2006-12-20 21:03:45

ソウル3日目②(雑誌探し~帰国まで)

テーマ:韓国旅行記

仁寺洞を後にして、帰る前にどうしても行きたかったのが本屋さんです。

あらかじめ、ホテルの近くにあるソウルでも有名な大型書店・教保文庫 に寄ってからホテルで荷物を貰ってリムジンバスに乗る予定でした。


教保文庫に行くには、また地下鉄に乗ろうと地下に入るとそこにちょうど本屋さんがありました。

まだ新しい本屋さんのようでしたが、とても大きいところでした。

とりあえず入ってみて、中を回ってみたけど買いたかった『SCREEN』がなかったのとCDも欲しかったので、やっぱり教保文庫に行くことにしました。

店を出る時に、新刊が並んでいるところであの『コスモポリタン』を発見・・・・。

この本は狙っていたけど、まだ発売日がわからなくて、ソウルに着いてからも見かけなかったので諦めていたらあったのです。

でもここで買うと

荷物になるので今から行くところで買おうと思いました。


地下鉄に乗ろうと思ったけど一駅で案外歩いても近いことがわかったので、そのまま歩いて行きました。

地図を頼りに探すと、そこは大型ビルの地下でした。

本屋だけでなく、ショッピングモールのようになっていていろんな物を売っていました。

とりあえず目当ての本屋に行くと『コスモポリタン』が置いていない・・・・。

お店の人に聞くと、今日発売だと言われました。

今日発売ならもう店頭にあっていいはずなのに・・・・もうお昼です。

こんな大きな書店なのに・・・・その辺がアバウトなお国柄なのかしら?

仕方ないので『SCREEN』だけレジに持って行きました。

レジに行くと、奥から丸めたポスターを店員さんが持ってきてくれました。



付録のポスターは本とは別に置いてあるんですね。

そういえば日本でネットで買うと、「付録のポスターはついていません」となっているところが多いです。

レジでは袋がいるかいらないかと聞かれます。

韓国ではお店によっては買ったものを袋に入れてもらうと袋は有料なんです。(日本でも最近はそういうとこありますね)

買い物の際は大き目の袋を持っていくと便利ですよ。




韓国で買った本・・・コスモポリタンは重かったです・・・。

CDショップにも寄りましたが、お目当ての『プラハの恋人』のOSTはここにもありませんでした。

CDショップの向こうにはおもちゃ売り場がありました・・・。

ふとおもちゃの方を見ると、クマのぬいぐるみが目に入りました。

実は・・・娘がお土産に『宮』に出てくるアルフレッドというぬいぐるみを買って来て欲しいと言っていたのですが、なかなか見つからず困っていたのです。

もうアルフレッドでなくても似たようなテディベアならいいや~と思ってその場所に行ってみたらなんと・・・そこには捜し求めていたアルフレッドがあったのです。

その他に、『宮』に出てくるキャラクターの服を着たテディベアもありました。


見ていると店員さんが気さくに話しかけて来てくれました。

私たちが日本人であるとわかると店員さんはびっくりされていました。

『宮』は台湾ですごく人気があるらしいのですが、日本でも有名だとは知らなかったらしいです。

結局私は、アルフレッドでなく主人公のシンとチェギョンの制服を着たベアをペアで買いました~。

最後の最後に見つかってこれも本当にラッキーでした。





買い物も一段落、ホテルに帰る前にお昼ご飯を食べました。

これも歩いていて見つけたお店でした。

自然食っぽいお店でランチのようなセットを食べました。



ヘルシーな麦ご飯なんです・・・。





おかずも一杯ありました~。値段は忘れたけど多分1000円もしてないと思います・・・。

これがソウル最後の食事となりました。


食べたらもういい時間になっていて、急いでホテルにカバンを取りに行きました。

多分3時すぎくらいだったのでは・・・。

ホテルの前は空港バスの乗り場です。

ただ、行きは仁川空港から一番初めにバスが停まる場所なのに、帰りは逆・・・。

バスが来たと思ったら満席で乗れなくて行ってしまったり・・・予定より空港に着くのが遅くなりました。

空港に着くと、ロビーにはソン・スンホンの写真のついた紙袋の女性で溢れていました。

アジアファンミの方とは行きも帰りも一緒でした~。

チェックインして荷物を預け、空港のCDショップに行くと最後の最後にこれまた捜し求めたプラハのOSTが1枚だけありました。

あと・・・残ったウォンはお菓子を買ってほんとんど使い切りました。




チョコパイとバターワッフル。

チョコパイは日本で売ってるので言うと「チィコパイ」ではなく「エンゼルパイ」の方ですね。

クラウンのバターワッフル・・・・これは『宮』の主演のチュ・ジフン君がCMしているらしいですがとっても美味しくてもっと買えば良かったと思いました。


空港での時間ってあっという間に過ぎちゃって・・・帰りはすごくバタバタと飛行機に乗りました。

楽しかった旅行も終わり大阪に着きいたら、大阪は大雨・・・。

いきなり現実に引き戻された感じでした・・・・。


でも本当に楽しかった~!

ビョンホンssiに直接会える機会も無かったし、映画もまだ見れない時期でしたがすごく楽しくていい思い出になりました。

本当に行って良かったです。

これで私の初ソウル旅行記は終了です。

うまくまとめられず・・・・・すごく長くなってしまいました。

書くのは正直大変でした。

でもやなぎっこさんが、この日記はきっと私の宝物になるって励まして下さいました。

本当にそうだと思います。

皆さんも最後まで読んで下さってありがとうございました。


最後にUPし忘れた写真を・・・・



これは地下鉄で毎日無料で配布される新聞のようです。

「美日々ツアー」のガイドさんが下さいました。




映画のプレスは明洞の映画館でゲットしました。


結婚前はよく旅行に行きましたが、今回は新婚旅行以来初めての海外。

ほとんど自分で計画して手配してという旅でした。

今は便利ですね~、飛行機やホテルの予約、現地のチケットやツアー予約もすべてネット1本で済んでしまう。

ただパスポートを持って当日空港へ行くだけで、あとは一切旅行会社に行くことなくても行けるって!

便利な世の中だと思います。

とにかく無事に旅行が終わってよかった!

そして何より行かせてくれた家族に一番感謝しています。


<この旅行で参考にしたりお世話になったところ>


ソウルナビ (韓国へ旅行した方々お薦めのサイト)

コネスト (美日々ツアーやチケット、エステの予約でお世話になりました)

楽天トラベル(ホテルの予約)

楽天トラベル株式会社
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-15 10:53:27

ソウル3日目①(鐘路~仁寺洞)

テーマ:韓国旅行記

ソウル最後の日。この日は最初からあまり予定は入れていませんでした。

帰国は最終便でしたがそれでも5時までには空港に着かなければなりません、余裕を見て15時にリムジンバスに乗る予定なので思ったほど時間もないし・・・・とりあえずお土産を求めて仁寺洞通に行くことと本屋とCDショップが大きな目的でした。


朝はオンニが強いので、私もおかげで早起きすることが出来ました。

起きたら前日に買っておいたインスタントコーヒーを入れて、昨日食べる機会がついになかったあのメロンパンを食べました。

一日たっても美味しく頂けましたよ~!

荷物を整理して、チェックアウトは12時で良かったのですがまたホテルに帰るのがめんどうかもしれないのでとりあえず手続きをしてしまい、荷物だけ預かってもらいました。


さて、また地下鉄です。

歩きなれた市庁までの道、ここはもともとがオフィス街のような場所なので日曜の朝は静かでした。

まず、地下鉄1号線で鐘路3街まで2つ乗り、鐘路へ行きました。

仁寺洞もここから歩いて行くのですが、その前に私は行きたい場所がありました。

この辺りは映画館がたくさんある場所で、シネコアという映画館の前の歩道にビョンホンssiのハンドプリンティング(手形)があるというので見たかったんです。



地図を見ながら歩いているとすぐに見つかりました。

この写真のチケット売り場前の石畳のような歩道にたくさんの俳優さんの手形が敷かれています。

まるでハリウッドみたい!映画が文化に根付いているお国柄?日本はこういうのってありますか?

まだ早朝(8時過ぎ)だったために、ほとんど歩いている人がいなかったので、歩道の手形の写真も人を気にせずに撮れました。




すみません~!私の手です・・・・・。

ビョンホンssiの手は私よりちょっと大きかったですね。

誰もいなかったのでオンニに写真を撮ってもらいました。

良く考えたら他の俳優さんの手形は全く眼中になかったです。

今思えばちゃんと他のも見ておくべきだったなぁ・・・・どんな俳優さんのがあったのかしら?

ビョンホンssiのは一目で見つかったのでホントに他は見てないんです。


それから、仁寺洞めざして鐘路(ここは昔からソウルの中心)を歩きましたが、さすが映画館がたくさんある場所。

『クへ ヨルム』の看板や広告もたくさん見れました。








キム・レウォン君の『ひまわり』の広告もたくさん見ました。

歩いていてふと、横断歩道の向こうを見たら道端にもこんなポスターが・・・


望遠で撮ってみました(笑)


本当は是非何でもいいからソウルで映画を見たいと思っていたのですが、やっぱり2泊ではNANTAも観たし時間がなくて今回は実現しませんでした。

やり残したことはこのことくらいでしょうか~。いつかまた行ったら是非今度は映画が見たいです。


初めてのソウルで映画鑑賞計画をされてる方は・・・映画の見方がソウルナビ で詳しく説明されているので参考にされるといいですね。


さて、少し歩いて仁寺洞 に着きましたが、朝早すぎて人はまばら・・・観光客もほとんどまだ姿がないです。

お店も開いていないし・・・。

仁寺洞は芸術と文化の街で、伝統工芸品やお土産物などの店や伝統喫茶と言われるお茶の店も多い場所です。

これは横の通りですが、人がいません・・・。


どうしたものかととりあえず通りを歩いていると、お粥のお店が開いていました。

お粥といえばアワビ粥が有名ですが、その美味しいと言われる店は、市庁駅のソウルプラザの近くにあって本当はそこに行きたかったけど、メロンパンでお腹も空いていなくてとりあえず仁寺洞に出てきたので、何の下調べもなく通りすがりに見つけた小さなお店でした。


入ってみると韓国の方が2~3人それぞれ一人でお粥を食べていました。

私たちもやっぱりアワビ粥が食べたいと注文しました。


アツアツのお粥・・・・濃厚な感じでとっても美味しかったです。

朝食にはやっぱりお粥がおすすめ~!


このお店もTVで紹介されたことがあるらしく写真が貼ってありました。

食べ終わってもまだお店も開かないし、人もいないので今度は仁寺洞の入り口付近にあるスターバックスでラテを飲みました。

前にも書いたけど、本当にソウルにいる間スタバには良く行きましたよ~!


スタバで少し時間をつぶして10時になったので、もういくらなんでも開いてるかとまたお店のほうに行きました。

それでもまだのんびりしていて、やっと開店準備を始める店とか・・・・歩きながら開いてるお店を覗いているうち徐々に観光客や現地の人も増えて活気が出てきました。

ソウルは眠らない街とよく言われますが、夜が遅い分、朝も遅いということですね。


お土産探しは楽しかったです。

色んなお店があって・・・・でもよくいろんな店を回って値段を比べないと同じ商品でも驚くほど違っていたりしますよ~。

ポジャギ(韓国のパッチワーク)のかばんや、可愛いアクセサリーなどを置いている、とっても素敵な小さなお店で母と弟のお嫁さんに布のバックを買いました。

ここは、お店の名前を忘れてしまいましたが、日本の雑誌スッカラでも紹介されたお店のようです。

ここでバックを買った後で、大きめの色んな伝統工芸品やお土産を売っているお店に入ったら同じものを売っていたんです。

アジュマがお母さんのお土産にどう?安くしてあげるよと、母に買ったのと同じのを勧めてきたので値段を見たら11万ウォンでした。

私が買ったのは5万5千ウォン。アジュマは「おまけしてあげるから安心して」と日本語で話しかけてくるんですが、それでも10万ウォンって・・・・。

先に買った店はきれいな和紙のような包装紙で包んでリボンまでつけてラッピングしてくれて値段は半分。

私はラッキーだったと思います。もし反対だったらどんなに悔しかったか!

他にも子供に買った爪きりなんかもお店によってそれぞれ値段が違ったけど、一番安いところでゲットしました。


買い物は楽しいです。ストラップなんかもひとつ1000ウォンでいろんな種類があります。

時間はあっというまに過ぎてしまい、歩きすぎて足が痛くなったので伝統喫茶といわれるところで休憩しました。



定番の柚子茶のほか色んなお茶がメニューにありましたが、私は風邪で声がかすれていたのでカリン茶にしました。

体が温まってカリンの渋みがまた良くて美味しかったです。


買い物も終わって、最後の目的・・・・本屋さんへと向かいました。

さて、記憶が薄れつつあるので急にピッチをあげて書いてきましたが、次回で旅行記は最後にしたいと思います~。

最終章が終わらないと年末の用事も気になって出来ない私です(汗)。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-14 10:44:54

ソウル2日目⑥(夜の狎鴎亭編)

テーマ:韓国旅行記

市庁駅から狎鴎亭(アックジョン)へ行くため再度地下鉄に乗りました。


アックジョンへ行くためには、市庁駅からまず2号線で私たちがさっき間違った駅乙支路3街まで行き、そこから3号線に乗り換えます。

初めての地下鉄乗り換え体験です。ドキドキしならがも地図と案内を見ながら歩きます。

でもソウルの地下鉄は線が色で区別されているので、わかりやすいです。

随分構内を歩いたようにも思いましたが無事3号線の乗り場に着き、地下鉄に乗りました。

今までは駅1つとか2つだったのでよかったのですが、アックジョンまでは6つ。

間違わないように常に停車駅を確認しなければなりません。


アックジョンへの目的はまず第一が『美しき日々』でヨンスがミンチョルの似顔絵を描いたジャズバー、「ONCE IN A BLUE MOON」 でした。



地下鉄に乗りながら、行き方の載っているHPをプリントしたものを見ていると、私たちの前に立っていたアベックの女性が、その紙を見てアックジョンで降りるのを教えてくれました。

韓国の人は本当に親切です。

アックジョン駅に降りた途端、方向を確かめるためにまた紙を見ていると今度はサラリーマン風のおじさんが私達に声を掛けてきて、何処に行くのかという感じで紙を取り上げました。

その人は少しカタコトの日本語が出来る方だったようで、私たちの顔を見て「お酒を飲みに行くの?」と聞きました。

あまり詳しいことを言う必要もなかったので「そうです」と答えると、おじさんは住所を見て場所を教えてくれようとしたんですが、わからなかったらしくていきなり携帯電話を取り出し、お店に電話して場所を聞いてくれました。

これには本当にびっくりでした!そしてホームあったベンチに「そこに座って」というしぐさをして私たちを座らせ、お店までの行き方を地図を書いて丁寧に教えてくれました。

駅からは歩くと遠いのでギャラリア百貨店前までタクシーで行くのがいいというのは調べて知っていましたが、そのおじさんも歩いたら20~30分かかるよと教えてくれました。

でも駅からひとつめ、二つ目の通り・・・・ここにはマンションがあって、ギャラリア百貨店があってととっても詳しく説明してくれて本当にチョンマルカムサハンニダ~でした。

こちらから聞いてもいないのに、あんなに丁寧に電話までしてくれて感激でした。


そのアジェシにお礼を言って別れてから地上に出てやはりタクシーに乗りました。

初めてのタクシーは地下鉄より怖かったです。ぼったくられたら?と思うと心配で・・・。

とりあえず観光客はまず模範タクシーに乗るのがいいと言われるので、黒くて上に黄色いキャップのあるタクシーを探すと1台停まっていたので乗りました。

ギャラリア百貨店前まで乗って4500ウォン。基本料金で行けたようです。


すでに日が暮れたギャラリア百貨店前の通りは電飾がついてキレイでした。昼間とは全く違った雰囲気です。

今はきっとクリスマスモードでもっとすごいんでしょうね。








ここからはおじさんの地図と印刷していった行き方とを見ながら歩きました。ギャラリア百貨店を右に曲がってまっすぐ歩くと道路反対側についに発見!




週末は予約した方がいいという話でしたが時間がまだ早かったので中は空いていました。

緊張しながら入店したのですが、すぐに席に案内してもらえました。

私たちはミンチョルたちが座った2階ではなくその席が見上げられる1階に座り目の前でジャズの演奏を聴きました。

このお店だけは何としても絶対行きたくて、そして外観だけでなく中に入ってお酒を飲んでみたかったのです。

本当に念願がかなって、それも自力で行けたことが何より嬉しかったです。






ここは結構高級な店なので、ワンショットだけ飲んで雰囲気を楽しみました。

私はマティーニ、オンニはトロピカル系のカクテルを一杯ずつ飲みました。

美味しかった~!

そうそう、この頃には薬のせいか体調は回復して食べたり飲んだり出来るようになっていました。

ただし、やっぱり風邪だったのでしょうね、声はガラガラ声になりつつありました。


大変満足できて、お店を出て次ぎは夕食です。

今回の旅行で食べに行きたい候補のお店は色々とあって迷ったのですが、

ちょうどアックジョンにお店があって以前にTVで紹介されて是非行きたいと思っていたサムギョプサルのお店に行きました。


ここはアックジョンの駅から歩いて行けるところなので、また駅まで戻られければなりません。

タクシーを拾うためにまたギャラリアの方まで歩きました。

途中で、本を売っている売店が道端にあったのですが、そこで『FILM2.0』を買いました。実は1日目にはいろんな売店でビョンホンssi表紙のこの雑誌を見たのに、最終日に本屋でまとめて買おうと思っていたら翌日の駅の売店には新しい号が並んでいました。

がーん…llllll(-_-;)llllllとショックを受けてたら、たまたま通ったこの売店で見つけたので買いました。

本を取ってアジュマに渡すと「イ・ビョンホン?」」とニコッと笑ってくれました~。

何気ないことですが嬉しかったです。1000ウォン。日本でネットで買ったら900円。大きな違いです。


ギャラリア百貨店側の大通りは、タクシー乗り場があってタクシーが並んで待っていました。

並んでるタクシーに乗ろうと思うと、順番からいくと模範タクシーでなく一般タクシーです。

迷ったけど、勇気を出して乗りました~。

まずアックジョンまで行けるかとオンニが聞くと、少し嫌そうな感じ・・・近いですから日本でも乗車拒否の対象かも?

でも運転手さんは少し考えて乗れという合図をしてくれました。

どれくらい取られるのかドキドキしていたら、これもちゃんと基本料金の1900ウォンでした。安い!!!

やはり危険度は高いけど一般タクシの方が断然安いんですね。

今回タクシーの運転手さんには恵まれたようです。


そこからまた違う方向に10分ほど歩いて目的地のサムギョップサル の店『藤の木(トンナムチュ)』に着きました。



キレイなお店ですが入りやすく中に入ると、ちょうどまだ混む前ですぐ座れました。

お店の壁には一面有名人のサイン色紙が貼ってありましたよ~。

俳優のチャン・ヒョク君がよく行く店として以前日本のTVで紹介されていました。


席に座ると笑顔の親しみやすそうなアジュマがメニューを持ってきてくれました。

ここで食べるのは豚のばら肉を焼いて野菜に包んで食べるサムギョプサルに決まっているのですが、これにも種類があるようで、お肉をワインに漬けたものとにんにくに漬けたものがあるようで、私たちはワインの方を2人前注文しました。

それに一度絶対飲みたかった韓国の焼酎を「ソジュチュセヨ~」と注文。

メニューはちゃんと韓国語の他に英語と日本語で表記がされているのでよかったです。

観光客はほとんどその時はいなかったです。


さてお肉と野菜が運ばれてきて、アジュマが豚の三枚肉の塊を鉄板にのせてくれました。



最初はこのように塊を両面焼きます。

いい色がついてくると、まな板の上で細かく切ってくれます。

ここまではアジュマがやってくれてあとは焼きながら自分たちで食べます。



焼けたら色んな薬味とサンチュに包み、特製のタレを付けて食べます。

タレも荒塩やチリソースみたいなもの、きなこなど色々な種類が楽しめて本当に美味しかったです。

日本で食べると豚のバラ肉って脂ばっかりであんまりですが、これはあっさり臭みもなくいくらでも食べれそうでした。

野菜焼きも追加しました。

マッシュルームやジャガイモ、青梗菜などちょっとおしゃれな食材が出てきます。


初めて焼酎を飲みました。よくドラマに出てくる緑の小瓶でガラスの小さな器に注いで飲みます。

もっときついかと思っていたのに案外にも口当たり良くストレートでも大丈夫でした。

美味しかったです~。


他のテーブルを見ると締めは皆さん、うどんを食べていました。

韓国で言うと「カルグクス」ですね。

もちろん食べましたよ~!






キムチカルグクス。そんなに辛くもなく美味しかったですよ~!


ここのお店は明洞にも支店があるそうですが、そちらはどうもサービスが悪いと言われていて、口コミでは断然このアックジョンの評判が良かったのですが、本当にお店の人も親切で笑顔を絶やさず感じのいいお店でした。

これだけ食べて二人で3万ウォン。安くてびっくりしました~!

ここのお店は超お薦めしますよ~。


食べ終わったらまた駅まで歩いて地下鉄でホテルまで帰りました。

なんだか長い一日でしたが、念願の場所をいっぱい回れて「クヘ ヨルム」のバスや看板に遭遇し、地下鉄の乗り継ぎやタクシー体験も出来て、本当に充実していました~大満足。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-14 01:57:56

ソウル2日目⑤(トムダルギル~NANTA鑑賞)

テーマ:韓国旅行記

やなぎっこさんたちと別れた後は、16時からNANTA(ナンタ) のショーのチケットを取っていました。

NANTAのショーがある劇場は宿泊ホテルと同じ市庁駅。

地下鉄に明洞のある乙支路入口駅から一駅だけ市庁駅まで乗るはずが、方向を間違えて反対側の乙支路3街という方へいってしまい慌てて降りました。


この間違いがなんとラッキーだったことでしょう!

その時は私は体調が本当に悪くて頭を上げられないくらい頭痛がひどかったのですが、間違いに気付いて降りて次の地下鉄が来るまでベンチに腰を下ろした瞬間・・・・目の前に飛び込んで来たのは、これでした。


目に入った瞬間にもうベンチから立って駆け寄ってしまいました~。

体調が悪くてもこの時ばかりは、自分でもびっくりするくらい動きが早い(笑)。

この写真の他にこの広告の前で写真をオンニに撮ってもらいました。

この時も本当にラッキーでホームにはほとんど人がいなかったように思います。

神様が元気を出すようにとビョンホンssiに会わせてくれたのかも?な~んて!


この後すぐに電車が来て無事に市庁駅へ着きました。

この市庁駅はコリアナホテルの最寄り駅なので、滞在中は何度も利用し駅構内はすっかり覚えてしまいました。


市庁駅から徳寿宮 の近くの地上に上がると、ちょうど徳寿宮の左手の道がトルダムギル と言って散歩道になっています。

この通りは紅葉が美しい道でとっても有名だそうです。

今年の紅葉は韓国でもあまり良くなかったようですが、時期も例年より遅かったようでちょうど紅葉を見ながら歩けました。

この道を歩いていくとNANTA劇場があるんです。





左側の徳寿宮との境になるこの石の壁がとっても有名です。

ちょうど私が旅行から帰ったあとで見た「プラハの恋人」でここが出てきて嬉しかったです。

だけど、この道は恋人と歩くと必ず別れるという迷信があるそうですよ。

どこの国にもあるんですね?そういうの!


また実はこの道は、「バンジージャンプする」の道としても有名なんですよ~。

インウ(ビョンホン)とテヒ(ウンジュ)が初めて雨の日で会う場面、これもこの通りで撮影されたため以前はバンジージャンプの看板もあったらしいです。







この日も、徳寿宮で紅葉のイベントが行われていたせいかたくさんの方が歩いてらっしゃいました。

道の脇ではいろんな屋台やフリマみたいなお店も出ていました。

かなり足は疲れていたのですが、頑張って歩いてNANTA専用劇場に辿り着きました。




NANTA 鑑賞は事前に日本でネット予約しておいたら、この日の朝にチケットがホテルに届いていました。

日本でも公演されているパフォーマンスですが、韓国で見れるなんて嬉しかったです。

席も本当にど真ん中くらいのVIP席と言われる席で迫力ありました。

ただ、私は前半がまだ頭痛がひどくほとんど寝ていました。

きっとステージから寝ているのが見えているはずなので申し訳ないと思いつつどうしようもなかったんです。

なので、肝心のキャベツを切るところとか見逃してしまってほんと残念です。

でも後半から薬のせいか体調も良くなって来てステージに吸い込まれるように見てしまいました。

客席と一体になって見せてくれるショーで、客席からも舞台にあがったり参加型であったりもします。

非言語劇なのでセリフはほとんどないし簡単な字幕の説明もあります。

言葉がわからなくても全く関係なく楽しめます。

私お隣は若い日本人の女性でしたが最初から最後まで声を出して大笑いされていました。

とにかく役者さんが上手いです。役者さんはいくつかのチームがあって日替わりでどのチームに当たるかはお楽しみだそうです。

今度ソウルに行く機会があれば絶対にちゃんと最初から見てみたいと思います。


ショーが終わると体調も随分良くなったので、昼間ロケ地めぐりで行ったアックジョンへ再度地下鉄で行きました。

アックジョンは南ソウルなので地下鉄も乗り換えしないといけないし、地下鉄の路線図で見たらちょっと遠そうでした。

でも乗ってみると駅から駅への所要時間は短いので思ったより近かったです。

ソウルはは地下鉄で何処へも行けちゃうのがほんと便利で交通費も安くてよかったです。

アックジョンへの目的はワンス・イン・ア・ブルームーンと夕食でした。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-13 23:41:20

ソウル2日目④(美しき日々ロケ地ツアー・完)

テーマ:韓国旅行記

ミンチョル邸に別れを告げ、ロケ地ツアーもあとは2ヶ所となりました。


次に行ったのは、皆さんもお待ちかねですね?ビクトリーレコードとして使われた新村のシンナラレコードです。

お店の前で車を降りると、すぐにあのガラスの入り口に続く階段です。



これが現在の写真・・・・下と比べたら営業時間が変わっているのがわかります(笑)










このガラスのドアが変わっていなくて本当に良かったです!


そして、事務室へ入るミンチョル・・・・・↓



ここにミンチョルが立っていたんですよ~!

この奥が事務室となっていた場所ですが、今はクラッシックのコーナーです。

でもドラマでも「CLASSICAL」という黄色いこのディスプレイは変わってないので当時もクラッシックを最初は置いてたんでしょうね。

ここを入ったすぐの棚があるところがあのキスの場面に使われた場所。

ガイドさんがちゃんと教えてくれました。





ここでは韓流グッズも売っています。ちょっとしたコーナが出来ていますが、やっぱりビョンホンssi関連は多そうな感じ。

でも私はここでは、弟のお嫁さんにジソプのカレンダーを買いました。


あとは・・・・たくさんCDを買いました~。

でもビョンホン関連は一つもないんですよ~。だって既に持ってるし!




これが今回ソウルで手に入れたCDやDVD。

「朱蒙」と「プラハの恋人」のOST、Rain(ピ)とシン・スンフンのCDやインソン君の「卑劣な通り」のDVDも買いました。

「プラハの恋人」のOSTはここシンナラでは売り切れで、翌日行ったCDショップでも売り切れ・・・・諦めていたら帰りの空港のCDショップに1枚だけありました。

このOSTなかなかいいんです。今、KNTVでやってるので日本の人が買っていくのかなぁ?品薄でした。

念願のビクトリーレコードでお買い物も出来て満足でした!

ここでは私が一番たくさん買ったと思います~^_^;







そしていよいよ最後の場所、明洞へと向かいました。


ミンチョルがヨンスに2度目のプロポーズをした場所。

明洞聖堂のマリア像前。



現在、明洞聖堂は大掛かりな改修工事中のようで、聖堂には写真のように幕が張られています。

ドラマでは、雨の中ミンチョルがヨンスの手を引いて聖堂に向かって坂を駈上って行きますが、実際のマリア像は坂の下にあります。



マリア像の場所から聖堂を写した写真。





思わず膝をついてマリア様にお祈りしたくなりますよ~。


ここでロケ地ツアーは終了。

終了予定は13時だったのですが、すでに14時を過ぎていました。

予定時間を大幅に超過したのにガイドさんも本当に最後まで親切に案内して下さいました。

やなぎっこさんご夫妻ともここでお別れになるので、一緒にお昼を食べようと計画していました。

ロケ地を回る間に車の中でどんなものを食べようかと相談したところ、ドラマでよく登場する「ジャージャー麺」を食べてみたいということになりました。

それで、ガイドさんに聞いたらちょうど明洞にガイドさんが良く行くお店があるというので、ツアーの後でそのお店までガイドさんが連れて行って下さいました。

ガイドさんとはそのお店の前でお別れしました。


きっと韓国ドラマを見る人なら「ジャージャー麺」ってどんな味?って気になりませんか?

「ジャージャー麺」は韓国料理ではありません。中華料理なんです。

言われて見ればドラマでも中華料理店で出てくるか、出前ですよね。

あの真っ黒なお味噌のような・・・・味は甘いので子供が大好きな食べ物だそうです。


私たちも明洞の中華料理店で食べました。


これは「ジャージャー麺」と「辛いチャンポン」のセットです。

下がまさに「ジャージャー麺」。具は玉ネギと豚肉だったかな?

本当に想像していたのは辛いイメージだったのですが甘味噌っぽい感じで、どっちかというと味は少し違うけどスパゲティのミートソースのような感じでした。

「ジャージャー麺」に必ず付いてくるのが右側の沢庵と白いのが玉ネギ。

生の玉ネギですよ~。これをジャージャー麺と一緒に食べるそうです。

美味しかったけど、結構油っぽくてたくんさんは食べれないって言う感じでした。

お店によっても違うのかもしれないですが・・・・。

「チャンポン」の方は、日本で食べるのと大差ない感じでしたね。

実は私はこのロケ地ツアーの途中から風邪のせいで頭がガンガン痛くなってそのせいで気分も少し悪くて体調がすぐれなかったのです。

それで、普段は絶対に注文したものは付け合せの野菜まで絶対に食べ残さないのに、この日のお昼は残してしまいました。

それがすごい悔しいです~(笑)。

その後の予定もあったので、ここで頭痛薬を飲みました~。


楽しかったやなぎっこさんとのロケ地めぐりもこのジャージャー麺で終わりとなりそこで名残惜しくお別れしました。

本当に初めてお会いしたのがウソのように楽しい時間を過ごせてご一緒出来て良かったです。

御主人にもたくさんの写真を撮っていただき、先日全部をファイルして送って頂き、本当に感謝しています。


さて、これで一応ロケ地ツアーは終わりましたがこの後、夜のワンス・イン・ア・ブルームーンなどまだまだビョンホン探しの旅は続きます。





いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-12 23:36:18

ソウル2日目③(美しき日々ロケ地ツアー・南山~ミンチョルの家)

テーマ:韓国旅行記

ナレの家を後にして、お次はソウルタワーのある南山へと向かいました。

(すみません・・・前回のブログに次ぎは新村と書きましたが、順番間違っていました・・・(^^;)やはり記憶がだいぶ・・・・)


南山はちょうど紅葉の時期できれいでした。

本当はソウルに行ったらあの有名な南山ケーブルに乗ってソウルタワーに行ってみたかったのです。

あのケーブルは色んなドラマに出てきてデートコースですから・・・でも今回は時間的に無理でした。


車で南山公園まで行き、ソウルタワーの下まで紅葉の坂道を歩きました。

いい感じでしたよ~!



セナとヨンスが待ち合わせたソウルタワーです。




ソウルタワーは最近新しくなったようで、おしゃれなスポットになっているようですね。

『中天』の大きな看板がありました。

タワーの上には上らなかったけど、タワーの横からみたソウル市内も壮観でした。


そして、ヨンスとミンチョルの美しき結婚式の場所。

ここは『パリの恋人』でも有名な場所です。








この場所は階段もよくドラマに出る場所です。

私はキムサムスンのラストシーンの階段とヨンスがナレと駆け上がってくる階段は同じだと思っていたら違ったんです!



こちらがサムスンの階段!↑







結婚式の日、ヨンスとナレが走った階段・ミンチョルパパがソンジェの姿を見て逃げるように降りた階段は下の写真です。

撮影当時は、真ん中の手すりがなかったんですね。


さて・・・南山の次はいよいよミンチョルの邸宅へと向かいます。

ミンチョルのあの家はソウルのかなり北のほうにあります。

南山から明洞、市庁のあたりを北上し青い屋根がお馴染みの大統領府・青瓦台を越えたあたりの鐘路区平倉洞(ピョンチャンドン)という閑静な一等地にその家はあります。


ちょっと記憶が定かではないのですが、多分・・・・ここへ行く時にあの『クヘ ヨムル』の緑のバスに出会いました。

ソウル入りしてからずっと気にかけていたバスですが他の映画の広告を付けたバスはRainだのダニエル・ヘニーだの見たのにビョンホンssiのバスには全く遭遇しないのでもう走っていないのかと思っていました。

なので、このときにバスを発見したのは私だったのですが、思わず「あれだ!」と叫んでしまい、同行の皆さんは一瞬何が起こったかびっくりされたかもしれません!

でもあの時は本当に嬉しかった!でもやっぱり写真は撮れませんでした~。

あのバスに会えたのはこの時だけでした。


そんな興奮の中、ミンチョルの家へと着きました。

私が一番行きたかった場所はここでした。






ドラマで見たそのままでした。

黒いベンツが停まってるけどこれが白いミンチョルカーだったらどんなにか良かったでしょう~。

ここも管理人さんがいれば1000ウォンでお庭まで入らせて頂けるそうですが、この日は中に人がいらっしゃるようでした。

ちょうど私たちが着いた時に、他のロケ地巡りの方が出てこられたように思いましたが、私たちのガイドさんはあまり中にまで入る気がなかったようで・・・「入りたいですか?」と聞いては下さったのですが、時間も押していたし外観だけ見ました。

今考えたら・・・やっぱり入れてもらっても良かったかなとちょっぴり思いますけど。


それで、このおうちのお隣が、『オールイン』でイナの人生を狂わすことになるハン・ジョンミン事件のあの博打が行われた家でした。




ナレの家もミンチョルの家もこの家も実際の家の中はセットを使って撮影されています。


さぁ次ぎは・・・・今度こそ、シンナラレコードへと行きます。









いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-07 08:23:24

ソウル2日目②(美しき日々ロケ地ツアー・ナレの家編)

テーマ:韓国旅行記

ロケ地巡りの旅はいよいよ漢江を渡り、ナレの家へと向かいました。

まずあのナレの家に続くこの道を見た時、すぐにわかりました!



ミンチョルがヨンスを車で送って来た道、ミンチョルがヨンスの為に走った道です。

ソンジェもよく駆け上ってきましたね。







何度も何度も見たドラマの中に登場したあのレンガのアパートを見た時は、本当に感激でした。





そう!このドア、階段ですね


こちらはご存知の方も多いでしょうが、現在でも当時の方が住んでおられ、いらっしゃれば1000ウォンで中を見せてもらえます。

私たちもお部屋に入らせて頂きました。

とはいっても・・・・このナレの家も撮影に使われたのはこの家の前と、あの広いベランダでお部屋の中はセットで撮影されたそうです。

なので、見せて頂くのはベランダです。

撮影は2001年の4月、5月に10回ほど行われたそうです。

主に夕方から深夜、夜明けまで撮影されたそうで、夜のシーンが多かったのですね。


あのベランダからは、ドラマでも度々見ましたが、漢江を一望できます。

私たちは明るい時間に行きましたが、夜は絶景ではないでしょうか?




このヨンスが座っている場所に私も座って写真を撮ってきましたよ~。

ここでは管理人さんがお茶を出して下さいました。

梅茶でした。韓国といえば柚子茶が有名ですが、私はこの梅茶の方が好きです。

そしてここで、管理人さんが写真を撮ってくださいます。

ちょうど行く前にJOFCのBBSでここで撮ってもらった写真が届かないとか、届いたけれど違う人の写真だったという話題が出ていましたが、幸いにも1週間後くらいに無事メールに添付されて届きました。

横にはビョンホンssi付きで!


外に出ると、ヨンスがよく泣いていた公園とベンチがあります。





ミンチョルのアボジに交際を反対されて家を出たヨンスを追いかけてきたミンチョル。



ヨンスの病気を知った時にもヨンスに直接何も言えずここで思い悩んでいました。






そしてこの公園からまたお馴染みの階段があり、よくミンチョルが車を止めていた場所に続きます。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-05 15:56:37

ソウル2日目①(美しき日々ロケ地ツアー・江南編)

テーマ:韓国旅行記

ソウル2日目はいよいよ念願の『美しき日々』ロケ地めぐりです。

当初は自分で調べてロケ地を回る予定でしたが、たまたま同じ日にソウルにいることになったやなぎっこさんもこの日にロケ地めぐりをされると聞き、思い切って一緒に現地のロケ地ツアーに申し込むことにしました。


当日の朝、9時にやなぎっこさん宿泊のホテルに現地のガイドさんが迎えに来て下さる手配になっていましたので、少し早めに約束の場所に行き、ここで初めてやなぎっこさんとご対面することが出来ました。

やなぎっこさんはご主人とのご旅行で、ご主人も一緒についてきて下さることになっていました。

ご主人は、ロケ地巡りの間ずっと、カメラマンをしてくださって、見ず知らずの初対面の私たちにも気さくで、たくさんの写真を写して頂いて大変お世話になりました。

お互い初対面で緊張していたと思いますが、実際にお会いしてみると旧知のお友達のように何の違和感もなくご一緒させて頂け、楽しい思い出となりました。

現地のガイドさんも言わなければ、私たちがその日初めてお会いしたとは想像もされなかったと思います。


現地ツアーは他のグループの方と一緒に回るのかと思っていたのですが、ラッキーなことにその日は私たち4人だけでした。

ガイドさんも女性の方で多分、歳は聞かなかったのですが私と同年代くらいかなぁと思いました。

とても気さくな話しやすい方で、携帯にはビョンホンssiのストラップ。

ひょっとしたら私達に気遣われてかもしれませんが、ビョンホンssiのファンだとおっしゃっていました。


『美しき日々』ロケ地ツアーですが、まず1番最初に行ったのは、新しくなったファントムの事務所でした。

私たちはそれほど事務所に興味があったわけではないので、行くと聞いて「そうなんですか~?」みたいな反応だったので、ガイドさんは「普通のファンの方はみんな一番ここに行きたがられますよ。」と・・・・へぇ~そうなんだ(笑)。

そこは閑静な場所で、特に事務所の名前の表示もないし・・・・、行っても階段を登って2階の事務所の扉の前で写真を撮るくらい。

でもその場所も以前はビョンホンssiとジョンジェssiの写真が置かれていたそうですが今は何もないので、あまり行っても意味はないと思いますが、これも人それぞれ・・・価値観の違いですよね。



その後、いよいよ「美日々」のロケ地巡りです。

まずは地下鉄、チョンダム駅。








セナとミンジの火事騒ぎの後、ヨンスをミンチョルが追いかけて行った地下鉄の駅とエスカレーター。


そして、ミチョルが地下鉄でヨンスの骨髄移植のドナーが見つかったという吉報の電話を受けて、慌てて駅に降りて電話で話すシーンにも使われています。





ドラマで見た風景を初めて見て、普通の駅なのに・・・・すごい感動~。


このあたり・・・チョンダム~アックジョンの周辺は見所がたくさんあります。

ソウルで一番のセレブ、お金持ちの住む町とも言われていますが、確かに洗練された感じの町並みが続きます。


少し歩くと・・・ソンジェとヨンスが大人になって初めて出会うバス停(ヨンスがミンチョルの家へ初めて行く日)、

ミンチョルの家に通じるあの坂道もこの辺りです。坂道だけ別の場所にあったのですね!



実際のミンチョルの家に使われたあの家ははソウル北側の高級住宅が並ぶところにありますが、ドラマの中でのミンチョルの家はこの南ソウルの辺りのお金持ちが集まる場所にある設定だったのでしょう。


この坂道の所にある黄色い建物(写真右)、これはBOAと東方神起の事務所だそうです。

黄色い壁にはたくさんのファンの落書きがありました。


そして、ミチョルがヨンスを背負って歩いたギャラリア百貨店もこの通り。







またこのギャラリア百貨店の前の大通りを挟んで反対側には、ファントムの以前の事務所があったビル、韓国陶磁器店のお店があります。

チョンダム駅からこの辺りまでは徒歩で歩きました。

この辺りは、この日の夜に再度歩きましたが、夜はイルミネーションがとても美しく昼とはまた全く違う雰囲気でしたよ。



そしていよいよ・・・・ロケ地めぐりの目当てのひとつであるあのカフェです。


PASCUCCI 狎鴎亭ロデオ店






あいにく・・・窓際のあの席は先客(多分、日本の方)がいらしたので、私たちは奥のこの席に座りました。

やはりここではこれを飲まなくちゃ!・・・・なんですが。。。。。


皆さんもご存知と思いますが、ここはもう「美日々」の頃とは変わってしまっていて、あのカウンターもないし・・・・

私にとってはこのハートのカプチーノもやっぱりあのステンレスのマグで飲みたかったなぁ。






これは「天国の階段」でソンジュがチョンソに注文したあのカプチーノですよね?ミンチョルのじゃない・・・・。

でもここは、ほんと良くロケで使われるみたいで、先日「火の鳥」や「プラハの恋人」を見てたら出てきました~。

その場所に自分が行ったことがあるってやっぱりちょっと嬉しいですね。

やっぱりココにいけてよかったです!


ここの2階もミューズレコードの事務所として使われました。

ミンチョルが階段登ってましたけど、その階段も少し変わってしまってました。(写真撮り忘れました)・・・


そして、このアックジョンでもうひとつビョンホンペンの行く場所があります。



ここビョンホンssiご用達としてあまりにも有名になってしまっているパン屋さん。

メロンパンがビョンホンssiのお気に入りということで、メロンパンはすごい人気だそう!

もちろん他のパンやケーキも売っているんですよ~。


ガイドさんの話では、行っても売り切れていることが多く、前回この「美日々」ツアーのために予約ておいたけど、行ってみたらまだ焼けていなかったりとなかなか買えない事も多いそうで、今回は「あったらラッキーということにして下さい」と言われました。

実は、私はメロンパンがちょっと苦手で本当はどうでもよかったのですが(笑)、行ってみたらラッキーにもその日はメロンパンがありました!

みんなで1個ずつ買いました。

私たちはその日に食べるタイミングがなく、翌朝にホテルの部屋で食べたのですが・・・・これがメロンパンが苦手な私でも食べられたくらい美味しかったですよ~。

すっかり食べる前に写真を撮るのを忘れてしまいましたが、カタチはメロンパンですが、中身はずっしりと重たいくらいにカスタードクリームの入ったクリームパンという感じ!

私はメロンパンの口に入れるとベターっとした食感がキライなのですがこれは生地も薄くそれがなかったのでまた買って食べたいくらいでした。

さすが、ビョンホンssiが美味しいと言うのだから間違いないですね~。


さて、ロケ地めぐりは、これから漢江を渡り北側へと行きますので・・・・その続きは次回へ。





いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-28 09:01:08

ソウル1日目②

テーマ:韓国旅行記

今回のソウルで一番印象に残っているのは、汗蒸幕(ハンジュンマク)というエステに行ったことでした。
エステと言うとちょっと違うかもしれませんが、この汗蒸幕のサービスにはもう感動ものでした。


まずこの汗蒸幕・・・・どんなものなのかはこちら を見て下さい。

私たちは事前に日本でネット予約して行きました。
このお店もブログ友達お薦めの店でした。
汗蒸幕のお店はたくさんあるのですが、私たちが行った
永東汗蒸幕 はとてもサービスが良いことで有名で日本からも芸能人がたくさん行っていて店の中はサイン色紙がいっぱいでした。

まず。2人以上で行くならホテルまで車でお迎えがあります。
24時間やっていて、夜遅くでも可能です。
お願いしていた時間におじさんが迎えに来てくれました。
お店は私たちのホテルからはソウルの反対側、江南にあるので車でもかなり時間がかかりました。
ちょうど車が混む時間帯だったのか、渋滞でしたがおじさんは慣れているのでしょう、割り込み割り込みで走って行きます。
夜のソウルの町並みを眺めながら行けたのも楽しかったですよ~。
有名な漢江の川をあたりの夜景はきれいでした。

お店に着くと、日本語ペラぺラのアジュマたちが出迎えてくれます。
ここでは基本コースを予約していましたが、オプションを頼む時はここで申し込みます。
実は・・・私は前日から生理になったので出来るか心配でしたが、アジュマは大丈夫と言ってくれました。
オプションでうぶげ抜きをして欲しかったのですが、初めての人にはあまり勧められないと言われて、私は足がすごく疲れていたので足マッサージをオプションでお願いしました。

私、本当はサウナもマッサージも大嫌いだったんですが、せっかくの韓国だからと思い行くことにしました。

コースが決まってお金を払うと、後はアジュマたちが本当に至れり尽くせりのサービスをしてくれます。
何処へ行くにも優しく手とって連れてってくれるし、お客さんをどんな年齢の人でも「お嬢ちゃん」と呼んでくれます。
この年齢で「お嬢ちゃん」と呼ばれる」ことはまずあり得ないのですが悪い気はしないものですね~。

服を脱いで専用の服を着て、化粧を落とすとまず初めて、汗蒸幕のドームに入ります。
すごい暑いのですが、少しするとその暑さにも私は慣れました。
最初は5分だけ。
その後は、頭のマッサージをしてくれます。
その時は、寝転んでお腹に塩袋という温かい袋を置いてくれてこれも気持ちいい。

そしてその後、オプションの足マッサージ。
これは50分もあるんです。足マッサージと言ってもとても丁寧でスクラブで角質も取ってくれるし、丁寧に時間をかけてしてくれて、最後はサービスといって肩や背中もマッサージしてくれました。
足のパックもしてくれてもうツルツル~。
値打ちありました~。
その後は、もう一度ドームの中に入ります。
今度は自分がいたいだけ中にいます。ガマンとの戦い?
でも本当気持ちよかった!

次ぎは汗を流して人参風呂。
そして、垢すり、シャンプー、顔パックと続きます。
垢すりも本当に懇切丁寧にもういいよ~って言うくらい長い時間してくれます。
パックの間は、また全身をマッサージしてくれるんです。

垢すりのアジュマはみんな黒いブラジャーにパンツ姿。
最初は恥ずかしいかなって思っていたけど、私たちのお母さんくらいの人ばっかりで、安心して任せられました。
皆さん、日本語はすごく上手だし。

すっかり全身リフレッシュ、きれいになった気がした後は、食事です。
本当に至れり尽くせりでしょ?





ここのチジミは美味しかったです。
でもね~この時点でもう時間が夜中12時を回っていたんです。
だからお腹は空いていたけど、こんなに食べれない~という感じで少しもったいなかったです。
でも早い時間に行っちゃうと、時間がもったいないし・・・難しいです。

でもここの来ていた常連のお客さんも言っていたのですが、数多くある汗蒸幕のお店のなかで、一番良心的で安くいいお店だそうです。
他は結構ぼったくりでサービスも良くないとのこと。

帰りは、垢すりタオルと、ドームの中でいぶしたゆで卵、そしてドームの中でも履かせてくれるシルクの可愛い足カバー(これは特別よと言われた)をお土産に貰ってまたホテルまで車で送ってもらえます。







もう帰ったらバタンキューと寝るだけ~。
こうしてソウル初日は大満足で終わりました。

さて次ぎはいよいよ2日目、『美しき日々』を巡ります。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-27 10:25:38

ソウル1日目①

テーマ:韓国旅行記

今回のホテルは事前に楽天トラベルで予約しました。

価格と口コミの評判、利便性からコリアナホテルを選びました。

確かにロッテやプラザホテル級のホテルにはサービスは劣るかもしれませんが、部屋も広くキレイで日本語だけですべてが通じましたし交通の便がすごく良く、リムジンバスの発着もホテル前なので本当に快適に過ごせました。

楽天では割引率がこのホテルはいいので、二人で泊まってなかなかお得でしたよ~!


ホテルに着いた後は、チェックインした後、ブログ友達お薦めのお店でまずお昼を食べました。
チョンウォンスンドゥブ という名のお豆腐のチゲの専門店です。
友達の一押しということで、ホテルからも近かったので着いたらお昼はココでと決めていました。
でもそのお店は、結構観光客も多いと聞いていたけど、ちょうどお昼時も終わった14時半頃だったせいか、現地のサラリーマンが少しいる程度でガラガラ、本当にやってるの?って感じで入るのにはすごく勇気がいりました。
なんたって、初めてソウルで入る店です。
日本語は通じないって聞いていたし・・・・・。
恐々入って、窓際の席に座りました。
するとお店のアジュマ(おばさん)が来て、スンドゥブの注文を聞きにきました。
一目で日本人とわかるようで、「ギュウニク、ブタニク、カキ」とチゲの種類が3種類あると向こうも片言の日本語で教えてくれました。
私は事前にネットで見てカキが美味しいというのを知っていたのでカキ、オンニが牛肉を注文しました。
すると・・・・・



写真のような真っ赤なチゲが鉄なべでグツグツいいながら出てきました。
これに鉄なべに炊かれた白ご飯とどんぶりにもやしのナムルと大根のキムチのりが入ったものが運ばれてきました。
アジュマは、どんぶりにご飯を入れてスンドゥブをその上にかけて食べるんだと教えてくれました。ビビンバのようにして食べるんです。
この他におかずとして、白菜キムチとえごまの葉の醤油漬けがついています。

見た目はすごい辛そうでしたが、食べてみると案外それほどでもなくとても美味しくて、いきなりこれぞ韓国~っていう体験が出来ました。

窓際に座りましたが、窓の外では大勢のアジュマたちが集まって大量の白菜を大きな大きな容器に入れてキムチ作りがされている最中で、それを見ながら食べました。
ちょうど今はキムチを漬ける時期みたいです。

食べた後は、明洞に行きました。
距離的には歩いても行けたのですが、韓国といえば地下鉄・・・・・
1駅だけでしたが初地下鉄に乗りました。
旅行中は、地下鉄は良く乗りました。
地下鉄は、日本でもある改札でカードをピッとするだけのTマネーカード というのを買っておくといちいち切符を買わなくても乗れますので、まずここでそのカードを購入~。
帰国までにほぼ使い切るくらい乗りましたよ~。

明洞では、ロッテ百貨店に行ったり、町を歩いたり韓国コスメの店に行ったりしショッピングを楽しみました。

百貨店やファッションビルの紳士服売り場は、ブランドごとにお馴染みのスターがモデル契約をしているので、いたるところにスターのポスターや写真がありました。

チュ・ジフン君のお店がオンニのお目当てだったのですが、買い物をするとカタログをくれたり色々と店員さんも親切でした。

インソン君、レウォン君、ヒョンビン君やイ・ジョンジェssiなど、たくさんのスターの写真に出会い楽しかったです。


また明洞はメガネ店がたくさんあります。

メガネ屋さんの前を通ると店員さんが、韓国製のセルのフレーム(だいたい10000W~30000W)を持ってきて柄の部分を曲げたり歪めたりして見せてくれます。

メガネは安かったら買おうと決めていたので、私はそこで20000Wの赤いフレームの眼鏡を作りました。でも20000ウォンだけど、私は視力がとっても悪いのでレンズはあまり安いのは入れられなくて結局高くついたかな?でもブランドなどにこだわらなければ日本で作るより格段安いです。

結構自分でも気に入って愛用しています。


明洞の街には色んな露店も並びます。

帽子屋さん、手袋屋さん、犬の服を売ってる店、韓流グッズの店、そして色んな食べ物の屋台・・・・見てるだけでも楽しいけど、私たちは話さなくても歩いているだけで絶対日本人だとわかるようで、日本語でお店の人に話しかけられます。


ひとしきり歩いて、一旦また地下鉄でホテルに戻りました。

夜は汗蒸幕というサウナとアカスリのコースとなったエステの予約をしていてそのお迎えが8時すぎに来ることになっていました。
その汗蒸幕のお話は次で~!



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。