Dog index スタッフブログ

東京・神奈川
おやつを使わない方法で出張ドッグトレーナーをしています。

東京・神奈川出張ドッグトレーニング
「おやつ」「フード」「力」を使わずにレッスンします♪
人とイヌの「絆」をつくるお手伝いをさせてください!

テーマ:
Dog indexのMakikoです。

動物と子供の組み合わせ。
どちらも好きな人にとっては、「なんて可愛いんだろう!!」と
思うこと間違いなしです。

ですが。

最近のテレビ番組などでよくある、
「動物はこんなに子供や赤ちゃんに優しい!」
というのは、大間違い。

実際に子供が大好きでお世話をするように見守る犬が
いるのは事実です。
子供が離れて行っても、気にして後をついてまわり、
泣いたりしたら世話を焼き・・・

そういう犬もいますが、「そうではない」犬もいます。

息子が1歳5か月になった我が家の現実としては。
Kiitosは息子との距離が必要な犬です。

だって急に毛を掴もうとするし、動きが読めない。
だから「怖い」んです。

私たち大人も、キートスにそれを我慢するようにはしないし、
息子がキートスに触れたいと言うときには「そーっとだよ」と言い聞かせて
テンションが上がる前に切り上げます。
キートスがその間に逃げたかったら逃げられるようにしています。

少しずつ言葉が分かってきて「そーっと」が出来るようになりましたが、
まだ赤ちゃんに近い子供。何が起こるか分からないので、
お互いの安全のために大人の管理下で交流させています。

万が一の事故があったとき、可哀想なのは
犬と子供。
どちらにも責任はありません!

動物と子供の交流は、特に子供にとっては学ぶことが多いですが、
万が一があっては困るのです。
以前、預かっているお孫さんを犬が襲って残念な結果になった事故がありましたが、
一緒に暮らしていない動物との交流は、特に注意が必要です。

インスタ映え とか、
ブログネタ のために、動物に我慢をさせることがないように。

動物が困っているのを「面白がる」様子を大人が見せていたら、
子供もそれを面白がるようになってしまいます。

犬の言葉を、ちゃんと翻訳できる大人の姿を見せてあげましょう!



じゃなくて



↑これが現実。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ



BLOG_inu.jpg kiitos_blog_icon.gif


facebook_icon.gif


bnr_234x60-thumbnail2.jpg

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。