1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-09-28

カメラ講座~写真をもっとキレイに楽しく!~

テーマ:ピープル

近年はカメラブーム!マイカメラを持ち、趣味で写真を楽しむ人も多く見られます。
さらに、スマートフォンやSNSの流行で気軽に写真を撮ったり共有したりすることが増えましたよね。

写真をもっと上手く撮りたい、表現したいと思うことはありませんか?
“普段の写真のクオリティをアップ!印象に残る写真を撮ろう!”ということで、特別企画。
私達COLORweb学生編集部が自らプロのカメラマンの方に、写真撮影を上手に、楽しむコツを教えていただきました!今回は実践レポートを交えながらその内容をお届けします。




■カメラを知る

安定した構えから!まっすぐきれいに撮るのが前提、手ブレはNG

・カメラを両手で持ち、脇をしめる!
デジタルカメラなど液晶を覗くタイプのカメラなどは特に、手を伸ばした状態で撮ったりしないように注意。
重みのある一眼レフはしっかり顔で支えるように。カメラを首にかけるとより安定感がアップします。
さらに、目を離してしまうことで見えてるものと撮るものが違くなる原因になってしまうそう。

  

・シャッターを切る時は呼吸を止める!
 壁に寄り掛かる、カメラを机の端に置いた状態で撮るなどしてブレを防ぐとなお良し!

・背景の物はまっすぐ写す!
後ろの物が曲がっていたり、ゆがんだ写真だとなんだか見ても印象が悪い写真になってしまうので要注意です。


◎カメラの設定をきちんとする!色合いを大切に、フラッシュは焚かない

・撮影モード
デジタルカメラなどは「マニュアルモード」などカメラ設定を自分でできるもの、一眼レフは「Aモード(絞り優先モード)」に設定を。
ついついオートモードにしてしまいがちですが、暗いと自動でフラッシュが焚かれてしまうのでNG。キレイに撮るためには、フラッシュは使用しない方がいいそうです!

・「WB(ホワイトバランス)」
 携帯電話やスマートフォンのカメラにもついていることがありますよね。見たことあるけど何のことかよく分からない……という人も多いのでは?
 実は、これは写真の色合いを自然な色に写すための機能で、撮影時の天気や光の状況に合わせて「AWB、太陽光、くもり、蛍光灯、電球」を使い分けるといい雰囲気の写真が撮れるというもの!

例えば、このようにWBの設定を変えるだけでもこんなにキレイな色合いに差が!(撮影:一眼レフ)
    
 
他にもイメージに合わせて、屋外で人物を撮る時はAWB、温かい雰囲気を出したい時はAWBや太陽光に設定すると良いそうです。


・「露出補正」
 こちらもよく耳にする言葉ですが、人肌や料理などの白っぽい物、明るい被写体には「+」補正をするとより色合いがはっきりしてキレイに!反対に黒い被写体には「-」補正を。
 よく、なんだか暗く写ってしまうという時に照明を明るくしたりして明るく写そうとしますよね。でも実はそれは逆効果!そんな時はこの露出補正を使ってみましょう。

カメラの機能が良く分からない……と特に設定せず使ってしまうかもしれませんが、これらのように設定1つでも写真の雰囲気はだいぶ変化するようです。
色々なモードを試してみて、それぞれどんな感じに写るのか知る、ということが大切なのですね!



■実践テクニック

◎ピント位置を自分で決める!
 ピントも自分で選べる設定にしましょう。それか、一眼レフカメラの場合は「フォーカスエリアを中央固定」に。この設定もオートにすると、より濃い物、形がはっきりしているものに勝手にピントがいってしまいます。
なので、コレと決めた物に合わせるべし!スマートフォンでも、画面上の被写体をタッチして自由にピントを合わせられるはずです。

◎ノートやコピー用紙もレフ板に!?
 プロのカメラマンの方が使用する本格的なイメージのあるレフ板ですが、白い板ならなんでもOK!段ボールに白い板を貼ったもの、手帳やノートを広げるだけでも手軽なレフ板のできあがり。
  

画像の手前のレフ板はポストカードの用紙を2枚テープでくっつけたもの。これなら手帳に挟めて持ち運びにも便利!さすがカメラマンさんの素敵なアイディアです。



◎料理撮影のコツ

・水平垂直を意識し、立体感で美味しさを出す!
 まずは周りのコップなどが斜めじゃないかチェック。立体感を出すために、自然光のサイド光か(側面からの光)逆光のもと、レフ板を使うなどして手前に影を作るのがポイント。
 さらに、先ほどのようにWBも調整するとバッチリ。

・お皿をカットし、料理を強調!
 ついついお皿も含め、全体を撮ってしまいがちですが、思い切ってカットし主役の料理を際立たせましょう。おまけに、周りに小物を入れるとおしゃれ感アップ!

カフェなど、おしゃれな雰囲気を伝えるのにぴったり。(撮影:スマートフォン)


  
 
  


◎人物撮影のコツ

 ・全身撮影の時は、カメラをお腹位の位置に構える!
  つまり、しゃがんで撮るような形。逆に、カメラを立った状態で撮ると顔が大きく短足に……。
  カメラを気持ち上に方向けることで細長に写すことができます。

  さらにポーズを加えると、このように印象がだいぶ変わりますね!美脚度アップ。(撮影:一眼レフ)
  
 
 

・バストアップ撮影の時はレフ板を顔の下に、やや上から撮影!
 すると顔色をキレイに、輪郭をシャープに写すことができます。

このようにフェイスラインに手を置いたり、さらには被写体になる人が座った状態で上方向から撮ると効果大、という裏ワザが。自分撮りの際にも使えそうですね!(撮影:スマートフォン)

 


 


■楽しく撮る!

今回カメラの知識や、写真撮影の技術を学び、とても短時間では知りつくせない奥深さ感じました。
様々な上手く、キレイに撮るコツを教えていただきましたが、カメラマンの方もおっしゃっていましたが、1番は”カメラや写真を楽しむ”こと!

たくさんカメラに触れて、どう撮ればどう写るのか、自分が好きな写真を撮ったり表現できるか、試行錯誤するのが良いのかもしれませんね♪

もちろん、今回ご紹介したポイントも実践しつつ、みなさんももっと写真を楽しんでみてくださいっ!




Writer:なーさん
Photo:せっきー、あかさか、すずしゃん、あゆみ、サイイン

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-24

あの子の隣

テーマ:ピープル
カラー調査部

午前10時。あの子との待ち合わせの時間。

「ごめん、待った?」
そう声掛けようと思ったけど、やっぱりやめた。

だって、
すごくきれいだったんだ、陽だまりの中のあの子が。

お日さま、ありがとう。

カラー調査部

今日はあの子のアイデアで公園デート。
この歳にもなって公園デートって何すればいいのかな。

歩くたびに揺れる亜麻色の髪に、僕は釘つけ。

カラー調査部

「公園といえばやっぱりブランコだよね!」と無邪気に飛び乗るあの子。

「早くこっちにおいでよー」って手を差しのばすけどさ、
そんな笑顔で言われると、
隣に座るのすごく緊張するんだ……。

カラー調査部

ブランコの次は“だるまさんが転んだ”。

「だるまさんが……転んだ!…ってあれ?」
あの子がいない。どこへ行ったんだろう?

「おーにさん、こっち!えへへ」
木の後ろからあの子がひょっこり。

まったく……そんな遊びじゃないでしょ。

カラー調査部

お昼は待ちに待ったあの子の手作りお弁当!
そして念願の「あーん♡」

これが楽しみで朝ごはんを抜いてきた……なんて言えないね。

ちなみにあの子の卵焼きは……甘かったかしょっぱかったなんて覚えてません。
それどころじゃないんだって。

カラー調査部

楽しい1日もあっという間。もうお別れの時間だね。

意外とスタスタ歩いていくなぁって後ろから見てたら、
クルッと振り向いて太陽よりも眩しい笑顔で
「バイバイ!」

公園デートも悪くない。

カラー調査部



今日の「隣のあの子」


カラー調査部

阿部遥奈さん(19)
東北学院大学教養学部二年


「あの子」の詳しい情報はFacebookページ でチェック!


https://www.facebook.com/pages/COLORweb%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/192685560878849



writer:くぼたつ
photo:せっきー
director:あゆみ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-21

The story of your hands.~働く人の手を大調査!~ Vol.7

テーマ:ピープル

 あなたはどんな手をしていますか?

傷だらけの手、ごつごつした手、すらっとした手、やわらかい手、力強い手。

人の手は、そこに、その人の生き方が現れてくる。

 

手から、その人の暮らしやこだわり、内面までも探る連載企画「The story of your hands」

第7回目の「手」は、彫刻家の佐野美里さんです。

 

 

■女性らしくも、女性としてのたくましさを感じさせる手

  
塩釜市を拠点として活動する彫刻家の佐野美里さん。

 

女性らしく、なんともかわいらしい小さな手。

 

「実は手がコンプレックスなんです。」

 

はにかみながら話す佐野さん。

彫刻をしていると手のひらに筋肉がついてしまうんだとか。

女性らしい手の中に、たくましさをも感じられますね。

 

  
小柄でやわらかい雰囲気の佐野さん。
しかし、時折見せる凛とした表情には女性としての芯の強さが滲みでていました。

 

 

■「犬」に秘められた想い

 

「作品に気持ちを入れるためにはどうしたらいいかと考えたときに、愛犬への愛情を作品として表現しようと思ったんです。」

 

佐野さんの作品のほとんどが、「犬」をテーマにした彫刻。

「犬」を彫るようになったきっかけは、大学3年生のころに愛犬を作品のモデルにしたことなんだとか。

 

「愛犬以外の犬は、それまでの思い出もないし、愛犬に対してのような特別な愛情があるわけでもない。単純に、他の犬をモデルに彫ったら作品はどうなるんだろうと思いました。」

 

いざ彫り終えてみると、周りからの反応は意外なもの。

 

――― 美里ちゃんらしい作品だね。 

 

「愛犬をモデルにしたときとは違う感情で彫っていたはずなのに、周りから見たらどれも私らしい作品だねって言われたんです。それが不思議で。このまま犬というテーマで作品を彫り続けていったらどうなるのか。これはまだ答えがでてなくて、私がこれからも犬を彫り続けていく理由でもありますね。」

 

 

 

 

今回彫っている作品も、もちろん「犬」。

大きな体でありながら、丸みを帯びていて、木なのにどこかやわらかい印象をうけるこの作品。

佐野さんは、作品を彫るときに、女性の体からアイディアをもらうことが多いんだとか。

実は、この作品も女性がモチーフになっているんです。

女性としてのかわいらしさ、内面のたくましさが秘められている作品です。

 

 

 
「ここは上手くいったからもう彫らないというのは後退した考え方だと思うんです。昨日までの頑張りを彫って消してしまうこともあります。」

 

 

 

■女性としてのかわいらしさ、たくましさ

 

彫刻はいろんな角度から見ることも楽しみのひとつ。

それぞれ見る角度によって表情が異なって見えるのも、なんとも女性らしいですよね。

 

佐野さんが作り出す作品には女性らしさがぎゅっと詰まっている。

“女性としてのかわいらしさ、たくましさが滲みでていて、愛おしい。”

そんな言葉がぴったりな作品でした。

 

今後の目標は、さまざまな人たちに犬を知ってもらう、好きになってもらうことだそうです。そして、その手段として作品の販売も行っているんだとか。

佐野さんの彫った「犬」たちが、たくさんの人に可愛がられ、“飼って”もらえる日がきっとくることでしょう。

 

<おしらせ>

今回取材した佐野美里さんの作品が、

GAMA ROCK FES 2013 

にて展示されます!

ぜひみなさん足を運んでみてはいかがですか?

 

 

 

GAMA ROCK FES 2013 

9月22日(日)

宮城県塩竈市みなと公園(塩釜港緑地内)

〒985-0011 宮城県塩竈市貞山通3丁目12-1

 

 

Writer:マギカ

Photo:くぼたつ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。