digital divide(デジタルデバイド)に負けない

digital divide(デジタルデバイド)に負けないための方法を紹介していきます。一流の金融マンを目指します。※当blogに書いてある内容は一般に公開されている情報、自分の体験談から思ったことを呟いています。また所属団体とは関係ありません。


テーマ:
とにかく①を見て欲しい。①にすごいメッセージ性を感じて、このエントリを書きます。


①YouTube - ‪日本が変わるスイッチが入っている映像 - 裸の男とリーダーシップ‬‏
http://www.youtube.com/watch?v=OVfSaoT9mEM&feature=youtube_gdata_player

起業って、新しいものを作るってこういうもんだ。一人、二人、人数が増え、外部関係者が増えるまでこんなものであるだろう。

みんなが乗ってくるともう、どうでもよくなる。という言葉が印象的だ。何よりこれを見て欲しい。


②YouTube - ‪Police Pack Human Cargo In Japanese Train‬‏
http://www.youtube.com/watch?v=Fk2R_mqV4ts&feature=player_embedded#at=48

スタートアップと対局の言葉がサラリーマン。日本のサラリーマンを象徴するかのような動画な気がしたのでここに残してみた。


③YouTube - ‪EPIC 2014 日本語字幕版‬‏
http://www.youtube.com/watch?v=Afdxq84OYIU

打って変わって、これまでのインターネットの歴史と未来予想の動画。2004年ころに作られている動画ですが、この動画の未来絵図では2008年にはgoogle+amazonの合併によりソーシャルリコメンデーションを搭載したgooglezonが出てくるとの内容。実際には今後、ソーシャルリコメンデーションという分野ではFacebookが大きく活躍していくと思われる。


④YouTube - ‪『ソーシャル・ネットワーク』 予告編‬‏
http://www.youtube.com/watch?v=HsLzKf6Bzhs

③でFacebookの名前が出て思い出した。Facebookの映画。これを見ていない人は必ず見るべき。起業のリアルストーリー、エンジェルやVCとの出会い。すべてがリアルに描かれている。もっと言えば本を読んだ方がいい。けど時間が無い人には映画がオススメ。



⑤YouTube - ‪How To Airbnb‬‏ http://www.youtube.com/watch?v=SaOFuW011G8

最後に。最近サムライの榊原さんに教えて貰った動画。ネットとリアルの融合。リアル社会にWEBのボタンを作る。こんな世界観が明確であるゆえ素晴らしい。



以上。最近僕の気になったもの。



最後に、最近Facebookがアクティブなので記載。フレンド申請&コメントください!面識ない方も大歓迎です!

Facebookやってます!

http://www.facebook.com/yoshihiko.kinoshita

twitterやってます!

http://twitter.com/#!/kinoshitay

skypeもやってます!
id:kinoshita-yo
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
入社1年目の教科書/岩瀬 大輔

¥1,500
Amazon.co.jp


先日、ライフネット生命の岩瀬さんの「入社1年目の教科書」を読んだ。内容は素晴らしいの一言。

備忘録はここに載せた。

-入社1年目の教科書 の要点まとめ~ブクペ~
http://bukupe.com/summary/468


自分のことを話せば、会社に入って二年が過ぎた。この間、目立った成果を出してない自分にとっては本気で書かれた内容を新卒一年目になったつもりで参考にしてさらに気を引き締めていきたい。

そして、先のリンクの通り、岩瀬さんの本の読書ログをブクペと言うサイトに書いた。
これによってはてなブックマークが595ついた。現在続伸中。


岩瀬さんの本が素晴らしかったからであるのはもちろん言うまでもない。ただ、ブログで書評書いたりは過去何度もしてきている。しかし、100はてブとか付いたことは無かった。



そして、はてブが付いたときに僕はこう思った。


「力のない個(=自分)が前に出るには、看板を借りることが大事」だと。


今回、僕が借りた看板は2つ。

①ライフネット生命の岩瀬さんと言う看板

②ソーシャルリーディングサイトであるブクペ
http://bukupe.com


もう少し付け加えるならtwitterやはてなブックマークの看板も借りているかもしれない。


看板を借りるとはすごい大事なことでベンチャーとか新しいことをやる会社は大企業に利用されたりすることで、その導入実績(≒看板)を借りながら事業を進めると思う。

例えば岩瀬さんが副社長を務めるライフネット生命なら出口さんが日本生命と言う国内最大手の生命保険会社にいて、日本の生命保険業界の負を感じてライフネットを作った。その時に日本生命での長い経験が信頼材料になったと思う。出口さんはやはり日本生命の看板を良い意味で借りていると思う。

僕や多くのサラリーマンにとって、サラリーマンやってると言うことは、会社と言う看板を借りて仕事をしている。

看板がいらなくなれば独立すればいいだろう。ただ、自分が独立しても看板を借りれるかが勝負を分けると思う。こういう意識を強く持とうと思う。



最後に。

ブクペの僕のレビューの閲覧数は21,000を超えた。ブクペのPV21,000貢献した。

これは自分でインターネットメディアを作るヒントになった。頭ではわかっていたが、カラダでわかったから。

さて、この記事に共感持ってくれた人がいたらぜひはてなブックマークして欲しい。

-入社1年目の教科書 の要点まとめ~ブクペ~
http://bukupe.com/summary/468


おしまい。
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
この週末はお客さんの会社のダイビングライセンスの講習に行ってきました@西伊豆大瀬崎

書きたいことはたくさんあるけど、とりあえず写真だけ一回ブログに残そうと思う。本当に楽しかった。

ダイビングの件紹介いただいて手配などなどもろもろ相談に乗ってくださったM社の皆様
一緒に参加してくれたOさん、Jさん、

何より当日インストラクターをつきっきりで努めてくれたIさん本当にありがとうございました。
最高に充実していた週末でした。


▽伊豆 大瀬崎 浜辺到着 富士山がうっすら
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽海の家的な大瀬崎の宿
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽初日のお昼をメンバー2人とIさん
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽隣のダイバーさんたち
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽帰りがけ 山さくらという宿の写真。中もとてもきれいで快適でした!
digital divide(デジタルデバイド)に負けない


防水のデジカメが無かったのであんま写真取れてませんが、次回は買って持っていこう。

社会人になってダイビング始める人も多いけど、やったこと無い方はオススメです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
とても尊敬する榊原さん(samurai_ken)さんにオススメされたスタートアップムービーメモ。

世界観を伝えることが大事!


◆榊原さんオススメ。

▽世界中のサービスで榊原さんが最も好きなサービスとのこと。
-YouTube - How To Airbnb
http://www.youtube.com/watch?v=SaOFuW011G8

※ちなみにプロモの曲は下記サイトかららしい。Quoraにスレが立っていた。料金体系は書いてあるけどいまいちわからず。
-Alex Weinstein, Songs Available for License http://library.alexweinstein.com/


-YouTube - Twitter: discover what's new in your world
http://www.youtube.com/watch?v=rIpD7hfffQo


◆自分で探したもの

▽1分15秒後のあたりからオススメ。
-YouTube - What is Visual.ly?
http://www.youtube.com/watch?v=AiVKfNeRbPQ&feature=player_embedded
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
某インターネット企業で働く先輩の@takabosさんから推薦を受け、家にあったので再度読んでみた。


成功者の告白 (講談社プラスアルファ文庫)/神田 昌典

¥820
Amazon.co.jp


○読書時間:30分

○気になったところ

◆創業時
・ ビジネスの成功はタイミング
・市場の成長期の前半に参入せよ
・興味のある商材で勝負せよ

◆ビジネスモデル・営業
・信用力の無いベンチャーには粗利率50%取れるモデルを考えよ
(大企業感覚の粗利30~40%では厳しい)
・無料で営業を開始しても成功すれば推薦文などを書いてくれたり、実際には料金を支払ってくれることがある
・新規顧客は45~60日、出来れば半年フォローする。そこまでに結果が出なくても諦めない
・アウトバウンドではなくインバウンドの営業ルートを増やす
・成功事例を顧客にレポーティングする

◆組織
・会社の成長期こそうまくいかなくなることがある。そのときに必要なのはまとめ役。
・会社運営は桃太郎と同じ
桃太郎→起業家
犬→実務家
猿→管理者
キジ→まとめ役


○所感
・ビジネスはタイミングが大事
・顧客フォローが大事
・インバウンドが大事

このへんは共感。仕事でも活かしていかないといけない。

最近タイミングとして注目を浴びそうなものは

・facebook関連
・エコ関連(売上が落ちる企業が相当多くなるはずなので、コストカット系のサービス)
・震災関連(例えば耐震構造チェックとか?小売の大きいところ向けのネット進出支援とか?海外進出支援とか)


だろうか。

別に今だから、どう。というのでは無くて、今ある状況をチャンスと捉えて仕組化出来たところこが勝つと思う。

もっと勉強することと実際に手を動かすことが必要と思った。

頑張っていきますか。
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
いきなりですが、


「就活生の皆様

マーケティングのスキルがあるなら、もしくはそういったスキルを活かしたいなら楽天に入るといい。
楽天は日本のオンラインモールのリーディングカンパニーであり、社員が6,000人に及ぶ。

楽天は国際市場の開拓に向けて多言語のスタッフを集める方向に既にとても積極的である。」


と私が言った時に例えば心にささるかな?




これは

Quora
http://www.quora.com/

というアメリカのQ&Aサービスで見たコメントです。

発言者はJapan-based writer for TechCrunch USAの肩書きのSerkanToto氏。
彼の発言を少し意訳したものです。(原文は対象は恐らく外国人で日本に働こうとしている人のものかと)


原文はこちら

Q:Which Japanese tech startups are hiring?

A:
People with marketing and similar skills can try to knock on Rakuten's door (Japan's No. 1 leading online mall with 6,000 employees). Rakuten is actively looking for multi-lingual staff with a global mindset.


※招待制なので見れないかもしれませんが。
-Startups in Japan: Which Japanese tech startups are hiring? - Quora
http://www.quora.com/Startups-in-Japan/Which-Japanese-tech-startups-are-hiring



Quoraというサービスは個人的に大注目をしていたものであって、それに関する内容は割愛するけれど。


このコメントを見たときに思うところは2つ。

①誰が言うかって大事。
②英語は実際要点のみで話をする



楽天に関してほとんどコメントしてないにも関わらず、それっぽく聞こえる。
それはこのSerkanToto氏の肩書き?の信頼感によるところが大きいでしょう。

私の日本語の意訳<SerkanTotoの英語コメント 

だと思うので誰が言うかが大事。信頼出来る筋からの情報であるかということ。



これは英語だからというか、海外の人に日本を説明する場合などは大枠しか話をしない。
それは英語が出来ないこともあるけれど、海外のが話のロジックも大雑把だからだろうか。
しかし、自分の会社はどんな会社ですか?と英語で説明出来るようになる意識を持つのは大事かと。大枠でも方向性が合えば恐らくそこで働く価値ってあるのだと思う。




さて、何が言いたいかといえばみんな就活生も●クナビとか登録してないでquoraやりましょう。良いinputがあるかも?



就活生向けとタイトルに書いたけど、そんなに就活生向けっぽくなくなった。。
悪しからず。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
サークルの同期やapplimを一緒にやってた後輩。パーティ一緒にやってた友人などなど関係者多数の下記の会。参加します。

良かったら誰か一緒に行きましょう。
下記告知文。

こんにちは。ThinkAct Foundationの会田武史でございます。
お世話になっております。

さて、早速ですが本題です。
この度、私は日本のスタートアップ企業興隆の一助となるべく
一般社団法人ThinkAct Foundationを起ち上げました。
弊団体の活動第一弾として、2011/1/16(日)に豪華ゲストスピ
ーカーを多数お招きし、ThinkAct Summit 2011を開催致します。
ご都合よろしければ、お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

委細については下記をご参照下さい。

【ThinkAct Summit 2011】

Summit趣旨:
日本の将来を担う若手人材に、明日のリーディングカンパニーとなるべく奔走している
スタートアップ企業の興奮や問題を肌で感じて頂く場をご提供致します。

日時:
2011年1月16日 AM10:00~PM5:00
9:30開場 10:00開会

場所:
六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール
URL:http://www.academyhills.com/map/
・日比谷線/六本木駅・徒歩3分(コンコースにて直結)
・大江戸線/六本木駅・徒歩6分
・大江戸線/麻布十番駅・徒歩9分

対象:
日本の将来を担う若手250名

内容:
現在活躍中の起業家・経営者・及びベンチャーキャピタリストによる講演
参加者による懇親会

タイムテーブル:
 9:30- 開場
 10:00- 開会のご挨拶
 10:05- 起業家・経営者・及びベンチャーキャピタリストによるプレゼンテーション(15分プレゼン、5分Q&A)
 12:15- ランチタイム(お弁当・お茶は当方でご用意させて頂きます)
 13:30- 起業家・経営者・及びベンチャーキャピタリストによるプレゼンテーション(15分プレゼン、5分Q&A)
 16:20- 懇親会
 17:50- 閉会のご挨拶
 18:00- 閉場

現在登壇が決定しているゲスト:

(五十音順)

・井口尊仁氏 (頓知ドット株式会社 CEO)
立命館大学文学部哲学科を卒業後、演算星組や編集工学研究所、ジャストシステムなどを経て、1999年に国内CGM(Consumer Generated Media)の先駆けデジタオを創業。2008年には頓知・(トンチドット)を設立し、独自開発したARサービス「セカイカメラ」を「TechCrunch 50」で発表。

・伊佐山元氏 (DCM 日本共同代表 兼 パートナー)  
東京大学法学部を卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入社。 その後、スタンフォードにてMBAを取得。卒業後、全米ベンチャーキャピタル・ランキング「TOP10」に名を連ねるDCMに転じる。 現在は、同社のパートナー(共同経営者)として従事。

・城口洋平氏 (株式会社ミログ代表取締役社長 兼 CEO)
東京大学に進学。2006年、「コンビニみたいに便利なクリニック」をコンセプトにした「コラボクリニック」を大学研究室と共同で創業。08年米シリコンバレーでの滞在を経て、同年10月、東工大の高畠祐二氏と「ミログプロジェクト」始動。09年4月、株式会社ミログを創業、代表取締役社長兼CEOに就任。

・砂川大氏 (株式会社ロケーションバリュー代表取締役 )
慶應義塾大学法学部を卒業後、三菱商事入社、海外向け鉄道案件を手掛ける。2001年にハーバード・ビジネス・スクールに留学、途中UBS証券とマッキンゼーでインターンを経験。卒業後、2003年に米国の独立系VCであるGlobespan Capital Partnersに入社、ディレクターとしてデューデリジェンスや投資先の事業開発に従事。2004年に同社日本事務所の開設を行い日本代表に就任。そして、2005年3月にロケーションバリューを創業し、現在に至る。

・福吉潤 (株式会社キャンサースキャン代表取締役)
慶応義塾大学を卒業後、7年間P&Gに勤め、マーケティング本部でブランドマネージャを務めたマーケティングのスペシャリスト。 その後ハーバード・ビジネススクールへの留学を経て、現在に至る。

・藤井清孝氏 (ベタープレイス・ジャパン代表取締役社長 兼 アジア・パシフィック代表)
東京大学法学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。86年ハーバード・ビジネス・スクール卒業。同年ファースト・ボストン投資銀行ニューヨーク本社のM&A グループに勤務後、40歳でケイデンス・デザイン・システムズ日本法人社長就任。2000年SAP ジャパン代表取締役社長就任。2006年ルイ・ヴィトン・ジャパンカンパニーCEO、LVJ グループ代表取締役社長就任。2008年現職に就任。

・南壮一郎氏 (株式会社ビズリーチ代表取締役、株式会社ルクサ代表取締役)
米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券東京支店に入社。投資銀行部においてM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画し、日本・アジア・米国企業への投資を担当。2003年、株式会社S-1 スポーツを自ら設立。2004年に楽天イーグルスの創業メンバーとなり、初年度から球団事業においては不可能とされていた黒字化成功に貢献。2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。現在は、ジュビロ磐田のアドバイザーも務める。本年8月4日からは、割引クーポン共同購入サイト「LUXA(ルクサ)」を開始。

・森航介氏 (株式会社フィルモア・アドバイザリー代表取締役)
東京大学法学部卒/米スタンフォード大にてMBA取得。みずほコーポレート銀行にてレバレッジド・ファイナンス業務、銀行統合プロジェクト等に従事。2006年に独立、フィルモア・アドバイザリーを設立。

※ゲストについては、今後追加の登壇が決定次第、Twitterアカウント及びWebページで逐次アップデートしていきますので、是非、弊団体のTwitterアカウント及びWebページをチェックしてください。

Twitter: @ThinkActFdn
URL: http://thinkactfoundation.org/

会費:
6,000円(お弁当とお茶代込み)

お申込方法及びお支払い方法:
①下記リンク先フォームより必要事項をご記入の上、フォームでお申し込み下さい。
②その後、確認メールをお送りしますので、その後下記の銀行口座へ会費のお振り込みをお願い致します。

フォームでのお申し込み及びご入金が確認され次第、参加者IDを御送りします。

当日、ご入場の際には参加者IDが必要となります。
なお、当日は受付にてお名刺を2枚頂戴致しますので、お名刺をお持ち頂けると幸いです。
お申し込みフォーム
https://spreadsheets.google.com/viewform?hl=en&pli=1&formkey=dHVCSkNBano2NEdHd3lINURCby1PNHc6MQ#gid=0

お振り込み先
---------------------------------------------
お支払先銀行 :みずほ銀行 虎ノ門支店 (店番号046)
口座番号:(普)4113967
口座名義:シヤ)THINKACT FO
--------------------------------------------------------------- 
※お支払期限 : 1月11日(火)正午  
※お支払金額 : 6,000円
※当日のお支払いは受付けておりませんので、必ず期日までに上記口座にご入金頂き度く、宜しくお願いします。
主催:
一般社団法人 ThinkAct Foundation

URL: http://thinkactfoundation.org/
Twitter: @ThinkActFdn
お問合せ: thinkactfoundation@gmail.com


注)実施内容、登壇者は変更される場合がございます。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
今日は帽子部でした。朝から3チーム20名が集まって各チームが新しいコンセプトの帽子のアイデアをプレゼン。昨日は終日MTGもしてました。


それぞれのチームが考えたプレゼンなれど。アウトプットは似た様な形に・・・w FAMESの角野社長より厳しい意見や、指摘も出つつでした。


ここで企画した帽子は3月頃を目処にリリース予定であるとのこと。今後も楽しみです。

今日とても印象に残っているのはFAMESでは「帽子の刺繍を店舗でその場でやれる。クリスマスはプレゼント需要もあり大人気!」ぜひ帽子を買うならFAMESへ!

帽子の刺繍ってあまり考えた事なかったけど。そういうのもあるのか・・・。


ちなみに今日頂いた帽子を紹介!これは刺繍向きでは無いかな。
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

これカッコイイ。好きです。12月毎週末かぶってるかもです。
NewEraのいわゆるベースボールキャップとは少し違ったイメージ。良いですね。


さてさて。昨日今日帽子部漬けだったので。少し写真で振り返り。


▽プレゼン風景(12/12)
digital divide(デジタルデバイド)に負けない


少しMTG風景(12/11)を振り返り。

▽うちのチームのブレーンの高木くん
digital divide(デジタルデバイド)に負けない


▽いつも行ってるFAMESですが改めて視察。こんな店内。
digital divide(デジタルデバイド)に負けない


▽FAMESでは刺繍がその場で入れれます。500円くらい。
digital divide(デジタルデバイド)に負けない


▽このお姉さんが刺繍してくれます。
digital divide(デジタルデバイド)に負けない



そして戻って本日。帽子選び。


▽高木くんの写真。
digital divide(デジタルデバイド)に負けない


▽青・ピンクコンビ。。もじもじくん?
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽今日私が選んだ帽子(再)
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽あけみちゃんとおそろい&健太
digital divide(デジタルデバイド)に負けない

▽チームメイトのえりてぃーと。
digital divide(デジタルデバイド)に負けない
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
友人より勉強会の開催の連絡ありましたので転載させて頂きます。学割ありなので特に学生の方でご興味ある方がいらっしゃいましたらぜひ参加ください。


英国Playfishのゲームガールうららったーさん、GMOアプリやろうぜ受賞者のエクスクウェイド合原さんなど。かなり若くして活躍されている方のスピーチがありますので非常に身近で良い会になると思います。


今週12/2(木)ソーシャルゲームの勉強会やるので、告知させてくださいませ!

第1回では、サイバーXの小柳津さん、フジテレビの川本さんにプレゼン頂き、好評でした。
今回は、英国Playfishのゲームガール、うららったーと、GMOアプリやろうぜ受賞者のエクスクウェイド合原氏をフィーチャーしていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日 時】2010年12月2日(木)14:00~16:30(受付開始 13:30~)
--------------------------------------------------------------------
【会 場】ベルサール神保町
東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館2・3F
https://www.form.auriq.co.jp/em/pg/clickurl.php?qIds=MZOYagmM4DdNkYaUUqX1OY8guK&4
「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)
「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線) 5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)

【参加費】5,000円(税込)
【主 催】株式会ハロ / maqs株式会社
------------------------------------------------------

★社会人申込み★
https://www.form.auriq.co.jp/em/pg/clickurl.php?qIds=MZOYagmM4DdNaUKFX1OYqkYKOK&y

★学割★
https://www.form.auriq.co.jp/em/enq/enq_form.php?qIds=aUpqoCwOYgIK



下記概要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●14:00~14:50 SAP企業のリソースマネジメント
--------------------------------------------------------------------
<講師>株式会社more communication 取締役副社長 日根 弘樹 氏
--------------------------------------------------------------------
これまで多数のモバイル公式サイト、メディアを運営してきたmore communication Gr.
約30の公式/一般サイトに加え、モバゲータウンをはじめとする国内プラット
フォームに4本のソーシャルアプリをリリースしています。

同時に、中国最大級のモバイルSNS『天下網』に2本のゲームを提供。
メディア運営、広告代理事業、受託開発事業、インフラ事業と
幅広くSAP企業を支援する体制を整えています。

今回は、自社で運営するアプリの各種数値実績(売上、UU数等)を元に、
・リリース後のトレンド分析
・データを元にあるべきリソースマネジメント(人員配置、インフラ)
を紹介いただきます。


<講師プロフィール>
2005年10月 株式会社デクスター 代表取締役就任
モバイルアドバゲームメディア「PromisedLand」を立ち上げ、運営
時代の波にも乗り、VC各社等から計1.5憶円の資金調達に成功
2008年 4月 株式会社more communicationと株式交換により合併、取締役副社長に就任(現職)
2010年 6月 株式会社M.C.Global 代表取締役 就任
海外向けモバイルコンテンツ配信事業開始 7月 中国にてモバイルコンテンツリリース

会社HP : http://www.more-com.co.jp/
twitter : http://twitter.com/#!/hinehiroki
ブログ : http://hine.more-com.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●14:50-15:20 Playfishが語るソーシャルゲーム
--------------------------------------------------------------------
<講師>Playfish Ltd. 西谷 麗 氏(@ularatter)
--------------------------------------------------------------------
この子をご存じですか?
その名はうららったー。
twitterで数々のおちゃめな一面を見せつつ、ソーシャルゲームをバッサリ斬る。
サイバーエージェントでバイト、新卒でウノウ(現Zynga Japan)に入社し、
その後IVSでの運命的な出会いを経て、Playfishに移籍といったシンデレラストーリー。

東京と北京をいったりきたりのこの人に、
・海外からみた日本のソーシャルゲーム事情
・日本のSAPはどう海外へ展開していけばよい?
・そもそもPlayfishってどんな会社?
などなど聞いちゃおうと思います。
質問も、受付フォームに書いてくださいね!

<講師プロフィール>
慶応義塾大学経済学部卒。武山研究会にて本気でARGの研究に打ち込む。
ウノウを経て、Playfishに参画。
好きなゲームはRestaurant Cityとか。

http://twitter.com/#!/ularatter
http://ularatter.seesaa.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●15:30-16:00 『アプリやろうぜ』は今。。
--------------------------------------------------------------------
<講師>株式会社エクスクウェイド代表取締役 合原 和也 氏
--------------------------------------------------------------------
覚えていますか?
GMO主催の『アプリやろうぜ』
というわけで、ここからデビューした彼らの今をきいてみようぜ!

エクスクウェイドでは、現在1本のモバゲー受託開発と、
1本の自社アプリ開発を行い2タイトルのリリースを予定。
また今後はスマートフォン上でのソーシャルアプリの展開も推し進めていく予定。

ということで、
・『アプリやろうぜ』ってぶっちゃけどうだったの?
・受託開発としてのソーシャルアプリへの取り組み方
・ソーシャルアプリ起業という選択肢について
など、お話いただくぜ!

<講師プロフィール>
2009年10月慶応義塾大学3年の時にモバイルソーシャルアプリ企画・開発会社
として株式会社エクスクウェイドを設立、代表取締役に就任。
mixiモバイルアプリの受託制作を経て2010年8月にアプリやろうぜbyGMOプロ
ジェクトの支援を受け、モバゲープラットフォームにて「トレジャー★列島
byGMO」をリリース。
その後、モバゲーアプリ「クイズ★アカデミー」をリリースする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●16:00-16:30 パネルディスカッション
--------------------------------------------------------------------
<パネリスト紹介>
●株式会社more communication 取締役副社長 日根 弘樹 氏
●Playfish Ltd. 西谷 麗 氏
●株式会社エクスクウェイド 代表取締役 合原 和也 氏

<モデレータ>
株式会社ハロ 取締役CMO イセオサム
Social Media Marketer / Ustream director.
ソーシャルメディアを活用した企業のキャンペーン企画、運用を行う。
また、tweetlabsにてtwitter関連のメディア、アドネットワークを運営中。

慶応義塾大学経済学部卒業後、日テレにてズームイン、24時間テレビに参画。
その後、テレビからインターネットの世界へ転身し、オプト入社。
モバイルグループのリーダーを務め、メディアプランニングを統括。
オプトビジネスプランコンテスト最優秀賞受賞。

http://twitter.com/ossam/
http://ameblo.jp/ossam/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●16:40 閉会のごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★申込はこちらから★
https://www.form.auriq.co.jp/em/pg/clickurl.php?qIds=MZOYagmM4DdNaUKFX1OYqkYKOK&y



ご興味あればぜひ!
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード