Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪
&たまに社会保険労務関連情報発信。最近は専ら親バカブログ。


テーマ:
学校で習ったローマ字を使って、PCでローマ字入力ができるようになった娘@小学4年生。
たまに、彼女の伯父夫婦にメールを送るのが楽しみの一つ。

先日もばあばにせがんでメールブラウザを立ち上げてもらって、一生懸命書いた。
暫くして、「あー、疲れた~!」ってひっくり返る。
画面を覗いたら、30分ほどたつというのに、書けたのは5行ほど。
あーそうか、打てるといっても、キーボードのたたき方をちゃんと教えてあげていないから、人差し指だけで打ってるんだものね。

それなら、というわけでソースネクスト社の特打小学生を購入。

私が新卒で会社に入ったばかりの頃、特打は、テレビのCMで「トクウチ、トクウチ」ってボクサーが対戦していた(っけな~)みたいなCMをやっていて、それにつられてソフトを買った。ガンマンと撃ち合いをして外すと「だめじゃねーか」とか「まだまだだな」とか言われるんで、すごく悔しくて、あっという間にブラインドタッチがマスターできた。

他にも無料で良いソフトがないか探したけれど、ウェブ上での練習ツールはあっても、基本から教えてくれて、ダウンロードしてスタンドアローンで練習できる適当なソフトが見つからず。

とはいえ、私も使ったソフトだから、内容が良いのは想像できるし、小学生向けソフトだから、漢字や英単語を覚えることも考慮されているというし。

早速娘も夢中になってる。
教えてくれるナレーションのおやじの声がすごく懐かしい。大人向けは、結構突き放した口調で、それがまたムカっときて(笑)良かったんだけど、心なしか、子供向けにちょっとやさしい感じになっているところもさすが。

子供だから、マスターも早いだろ。
楽しみだね、娘音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小学1年生の息子は、毎日が楽しくてたまらない様子。

学校は、1学年75名程度の小さなサイズだけど、その中で同じ幼稚園からのお友達が6人、幼稚園の前に通っていた保育園のお友達が5人ほど、さらに、幼稚園時代に通っていた幼児教室のお友達が2人ほど。75人中10人以上お友達がいるというのは、大分心強い。

上の学年にまで広げると、お友達のお兄ちゃんとか、ヤマハやサッカーで同じクラスの子なんかも結構いる。息子は、自分から積極的に声をかけていくタイプではないけれど、それだけお友達が多いと、休み時間に一人で校庭に飛び出していっても、大概誰かに会うから、遊び相手にはことかかない。
幼稚園時代は、お友達とのかかわりがあまり見えなくてとても心配したけど、1年生になると、そうやって発達していくんだな、有難い。

そんな息子の教室での一番の遊び相手は、入学したばかりの頃隣の席だった、Mちゃん。おっとりした、背の高いかわいらしい女の子。休み時間には腕相撲をしたり、授業中も、おしゃべりに花が咲いて先生に注意されちゃったり。外でも、「一緒に遊ぼう!」って声かけてもらって、鬼ごっこなんだか、鉄棒なんだか、なんだか分からないけど、よく一緒に遊ぶらしい。

もう一度書くけど、Mちゃんは「かわいらしい女の子」なのだニコニコ

いつもの家族の食卓で、楽しそうに学校の話をことを話すものだから、「おーくん、Mちゃんのこと、好きなの?」って軽く聞いてみた。

そしたらさ。
息子ってば、まん丸のホッペを真っ赤にしちゃってさ、嬉そうな顔して、照れちゃってんの。

あっはは~。
ってか、ごめ~ん。
ホントに好きだったんだ~~。

幼稚園の頃は、Fちゃんが大好きで、お手紙をもらったのが嬉しくて、お返事書いたけど結局自分で渡せなくて、切手を貼ってポストに投函して郵便やさんに配達してもらったんだよね~。だけど、「あ、ごめ~ん。女の子用の便箋しかなかったのに、丁寧なお返事もらっちゃって。。なんか、ラブレターみたいだねー」って軽くかわされたんだっけショック!

ほんっと。
子供って、可愛いなぁ。
ありがとね、子供達。こんな楽しい思いさせてくれてさ。

隣の席の男の子と腕相撲しては倒し、同じクラスの男の子と1:1での50m走で競り勝ち満面の笑みを浮かべ、柔道がやりたいけど、これ以上強くなりたくないからやっぱやめる、なんていってる、長くつしたのピッピ顔まけの強い女の子の娘@小学4年生は、「クラスのみんなは、誰が好きとかいってるんだけど、わたし、全然いないんだよね~。なんか、子供っぽいしさぁ、男子」とつれない。そんな娘のクールな話を聞くのも楽しいし、まっかになって照れちゃう息子をからかうのも楽しいし、あーほんと、小学生ママってなんて楽しいんでしょ。

息子が小学校に上がったら、2人の小学生のママとなって、母としてのフェーズもまた一段階進むなとは思っていたけど、ホントそのとおりね。
勉強や行事なんかだけじゃなくて、初恋まで楽しませてもらえるなんてさっラブラブ

どうも。
ありがとね、子供達。
これからも、元気に大きくなっていきましょう音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヤマハ音楽教室で、キッズ・ゴスペルのクラスが開講されるというので、娘@小学4年生と息子@小学1年生が、体験レッスンに参加。
娘の学校のお友達とその弟さんも誘って。

楽しい先生の指導のもと、おだてられながら、リズムに乗って発声したり拍をたたいたり。
"Amazing Grace" と "This Little Light of Mine"も、さわりだけ練習したり。

すっかり子供達もノリノリで、すぐお申し込み!と思ったら、なんか最近ちょっと大人っぽいふりしてこまっしゃくれてきた娘が、「やっぱ、検討中にしておいて」なんてプンプン

子供時代の経験は、ダイヤモンド宝石白
何にも代え難いものなんだから、チャンスは生かさなきゃ。
子供が躊躇する時は、ドーンと背中を押して進ませてやるのも親のつとめ。

だって、ゴスペルを習う、ということそのものもだけど、9月には東京国際フォーラムで5,000人のお客さんの前での発表会、もとい、コンサートに出ることができるのだ。そんな経験、なかなかできない。

子供は、目先のことで判断しがち(私もか。。)
けど、長く生きている分、その経験が、大きくなってからも、得難い経験として心に残り、何らかの血肉になっていくことを感しているのは親である私。

小学校6年生の頃、TBS合唱コンクールで県優勝し、関東大会まで出させてもらった。
関東大会では全然歯が立たなかったけれど、女の子だけで結成されていた田舎の我が小学校の合唱団とは違い、男の子も沢山参加してパワフルに歌う都会の小学生達に圧倒された。学校でバスをチャーターしてもらって、全校児童の前で壮行会を開いてもらって、そろいのベレー帽をかぶり、白いブラウスに紺のスカートを新調してもらって東京に向かったのも、本当に良い思い出。夏休みには、早朝から水泳部の練習、合唱、また水泳と、お弁当を持って学校に出かけたこと。帰り道には、仲良しの友達とつきない話をしながら帰ったこと。
みんなみんな、今思い出しても、本当にキラキラした思い出。

私の子供達にも、そんな経験を沢山沢山してもらいたいと思うんだ。
色々な経験を、できる限りの経験を、今しかできない経験を、思いっきりしてもらいたい。

というわけで。
Chipapa家の子供達は、ゴスペルを習います音譜
で、9月には、東京で、5000人が入るホールで歌います!

来週は、二人とも市の陸上競技記録会に参加します。
あーホント、小学生ママって何て楽しいんでしょニコニコ
そんな楽しい経験をさせてくれる子供達に、大感謝ですラブラブ
色々、がんばろうね、子供達音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本男児

¥1,400
楽天

サッカーワールドカップ日本代表の長友佑都選手の初の自伝。

サッカーはさっぱり分からない私にも、前回のワールドカップでの長友選手の活躍はとても光っていてカッコ良かったし、インテルっていう世界一のサッカーチームへの入団がものすごいことなんだということくらいは、想像できる。

高校時代は無名で、明治大学時代はサッカー部の応援で太鼓をたたいていたっていうんだから、そんな選手がどうしてこんなにも魅力的で強いのはなんでなんだろ、とサッカー少年を息子に持つ母親としてもすごく気になったので、予約しておいた。

そしたら。
すごいじゃないの、やっぱり、長友選手。
帯のキャッチどおり、「絶対にあきらめなかったから今の自分がいる」という生き方をしているんですなぁ。
すごい。
ご両親が離婚してお母様に育てられたっていうのも、なんだか私には勝手に親近感。ひょっとしたら私の子供達にも。

いや、それを差っぴいても、やはり、一流の人が語る言葉は、本当にずしりとくる。
何かを変えようと思っている人にも、今の毎日に流されそうになっている人にも、シンプルにサッカーが好きで長友選手が好きな人にも、心からオススメします。

初回特典で、長友選手のメッセージ入りポストカードが入っていて、我が家ではサッカー選手が将来の夢の息子@小学1年生の机の前に飾りました音譜

そして、その机を借りて書き物をしている私も、「意志あるところに道あり」というメッセージとともにたたずむ長友選手の写真を見ては居住まいを正していますあせる
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほんとうに使える論理思考の技術/木田 知廣

¥1,470
Amazon.co.jp

随分前に通ったグロービス・マネジメント・スクールのクリティカル・シンキングクラスの恩師で、企業教育事業などを展開するシンメトリー・ジャパン株式会社代表の木田知廣さんの最新刊。

論理思考の技術に加えて心理面にも踏み込んで、よくありそうな場面を題材に、論理思考をどうやって使うのか具体的に書かれています。

ピラミッドストラクチャーとか、グルーピングとか、MECE(もれなく無駄なく)、使えるフレームワーク等、クリティカル・シンキングのクラスで教えてもらってケーススタディーを通して考えた、論理思考の基本的な技術論に加えて、CRICSSの法則、コロンボ・テクニック、PARLの法則等、心理面での技術論(っていうのかな)が目新しくて面白いです。と書いても、いったいなんのことやら・・・と思う方は、ぜひご一読ください!

仕事でもプライベートでも、コミュニケーションは本当に難しくて、場面場面や相手に応じて千差万別です。文章の場合は「起承転結」とか三段論法とか、大学入試の小論文みたいにシンプルな王道的な型も身につけやすいけれど、相手のいるコミュニケーションはそんな簡単じゃありません。けど、というか、だからこそ、コミュニケーションの技術として「論理」と「心理」をドッキングさせた技術を色々知って、使えるようにするのは良いことでしょう。

仕事でも、その他のコミュニケーションでも使えそうだなっていうヒントが満載で、オススメです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。