管理職の英語のお悩みを出張プライベートレッスンで解決する  英語パーソナルトレーナーのブログ

”3カ月でなりたい自分になる短期集中プログラム”
英語学習コーチングの次回のお申込み受付は8月末です。
お楽しみに。


テーマ:

 

おはようございます。

 

仕事の英語パーソナルトレーナー

こうの ゆうこ

河野 木綿子 のブログです。

 

<お知らせ>

「仕事の英語

 いますぐ話すためのアクション123」

 

丸善丸の内本店1階中央通路の

「新刊・話題の本」コーナー、

3階語学コーナー、八重洲ブックセンター1階奥の特設コーナーに展示されています。

 

↓↓↓↓↓

Amazonでのご購入はこちら

 

 

 

とっさに口から英語が

出てこないんです!

 

というお悩みをよくお聞きします。

 

それも普段からコツコツと基本文型の

発話練習をしている人からです。

 

基本的な構文や

良く使われる言い回しはテストに出てくれば

100%と言っていいくらいわかりますよ。

 

でも、話そうとするときに言葉を探してしまう。

 

そういうお悩みです。

 

そういう方にお聞きするのは

 

「ひょっとして英語の例文を

例文だと思って練習してませんか?」

 

ということです。

 

どういうことかと言うと

 

心を動かすことなく

何の感情も込めず

会話の相手も思い浮かべず

景色も想像していない

 

ただ言えるようになるよう

繰返している

 

つまり書いてある例文は自分事ではなくて

ヒトゴトだと思っている。

 

だから心も動かないし

何の感情も湧いてこないし

相手の姿も浮かばないし

景色も想像できない

 

これではその言葉や言い回しが必要な時に

浮かんでこなくて当然です。

 

だって人間って感情があるでしょ?

感情があって

何か伝えたくなるから話す。

 

ということは

英語のテキストに載っている例文も

実際の場面で誰かが口にするときは

必ず伝えたいという感情が込められて

出てくるはず

 

だから

 

会話の例文を練習するときは

 

発信者に成りきって

そのメッセージを伝える練習をする

 

これに尽きます。

 

そうすると

その言葉を発するときに感じそうな

感情、相手の反応、見えそうな景色

 

どんどん湧いてきます。

そしてその表現は忘れませんし

 

実際に同じような気持ちになって

相手にそれを伝えたいとき

その例文は当たり前のように

浮かんできます。

 

英語のテキストとしては記録的な

ベストセラー

 

「どんどん話すための

瞬間英作文トレーニング」

森沢洋介 ベレ出版

 

まだ英語を話したことがないという人に

絶大な人気を誇る本です。

 

この本に出てくる例文の全てに

誰かの伝えたいメッセージがあって

その人の気持と場面を想像できます。

 

例えば

最初の 1に出てくる例文。

 

 

Is that woman French or Italian?

 

あの女性はフランス人ですか、それとも

イタリア人ですか?

 

 

 

よく男性のクライアントさんにお聞きします。

 

「これ言っている人って男性だとしたら

何考えてるんでしょうねえ?

どんな気持ちでしょうねえ?」

 

そうすると100%間違いなく

 

「お、カワイイ娘がいるから

声、掛けようかな。でも何人かな?

何語で話しかけようかな ドキドキ

英語大丈夫かな?

ですよね?(笑 

 

という感じの答えが返ってくる。

 

「だったらそのつもりで本気で言う

練習しましょう」

 

感情を込めて

その人になりきって

情景まで想像すれば

 

その言い回し

Is that 〇〇 or ×× ?

 

は二つのもののうち、

「あれはどっちかな?」と本当に知りたいとき

口からスラスラと出てきます。

 

例文は

自分が伝えたいメッセージだと思って

心を込めて ドキドキドキドキドキドキ

 

 

↓↓↓↓↓

 

仕事の英語パーソナルトレーナー

アメブロはこちら

 

 

 

えっ?

私ってかわいくないですかぁ?

の爆弾発言に男子陣、タジタジ?

 

あのイングリッシュドクター

西澤ロイさんのラジオ番組「頑張らない英語」

に出演したときの動画はこちらのリンクから

↓↓↓↓

江東モーニングFMラジオ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。