1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2016-06-29

ベガルタ仙台特集

テーマ:その他
ベガ女シートって知ってる??
ベガルタ仙台特集!!

皆さんこんにちは!六月ももう下旬、梅雨ともそろそろおさらばしたいですね!
七月になれば夏が近づき、もうすぐ夏休みだ!という気分で頑張れるのは私だけでしょうか?(笑)

さて今回はベガルタ仙台特集です!!最近ではサッカー好きの女性が増え、日本代表のグッズが鰻登りに売れているという話を聞きます。宮城県仙台市泉区にホームスタジアムのあるベガルタ仙台にも女性サポーターがたくさんいます!さらに多くの女性にサッカーを楽しんでもらえるように今年からベガ女シートが設置されました!

ベガ女シートとは??
ベガ女シートとは女性のみ購入可能で、本来なら4100円のバックスタンド指定席がなんと2000円で観戦できちゃう特別シートなんです!!しかも、観戦は臨場感あふれる最前列!さらに有名店の食事券まで付いてきちゃうというお得感!!(ホームゲーム対象試合のみ、50席限定)


                                    ⓒVEGALTA SENDAI


さっそく行ってきました!
サッカー好きである私あーちゃんは、早速ベガ女シートを利用してきました!

・4月20日  仙台vs福岡…0-0のスコアレスドロー☆
・5月8日   仙台vs福岡…仙台が2-0で勝利☆☆☆
・5月29日  仙台vs新潟…仙台が4-2で勝利☆☆☆

 長年ユアスタに通っている私も、初のバックスタンド指定席一列目に大興奮してしまいました!選手との距離がとにかく近いんです!試合前のアップの時点から選手を間近で見ることができ、話し声や選手の表情まで感じ取ることができます。なによりもピッチとの距離が近いので試合の状況が事細かにわかるんです。さらにスタジアムの中央で観戦できるので電光掲示板も見やすく、両チームのサポーターの様子も観察することができます!

すでに3回ベガ女シートを利用しているのですが、カメラ女子が多かったです!皆さん一眼レフ、望遠レンズ装備でお目当ての選手をパシャリ。それもそのはず、スタジアムの中央&最前列という点で何も障害がなく写真を撮れちゃうんですから!

注目の選手をご紹介!
ベガ女シートなら、選手との距離もぐんと近づきます。ここで、当日近くで見ることができた、私の注目選手をご紹介したいと思います。
 


                                                                               ⓒVEGALTA SENDAI


① 渡部博文 DF#3
5月29日の新潟戦では1ゴールの活躍で勝利に貢献しました!闘志あふれるプレーでDF陣を引っ張る仙台のアツイ男。このまぶしい笑顔を見れば女性ファンが多いことがわかりますよね??

② 石川直樹 DF#5
仙台に石川直樹あり。CBもSBもこなせる守備のスペシャリスト。サイドからのクロスボールの質やゴール前での空中戦の強さはピカイチ!オフは愛息子と遊ぶのが大好きなイクメンというギャップも◎



                                                                                ⓒVEGALTA SENDAI



③ ベガッ太さん
 Jリーグマスコット総選挙堂々の第一位。愛らしい表情とは裏腹に、いたずらっ子でサポーターを困らせることでも有名なので、彼には注意してくださいね!!撮られたがりのベガッ太さんなのでカメラ目線は得意ですよ!
 


                                                                                ⓒVEGALTA SENDAI


紹介した通りベガ女シートにはたくさんのメリットがあります。サッカーを見たことがないという方や選手を間近で見たいという方には、本当におススメの座席になっています!実際、一人で来られている方も多く、皆さん優しい方ばかりなので、すぐにお隣の方とお友達になれちゃいます!!


セットのお食事券で豪華ごはん♪
さらにベガ女シートにはスペシャルなお食事券が付いてくることは、初めにも書きましたよね。もちろん利用しない手はありません!5月8日の試合後は、特典として付いてきたすてーきはうす伊勢屋さんのサイコロステーキをに食べてきました!店内はベガサポの方も多くお店の方ともベガルタの話題で盛り上がりました。
仙台黒毛和牛のサイコロステーキは、お肉がとても柔らかくて本当においしかったです!
   
 


7月、8月は焼肉・冷麺の大同苑のスペシャルセットが特典として付いてくるので、これでまたベガ女シートに行きたくなっちゃいますね~!


一緒にベガルタを応援しましょう!
ベガ女シートは初心者の方でも気軽にサッカー観戦を楽しめるシートになっています!また、カメラ好きの方にもぜひ一度スタジアムに足を運んで、撮影を楽しんでいただきたいものです。

他にも7月からお得なチケットが発売されます!
伊達武将隊と行くスタジアム見学ツアー付きの伊達武将隊チケット、女性限定・Tシャツ付きのベガサポ女子大集合チケット、当日座席が分かる?ミステリーチケット、グループで行けばお得!夏得チケットなどなど・・・ユアスタに行きたくなる特典満載のチケットが発売されるので、友達を誘って夏はユアスタに行きましょう!!

ブログを読んでベガルタ仙台に興味を持ったそこのあなた!
選手の練習風景やオフショットが見られる公式instagramもチェックしてみてください!

次回ホームゲームは7月2日川崎フロンターレ戦です。まだ間に合います!お友達を誘ってユアスタに行きベガルタの勝利を共に後押ししましょう!

チケット、その他ベガルタ仙台に関することはオフィシャルサイトをご覧ください。
◆公式サイト http://www.vegalta.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-25

~ARABAKI ROCK FEST.16 vol.4~LIVE2日目レポート~

テーマ:ミュージック
みなさんこんにちは。
今回は第4弾!!
ARABAKI ROCK FEST.16の2日目をレポートしたいと思います!
水曜日のカンパネラASIAN KUNG-FU GENERATION銀杏BOYZ3組の
アーティストのライブの様子をご紹介!




水曜日のカンパネラ (リポーター:ななみん)


© 2016 ARABAKI PROJECT

HANAGASAステージから溢れ出す人々・・・
大勢の人が見つめるのは6月16日にメジャーデビューしたばかりの水曜日のカンパネラ。
変わった音楽で注目されていますが、
ウォーターボールの中で歌ったりとライブパフォーマンスも水曜日のカンパネラワールド全開。
最後は、ネットやテレビでのパフォーマンスで話題となっている「桃太郎」で締めくくり。
「きびだーん」と私も一緒に歌って飛び跳ね、最高に盛り上がりました!!
ライブ中のかっこよさと、トークでのゆるさのギャップもまた印象なコムアイさん。
独特な世界観と魅力感がギュっとつまったライブでした!!

 



ASIAN KUNG-FU GENERATION (リポーター:かっちょ)
 



© 2016 ARABAKI PROJECT

絶大な人気を誇るASIAN KUNG-FU GENERATION、通称アジカン。
MICHINOKUエリアに溢れるほどの人だかりで熱気がむんむんです。
一曲目は人気曲の「Re:Re:」。
一緒に歌ったり、飛び跳ねたりと、会場全体が一気に盛り上がりました。
そして、一番の盛り上がりを見せたのは中盤で歌われた「リライト」。
ちょうど日差しも強くなり、会場内のテンションは最高潮です!
サビに入ると会場が揺れ動きそうなほどにファンたちが動き回り、最初前方にいた私は、
終わったころには全く違う場所まで移動していました。男女問わず人気で、
バンド結成20周年を迎えるアジカンの魅力がとても伝わるライブだったと思います。


銀杏BOYZ (リポーター:かりん)
 

© 2016 ARABAKI PROJECT

ARAHABAKI2日目のトリを飾った銀杏BOYZ。
アラバキのステージに8年ぶりに立つ銀杏BOYZをひとめ見ようと、客席は人でパンパン。
私かりんは高校の時から大好きでしたが、ライブを見るのは初。
ライブが始まる前から楽しみすぎて心臓がバクバクでした。
そんな中ライブがスタート。峯田和伸さんがステージに登場した瞬間、客席から「峯田―!!峯田―!!」と大量の叫び声。
4曲目の「夢で逢えたら」で客席のボルテージは最高潮!!
5曲目の「BABYBABY」は、ファンにとって、青春時代の思い出の一曲だと思います。
サビは皆が涙を流しながら大合唱していました。アンコールは「新訳 銀河鉄道の夜」。
ギター一本で熱唱する峯田さんを見て胸が熱くなりました。
客席は、私のような若い層から、GOINGSTEADYのライブをリアルで見ていただろう人たちまで見ていました。
銀杏BOYZは、世代を問わず沢山の人に愛されて、銀杏という存在がファンの支えになってい
るのだと実感しました。



以上、3組の出演アーティストのライブレポートでした!
来年はどんなアーティストが出演するのでしょうか・・・。
宮城のビッグイベントになりつつあるので、今からワクワクですね!
そして、私たちCOLOR学生編集部も再び潜入するかも?!
お楽しみに!




~お知らせ~
現在COLOR学生編集部では一緒に活動するメンバーを募集しています。
新しいことに挑戦したい人、楽しいことがしたい人、どんな活動をしているのか少しでも
興味を持ったら、気軽に連絡してくださいね!メンバー一同お待ちしています!
https://machico.mu/general_apply/123


writer:ななみん、かりん、かっちょ
photo: © 2016 ARABAKI PROJECT




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22

ARABAKI ROCK FEST.16 レポート Vo.3~ライブレポート~

テーマ:ピープル

ARABAKIレポート第三弾となる今回!
4月29日、1日目にCOLORメンバーが見たアーティストのライブレポートをお届けします!


 

~COLORweb的ライブレポートスタート!~


忘れらんねえよ(リポーター:ズッカ)
 
© 2016 ARABAKI PROJECT

忘れらんねえよはTSUGARUでのステージ。実は私筆者自身、ワンマンツアーに足を運ぶほど大ファンなのです!

 そんなワクワクの中始まったライブのセットリストがこちら
1 この街には_君がいない
2 体内ラブ~大腸と小腸の恋~
3 ばかばっか
4 別れの歌
5 この高鳴りをなんと呼ぶ
6 忘れらんねえよ

今回のセットリストは、忘れらんねえよと言えば!という王道の曲が多く、初めて見たという方でも存分に楽しめたのではないでしょうか?2曲目の『体内ラブ』はヴォーカル柴田さん曰く3分の曲なのに2分で歌詞を書き上げたと言われているノリノリな曲!歌詞を読めば読むほど面白さと深さが出てくるのでオススメです。最後の『忘れらんねえよ』では会場全員で「忘れらんねえよ~~」と大合唱。私自身この大合唱に何度も泣かされた経験があるくらい素敵な曲で、今回もウルっとしてしまいました。

  
© 2016 ARABAKI PROJECT


そして今回のARABAKIでは会場全員の手拍子の中柴田さんがビールを一気!男気に溢れていますね!手拍子に乗りながら太陽の下、会場の真ん中でビールを飲み干す粋な演出に会場_全体が笑いと熱気で包まれ 「忘れられない」ライブになりました!!



 

サカナクション(レポーター:りおたそ)

© 2016 ARABAKI PROJECT

今年初出演のサカナクション。私も初めてサカナクションのライブに参戦しました。夜のステージを彩る照明や演出、音楽が一体となり、会場はサカナクションの創り出す空間に染まりました。特に舞妓さん、和太鼓とバンドのコラボレーションが幻想的でした。中でも、私りおたそのテンションが上がった曲はレーザービームに照らされる小雨の中で聴いた、「アイデンティティ」と「新宝島」です。ヴォーカルの山口一郎さんの歌声と目力には圧倒されました。

 
© 2016 ARABAKI PROJECT

また、会場の一体感は他のバンドとは一味違う興奮を覚えました。バンドでありながらハウスミュージックやエレクトロな要素が癖になる、現代の先を行くライブでした。来年もまた是非荒吐に来てほしいです。


 

キュウソネコカミ(リポーター:ななみ)

  
© 2016 ARABAKI PROJECT

ARABAKI2回目の出演となるキュウソネコカミ!!CMでもお馴染みのMEGA SHAKI IT ! からライブはスタート。メガシャキをアラバキと変えて歌い、一曲目からテンションは最高潮に。その後も「ヤンキー、こわい」とお馴染みのコール&レスポンスで熱気が増していきます。フェスに引っ張りだこなキュウソネコカミらしく、さすがの盛り上げ方です。そしてヴォーカルのセイヤさんがお客さんの上にたつパフォーマンスも圧巻。生憎の雨も吹き飛ばす程の一体感抜群な熱いライブを見せてくれました!!



 
© 2016 ARABAKI PROJECT


サンボマスター(レポーター:かりん)
 
© 2016 ARABAKI PROJECT


MICHINOKUステージの初日のトリを飾ったサンボマスター!サンボマスターは、「I love you & I need you TOHOKU SPECIAL」と題されたコラボステージに登場しました。サンボマスターの代表曲、「世界をかえさせておくれよ」「できっこないをやらなくちゃ」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」でキュウソネコカミ、tokyo tanaka(MWAM)、TAKUMA(10-FEET)とコラボ!!豪華コラボに会場が歓声と熱気に包まれる中、東京スカパラダイスオーケストラ、続いて和田アキコさんがステージに登場。スカパラとサンボが楽器隊となり、「あの鐘を鳴らすのはあなた」を歌ってくれ、会場がさらに盛り上がりました。

  
© 2016 ARABAKI PROJECT

アンコールの「I love you & I need you ふくしま」で、コラボしたアーティストが全員集合!今年も「バス大事!!今大事!!」のコール&レスポンスで一日目を締めくくるような一番の盛り上がり!!なかなか見れない光景を目の当たりにし、興奮と満足感で胸がいっぱいになりました。

  
© 2016 ARABAKI PROJECT


 

1日目は天気に恵まれませんでしたが、寒さも雨も吹き飛ばすようなアーティストの方々の演奏と盛り上げで、会場全体が熱気に包まれていました!



天気もまた、「あの時のARABAKI、寒かったけど楽しかったな~!」と、思い出の一つになるのかもしれませんね!
 

次回もライブレポートをお届けします!お楽しみに~!!



最後にCOLORweb学生編集部からお知らせです。
ただ今、新たなCOLORメンバーを募集しています。
新しい季節、新しいCOLORwebを一緒に作り上げていきませんか?
写真や音楽、オシャレが好きな人、気になるお店に行って取材をしてみたい人、雑誌の編集やデザインしてみたい人など誰でも大歓迎です!
見学してみたいという方は、気軽に連絡ください!
こちらの応募フォームからご応募お願いします!

https://machico.mu/general_apply/123


Writer:ズッカ、りおたそ、ななみん、かりん


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。