2005年09月27日

★打ち子

テーマ:廃人記憶

例のN君から、パチスロの打ち子の依頼が来た。


2時間ほど用事があるので、代わりに打って欲しいとの事。


慢性金欠病の僕は、勿論、二つ返事で引き受けた。


ガス欠寸前のクルマに乗り、パチンコ店へ向かった。



パチスロ台は、ミリオンゴッド だった。


僕はパチスロのことはよく分からないので、退屈だ。面白くない。


しかし、お金の為だ。ひたすらコインを投入し、レバーを引いた。



僕が打ち出してから、殆ど爆発しなかった。


あまりかんばしくない状態ではなかった。


N君いわく、今月はパチスロで70万円も買ったそうなのだが、


きっと僕なら、70万円のマイナスになる事だろう。


貧乏人には、お金も運も、容易には寄り付かないのだろうか。


数時間して、N君は店に戻ってきた。


「パチンコでも打ちなよ」と、現金5000円をもらった。


本音としては、このまま自分の財布に入れてしまいたいところだ。


しかし、そーもいかんわな。



大海物語を打った。僕は今日余り調子の良くない台に座った。


なんか、出そうな気がしたのだ。


スーパーリーチが2度かかったけど、はずれた。


またたく間に、4000円が消えた。


僕は、最後の1000円は、投入するのを止めた。



帰宅途中、マジでクルマが ガス欠寸前になった。


メーターの針は、ENPTYの表示を飛び越えそうだったのだ。


ガソリンスタンドで、1000円分だけ、ガソリンを入れた。



結局、本日の打ち子バイトは、手元に一銭も残らなかった。


それよか、クルマの保険の満期が来月早々やって来る。


どーしよう・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月24日

★お金がお金を呼ぶ話

テーマ:廃人記憶

先日の夜、N君と久しぶりに酒を飲んだ。


N君は、会社を経営しているのだが、その殆どの業務を部下に任せている。


いわゆる、プチリタイヤ風の生活を送っている。


現在、百坪以上の土地に豪邸を建築中で、


ついでに言うと、嫁さんは小ベンツに乗っている。


お金がこの世の全てではないが、羨ましい限りである。



★お金がお金を呼ぶ・・・・というのは、ホントかもしれない、と言う一例。


彼は、ここ20日間で、パチスロで70万円も稼いだそうだ。


暇つぶしのパチスロで、70万円ゲット!


パチンコやパチスロをやっている人は、びっくりでしょ?驚愕するよね?


生半可な技術と運と精神力では、70万も稼げないのである。


パチンコやパチスロは、そんなに甘いものじゃありません。




僕なんぞは、一日中パソコンに張り付いて、


アフィリエイトとか、お小遣い稼ぎサイト巡りとかに精を出して、


今月やっと、7万円くらいの収益だ。


な、なんだ、この差は!!!!!!!!!!!!!!!!




この話を聞いて、僕がブルーどころか真っ黒になったのは、言うまでもない。


彼は、運が良くて、才能があるのである。


僕は、運が悪くて、才能も無いのである。


脱力してしまった。泣きたくなってきた。


居酒屋のテレビは、電車男の最終話を流していた。


より一層、自分が情けなく思えてきた。


酒代を割り勘で支払うのが、精一杯の僕のミエだった。




彼と別れた帰りの道すがら、完全に振られた彼女に携帯で電話した。


彼女から、「他に好きな人が出来た」との旨のメールをもらって以来、


何もこちらから連絡せず放置していたので、


正式な「お別れ」を言いたくなったのだ。酔いに任せて。



でも、電話は留守電だった。


居留守か、出れなかったのかは分らない。


しかし、その後向こうから電話もメールも来ないところをみると、


きっと僕は、シカトされたのだろう。まあ、当然だけど。




それにしても、お金がお金を呼ぶ・・・のは、ホントなのかもしれない。


貧乏人には、お金が寄り付かないのだ。なかなか。


「パチスロで70万稼いだ話」を聞いて以来、


僕は、ガックリきている。


パチスロの稼ぎ なんて、所詮は、あぶく銭だから、気にすることは無い。


しかし、20日で70万円は、おいしすぎるよ。


無気力症候群に陥ってしまうのも、無理はないのだ。


なぜなら、僕も、昨年までは、パチプロを目指していたから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月19日

★ざんげの値打ちも無い。マジで。

テーマ:廃人記憶

なんてこった!もう丸一年経ってしまった。


今夏、完全に振られた彼女が、遠くへ引っ越していって


もう一年も過ぎてしまったのだ。 少々まわりくどい話になったね。



要は、こーゆーことだ。


彼女は、一年前、僕の住む街から引っ越していった。


そして、この夏、好きな男が出来たとのメールをもらい、完全に振られた。



丁度一年前、引っ越していった時点から、


『おしまい』 は始まっていたのだ。


わかってるよ。


彼女を引き止めることが出来なかったのだから、


その時点で、僕たちの恋愛はゆるやかにフェードアウトを始めていたのだ。



彼女は、自分の故郷の街へ戻っていった。


そして新しい生活を歩き始め、新しい彼氏を見つけた。


いたって普通である。健全である。


それに引き換え、僕ときたら、うだうだ何もしないで、一年経ってしまった。


『全国何もしない おっさんランキング』ってゆーのがあったとしたら、


結構上位に行くぜ!


まあ、正確には、


「何かしようとしたが、全てが中途半端で結局何一つ状況が変わっていない。


いやかわっていないどころか、悪化する一方で、


もはや住む家すら無くなるかもしれないかなり悲惨な男」・・・かな。




ばかん♪


人事みたいに、クールに分析している場合ではない。


ええカッコして、余裕こいて淡々としてしてしまうのは、僕の悪い癖だ。


もはや待った無しの状況なのにさ。。。



たとえば現在、アメブロランキングで1位を取っているからと言って、


何の足しにもならぬ。屁のツッパリにもならぬわ。


註)勿論、このブログが1位を取っているのではない。


  他カテゴリーに立ち上げている別のブログの話である。



彼女が去って一年。


彼女と一緒に過ごした街のエリアには、一度も足を踏み入れていない。


恥ずかしながら、泣けてきそうだからだ。


僕は、未練がましい男である。








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月18日

彼岸花が咲いていた

テーマ:廃人記憶

夏だ、夏だと思っていたら、


近所の田んぼでは、稲刈りが始まっていた。


あぜ道には、彼岸花が咲いていた。


あらまあ、もう、夏ではなかったのだ。


などと、またもや、浮世離れした気持ちになってしまった。


僕は、ますます淡々と日々を暮らしていて、


もう、どーでもいいような気分になっている。


選挙には行ったけどさ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。