1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-06-16 18:49:26

梅干つけましょ。

テーマ:日々雑感

こちらの記事 で梅干のことを書きました。難しくはないのです。とっても簡単。


梅は洗ってヘタをとって、よく乾かします。それから梅をできるだけ丈夫なナイロン袋に入れます。


そこに焼酎を大匙一杯くらい入れます。なけれはウォッカでもジンでも。わたしは焼酎が手に入らないのでジンを使います。


焼酎を梅全体によくなじませます。


そして、梅の重量の12%から18%の塩を入れます。12%だとかびやすいです。わたしはしょっぱくてすっぱい梅干が好きなので、減塩とか考えずに18%入れています。たくさん食べなかったらいいんだもん。


袋の中からなるべく空気を出して、陶器かガラスの容器に入れて、その上に梅の重量の10%から20%くらいの重石を乗せます。わたしは缶詰をナイロン袋に入れてお皿に乗せて重石のかわりにしています。


梅が硬ければ重石は重く。梅が柔らかければ軽く。その辺は適当に。


だいたい2日で梅酢がしっかりあがり、塩が完全に溶けます。


このままでも食べられます。梅漬け。ただし、ちょっとかびやすい。


晴れている日にお皿に梅だけ並べて干してあげます。日向に出しておくだけ。一応、ネットを上からかけておくけど、ひっくり返したりとかしません。そのまま、お皿の上に並べたままで、夜になったら取り込んで、翌日、また日向に出すのを三日間くらい繰り返します。


もし、雨が降ったりしたら、お皿の上に並べたままで置いておいて晴れるまで待ってもいいし、諦めて梅酢に戻してもいいです。この辺も適当。


本当は、三日間干して、最後の日は夜も出しっぱなしにしておいて、夜露に当てるんだそうです。こうすると皮が柔らかくなる・・・とか。ほんとかな。


紫蘇は・・・今年は育てなかったので、なし。そういうのもあり(笑)。とにかく、梅の重量の18%の塩、これだけが大事です。袋に入れてつけているので、できたらそのまま冷蔵庫に入れてもいいしね。


実は、わたしは梅干がだいすきなんです。おにぎりにも使えるし、サラダドレッシングにもいいし、チャーハンの隠し味に、きのこの梅肉和えに、豆腐に、魚に、酒の肴に・・・。


が、こちらで梅干買うと高いんですよ・・・。しかも、はちみつ入りだのだし入りだの、そういうのしかない。だから、これは、自分で作らねば・・・と、決心を固めました。


が、梅もない。紫蘇は自分で育てればいいんだけど。梅の木を買ってきて庭に植えるか・・・とも思ったのですが、売ってないんです。花の咲く梅はあるけど、実のなる梅は。


それで、考えた。別のものを使えないか・・・。桃は・・・スモモは・・・りんご? バナナ・・・はあかんやろ・・・。と思いつつ、果物売り場をうろついていたら、杏があるではありませんか。


この皮の感じ、梅に似てるやん。まだ、きちんと熟してへんさかい、硬いしすっぱい・・・。梅っぽいといえんことはない!


というわけで、つけたのが約7年前。


おいしいやん・・・。


しかもですね、おくさん、杏ですとね、果肉が種からきれいに離れるんですのよ。つるりんって。ほらほら、梅干って種から果肉が離れないじゃないですか。それがもったいなくってねぇ。種しゃぶりますわよね。それもいいんでございますけどね、きれいに離れるんですのよ、果肉が。無駄にならない感じが、わたくし、非常に気に入っておりますの。


味・・・味は梅干の味です(笑)。ぜひ、味わっていただきたいのですが・・・。スクリーンなめると味がわかるとかいう機能はまだないみたいですね。



****************


状況はかなり落ち着きました・・・。でも、まだ新しい自分がよくわかっていないし、それをどういう形でお伝えすればいいのかもわかっていません。それがわかるまで、放置っぽい感じのままかと思います・・・。


なんかね、そんなの気にしなくてもいいかもしれないんだけど、自分が誰かを伝えないでいると、ここに来てくださる皆様に嘘をついてるみたいで、落ち着かないのです。


それで、今、自分が緩やかに変わっているのを感じているのですが、その最中にそれを言葉にして表現してしまうのも、抵抗があるのです。表現してしまうと、そうだ、という風に変化をしているものを固定して規定してしまうようで。


そういうわけですので、皆様のブログにはお邪魔をしているのですが、なかなかコメントが残せないままでいます。何を書いても上っ面の嘘を書いてるみたいに感じて。ごめんなさい。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2006-06-05 01:00:27

たそがれ

テーマ:日々雑感

梅干


いつの間にか6月。すっかり夏らしい毎日。


日差しも強くなって、夜も10時過ぎまで薄明かりが残っていて。


日本よりも大分緯度が高いここでは、この時期、黄昏時がいつまでも続く。薄明かりがいつまでも残り、その時間帯に散歩をするのが好きだ。


薄青い光の中を歩いていると、会いたい人たちが向こうから歩いてくるような気がする。




*************************

相変わらず、ぼちぼちとすごしています。


問題・・・と前に書きましたが、問題ではなく、それは自分でも気がつかずにいたけれど、実際にはそうであったことを認めるだけです。それは、まったく難しくないのです。ただ、それに伴って、まわりにいろんな影響を及ぼしてしまって。そういう意味では、付加的にわたしが問題を起こしてしまった・・・という感じでしょうか。


それも落ち着きつつあり、与えられた状況に対応していくしかないわけで。そういう状況にまわりを引きずり込んでしまったことに対して、申し訳ないとは思うのですが。


実は、罪悪感はない(笑)。


だって、今、はじめて自分は自分だって思えるんだもん。自分に対する自己嫌悪とか劣等感とかがなくなったんだもん。


満月になれない月のままで生きてきたような部分があると思うけど、今、はじめて満月になれる幸せをしることができたんだもん。


だから、元の状態には戻りたくない。


そして、だんなは、知性によってわれわれはどのようなことでも乗り越えられる、と、理解を示してくれたし。


・・・しかしながら、そのだんなは、本日、外に干した洗濯物にかもめ軍による機銃掃射を受け、全滅の憂き目にあい、知性ではどうしようもない事態を目の前にして、茫然自失しております。


あ、ちなみに、トップの写真。記事と全然関係なくなっちゃった・・・(笑)。夏になって日差しが強くなったので梅干を作りました、ということを書こうと思っていたのだが(笑)。


梅は手に入らないので、出回りはじめで、まだすっぱくて硬い杏を使います。毎年2Kgほどつけます。いま食べているのは5年前につけたもの。やはり、梅干でも時間を経て円熟していくのですね。古いもののほうが俄然おいしいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2006-05-30 05:01:13

乗り物酔い?

テーマ:日々雑感

今日、息子の靴下があまりにも汚いので、尻をたたいて漂泊させ、洗濯機に入れさせた。


森の家に住んでいたときは洗濯機は洗濯部屋にあったので、あまり注意をはらってみたことがない。海の家に越してきて、洗濯機は台所に置かれることになってもやはり洗濯機に興味を持ったことはないけど。


わたしは洗濯をしない。アイロンかけや洗濯をしてはいけない海賊部族の出身なので(嘘)、そういうことはすべてだんながしてくれる。ありがたいことだ。


だから、洗濯機の使い方もよく知らないし、注意をはらって見たこともない。でも、今日は、なんとなく興味を引かれたので、観察してみた。



洗濯機 イメージ図。



20分後、目が回って、むかむかして、死ぬかと思った。


ソファーの上で倒れていると、だんなが背中をさすってくれる。


「やっぱり、洗濯機は鬼門だねー」

「うん。次回は、乗り物酔い防止の薬を飲んでから見るよ」


やっぱり、小人が閑居してるとろくなことしないようです。



*******************


下の記事に暖かいコメントをありがとうございました。とてもうれしかったです。この記事をレスにかえさせていただく失礼をお許しください。


こんな風に、ぼちぼち毎日過ごしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-05-27 04:02:53

You are the wind beneath my wings

テーマ:日々雑感

ヒヤシンス


工房の石の家の裏にある小さな森には春になると野生のヒヤシンスが咲き、地面が青く染まる、と聞いていた。楽しみにしていたのだけれど、花の時期に雨が降り続いた。雨の間隙を縫って、急な斜面を森の上へと登っていったのだけど。


どうも今年は時期を逃してしまったようだ。


でも、花は来年も咲くね。そうやって、まためぐってくる季節をゆっくりと待つ楽しみをそろそろ覚えてもいいころかもしれない。



*****************************


大変にご無沙汰をいたしております。元気に過ごしています。


解決のない問題を先延ばしにしつつ、やはり向かい合うことに決めました。ただ、その問題について、ブログに書くことはないと思います。何人かの近しい人たちを巻き込むことになり、その人たちを守るため・・・というのがおもな理由です。


今、近くにいてわたしを支えてくれている人たち。ほんとうにありがとう。


そして、さまざまな場所で正直に生きている姿をブログを通して見せてくださっている方々、コメントでさまざまな示唆を与えてくださる方々。本当にありがとうございます。


今朝、工房に向かいながら、ラジオを聞き流していたら、ベット・ミドラーのThe wind beneath my wingsが流れてきました。久しぶりに聞きました・・・。


Did you ever know that you're my hero,
and ev'rything I would like to be?
I can fly higher than an eagle,
'cause you are the wind beneath my wings.


It might have appeared to go unnoticed,
but I've got it all here in my heart.
I want you to know I know the truth, of course I know it,
I would be nothing without you.


あなたがいるから、わたしは今こうしていることができるのです。

解決がない問題にも向かい合えるのです。

もし、わたしが何かをなせるのであれば、それはあなたがいるからです。


それを伝えたいと思い、久しぶりに更新をしています。


平常に戻るにはまだ時間がかかると思います。

ありがとう。

本当にありがとう。


もう少し、よろしければお待ちいただければ幸いです。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-05-11 05:20:40

動くとき

テーマ:日々雑感

5月に入り、すっかりあたたかくなった、と思ったら、いっせいに木々が芽吹き、あれあれと思う間に桜が咲き、エニシダが咲き、梅もどきが咲き、マロニエが鈴のような花をつけていた。


鳥の歌も恋の歌からテリトリーの主張に変わり、雛たちが孵ったのをさらに大きな猛禽類が狙うのか、短く鋭い警戒声を頻繁に発するようになった。


木々の芽はまだ柔らかな緑で、それは日差しをさえぎるというよりは、日差しをやわらかく濾過し、緑の甘やかな光を森の中に満たす。


そうして自然は動いてゆく。動かなければ、も、動いてやるぞ、も、動くべき、も無く。動くものだから動く。


わたしも。


一通の郵便と、一本の電話。


さて、動きますか。時が来たようです。






いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-05-03 02:01:28

今夜はカレー。

テーマ:日々雑感

ストレスがたまっている。しょうがない。こればっかりは・・・。できないことはできない。好きじゃないの。そういう人もいるの! それでも義務だといわれるなら、やるけれど、楽しむことなんてできない。それを、楽しめ!といわれると、強要されると、ストレス・・・。


・・・というわけで、蕁麻疹の嵐です。


しかも、夕刻、勝手に一人でキレちゃったりして。あ、相手は悪くない。これは、わたしが多分、98.6%くらい悪い。でも。でも。期待だけさせといて、待ちぼうけかよっ。・・・と、一人でキレた。


・・・しかしさ、あれだね、キレるとか逆ギレって、いい言葉だよね。これ、以前だったら、ヒステリーを起こした、とか言われるような、いわゆる受け入れられない行動なわけでしょ? それが、一般に受け入れられる表現ができたおかげで、


「いやぁ、夕べはキレちゃってさ」

「もう、逆ギレよぉ~」


なんていう風に、自分の行為に対して後ろめたく反省しつつ言わずともいいようになったような気がする。いや、なんていうの、流行に乗ってる(・・・これも古い表現かもしれんが)、かっこいいことをしてる、みたいな、自分の行動に胸を張ってるような感じさえ、ある。


ロゴス、恐るべし。


・・・というわけなので、言い換えます。


ヒステリーを勝手に起こしていました。ごめんなさい。


こういうときは料理に限る。


というわけで、カレーを作ることにした。


一応、インド風? 日本のルーを使わないカレーです。でも、なんかインド風の「どぅぴあーじゃ」「たんどぉり」「さぁぐばぁじぃ」みたいな名前がついているものでもありません。


わたしはしがない主婦に過ぎないです。シェフでもなんでもない。料理を学んだこともない。料理の本も・・・ええと・・・3冊?くらい?もってる?


だから、わたしの料理は、


「あ~、台所に、たくさんマッシュルームがっ」

「トマトがしおれとる~」

「チキンの足が安いやん~」


みたいな感じで、適当に材料が決まります。カレーのスパイスも、近くのスパイス屋さんのブレンドした出来合いのものを買ってきています。てきとーでいいの、てきとーで。


とりあえず、チキンの足(チキンを4つ割りした足の側)が4本で400円。胸肉をレストランなんかに卸したあとのカスなので、肉屋で安く売ってるんですね。それを関節で切り離し、骨から肉をはずし、大きくきれいに取れた肉はスパイスに漬け込んで、明日塩焼きに。骨に残った肉を細かく切り離したりしてできた細かい肉を今日のカレー用に。骨とか背骨とか背骨の内側についてる内臓のかけらとかは圧力鍋に突っ込んでスープを取ります。


無駄なし! 


あー、でも、人間の体もこうすれば簡単に解体できるわね・・・(って、もうヒステリーはおさまってますから。怒って犯行に及んだりしませんから。血の処理も大変だし・・・ん?)。


たまねぎを適当に切ってガーリックといためて、そこにチキンを入れていためて、塩コショウで味をつけて、カレースパイスミックスを適当に入れて。いたまったなーって感じがしたら、ジャガイモ入れて、さっと混ぜて、ナスもしもげてたのがあったから入れて、トマトも湯剥きしていれて、乾燥しかかってたマッシュルームも適当に入れて、ココナッツミルクを入れて、トマトピューレを入れて。野菜は全部1cm角くらいのさいの目に切ってあります。食べやすいんだもーん。


煮込んで、煮込んで・・・。食べる前にいったん火を落として。


食べる直前にもう一度火を通しなおして。インゲン豆のゆでたのとか、ゆで卵とか足して。コリアンダーもたっぷり刻んで入れて(海さんのためにはもちろんコリアンダーなしで!)。


麦、または玄米でいただきます。



********************************


チキンの代わりにえびでもおいしい。大きなえびよりは芝えびみたいな小さなえびのほうがおいしい。そういうもののかわりに豆でべジタリアンカレーにしてもおいしい(しかも安い)。白身魚に塩コショウ、ガーリックとしょうがとターメリックで下味つけて、バターで焼いて、カレーソースを肉なしで作って、どんぶりもの風に、お米の上に魚、その上からカレーソース・・・。


辛いのは苦手なので、うちのカレーは一番辛くないカレースパイスミックスを使ってます。


香りだけで幸せになるね。そのうち、インターネットが進化して、香りも届けられるようになったらいいね。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-04-21 19:13:43

よれよれ・・・

テーマ:日々雑感

cat


筆ペンを買った。こんなものが、ヨーロッパの片田舎の小さな文具店にあったことがけっこう驚きだった。


見つけて驚きながら、思った。こんなものがあることを期待して探しているわたしもかなりのものだ、と。


しっかり日本製で、ちゃんとペン○ルでカートリッジ式。でも、カートリッジは売っていないとのこと。・・・では、カートリッジ式を売る意味がないのではないか・・・と、しばしレジの前で考え込んでしまった。


カートリッジ内のインクがなくなれば、ペン全体をきれいに水洗いして、カートリッジにインクを入れればいいか。いや、しかし、そうすれば、もしインクが少しでも残っていた場合、中で固まって筆ペンをだめにしてしまう可能性もあるな・・・。カートリッジにインクを入れるためのスポイトも必要だろうか・・・。


とつおいつ考え込んでいた。その間、レジの係の女性も何も言わず、わたしが手渡した筆ペンをひっくり返しひっくり返し眺めていた。



*******************************


というわけで、筆ペンを買いました。落書きするのにいいかなーと思って。


しかし、わたしは習字がまったくできないし、筆の使い方も知りません。というわけで、描いてみたのですが・・・。


↑の猫、よれよれ・・・しています(笑)。「のどかな絶望」・・・とでも題しましょうか。



ジンマシンはアンチ・ヒスタミン剤のおかげでおさまりました。ご心配をおかけしました。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-04-14 04:57:20

Happy Easter!

テーマ:日々雑感

復活祭の週末がやってまいりました。


わたしはクリスチャンではないのですが、復活祭、というと春の始まり、という感じで、なんだかうれしいものです。太陰暦によって決まる復活祭の週末は毎年3月から4月の間を動きます。今年は遅い方です。


それでも、不思議なことに、毎年、復活祭の前には寒波が訪れ、大雨や時には大雪も降ることがあります。そして、復活祭を過ぎるとやっと暖かくなるのです。


そういうわけで、春を迎えるお祭りとして、わたしの中では大事な暦になっています。


そのうえ!


今年は復活祭の直前に、complexologistさん から、とっても名誉な称号までいただいてしまいました。ありがとう!


その称号とは・・・

































































M心くすぐりマダム

おほほほほ~

女王様とお呼び~

びしっびしっ


↑すっかりその気になっとるし・・・。


閑話休題。


そちらのcomplexologistさんの記事 で、アボガドの実は1000の花に対して1個実る、ということが紹介されていました。


すると、アボガドの畑は非常に大きいものなのか。

木一本に対して、いったいいくつくらいのアボガドがなるんだろう?

1000の花に対して実が1つなら・・・。

あ、そうか、ものすごい量の花が咲くのかな?

木一本に対して花100万とか?

じゃあ、あんな大きな実だけど、花は小さいのかな?

それでもすごい数だし、アボガドの産地では、アボガドの花見、なんて風流も・・・。


と、考え出すと、好奇心が止まりません。


それで、ぐぐってみました。


アボガドって、雌雄異熟花、なんですね。知りませんでした。まず、雌雄異熟花、なんてものがあることすら知らなかった。


雌雄異熟花のアボガドは、はじめに雌花として開き、いったん閉じて、その後、雄花としてもう一度開くのだそうです(詳しくはこちら )。

 

ほええ~。一つ賢くなった。


そして、アボガドの花が見れないもんか、と、さらにぐぐって見ました。


こちら のページで紹介されていました(ブログ「キツネの花散歩」 )。


それで、ページを拝見させていただくと、新宿御苑大温室にアボガドの木があるみたいです。撮影されたのは2月11日となっています。


・・・あー、それだったらー。今年の2月に日本にいたときに、新宿でアボガドが咲いてたんや・・・。見たかったな・・・。


しかし、知りたいことがあると、たいていの情報がこんなふうに開かれた形で提供されているインターネットって、すごい。


それ以上に、自分でいろいろと時間をかけて、調べられたことや撮影された写真を、惜しみなくネット上で見せてくださる方がたくさんいらっしゃることに、なんだか感動します。


ありがとう・・・。




いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2006-03-31 20:53:01

はぁ・・・

テーマ:日々雑感

cat




**********************

たいした疲れではないんですけどね。

ちょっと・・・。


ほんとにたいしたことなくて、自分でも客観的に見たら笑えるんだよね。


ほかの人が笑ってもしょうがないと思う。


親離れは簡単でも、子離れは難しい。


自分の一部だと思っていたものが、いきなり自分からもぎ取れようとするようなものだろう。


注いだ愛情の量と比例して、その痛みは増えるんだろう。


子供に執着のないわたしにすれば、それは想像上のつらさでしかないけど。そして、わたしほど執着がなければ、冷たいと、指弾されても仕方ないのかも。


メスで切り取るように、スパッと切れれば、いいな、と思うし、それを助けようとも思う。


ある意味で、出産のようなものなんだろうな、子離れは。


出産は痛い。とてつもなく痛い。


だから、その痛みを訴えるし。自分の痛みで一杯で、周りにそれを何とかしてわかってもらおうと訴えるんだろうとも思う。そして、その痛みが大きければ大きいほど、わかってくれないと、声を大きくして、親しい人を責めたくなるんだろう。


生まれる方だって、簡単に生まれるわけじゃない。必死で生まれてくる。


生まれなきゃいけないし。

生まないでいるわけにはいかないし。


自分の出産のときのことは、今となれば、笑い話だ。ものすごく笑える。


でも、その最中にはもちろん笑えなかった。


それと同じなんだろうな。





いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-03-28 16:56:57

そして僕は途方にくれる

テーマ:日々雑感

この曲が流れてたのは、中学生のころ?高校生のころ? よく覚えてない。


ギターブックを読んで、オフコース聞いて、オフコースが活動停止するって言って、活動再開嘆願署名運動に加わって・・・というころだと思う。違ってる可能性は大きい。


しかしねえ。あのころは、それなりに真剣だったけど、今考えると、たかがポップグループが活動停止をするからって、活動再開をしてくださいって署名運動に参加してしまって、署名を集めていたとは・・・。


そう。まだ、ベトナム戦争の後遺症とか、アフガン戦争とか、冷戦とか、自分からは遠いところにあった。自分が楽しければよくて、自分の恋に夢中で。あとは、クラブ活動かな。バドミントンで、ネットの上10cm以下のところをシャトルコックが通るようにスマッシュを打つことに夢中になっていた。


新しく発売になったキャンディーとかね。

おいしい菓子パンとか。

学校帰りのあんみつとか。


長い髪を結ぶリボンとか。何種類も何種類も買ったりぼん。


いろんなことから目をそらしていた。


それで、この歌を聴いて。


うーん。


ひとつ残らず君を悲しませないものを

君の世界のすべてにすればいい


というところに、引っかかりました。


それでいいのか、おい、本当にそれでいいのか?


それはたしかに素敵な世界だろうと思う。でも、それでいいの?


そして、わたしは途方にくれた。




****************************

この歌、覚えてる人、いるかな? 大沢誉志幸という漢字が読めなくて、


おおさわほしこう


と読んでおおはじかいた~(笑)。若かったよなあ(遠い目・・・)。


今、歌詞を読み返すと、ラブソングだったんだ。記憶って、曖昧だな。もう一度聞いてみたい曲です。






見慣れない服を着た 
君が今 出て行った
髪形を整え テーブルの上もそのままに

ひとつのこらず君を 悲しませないものを
君の世界のすべてにすればいい

そして僕は途方にくれる


ふざけあったあのリムジン
遠くなる 君の手で
やさしくなれずに 
離れられずに 思いが残る

もうすぐ雨のハイウェイ 輝いた季節は
君の瞳に何を うつすのか

そして僕は 途方に暮れる

あの頃の君の笑顔で この部屋は
みたされていく 窓を曇らせたのは なぜ

君の選んだことだから きっと 大丈夫さ
君が心に 決めたことだから

そして僕は 途方に暮れる

見慣れない服を着た 君が今 出ていった

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。