40代男性 自営業 


歩いても膝が痛い状態でサポーターを付けての来院でした
仕事ではしゃがんだり立ったり、膝を突いたりすることが多いため毎日が苦痛だそうです。

3回の整体でサポーターなしで歩くことができるようになりました

8回目の整体後は階段、しゃがむ、正座など普段の生活でも仕事上の体勢でも支障がなくなりました。


膝の痛みは整体で良くなります。当院ではバキバキ・ゴリゴリということはしません。安全かつ確実に改善が実感できる整体です。

もし、膝の痛みはとりたいけど整体に痛い・怖いなどのイメージがありましたら、予約の前にまずはご相談の電話をください。不安や疑問などの解消からはじめてみましょう!




町田市の腰痛・膝痛専門整体院 町田あんしん整体

しゃがめない右膝の痛み

こうゆうのを聞くととても

整体 ってすごいと思います

よね。


しゃがめないくらい痛い膝が

3回目の通院でサポーター無し

で歩けるようになるくらい痛みが

取れるとはものすごい事だと

思います。


もちろん個人差はあるでしょうが

症状の内用によっては整形外科

に行くより効果があると思えます

(一番大切なのはその整体院の腕ですが)

体の痛みでお困りの方は一度

整体に行ってみてはどうでしょうか?

AD

背中猫背の解消法

テーマ:

タイプ別猫背の解消、背中猫背についてです^^


背中の真中から丸まってる型ですね。
これは明らかに誰が見ても猫背ってわかるタイプですよね。
この型の人、周りにこの型がいる人は、
今回の記事チェックです^

前回同様まず軽く復習から。



これはあぐらなどで長時間座ってる人に多い型ですね。
あとソファーなんかに長時間
座るのもこの型になりがちです^^;


このタイプの人はいすに座ってると、
お尻がまるくなった状態の方が多いです。


背中全体が丸くなってるので、
肺がかなり圧迫状態にあります。
呼吸が本来よりもきつく感じてることが多いですね。
本人はあんまり気づいてないですが^^;


ではどのような点に気をつけるとよいでしょう?


この型の人の場合は、
骨盤をおこした状態ですわることがつらく感じるので、
一番は骨盤を起こしてすわることが優先となります。


骨盤を起こしてすわるために、
骨盤底筋を強化することが必須になります。
この骨盤底筋の強化については長くなるので、
改めて紹介します。


そして、背中の猫背の盛り上がった
部分が伸びるような動作も良いです。

注意すべき点はこの型でも
首がアーチ状になってる人がいます。

そういう人は骨盤底筋の強化だけでなく、
首の湾曲を解消するようにしていくことも大事ですね。

一箇所だけでなくいろんなところに波状していくので、
全体をみわたして、対処していきたいですね^^

タイプ別猫背の解消、背中猫背

猫背で困っている方は

結構な数でいるんでは

ないでしょうか?そこで猫背の

解消法です。


猫背の解消にはとりあえず

骨盤を起こして座ることみたいです

骨盤を起こして座れば自然的に

姿勢が良くなるので、その姿勢を

維持することが猫背解消につながります。


最初はつらいかもしれませんが

継続的に頑張って見て下さい

整体 にいくのも一つの手ですよ。

AD

こんにちわ。長年の痛みを解消する整体院!久我山腰痛肩こりケアセンターの押田です。


身体のお悩みは、お気軽にお問い合わせ下さい。03-3334-6549



昔から肩こりに悩んでいる30代の女性がおっしゃっていました。


「肩こりがひどいと、すぐに薬を飲んでやりすごしてしまうんですよ。」


しかし、痛みに効果がある薬でも使い続けているうちに、効果が薄れ、徐々に薬も強くしていくようになります。


これは、困った問題です。


そうならないように、症状がひどくない時にしっかりと整体をしておきたいですね。



首・肩の周辺の関節の動きはもちろんですが、根本的な改善の為には、腰・脚の動きもしっかりとケアしておくことが大切です。


筋肉の疲労や柔軟性も関節との動きのバランスの崩れは、肩凝りを重篤なものにしてしまいます。


場合によっては薬を使用しながら、運動や身体のケアを並行して行わなければいけない方も多くいます。


薬については、医師や薬剤師の方と良く相談してみて下さいね。

肩こりがひどいので痛み止めの薬をよく飲みます。

そうなんですよ!頻繁に

鎮痛剤をを使用していると

とても強い薬でも全然効かなく

なってきます。


私も椎間板ヘルニアですので

ボルタレンという鎮痛剤を

ずっと服用していましたが

今は全く効きません(笑)


こうなってからでは遅いので

頻繁に体のトータルケアを

行いましょう。

まあちょくちょく整体 と整形外科に

お世話になりましょう。

AD