chuang23のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
伺薄─瓮扑]で十番隊隊長となった。今回の誘拐劇も西郷は協力者として常に身近にいたようであるが、斎藤は事態の真相すら知らなかった。常に傍にいるということはどういうことなのか、考えれば考えるほど斎藤の妄想は掻き立てられ、平常心を失いそうになる。斎藤の目的は日本の改革でも和人たちの安全の確保でもない。坂本祥子を独占することだけであったからだ。

 しきりに聞こえていた銃声が止んだ。なぜか最後は単発だった。そこからは無音。銃声も悲鳴も聞こえてはこない。
「何があったのかわかりゃしねえ。そもそも先陣と中軍を分ける必要があるのか?一緒に進む方が安全だろう。」
吐き捨てるように陸奥が言うと、西郷が冷静に
「分ける必要があるんですよ。そろそろです。」
「そろそろ?何がそろそろアンティーク 腕時計 メンズ
アンティーク時計オメガ
イタリア 時計 ブランド
だ。到着にはまだ時間がかかるはずだぞ。」
「お迎えですよ。お?む?か?え。礼儀正しくお願いしますよ陸奥さん。」
 と、前方にライトの光。陸奥と斎藤が銃を構えて警戒する。
「撃っては駄目です。味方ですから。」
西郷がそう諌めた。陸奥がギロリと陸奥を睨みつけ、
「誰だ?なぜここにいる?」
「まあ、先客ですね。我々より先にここに突入して露払いしておいてくれたんですよ。」
「露払い?」
「ええ。そりゃ罠(トラップ)の一つや二つありますよ。それをはずしておいてもらったんです。」
「誰に?」
「桂さんですよ。」
「桂???『青面獣』の桂剛志(かつら つよし)か???やはりこちら側だったのか。」
 やがてライト持った一人の男が前方に現れた。がっ
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード