなぜか上手く載りませんので、ここで改めてお詫びさせて
下さい。皆さんの心こもったコメント、いつも嬉しく思っています。どうもありがとうございます♡




藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-06-11

映画化された信じられない実話

テーマ:ブログ


ニューヨーク育ちの私がアメリカ海軍について
知り始めたのは、海軍基地がある南カリフォルニアに住むようになって
からのことです。よく近所のコロナドビーチでは、沖の方でネイビーシールズ
たちが空高く飛んでいるヘリから飛び降りる訓練をしているのが
見えることもあります。私が毎日ジョギングする海沿いからはロナルド・
レーガン空母が見えます。そう、あの津波の悲劇の時に日本まで援助に
行ってくれたアメリカ最強の軍艦。そんなことから、特に
シールズたちについて興味を抱くようになりました。


半年前に公開されて大ヒットした映画「ローン・サバイバー」。
大好きなマーク・ウオールバーグが主演!これはマーカス・
トレイルという、たった独り生き残ったシールが書いた実話
をもとに作られました。アフガニスタンで行われたネイビーシールズ
史上最大の悲劇と言われるレッド・ウイング作戦
を描いた映画ですが、何より私が深く感動したのは、彼を命がけで救った
ひとりのアフガン人の男性です。


モハメッド・グラーブさん(写真)は、池の中で死にかけていた
マーカスを村の自宅まで連れて帰り、タリバンから命がけで
守ったのでした。もちろん家族の多くはタリバンから殺され、
家も焼かれ、それはそれは悲惨な目にあったのです。なぜそこまで
して赤の他人を救ったのでしょうか?


それは、この地域に住むパシュトウン人たちが古くから守り続けているコード(掟)
があったからなのです。「パシュトウヌワレイ」と呼ばれる掟には、50条以上の項目があります。紙に書かれたものは無く、代々語り継がれて来ました。掟の第一は、「トウーラ」という「勇気」です。そしてトウーラの象徴は刀。武士道に通じるものがありますね。


そして第二が「ナナワティ」と言って、危険にさらされた人が助けを求めて来た場合、命がけでその人を守る、というものです。モハメッドさんは、マーカスを守り続けた後、未だにひどい目にあっていますが、一度も後悔をしていないと言っています。むしろ、掟をやぶるような行為をすることは、自分や家族、村に対する「恥」になるからなのだそうです。


この映画や原作(日本では「アフガン、たった一人の生還」)に触れる機会がある方は、このモハメッドさんがどんなに犠牲を払うかお分かりになると思いますが、もうそれは我々の想像を超えるレベルのコミットメントなのです。本当に凄いなあと感動しました。


あれから7年以上経った今も、モハメッドさんはタリバンから
脅迫を受け続け、引っ越しを続けながら危険な生活を続けて
います。マーカスは彼を2度アメリカの我が家に呼んだり、
どうにか彼をアメリカで安全に暮らせるように動いている
そうですが、モハメッドさんは誇り高いアフガン人で、祖国を
去る気は無いそうです。


この2人は殆ど言葉が通じません。でも、肉親以上に
愛し合っていると口を揃えて言います。


それにしても本当に
「縁」、「絆」、、、そして「カルマ」を深く考えさせられた
エピソードでした。そして人間関係が薄れて行く現代社会において、
ここまでして見知らぬ人を守る人が存在するということに、
深く心を打たれた私です。

藤田理麻さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み